つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸 

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

こころとからだをつむぐ講座

からだのスピリチュアリティに目覚める講座、即日満員になりました!

昨日お知らせを開始して
イベントをアップした
「からだのスピリチュアリティに目覚める講座」の第一回が、
あっという間に満員御礼になりました。

 慌てて席を増やしましたが、
こちらも昨日、満員になりました!
(2回目以降も半分埋まりました!)

10年くらい、
ずっと温めてきた講座でした。

でもまだまだ自分には早いのかも、
と思っていたのです。

この数週間、気持ちがかたまってきて、
誰ひとりご参加がなくっても、やる〜〜!!
とドキドキしながらの告知でしたので、
うれしさも倍増です(^^)/ 

今年は50歳、
自分自身の病気から、
ホリスティックマインドなケアや
自然療法、タッチケア、
食養などを学びを始めてから
もう20年以上になります。

私の中で統合させてきたこと、
毎日の施術の中で感覚を磨き、
学んだことを
今年からは自分のペースで
シェアしていこうと決めました(^^♪ 
からだに目覚める時間を
ご一緒できることが楽しみで仕方ありません♪

ありがとうございます(o^^o)

セッションに役立つラヴィングケア1day講座、7月開催します♪

【残席2名になりました!】

【残席1名になりました!】


「こころとからだに寄り添うセラピストのための

ラヴィングケア1day講座フットバス&リリーステクニック編」

を7月に開催いたします。1



この講座は、つむぎの森のリフレクソロジー講座と

クォンタムタッチ(R)講座を受講して下さった方を対象に開催します。

セッションを深め、リラクセーション効果を高めるフットバスについて、

バスソルトの作成と効果、効果的な精油の選び方、

仰臥位、伏臥位でのタオルの上からのリリーステクニックの実技を

相手を尊重し、優しさを伝えるラヴィングケアをベースに学びます。

セッションとセラピストの在り方について新しい視点を得られる講座です。

・2014年7月27日

・10時〜17時(9時40分開場)

・定員4名

内容料金などの詳細は申し込みフォームよりお問い合わせください。

詳細をお知らせいたします♪みなさまのご参加をお待ちしています!


未来を創るおしゃれ講座♪つむぐ講座開講しました!




おしゃれするってどういうこと?
その色は、あなたの何を表現しているの?
本当は、どんな自分になりたいですか?

そんな問いかけとともに、
大笑いしながら、未来のなりたい自分と対話する川西未来子先生のおしゃれ講座♪
満員御礼、本当に楽しかった~!
431162_369817713119669_121315946_n
燃え尽き症候群から寿命とおしゃれの関係まで、
カラーという枠組みを越えて、楽しく美しく明るく熱く、
人生を楽しむコツを伝授してくださった未来子先生(^-^)

64色のシルクのカラードレープを
嬉しそうにさわってる未来子先生を見てるだけで、
人生って楽しいよ~というメッセージが伝わってきます♪

この反物を染めて未来子先生が作ったカラードレープ、
見ているだけで、ヒーリングなのですね。
わたしもエネルギーワークや瞑想などでカラーを用いますが、
こんなきれいな色の柔らかい布を探していたので、
やった!と尋ねてみたら、やっぱり!
着物が一反買えるようなお値段でした(^^♪

色一つ選ぶのにも意味があり、
どんなふうに生きたいか、どんな仕事をしたいか、
どんな人と人生を過ごしたいか・・・、などがあらわれています。


何を選ぶか、何を選ばないか、
主体的に生きるひとつの方法がおしゃれであり、
色なんだ、ということがよくわかりました!

