つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療的ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できるセラピューティックな場を提供しています。

ホリスティックリフレクソロジー♪

足に触れる。からだ、こころ、いのちにつながる

半年にわたって、足裏宇宙への旅を深めてきたホリスティック リフレクソロジー講座、いよいよ最終日、最後の修了テストを行いました。

FullSizeRender



それぞれ2時間の時間枠の中で、モデルになってくださったお客様をお迎えし、コンサルテーション、足の裏の情報から普段の身体の使い方や可動域、生活習慣や心身の状態をアセスメントし、トロトロに緩んでくるリラクセーションテクニックもたっぷり。
そして左右の足に地図のように身体器官マップが反射しているという仮説をもとに緻密に当てはめられた約100ある反射区を丁寧に施術し、とっても気持ち良いと絶賛されるふくらはぎへのオイルトリートメントまで。



閉じられていた扉が内側から開き、爽やかな風が吹き抜けるような。
足との対話が、漏れ聞こえてくるような。
堂々として、ラヴィングで、場のホールドも素晴らしいセッションでした!

もちろん全員合格です!
本当におめでとうございます♪
晴れやかな笑顔。

IMG_2085



講座開始のときには、身体の一部としての「足」の関心だったかも、しれません。

足を構成するのは、「エネルギー」の通り道としての側面、骨や筋肉や腱、関節などの解剖学的に重要な機能の側面、また神経を介して「反射」を用いて特定の内臓へアプローチする側面、そして良質なタッチケア がもたらすくつろぎや安心感という心身両面に働く側面があります。

今では「足」の何層ものレイヤーを理解し、手で触知し、感じられるようになりました。


IMG_2089

足に触れられるだけで
「胸が暖かくなって、涙が出てきました」「浮腫がなくなってぐっすり眠れました」「全部受け止めてもらえた感じがします」「足がわたしの足になっています!」など、嬉しい感想もいただきました。

半年にわたって、「足裏宇宙」の探索を一緒にしてきた受講生のメンバーとの交流と暖かく、再受講生の方も、惜しみなくサポートしてくださいました!

FullSizeRender


フルタイムで仕事をしながら、中には大阪に来るのに一日かかる遠方からのかたもいらして、この半年は、本当に大変だったと思います。
講座の終了を惜しむ気持ちが大きく、名残惜しく、寂しさもかんじています。みなさんからたくさん学ばせていただきました✨

打ち上げのお料理もお酒も、胸に染み入る美味しさでした。
今度は「島」で足裏宇宙探検をしましょうね✨
来年は「島」リフレ、です💕

足裏から愛を伝える!ホリスティックリフレクソロジー

ホリスティックリフレクソロジー講座、DAY5DAY6終了!


IMG_1198


前回から2ヶ月間の時間をとったのは、足についての考察を深め、リラクセーションテクニック、約100ある反射区の位置と機能を覚え、練習する時間を取るため。
猛練習と「足漬け」の二ヶ月間の成長のあとがはっきりわかる素晴らしいフルセッションでした。

IMG_1195

毎日、練習台になってくださったご家族のみなさま、ありがとうございます😊
なかには、二ヶ月で健康的に5キロも減量されたかたや、本当に久しぶりに眠れるようになった方、大切な方の最後の日々に足へのタッチケア で寄り添われた方、高齢のお母様へのリフレクソロジーが新しい家族の関係性を築いておられるかたも。
足への反射区療法は、ソフトなタッチで神経系から臓器に働きかけ、同時にオキシトシンの分泌を促して安心感から心を暖め、足部や下腿から全身の柔軟性を高めます。
リフレクソロジーの施術に加えてコンサルテーションのワーク、症状に応じた反射区の選択、リラクセーションテクニックとふくらはぎへのオイルマッサージのペアワークのあとは、首がスルスル回る!腕が上がる!身体のどこにも痛みがない!肩も目もスッキリ!といつも驚きの声が上がります。足にしか触れていないのに。

IMG_1196


わたしは、今日は手技チェックのため6人のフルセッションを受けました。暖かく包み込まれる手とまなざしのなか、気持ち良すぎて寝落ちしないように必死でした。
ポカポカの軽くなった足、世界にきちんと足が着地しているなんとも言えない、優しい満たされた感覚を楽しんでいます。
これぞ、満足です✨


IMG_1187
IMG_1186



足裏宇宙への旅♪ホリスティックリフレクソロジー講座

週末はどっぷりと足裏宇宙への旅。
足、足、足!

