つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

からだの叡智(スピリチュアリティ)に目覚めるタッチケア

ふれる、まなざす、愛を伝える。ラヴィングタッチケアアドバンス講座

週末は愛とともに優しくふれる、ふれられる
ラヴィングタッチケアアドバンス講座♪

IMG_7124

DAY1は〈わたしとつながる〉

生命が誕生した原初の海からつながる
〈わたし〉にふれる経験がもたらす
深い記憶や悲しみや喜び。

繋がって生きるために、
見えない心を可視化する方法として、
進化の過程で研ぎ澄ませてきた私たちの表情筋へのタッチケア。
暖かいまなざし、慈愛の微笑みが、
〈わたし〉の表現になりました^ ^

柔らかなまなざしで見つめられると安心感に包まれます。

IMG_7122


DAY2は〈いきとつながる〉

いのちのエネルギーとつながる。
呼吸と呼吸が共鳴し、
セラピューティックな場の中でのタッチケアはただ皮膚にふれている、
という感覚を超えていくようです。

そして、DAY2最後の「声でふれる」ワーク。

人っていいなあ。
わたしたちには、思いを伝え、感じる五感を与えられている。

声が心に届く。
声のバイブレーションがひびきあい、
支え合い、励ましあい、勇気づけ、つながり、
わたしたちは愛し合う。

FullSizeRender

日本各地から集まってくださった参加者の皆さんと、
初対面なのにこれだけ深く人生のシェアができるのは、
「ふれる」ことが大きな要素になっているのだと思います。

「わたしって、なに」という問いかけから始まる
ディスカッションが本当に楽しかったです。

どのタッチも、どの涙も、
どの笑顔も、どのまなざしも、どの声も、
震えるように響きました。
みなさま、本当にありがとうございました😊

IMG_7119


生命体は美しい!生きた人体の筋膜からわかること

今日は『人の生きた筋膜の構造』の著者である
Jean-Claude GUIMBERTEAU氏の来日セミナーへ、
アリゾナでの解剖研修で人体の旅をご一緒したアリゾナ仲間と参加しました♪
FullSizeRender


解剖研修では、
Thomas Myersが提唱している身体全体にわたる筋膜と筋筋膜のコネクションの解剖学 である
「anatomy train」についての講座をThomas自身から毎日受講しつつ解剖を行い、
美しいキラキラ光る筋膜に向き合いました。

今日は
「目で見る人体最大の線維ネットワーク
 〜“Fascia”のグローバル構造〜」

をテーマに、
外科医であるJean-Claude GUIMBERTEAU氏が、
長年内部組織を内視鏡で研究し、
「生きた人体」での筋膜の構造を、表皮真皮、腱、脂肪組織、筋肉、滑走システム、骨、細胞骨格、バイオテンセグリティ、
さらにビッグバンから量子力学まで壮大な考察を、
人体内部の貴重な動画から熱く語ってくださいました^ ^

人の身体は細部までダイナミックに繋がりあった有機体。

教科書に書かれていることは、
そのほんのさわりの部分で未知の領域の働きがいのちを維持しています。

繋がりあい、支え合い、生かし合っているのだな。
いのちの本質が、ミクロの世界で現れているよう。

ギャンバントゥ氏が何度も繰り返されたのは、
「生命体は美しい」
「人体は単に臓器の集まりなのではなく全体がつながりあっている」
「人体に属するものは他のすべてのものにそれぞれが重要である」

学べば学ぶほどに新たな疑問が沸き起こり、
ディスカッションの中からまた新たな疑問が浮かび上がる、
知的な興奮を感じる一日でした。

IMG_6783

そして、大いなるつながりの感覚は講座の後も。
IMG_6792


ご一緒してくださったみなさま、ありがとうございました😊楽しかった〜♪

「顎ニ腹筋の会」まだまだ続きそうです。

立体的なからだ。からだのスピリチュアリティに目覚めるタッチケア

からだのスピリチュアリティに目覚めるタッチケア講座、
全6回が無事終了しました。
足裏から始まったからだへの旅は、
今日の頭部と頸部へ至り、
統合の至福を味わいました♪

ひとのからだの叡知、智恵、完璧さ、
美しさは、からだのスピリチュアリティそのもの。

なにかをしようとするのではなく、
ただ、優しく筋肉に、骨に、肌に触れる。

それが微細であればあるほど、
からだと感情と心への意識が繊細になり
視界が広がり、歩き方が変わり、
誰かの決めた正しい姿勢から
心地よい姿勢へ変化します。
自分を知りたい、と願いつつ、
私たちは自分のからだのこともほとんど知りません。