素敵な感想をいただきました。
許可をいただいたのでシェアさせていただきますね。

*HKさま
たくさん笑いました〜!楽しかったです。
「育児に色を使う」を少し意識できれば、
こどもとの時間が変わりそうな気がしました。
そのほかのお話も納得!!と何度もうなずけました(^^♪

*HYさま
服を選んで着替えていくと自分のなりたい道へ
連れて行ってくれる・・・なんと素敵だろうと思います。
色が心やイメージ力に関連しているのは
深いことだと思います。
おしゃれは言葉に置き換えていく・・・結構簡単にできそうですね。

*YTさま
普段自分が選んでいる服が優雅とかやさしそうなイメージだったのですが、
言葉を選ぶと、「自然」「ナチュラル」「にぎやか」「親しみやすい」
だったので意外でした。
なりたい自分とおしゃれにつなげるのが
今まで以上に興味深くなってきました。
ありがとうございました♡

*NTさま
今回も楽しく受講させていただきました。
自分が思う自分と他人からみた自分との違いや生まれ育った環境、
教育などによって、人格形成が大きく影響されることなど、
興味深く拝聴しました。
色を選ぶとき、自分の心理状態やその時の環境が影響するが
逆に選ぶ色で、状況を変化させることもできるとわかりました。
これからもおしゃれを楽しんで、
楽しい日々を送ろうと思います!

*MMさま
お話を聴かせていただくと、いつも元気になって帰ることができて、
楽しい時間だったなあと思うのです。
またお話しに行きたいと思います。

*YSさま
自分がどうなりたいか?という思いをおしゃれに反映させて、
それを楽しむことを教えていただきました。
主体性を持って色を選んだり、
洋服を選んだり、これからもっと楽しみたいと思いました。

*ISさま
飽きることなく最後までお話聞けました。
参加できたことが一番うれしかったです。
自分に合う服やカラーを見て、着て、自分に自信をつけたいと思います。

*SKさま  
第一印象やカラーや服って大事ですよね。
また見せたい自分にも応用できるので、
しっかりマスターして使いこなしたいと思いました。

*STさま
色が自分の心とすごくかかわりを持っていることを
改めて知ることができました。
とても楽しい時間でした。
お洒落を毎日楽しみたいなあと思いました。

*YTさま

今自分がとうしたいのか、よくわからなくなっているので
しっかり自分の心に聞いてみる時間を持とう!と
思えた時間でした。
なりたい自分を思い描いて、それに合うおしゃれをしていくことで
その未来に近づける。。。というヒントをもらったように思追います。
生き生きと美しい川西先生にお会いできたのも
明日からの力をもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


川西先生、参加してくださったみなさま、
本当にありがとうございました\(^-^)/

川西先生の講座を受講された方は
どんどんおしゃれになっていかれるのですよ!!
明るい、似合う、素敵なお色を探すのも上手になられるようです。
みんな、おしゃれを楽しもうね!

次回の川西先生のつむぎの森での講座は来年になります!

穏やかな呼吸にきづく・・・♪つむぐ講座、ロルフィング講座でした♪

CameraZOOM-20130522123438343

こころとからだをつむぐ講座、
ロルフィングの第4回目を開催しました!

最終回の今日は、
「おだやかな呼吸、胸、肩、横隔膜」をたっぷりワークしました(^○^)

呼吸が深い状態とはどんな状態なのか・・。

深呼吸を意識したとたんにわたしたちは
あるべき深い呼吸にとらわれてしまうのです。それも意識しないうちに。

からだの内側の肺呼吸だけでない各部分の呼吸のリズムを感じること。

からだの意識の濃度のバランスをとること。

2時間をかけて、呼吸を穏やかに緩める、という意味を
からだで落とし込んでいく作業を丁寧に行うのですが、
普段、何万回も行っている呼吸がとても新鮮に感じられます。

去年から今年にかけて、
4回シリーズでロルフィング講座を開講してきました。

第1回は「グラウンディング〜足・足首・膝」

”グラウンディング”というのは
こんな状態だったんだ!と感動と安定が生まれました。

第2回目は「コア(深層筋)を感じる〜腰・骨盤・股関節」

骨盤の本来の動きを引き出す働きかけを通して、
自由度の高い、安定した腰・骨盤を発見するプロセスは
心を開放していきました。

第3回目は「知覚フィールドを広げる〜感覚器官」

わたしたちが気付かないうちに身に着けてきた
当たり前だと思っている物の見え方や聴き方があるパターンになり、
それが全身の動き方や姿勢のバランスに大きな影響を与えていること。
もしかしたら、感覚器官のアンバランスが、こだわりや、
かたくなさや閉じ込めた感情であるかもしれないと
気が付きます。本当に見ていたのか、本当に聞いていたのか、と。