IMG_9239

ひたすら足に触れ、温度を感じ、指の形にもいのちを感じ、匂いを嗅ぎ、繊細な変化を感じ取り、足を通しての心とからだのつながりを新しい視点で織り成していきます。
足をこんなにまじまじと見つめ、触れ、感じるのは初めて、と感動の声が上がり、足に触れられる幸せに心震え、足から読み取れる情報の正確さや量に驚きました。

FullSizeRender

ほんの10分、足のある部分に触れると、首の痛み、背中の痛みが和らぎ、歩くこと、立つこと、に抱いていたイメージも変化します^ ^
なによりも、気持ちいい✨
今日はようやく今期のメンバーが全員揃いましたが、すでに最高のチームワークです。まだまだ足裏の旅は続きます♪FullSizeRender



自由な足

今日はホリスティックリフレクソロジー講座の補講♪本当はビデオに撮った動画での補講の予定でしたが、取り込んだ動画ファイルを変換するのに、
何十時間!これは、対面の方が早いのでは、
と急遽マンツーマン補講になりました。

でも、それが良かったです♪
実際に足に触れ、語り合い、
足の構造と機能、足裏に現れるこころとからだのメッセージを丁寧に読み解きました。

キーワードは「自由な足」
13B5C27E-338E-4EAF-B5D2-F4C9EF0D5A6B




足裏宇宙は広大です^ ^
こちらの特集にも寄稿させていただきました。

548F7463-DED3-4E83-8E20-00FCAF3CF025

難病の方へのタッチケア ♪

今日は健ちゃんが定期メンテナンスにつむぎの森へ。

健ちゃんはケアルームにこられると
真っ先にテラスへ向かわれます。

緑と川と風を感じると、笑顔がこぼれます。
本当に気持ちいい、奇跡の時間♪
FullSizeRender






難病指定をされているミトコンドリア病の健ちゃんは、
日本でのミトコンドリア病の方の生存記録を毎日更新されています。

人工呼吸器を装着しているので発語はありませんが、
目と目でとても深い気持ちの交流を感じています。

FullSizeRender


最初にこられた時はまだ21歳。
あどけなさも残っておられたころからもう7年。
お会いするたびに、お身体の状態も良く、
表情も柔らかになっておられます^ ^

側弯があるため側臥位で窮屈に体を丸め、
体温がすぐに33度台になり、
足の皮膚も真っ黒になって、
足部も体幹も緊張でカチコチだったのですが、
今はゆったり背臥位になり首を動かすこともできます。

足のビフォーアフターの写真
(左が3年前、右が今日です)からも、
肌の状態が改善しふくらはぎが太くなっておられることがわかります♪
IMG_8954


お母さまが本当に丁寧にケアをされていて、
毎晩お風呂上がりに足や背中へタッチケア をされています。

特別の車椅子でマラソンにでられたり、
日本や海外にも旅に出かけて、
健ちゃんの生活の質を豊かにされています。
またたくさんのサポートしてくださる方のおかげで毎日を楽しみ、
たくましく暮らしておられます。


わたしは健ちゃんに出会って、
仕事の仕方や人との関わり方が根っこから変わりました^ ^ 
大恩人でもあるのです。


今日は健ちゃんの好きな香りで作ったブレンドオイルで背中へのオイルタッチケア 。
力の抜き方が本当に上手になりました!

オラクルカードを選ぶ時は目が輝き、ここ、と指さします。
シンギングボウルの共鳴、
足裏へのリフレクソロジー、
ヘッドマッサージ、お顔のタッチではみるみるうちにフェイスラインがシャープになり、
表情が豊かになり、みんなで歓声をあげました✨

FullSizeRender

フルコースのメンテナンスの後は手も足も首も胸もゆるゆると広がりました。

健ちゃんがいるところは、
そこがどこであっても「聖なる空間」になり、
言葉を交わさなくても、
健ちゃんの存在自体が私たちに「生きる意味」や「愛」を教えてくださっています✨
ありがとうございます😊

(許可を得て病名やお写真をシェアさせていただいてます)