骨盤がどこにあるのか、
からだを支える足はどんな構造なのか、
肩甲骨の自由な動きも。

眠っていた記憶が呼び覚まされるような、
丁寧で、細やかな、穏やかなタッチ。

暖かさを感じ、安心を感じ、
伸びやかに呼吸をしてみる。
からだにいのちが満ちてくる。
これでいいんだな。
ここでいいんだな。
このわたしがいいんだな。

肺の奥まで空気が入る。
首がすっと伸びる。
足が力強く大地を踏みしめる。
腕が長く伸びる。

わたしがわたしであったこと。
自分の輪郭が立体を帯びてくる。
わたしが宇宙の真ん中で微笑んでいる。

そんなたくさんの気づきのシェアがこの講座で一番の楽しみでした^ ^

遠方から毎回参加してくださったみなさま、
本当にありがとうございました😊
回を重ねるたびに、
FullSizeRender
IMG_4893
FullSizeRender

別人のように輝きを増して行かれる皆さんを、眩しく感じます✨✨

骨盤と腹部のスピリチュアリティに目覚めるタッチケア♪

今日は月に一回のこころとからだを紡ぐタッチケア講座。
骨盤と腹部のスピリチュアリティを目覚めさせるタッチで、
午前の部も午後の部も盛り上がりました♪


44550774-1C3D-492D-BEA7-745424E44BB9










CDB18F4B-E652-4570-AB7B-AC4C23AD91A4











骨盤はからだと感情の要。
腸骨筋や大腰筋、腹直筋、骨盤底筋群、
臀部の筋肉、
仙腸関節を緩めるワークでとろとろになり、
女性性を解放する(⁉︎)ワークで、女度を上げました!

回を重ねるごとに、参加してくださるみなさんの表情や姿勢が変わり、
帰りにはタッチケア効果で元気いっぱいになり、
からだへの愛おしさが増しているそうです(*´꒳`*)

ご参加くださったみなさん、
ありがとうございました。
ホームワークの胎児のワーク、
楽しんできてくださいね^ ^
次回は肩甲骨に目覚めます!

大腰筋にめざめるタッチケア♪

今日はこころとからだを紡ぐタッチケア講座。
DDB7B728-A68B-43BB-AD97-365C7B1D37F3








毎期、たくさんのご希望をいただき、
スペースいっぱいですが、
今日は午前午後のクラスとも理想的な人数で、楽しかった〜!

第3回の今日は「下肢と大腰筋のスピリチュアリティに目覚める」でした。
E9720EAD-467A-45C4-8B78-FD75699894BF







「観察」のワークも回を増すごとに的確になり、
「からだの工夫」への気づきと愛おしさも増しています。

からだを見つめあっているだけなのに、
こんなに愛おしく、ありがたく、

奇跡の肉体の叡智に感謝の気持ちが湧き上がります。
正しさではなく、
触れられる心地よさ、
快感覚へフォーカスすると、筋肉の動きや姿勢、歩き方も変化していきます。

大腰筋に目覚めたみんなの次回のシェアが楽しみです。

午前のクラスのみなさん、
写真を忘れていてごめんなさい!

次回9月1日は骨盤です。単発受講もお一人可能です^ ^(女性限定)
F366D099-9D78-47CE-966E-34B8143A040E






足とふくらはぎのスピリチュアリティに目覚めるタッチケア♪

こころとからだを紡ぐタッチケア「聖なるからだのスピリチュアリティに目覚める」講座、
第二回は、足とふくらはぎをたっぷりと!

2018年6月3









2018年6月2










毎回、参加希望の方が多く、今年も午前、午後の2回転ですが、楽しくて楽しくて、心地よくて、幸せで、タッチっていいな、ふれるっていいな、をみんなで体感しています(^-^)
自分のボデイイメージにびっくりしたり、分化と統合に大きな影響を与えるタッチワーク、足の28の骨と筋肉と関節のつながりと「ぶれない」からだへの気づき。
人間のからだの美しさ、完璧さ、細部までこだわりぬいた職人技、工夫をこらし何十年という時を重ねて来た存在への愛おしさ。
からだってすごいなあ。そして、そのからだに触れるという奇跡✨✨
終わってからのからだ談義もスペシャルな時間です。
四国や東京、鳥取、名古屋、日本中からワクワクして集ってくださったみなさん、ありがとうございました。ふくらはぎと足裏へのワーク、楽しみましょうね〜♪

2018年6月1



こころとからだを紡ぐタッチケア、からだのスピリチュアリティに目覚める♪

5月といえば!