第4回目は「おだやかな呼吸と胸〜胸郭・横隔膜・肩」

らくな呼吸・ゆるやかな肩・やわらかい胸郭がこんなにラクなのか、という驚き♪
解剖学的な理解と、解放につながりやすいイメージや働きかけから
緊張を生まない力の抜き方のコツをからだでつかんで行きました。


毎回、ペアでのワークは感動的でした。
本来ならロルフィングは10回のセッションで「からだ」にきづいていくのですが、
今回集まってくださったみなさんは、とても感度が高く、
優しく触れることの意味をいろんな角度からかんじとっていました(^○^)

ロルフィングin京都のロルファー忍さんの説明、講義、誘導と声かけが素晴らしく、
さらに、飾り気のないお人柄のおかげで、楽しく学べました♪

素敵な感想をいただきました!
許可をいただいた方からご紹介をさせていただきますね。

*EYさま 均整師

呼吸の浅さやみぞおちの硬さは常に気になっていたので
今日の講座はとても深く感じることができました。
右半身のワークを終えると、右半身がなくなったような感覚になり
逆に左半身が自己主張をしているのです。
いかにいつも緊張のよろいをつけていたのか、と感じました。
この感覚は今後のわたしを豊かにしてくれると思います。

*RHさま 介護士

深呼吸をしようとすることが自然に体全体に空気が入って出て
という呼吸のさまたげになっていたことがよくわかりました!
手を置いていただいている肋骨の大きさを感じて、
はじめは腹部が緊張していたのが、からだ全体がスポンジのように
空気の出入りがされたようで終わったあとは重心が中心にとれ、
ニュートラルな状態に自分があると、実感できました。
なんとかしようとしている自分を静めて、ただ眺める。
からだの感覚が教えてくれることって、驚くほど腑に落ちます。

:KTさま セラピスト
今回の呼吸もとても大きな気づきがありました。
今まで深呼吸をがんばりすぎて、しんどくなったりしてきたのが
「深い呼吸」ということを意識から外した瞬間に
ラクな呼吸にスイッチして驚きました。
背骨、横隔膜が柔らかくスペースができて、
そこに柔らかな内臓を感じ、触った時も触られたときも
最後に体に静寂を感じました。

*YYさま セラピスト
いかに意識してないか?
すべての回に通じますが、特に呼吸は意識しないときが
一番いい呼吸ができ、その違いは相当なものでした。
ただ横になっているだけなのに、からだの大きな変化は毎回驚きです。
身体本来の在り方を生かしたロルフィング講座、
ありがとうございました。

*HMさま  セラピスト
「呼吸は深くしなければいけない」
そう意識することで呼吸にとらわれ、全体性を失う。意識を外したときに呼吸は入る。
全体を感じること。
大事だなあと思いました。
「すべてのイメージは呼び水」という言葉が印象的でした。
施術者として大事なことを教わりました。
からだはすべて知っている!

*EYさま ボディケアセラピスト
今日は呼吸が深くなり、背中ゆるんでます。
本当にとてもよかったです。
先生の人柄が特によかったです。
ロルフィングの「ただ感じる」「ただある」
という感覚は、施術のヒントになると思いました。
結局、変化するのは受け手が気づいて、その状態になるしかないのですね。
不介入はQTの基本でもありますが、
施術者としてポジションを見つめる良い機会になりました。

*HSさま 
気づきながら手放すのが今の私のテーマだと感じました。
肉体を持って今、ここにいることが
できているから、身体へのアプローチから深いところに入ってゆくのは
分かりやすくてとても良いなあと感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさん、ありがとうございました!!