足裏宇宙への旅、始まりました^ ^

足は全身の鏡である、
という視点から足裏へアプローチするホリスティックリフレクソロジー講座を開講。

これから約半年に渡って足の裏に広がる
「宇宙」の旅へ無事出発しました^^

ひとつとして同じものがない足にはわたしたちの生きてきた軌跡が刻まれています。

昨日までは「ただの足」だった足裏が、
今は情報の宝庫であり、
大地のエネルギーに共鳴する聖なる足へと見方が変わります。

リフレクソロジー概論、メカニズム、背景、足部と下腿部の機能の解剖学、
足裏から読み取れることなど座学3時間。

実技は5時間。
タオルケアと施術の前のリラクセーションテクニック、
リフレクソロジーに特有のテクニックもセラピストの指や体を傷めず、
より身体的心理的効果の高い触れ方をトレーニングしました。

リラクセーションテクニックは、あまりに気持ちが良くて、
反射区への施術前にすでに、「大満足」状態に^ ^
足は全身の鏡である、という視点から足裏へアプローチするホリスティックリフレクソロジー講座を開講。これから約半年に渡って足の裏に広がる「宇宙」の旅へ無事出発しました^^
ひとつとして同じものがない足にはわたしたちの生きてきた軌跡が刻まれています。
昨日までは「ただの足」だった足裏が、今は情報の宝庫であり、大地のエネルギーに共鳴する聖なる足へと見方が変わります。
リフレクソロジー概論、メカニズム、背景、足部と下腿部の機能の解剖学、足裏から読み取れることなど座学3時間。実技は5時間。タオルケアと施術の前のリラクセーションテクニック、リフレクソロジーに特有のテクニックもセラピストの指や体を傷めず、より身体的心理的効果の高い触れ方をトレーニングしました。
リラクセーションテクニックは、あまりに気持ちが良くて、反射区への施術前にすでに、「大満足」状態に^ ^
足裏に優しく触れた瞬間に瞼を開けていられなくなり、呼吸が深くポカポカと身体が温まります。頑固な痛みが和らぎ、重心のバランスや歩き方まで変わります。
足裏からこころと身体への旅をともにする今回のクラス、すでにチームワーク抜群です!

IMG_8602
IMG_8606

ヒトの足からわかること

歯科医や歯科衛生士さんの
プライベートな勉強会に参加させていただき、
夜中のスカイプ講座を受けています。

昨日の理学療法士さんによる
「姿勢と運動の成り立ちを考える
〜感覚統合と自己組織化理論の臨床応用」
の最終回は
アフォーダンス理論と感覚統合から考える姿勢について。

アフォーダンスは、
ちょうどギブソンの『アフォーダンスの発見』を読んでいるところなのでタイムリー。

ディスカッションでは
「足と靴」で盛り上がりました。

で、「足」フェチのはやしが出会った「足本」の中でも
群を抜いて面白いこの本を再読中♪

IMG_6754

足の進化や民族的な違いの考察、
足の痛みやアーチについての考察は時代を経ての変遷が興味深いですが、
なによりも衝撃なのは、
「切断足」の研究。

足は深いです♪

#読書記録

リフレクソロジー症例検討会&クォンタムタッチR️練習会を開催♪

今日は3本立て‼︎
午前中は、
ホリスティックリフレクソロジー講座の
修了生との症例検討会。

治療の場で、ケアルームで、
サロンで、
訪問診療の場でリフレクソロジーを活用し、
活躍されている方との
ディスカッションやシェアから学ぶことは、教科書をはるかに超えて実践的です(o^^o)
image









先日認定を取られた方の
症例と考察が素晴らしく、
リフレクソロジーは
足裏に触れるのだけれど、
からだへの効用だけでなく、
ホリスティックに
心や、過去の記憶や、感情、
未来にも触れている
優れたセラピーだということが、
実感できる検討会になりました♪

化学療法中の
リフレクソロジーの可能性についても、
リサーチから学びました。
image









この講座の修了生の
足裏への情熱は目をみはるほどで、
みんなとにかく、
ずーっと足のことばかり話しています。

撮りためた足裏写真を見せ合い、
だれかの足を見つけたら、
群がって
触り、匂いを嗅ぎ、
押したり、
ゆらしたりして研究している熱の入れよう♪
image










お客様に寄り添い、
信頼関係を深め、
からだのシステムについて探求を忘れず、
的確な技術と
セラピストマインドを時間をかけて
学び続けています(o^^o)