からだのスピリチュアリティに目覚めるタッチケア講座がスタートする月♪
というくらい楽しみにしている講座の第一回が無事終了しました。

32266310_1364049973696433_3886193848027709440_n










32257792_1364049683696462_126620545033699328_n










午前も午後のクラスも、おかげで満席!
はじめましての方が多く、
四国や名古屋や岐阜や鳥取からもこの2時間半のために集まってくださいました^ ^

全6回かけて、タッチケアを通してからだとこころを紡ぎ合わせていきます。
第一回は、からだの動きの確認と呼吸をリセットするタッチケアワーク。

じっくり時間をかけた
「自分のからだ、相手のからだに好意的に注目する」ワークでは、
これまで生きてきた軌跡を振り返り、
自動運転で過ごしてきた感情や呼吸や
無意識のからだの動きの集大成である「聖なるからだ」との出会いでもありました。

繊細にふれ、ふれられる経験は、
知っていた自分、知らなかった自分の発見です。
半年かけて、ゆっくりゆっくりこころとからだの対話を行います✨
からだのスピリチュアリティに目覚めつつあるみなさんの変化がとても楽しみです♪

32313035_1364054687029295_4370967760209969152_n




単発回受付!からだのスピリチュアリティに目覚めるタッチケア講座

【2018年5月開始の全6回講座の午後の部の受付を開始します。
午前の部午後の部ともに、満員になりました。
単発回のご案内は空き状況により可能です。お問い合わせください】

こころとからだを紡ぐ
からだのスピリチュアリティに目覚めるタッチケア講座ご案内

自分がなにものか、分からない。
わたしの本当の想いは?
わたしが感じていることにもっと耳を傾けたい。

こころとからだの感覚が鈍くなると、
わたしたちは、自分の想いではなく、
「誰かの期待」や「過去の習慣」や「未来への不安」から
行動や選択を行うようになります。
...
肌への優しい触覚刺激は、
からだとこころを深いレベルで紡ぎ合わせます。
また循環器系や呼吸器系、筋骨格系、免疫系、
自律神経系に働きかけ、
呼吸とともに愛情を込めて触れると、
心の状態や感情、エネルギーにも影響を与えます。

触れることは愛を伝えること。
触れることでじぶんを知り、相手を知り、世界を知ること。
からだと心を紡ぎ合わせるラヴィングタッチケアは
自分のからだに向き合い、
心の声を聴き
わたしたちの神聖なからだのスピリチュアリティを目覚めさせ、
気づきをもたらします。

この講座は6回講座を予定しています。
連続でのご参加、単体でのご参加もOKです。
まず、自分自身のからだに気付き、大切にいとおしむことを通して、
他者の体に気付き、触れる、ということをコンセプトにしています。



◆対象者:心身の深いレベルの調和、気づき、統合に関心のある方
◆時間:10時〜12時30分
第1回:5月12日 呼吸に目覚める・足裏に目覚める
第2回:6月2日 下肢に目覚める
第3回:7月7日  骨盤に目覚める
第4回:8月4日  腹部に目覚める
第5回:9月1日 腕・肩に目覚める
第6回:10月6日 頭部・頸部に目覚める



からだに触れることの基礎、セルフタッチ、ペアでのワーク、
瞑想ワークを通じて、身体への意識を高め、統合した心と体の心地よさを味わいます。
ラヴィングな触れ方から、痛みを和らげるタッチケアまで、触れることの基礎を探求します。

お申し込みは、つむぎの森のホームページのお問い合わせページからお願いします。
折り返し詳細メールとお申込みフォームをお送りします。

筋膜を知る、からだといのちのつながりを知る♪『アナトミートレインR』

アリゾナでの解剖研修でご一緒させていただいた
山本 篤先生の筋膜のスカイプ勉強会、終了しました♪

山本先生のご講義は、とてもわかりやすくて丁寧で、脳が喜んでいます。

ふだんならとっくに夢の中にいるはずの夜中に、
30名以上の歯科医や口腔ケアに関わる専門職の方がこうやって、
スカイプを使って勉強されている熱心さに感動しつつ、
自宅にいながらにして学べる環境が現実化している技術の進歩に感謝❤

去年、山本先生の熱い熱い「Anatomy Train R読破会」を受講していたので、
今回の筋膜勉強会は落ち着いて知識をつなげ、
からだの理解を深めることができています(^^♪ 

体全体を覆う神経細胞の豊富な筋膜が、
それぞれの筋肉をつなげ姿勢を維持し、
ひとつのいのちとして統合しているつながりへの理解が深まります。

眠気も吹っ飛ぶ面白さです♪
山本先生、コーディネートしてくださった絵梨香さん、
ご一緒くださるみなさま、ありがとうございます(^-^)
あと7回、楽しみです。
82336C7C-E165-4B03-AB47-33AC25CC2D74


2018年からだのスピリチュアリティに目覚めるタッチケア講座開催します!