次回のつむぎの森でのロルフィング講座は来年になります!
どうぞお楽しみに(^○^)

感覚器を開くロルフィング講座。心とからだをつむぐ講座開催♪



昨日はこころとからだをつむぐ講座を
つむぎの森で開催しました!644190_357223421045765_1228442083_n

ロルファーの忍英彦先生のロルフィング講座は
毎年好評で、今年は一回完結で4回講座を予定しています。
昨日はその第三回目♪

「知覚器官〜感覚器を開く」をテーマに、
見ること、聞くことのパターンに気づくワークを楽しみました。

目・耳・鼻・口などの、感覚器官の使い方と身体(動き・姿勢)との関係は
普段当たり前と思っている考えや想いが、
実は感覚器官の働きやクセによるものも大きいと改めて
気づかされます。

目の使い方、つまりはものの見方や
耳の使い方、聴き方が気付かないうちにひとつのパターンになっていて
そのパターンが全身の動き方や
姿勢のバランスにも大きな影響を与えているということに
自然に、なんとなく気づいていくのですが、
パターンを変えていくための手がかりになるのは

優しく触れて、待つこと。

何かを変えようとするのではなく、
呼吸と、いま、ここにあるからだ全体を感じること。

ほんの少しの優しいタッチで、みるみるうちに変化が起こり、
眼球を感じ、耳と顎の関わりがかわります。

目の見え方が違う!
顔の表情が違う!
歩き方が全然違う!
よく見える。
聞こえ方が違う!

あちこちで驚嘆の声が上がりました(^○^)

人は人にやさしく触れられるだけで、
骨も、筋肉も、腱も、筋膜も、血管も、皮膚もみ〜んな、
瞬時に変化しています。
ただそのことだけでも自分のからだで
納得できることが素晴らしいですね!

終了後はみんなで、忍先生を囲んで
玄米食堂サンミさんで懇親会♪

小顔セラピーの考察から、
クォンタムタッチなどのエネルギーワークとロルフィング、
クラニオやエサレンマッサージ、意識のないタッチ体験…。

話題は尽きず、わたしは嬉しくて楽しくで、少し興奮気味でした(^_^;)
楽しすぎます♪


素敵な感想をいただきました!
*YEさま アロマセラピスト

とてもよかったです。
今回が一番衝撃かもしれません。
目や耳を緊張して使う(集中して)使うことが
上半身に緊張を生んでたんだわ〜。
肩や首をゆるめるのと合わせて、耳や目をゆるめていくことで
上半身の緊張が緩む可能性をみせてもらいました!

*HSさま グラフィックデザイナー

今日も楽しい時間をありがとうございました。久しぶりに
音を通して感じる感覚を思い出しました。
ワークをしながら自分の中の広がりを感じ、
目もスッキリして光をたくさん感じました。
ロルフィングと教えてくださる忍さんの雰囲気に
毎回心身ともにゆったりと広がってゆるめていただいています。
次回も楽しみです。

*YYさま 

今回も素晴らしいワークでした!ただ手をあてているだけなのに
こんなにもからだが変わるということが
すごく驚きとともに素晴らしい可能性を感じます。
次回も楽しみにしています。

*NYさま 主婦

すごい感動でした。
以前頭に大きな病気をしたことがあって、頭のイメージが硬い。
締め付けたり、頭痛がしたり・・・との悪いつらい体験のほうが多かったですが、
ロルフィングの体験で、頭がすっきりして、
首、肩の力もとれて、とてもリラックスしています。
頭、脳、目、耳、動いている、生きている感覚が感動でした。