そして、午後からは、
クォンタムタッチR️というエネルギー療法の
レベル1練習会&メイクアップモデル。
image











呼吸法と
自分自身とのつながりを深める身体瞑想を
ベースにした愛のワークは
心とからだの痛みや苦しみ、
分離の辛さが和らいでいきます。

今日は、
大切な方をお招きしての
グリーフワークになりました。
みなさま、
本当にありがとうございました(o^^o)
image









そして、メイク!
わたしが一番信頼する
メイクセラピストのひとみさんが、
休憩も取らず、
ひたすら、みんなを美しく、
輝かせてくれました💕
image










ああ、こんなに眉を描くのね、
こんな色味を使うんだな、と
初めて知ることがいっぱい。
綺麗になれたかな(-_^)
image









「健やかに、美しく」が、
今年のわたしのテーマです♪
ご参加くださったみなさま、
ありがとうございました(o^^o)
今度はレベル2練習会ですよ〜♪

こころ、からだ、スピリットへはたらきかけるホリスティックリフレクソロジー講座、3か月講座が修了しました!

この週末は、
ホリスティックリフレクソロジー講座を開催しました♪12105761_699149473519823_1475774742737716506_n










12065778_698876516880452_2866193162184016182_n








3人限定の講座はいつも大人気で
あっというまに定員になります。
3人にしたのは、マンツーマンのような濃さで
きっちりとセラピストマインドと手技をお伝えしたいから。

全6日間プラス補講と練習日が2日間。
3か月、足裏宇宙に遊び、
その奥深さ、人体のメカニズムのすばらしさ、
そして人の手の持つ力に驚嘆しながらの第8期も
いよいよ大詰め!

足裏の宇宙に没頭した三か月の集大成は、
最終日の約2時間の修了テストです(-_^)

5日目の筆記試験は
反射区の確認から。
約100ある反射区を白紙に描きます。
ベースになる足の絵がなぜか、
描いている本人の
足の形にそっくりになるのが、面白い♪

12074642_698897953544975_2095063956632622302_n








この日はセラピストのありかた、
ラヴィングタッチ理論、
コンサルテーション理論、
コンサルテーションワーク、
フットバスのデモンストレーションを終え、
わたしの足への受講生からの実技のチェックまで、
ランチタイム以外ノンストップの9時間でした(o^^o)

12074927_699149596853144_746880232492397891_n









12115700_698876566880447_6739351806584336001_n







3人の実技チェックは、
あまりに気持ちよすぎて、
起きているのがやっと。
仕事じゃなかったら、爆睡です!
だれかに、本当に大切に触れられることは、
からだにもこころにも、大きな栄養と力になりますね。
とても満たされています(o^^o)

最終日はモデルの方にきていただき、
コンサルテーションからお見送りまで2時間フルの実践修了テストでした。
修了生の方がモデルとして来てくださり、
先輩の足を借りての試験とともに
貴重な意見やアドバイスをシェアしていただきました(^^♪
12106946_699149496853154_5267667542371820042_n








お越しくださったみなさま。
本当にありがとうございました!
ケアルームのお庭での写真も撮ってもらいました♪
12088136_699149523519818_2899972219883110215_n








12074740_699149593519811_6039432117246608591_n










すでに看護師として、
アロマセラピストとして、
医療従事者として、
豊富な経験と知識があっても
試験は本当に緊張します。
手を温めるために、カイロを持参されているかたも♪
11219433_698876523547118_3133681125362558822_n







自画自賛になりますが、
施術の前のリラクセーションテクニックから
反射区の理解、手技、
ふくらはぎマッサージ、
リリーステクニック、
タオルケア、
フットバスケア、
補講ではヘッドマッサージまで学び、
最終日にはそのすべてを実践していくことは
本当に強い意志と意図がなければ
続けることができません。
当直をしながら、
フルタイムで子育てと仕事を両立しながら
これだけの手順の多い手技をマスターするのは
並大抵な気持ちではできないこと。

やりとげるパワーの源は
クライアントさんや日々接する患者さんへの想いです。

そして、笑顔!
今期の受講生の笑顔も見惚れるほど素敵♪

12107839_699149466853157_7964296144349083676_n







講座中も、
休憩時間も、
たくさんのディスカッションをかわし、
足裏宇宙の探検をワクワクと、
でも真摯に追求し、
みんないまではすっかり、
マニアックな足裏セラピストになっています(o^^o)
今期の受講生のテーマは
「大地のリフレクソロジー」だったかな(-_^)

お互いに高め合い、学び合う仲間の存在と、足裏の奥深さに感じ入る秋の夜です(-_^)
次回は来年8月開講予定です!!