【2018年5月開始の全6回講座の午後の部の受付を開始します。
残席2名になりました。
10時~12時半の午前の部は、満席になりました!】


自分がなにものか、分からない。
わたしの本当の想いは?
わたしが感じていることにもっと耳を傾けたい。

こころとからだの感覚が鈍くなると、
わたしたちは、自分の想いではなく、
「誰かの期待」や「過去の習慣」や「未来への不安」から
行動や選択を行うようになります。
...
肌への優しい触覚刺激は、
からだとこころを深いレベルで紡ぎ合わせます。
また循環器系や呼吸器系、筋骨格系、免疫系、
自律神経系に働きかけ、
呼吸とともに愛情を込めて触れると、
心の状態や感情、エネルギーにも影響を与えます。

触れることは愛を伝えること。
触れることでじぶんを知り、相手を知り、世界を知ること。
からだと心を紡ぎ合わせるラヴィングタッチケアは
自分のからだに向き合い、
心の声を聴き
わたしたちの神聖なからだのスピリチュアリティを目覚めさせ、
気づきをもたらします。

この講座は6回講座を予定しています。
連続でのご参加、単体でのご参加もOKです。
まず、自分自身のからだに気付き、大切にいとおしむことを通して、
他者の体に気付き、触れる、ということをコンセプトにしています。



◆対象者:心身の深いレベルの調和、気づき、統合に関心のある方
◆時間:14時〜16時30分
第1回:5月12日 呼吸に目覚める・足裏に目覚める
第2回:6月2日 下肢に目覚める
第3回:7月7日  骨盤に目覚める
第4回:8月4日  腹部に目覚める
第5回:9月1日 腕・肩に目覚める
第6回:10月6日 頭部・頸部に目覚める



からだに触れることの基礎、セルフタッチ、ペアでのワーク、
瞑想ワークを通じて、身体への意識を高め、統合した心と体の心地よさを味わいます。
ラヴィングな触れ方から、痛みを和らげるタッチケアまで、触れることの基礎を探求します。

お申し込みは、つむぎの森のホームページのお問い合わせページからお願いします。
折り返し詳細メールとお申込みフォームをお送りします。
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

セラピストの本棚10
愛着アプローチ 2008年にラヴィングベビータッチケア講座を構築するとき 小児科医のボウルビィの提唱する「愛着理論」が 母子間の絆を育む要素として欠かせないこと、 ヒトが成長することの根幹に 「触れる」という触覚刺激が、もしかしたら食べ物と同等に、 それ以上に必要な要素であると知りました。 愛着にフォーカスして、さまざまな精神疾患や生きづらさを抱える方へ考察から 「愛着障害」という言葉で表現し、アプローチ法を研鑽されてきた 大阪の精神科医の岡田尊司先生のご著書を再読しています。 大学で心理学を学びなおし、 特に乳幼児の発達心理学やこころの理論や愛着について深めていくと、 不安や不調や生きづらさの根っこにある 愛着というスキームの欠如があると確信するようになりました。 ケアルームに来られるうつのかた、 パニック障害のかた、摂食障害やパートナーとのセックスレスや 自傷行為や衝動性や罪悪感なども、 愛着の構築のなんらかの機能不全という視点で見直していくと、 これまでの医療モデルとは異なる愛着アプローチが浮かび上がります。 求めているのは「病名」でも「お薬」でもなく、 「ただやさしく見つめられること」だったり 「目があって笑いあうこと」だったり、 「丁寧に扱われること」だったり、 「温かい手でふれられる」ことかもしれません。 タッチケアが新生児から思春期のこどもたちへも、 健康な成人にも、高齢者にも喜ばれ、必要とされる理由やレジリエンスにも関わります。 自分の愛着パターンを知ることでも、 世界との関わり方が変わります。 まっすぐ見ているようで、わたしたちの目は、 愛着というフィルターを通して見ているので、 自分のからだやこころや過去や未来や周りの人をそのまま見ることが難しいのです。 安全基地はこどもにも、おとなにも必要です^ ^
セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20191


「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、専門職の方へ伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報

ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
<親子のラヴィングタッチケア教室・医療的ケア児のためのタッチケア教室>

6月4日
6月18日
7月2日
すべて受付終了となりました。

ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com

*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。

大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。

*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