*YEさま 均整師

2度目の参加でした。
目や耳の感覚器のワークは筋骨格系とは
また違った反応があって、穏やかな緩み方を感じ、
その感覚をひたすら感じていました。

*JOさま 看護師

今日は前回よりも全体を身体で感じることができました。
頭ではなく、身体で感じて、覚えていけれるということが
とても大好きです。
特に力を入れることもなく、イメージしてみることで
部分を通して部分〜全体がつながっていくことは、
本来の自分に戻る旅のように思います。


*RYさま  介護士

右耳、左耳と、ひとつひとつの存在を感じることで
その都度からだ全体の感覚バランスが変化していくのが
不思議でとても面白かったです。
先日入院生活からふつうの生活に戻ってきたとき、
目に入るもの、耳から入るもの、刺激が知らず知らずに
こんなにストレスになっているんだということに気づいたところだったので
それがからだ全体に影響しているということが、今回実際
からだの感覚で知ることができたことが本当に嬉しかったです。

*MOさま アロマセラピスト

全体性、からだの叡智を知ることで
おのずとよりよくなるのが、やっぱりからだって
すごいんやなあ、というのが簡単に理解されました。
セッションにも使えそうです。

*HMさま アロマセラピスト

耳と目に触れてもらう、意識を向けるだけで
からだが軽くなり、目もパッチリ!
からだは意識を向けるだけでこんなにも変わるんだ、
と毎回驚きます。
ニュートラルな状態でいること、
心もからだもそうありたいと思いました。

*TKさま リフレクソロジスト

今回も本当に楽しく、実り多いワークをありがとう
ございました。
耳が柔らかく動いて、空気が通って、浮かんでいるように
いると感じた時、神経がゆるみ、筋肉がゆるみ、聞こえ方
が変わり、身体のバランスがとれていくことに驚きました。
歩き方も変わり、頭の位置も変わり、本来、自分は
こうなんだ、という姿が垣間見えた気がして、感動しました。
目のワークでは、世の中の見かたが変わりました。
本当にありがとうございます。
色々なところに生かして行きたいと思います。



次回は「 おだやかな呼吸と胸〜胸郭・横隔膜・肩 」について。
らくな呼吸・ゆるやかな肩・やわら かい胸郭、など、
主に上半身の解放を 考えます。
力を抜こうとすること、深く呼吸しようとすることからくる
新たな緊張を 生まないよ うに、
重さ・スペース・方向性を意識した問いかけに慣れていきます。

おかげさまで次回もあっという間に満員御礼となりました!

遠くから、またお忙しいなか、
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました\(^o^)/


遠隔ヒーリングのためのダウジング講座実践編開講しました!



733805_353811091386998_1569757101_n







更新が遅くなっていて、ごめんなさい!
4月は毎週末ワークショップや講座を開催していて、
ケアルームから帰宅すると資料やテキストの作成、
印刷、準備をしています(*^_^*)
ゆっくりペースになってしまいますが、
どうぞブログにも遊びに来てくださいね!

先週末は第9回ダウジングコミュニケーション実践編。

入門編で生まれてはじめてペンデュラムに触れ、
使い方を学び、中級編ではエネルギーフィールドへ応用し、
実践編では遠隔ヒーリング時に使えるチャクラやカラーヒーリングを
グループワークで練習しました(^○^)928









ダウジングってあやしい〜〜(笑)
と思いながら、半信半疑でこられていた受講生のみなさんが、
ダウジングのメカニズムを知り、
なぜ振り子がふれるのか、どこからその情報がやってくるのか、
精度を高めるためのワークや答え合わせ、宿題を通じて
自分自身への信頼感をましていきます。

わたしは直感型&理論型。
右脳と左脳を統合させるような
科学とヒーリングが結びつくようなアプローチをしたいと
いつも思っています。
科学を学ぶことは、ビジョンを失わせたり力を弱めることにならず、
むしろ、両者を強めると信じています(*^_^*)
ダウジングは潜在意識と顕在意識、左脳と右脳をつなぐ
とても使いやすいツールのひとつ♪