ホリスティックリフレクソロジー講座開講♪足裏宇宙へ愛を込めて!

先週末は、
第8期ホリスティックリフレクソロジー講座の3日目4日目開講しました♪
image
今回もまた濃い〜講座になっています(o^^o)
朝から夜まで約10時間近く、
理論と実技が盛りだくさんなので、
ランチブレークは京橋の
「美味いもの巡り」♪
3日目は近江野菜をたっぷりいただきました。アイスプランツという珍しい
お野菜の食感が不思議でした。

午後いっぱい使っての
反射区への手技と
相モデルでの実技が終わると、
「肩が楽になってる〜♪
中心軸がぶれない〜♪
足がふかふか〜♪」
とみなさん、
治癒のプロセスの方向性を、
ご自分のからだで実感してくださっています(-_^)
image
足の裏に広がる宇宙に没頭する心地よさ。
まずは、セラピストが足の大ファン「なるのです。
講座4日目は
ほぼすべてのリフレクソロジーの理論と、
約100ある反射区のすべて、
そしてリラクセーションテクニックと、
ふくらはぎマッサージ、
タオルケアの実技が終わりました(^o^)/
今回は、3人とも
ベテランの看護師さん、医療従事者でありながら
アロマセラピストさんなので、
解剖学や生理学、病気についての理解も深く、
タッチはラヴィングで的確♪
image

京橋の隠れた名店で中華ランチを堪能したら、ひたすら足とふくらはぎに触り続ける至福の時間(-_^)

リフレクソロジー独特の指使いも、4日目となるとみんな慣れて、練習のモデルをしていても起きているのがやっと、くらい気持ちいいのです。
こんな形で、二人同時練習方法も編み出し、みんな、昨日よりももっと元気に足裏宇宙探求中です。
image

次回はコンサルテーション論と
最後の仕上げの
修了認定テストです。

モデルさんをお迎えし、
コンサルテーション、施術、
フィードバックまでの2時間の
実践に則したテストになります♪

フルタイムの仕事や子育てしながらですので、体力気力時間をどのようにマネージメントしていくか、ということも、
大切になっていきます。

来年は、足裏宇宙のことだけを考えて、
感じる、
リフレクソロジー合宿をしたいです(-_^)ブログランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです♪↓
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

セラピストの本棚10
愛着アプローチ 2008年にラヴィングベビータッチケア講座を構築するとき 小児科医のボウルビィの提唱する「愛着理論」が 母子間の絆を育む要素として欠かせないこと、 ヒトが成長することの根幹に 「触れる」という触覚刺激が、もしかしたら食べ物と同等に、 それ以上に必要な要素であると知りました。 愛着にフォーカスして、さまざまな精神疾患や生きづらさを抱える方へ考察から 「愛着障害」という言葉で表現し、アプローチ法を研鑽されてきた 大阪の精神科医の岡田尊司先生のご著書を再読しています。 大学で心理学を学びなおし、 特に乳幼児の発達心理学やこころの理論や愛着について深めていくと、 不安や不調や生きづらさの根っこにある 愛着というスキームの欠如があると確信するようになりました。 ケアルームに来られるうつのかた、 パニック障害のかた、摂食障害やパートナーとのセックスレスや 自傷行為や衝動性や罪悪感なども、 愛着の構築のなんらかの機能不全という視点で見直していくと、 これまでの医療モデルとは異なる愛着アプローチが浮かび上がります。 求めているのは「病名」でも「お薬」でもなく、 「ただやさしく見つめられること」だったり 「目があって笑いあうこと」だったり、 「丁寧に扱われること」だったり、 「温かい手でふれられる」ことかもしれません。 タッチケアが新生児から思春期のこどもたちへも、 健康な成人にも、高齢者にも喜ばれ、必要とされる理由やレジリエンスにも関わります。 自分の愛着パターンを知ることでも、 世界との関わり方が変わります。 まっすぐ見ているようで、わたしたちの目は、 愛着というフィルターを通して見ているので、 自分のからだやこころや過去や未来や周りの人をそのまま見ることが難しいのです。 安全基地はこどもにも、おとなにも必要です^ ^
セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20191


「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、専門職の方へ伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報

ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
<親子のラヴィングタッチケア教室・医療的ケア児のためのタッチケア教室>

6月4日
6月18日
7月2日
すべて受付終了となりました。

ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com

*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。

大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。

*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