実践編では、ペンデュラムを振る姿も堂々としていて、
顕在意識と潜在意識のスイッチをオンオフしながら
クライエントのエネルギーフィールドとチャクラの確認をしました。
933








相手の状態を知るためには、
まず自分自身のエネルギーフィールドやチャクラについて
の理解が欠かせません!
講座では、「今、この瞬間」のわたしたち自身の状態を知る、
さまざまなワークや
瞑想を通して、考察を深めました。

またまた分厚い渾身のテキストになり、
とても楽しい講座になりました。
みなさんに喜んでいただけてほっとしています。

ダウジングもエネルギーワークも、ボディワークも、
大切なのは
「にちゃ〜」と笑い、眉間を緩めて楽しむこと!
ダウジングコミュニケーショ合宿の企画も持ち上がっています。
またこんな話や、あんな話を合宿でお話したいです♪
きっと実現しましょうね〜!


素敵な感想をみなさま、いつもありがとうございます(*^_^*)
許可をいただき、ご紹介させていただきますね。

*HJさま 40代 セラピスト

ただダウジングに興味があり、教えて下さるところを
インターネットで探し、行きたい!と思って申し込んだのは、
一昨年でしたでしょうか。。。
初級から今回の実践編まで、本当に内容の濃さにビックリしました。
潜在意識に関わることは、どうしても『含み』のある言い方で感覚で
捉えていくといった感じで教授されることも多いのですが、
はやし先生はそのルートや裏付け、科学的分析まで説明されます。
とても勉強になります!
本当に時間が足りないと思います。
(やはり合宿が必要ですねww)
これまで教えて頂いたことを『にちゃ〜っ』とした笑顔で
楽しみながら鍛錬していきたいと思います。
有難うございました♪

*KTさま 60代 会社員

いつもながらあっという間の1日でした。
多くの知識ベースをはやしさんなりの整理で
非常にわかりやすく体系的に教えていただけました。
あとは、自分の実習をいかにするのかを
ずっしりと手渡された感じです。
自分のためにやってみようと思います。
ありがとうございました。

*NNさま 40代 心理職

ダウジングの勉強を楽しくさせていただきました。
チャクラ、色については大変興味深かったです。
普段の生活でも実践したいです。
またダウジング講座を開いてください!

*TKさま 30代 会社員

始めは実践編まで受講するつもりはなかったのですが、
毎回とても楽しく勉強できて、とうとう受講することにしました。
やっぱり受けてみてよかったです。
ダウジングについて全く知らなかったころは、
ちょっと怪しいけど興味がある、という認識でしたが
実はとても実際の生活に身近に生かせるものだと感じました。
これから自分なりに実践していきたいです。

*TAさま 30代 編集者

実践編は基礎、中級の振り返りと
カラーや言葉を用いたヒーリングを新しく学べて
楽しい時間でした。
実践編の続きも楽しみにしています。
新しいコースを作ってください!

*MOさま 30代 アロマセラピスト

ワークが多く、答え合わせができたので
自分への信頼感をはぐくめました。
頭でっかちになりがちなわたしですが、
感覚をとぎすます練習にもなりました。
そのほかのお話もいつもながら楽しかったです(*^_^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまで9回にわたって開催してきました
ダウジングコミュニケーション講座は
これをもちましてひとまず終了とさせていただきます。

内容をさらにバージョンアップして、
より実践的な講座にしていきたいと考えています。
どうぞ楽しみにしていてくださいね(*^_^*)






骨盤を感じる、感じることを感じる。ロルフィング講座開催♪



去年から、からだへの気づきを高めるロルフィング身体統合法の講座を
一回完結の4回シリーズにわけて開催しています♪

先週の水曜日は第2回目を開催しました。

第1回では足に意識をむけて感じることで、
わたしたちの思考や身体意識の癖に気づき、
グラウンディングについての感覚を深めました!
本当のグラウンディングをからだで感じることができました。
この感覚を早くにつかめるかどうか、は
その後の人生でのからだの使い方や
意識の用い方に差が出てくるように思います。

はだしで、野山を駆け回ることや
砂浜をはだしで歩くことがなぜ、ひとにとってこれほど
心地よく、幸せで、満たされるのか、
その答えが、足を感じるグラウンディングにあると思いました。
379

二回目の今日は、腰、股関節、骨盤へのアプローチを体験することで、
より高いレベルでからだを感じました。
わたしたちのからだは、わたしたち自身のものですが、
からだを感じている部分は意外に小さいエリアです。

たとえばアロマセラピーのセッションを初めて受けたお客様の
言葉でとても多いのが
「こんなところまで、わたしのからだだったのですね!」
です。

手はどこからあるか、
足はどこから、
腰とはどこを指しているのか、
当たり前のようで、わたしたちの身体意識は
実際のからだとかけ離れていることもしばしばです。


ロルフィングはからだの筋膜に働きかけることで、
からだの全体性を取り戻し、重力に対して、
その人の、「いま、ここ」での調和があらわれる助けになります...。

…と、言葉で書くと、う〜ん、ややこしや〜ですが、
ワークを行うと、「わかる感じ」が「わかる」のです。

わたしのボディワークの原点は操体法ですが、
アロマセラピーを学び始めたときに出会ったロルフィングからも、
たくさんの気づきと学びがありました。

いまのわたしのセラピストとしての「あり方」を支えてくれているといっても
過言ではありません♪
ロルフィングin京都の忍先生の優しい講義や丁寧な手技のおかげで、
毎回受講生から、「す、すご〜い!!」と歓声があがるほど
からだが変わります(^○^)
391次回は感覚器をひらくワーク♪(受付終了になりました!)
とても楽しみです(^○^)

受講生のみなさまから感想をいただきました♪
みなさま、ありがとうございました!!

396

☆MHさま

脚はどこから脚なのか、
股関節はどこから股関節なのか、
意識をするだけでからだは変化する。
おもしろいなあ、と思いました。
意識をしつつ感じる。
部分を感じて全体につなげていけたらいいなと思います。
今回学んだことは自分のセッションでも伝えていけると思いました。
ありがとうございました。


☆YYさま

2時間半という短い時間ですが、
身体とこころと意識の深い部分を学べたと思います。
なにより今、からだの心地よさをとても感じています。
本来あるべきからだの姿を知ることができて
本当に良かったです。
姿勢がよくないと思っていましたが、
気持ちが楽になりました。

☆NNさま

今回のようにじっくり骨盤に意識を向ける経験は
初めてでした。
ワークが終わった時には気持ちがとても穏やかになっていました。
意識を向けることがこんなに、変わるのが不思議でした。
からだにそっと触れてくれる他者の村債も大切な要素なのかな、と
思いました。

☆HSさん

今回もとても気づきの多い講座でした。
特に身体の緊張と意識の緊張、
感覚の通りやすさのつながりをとても体感しました。
そして手のタッチについて、改めて感じ取りました。
薄皮一枚の感覚、意識を持つ、感じることで、そこにフィールドができ
動きが生まれてくることを感じました。
QTやリフレ、人と接することに生かしてゆきます!
これから楽しみです。

☆EYさま

すごい!面白かった!
身体の感覚がまたまた変わりました。
そっと触れるだけで身体が変化しておもしろいです。
「感じる」が今までのパターンと違うパターンもあるのだと思いました。
その「感じる」瞬間を増やしていきたいです。
身体ってすごいよね〜!興奮!
私をひろげるきっかけをくれます!

☆YEさま

身体を感じる作業は普段からしているほうだと思いますが、
かんじるを意識すればするほど、
本来はもっと明確な感覚を覚えるものだと思っていたのですが、
逆に感覚自体が消えてしまうように感じることが
新鮮で驚きでした。
違う側面を知れたことが大きな収穫でした。


☆TKさま

ゆるゆる、ぷかぷかと全体となって浮かんでいる
自分の身体への気づき・・大切にしたいと
思います。
「骨盤から歩きましょう」とは、よく聞いて
いましたが、骨盤も足もひとつのもので、全体と
して考える、それも骨に筋肉がくっついている
のではなく、フワフワと浮かんだ感じで・・
と教えて頂いたこと、これからの身体感覚に
大きな影響を頂きました。

身体はやはり宇宙・・と感じました。
ありがとうございました。次回が楽しみです。



色を知り、自分を深める♪色彩心理カウンセリング講座、開催しました!

今年最初のこころとつむぐ講座は
北田辺の春田クリニック院長
春田博之先生の「色彩心理カウンセリング講座♪」

こころとからだをつむぐ講座も18回目を迎え、
春田先生の講座は3回目です。
毎回、さまざまな色の持つ心理的、歴史的、
身体的な意味を知り、
自分自身への理解が深まる講座は
とても好評で、今回も10人が集まってくださいました。
(12月に最初予定していたのですが1月に変更になったため
参加できなくなってしまった受講生のみなさま、
本当に申し訳ありませんでした。)

色彩心理カウンセリングとは
春田先生が考案された自然律療法の技法のひとつで
色彩環をもとにしたオリジナルのカラーチャートを用いる方法や
色のついた積み木を用いる方法、
美しい手作りのカラーボトルを用いて行われます。

4人の方へのカウンセリングを公開で行っていただいたのですが、
その鮮やかさに、わたしは見惚れてしまいました♪




春田先生の正直で穏やかな語り口調や、押し付けず誘導しないヒント、
色に対する的確な指摘、など
とても簡単に行っているようで、
実は難易度の高いカウンセリングの実際を
間近に見られることに興奮していました(*^_^*)
IMAG2812



同じ緑でも、
積み木とカラーボトルの緑は、周波数も光のエネルギーも異なり、
クライアントは、その質感の違いも含めて
色を選んでいることがわかります。
IMAG2815
光の色であるカラーボトルは、とてもきれい・・・♪


講座開始から鼻をすすっておられた受講生が
カウンセリングのモデルになり
カラーボトルの前に座ると、
ピタリ、と鼻水が止まり、顔色がよくなり、
こころなしか姿勢までが変化するさまが興味深かったです。

色には固有の周波数があり、わたしたちはその周波数に
意識する、しないにかかわらず共鳴し、同期化していきます。
選んだボトルは、身心の不調和や未来への思いや、
過去の記憶へのメッセージになるのです。

う〜ん、色への興味は尽きません!!

春田先生、毎回、新しい発見や考察を
おしみなくシェアしていただき本当にありがとうございます!
次回も楽しみにしています(*^_^*)
参加者のみなさまに、素敵な感想をいただきましたので
許可をいただき、ご紹介しますね♪
みなさま、ありがとうございました!!
IMAG2819



*T・Iさま

色の定義や深い解釈を聴くことができて
有意義な一日でした。
カラーボトルでは自分で意識していない面を知ることができて
少し微妙ですが・・・。
先生の人柄の良さに触れることができ、とてもよかったです。

*K・Tさま

今日はとても楽しいわかりやすいお話をありがとうございました。
人の心の扉を開くのに、こんなに良いものはない、というお話に
十二分に納得。しかもそこから深い深い部分に入っていける
色の素晴らしさを知りました。
ぜひさらに勉強したいと思いました。ありがとうございました。

*S・Kさま

とてもとても楽しかったです。
先生がますますパワーアップされていて嬉しくなりました。
和み彩香をやっていて、少し壁にぶち当たっていたので
先生のボトルはシンプルでいいなあと思いました。
理学療法として先生のような医師と一緒に患者さんと関われたら
理想的なリハビリをすすめていけるのになあ。
リハビリテーションとはその人らしく生きていくこと。
それをサポートしていくことだと思っています。

*N・Yさま

自分のカウンセリングをしていただき、
短い時間内に気が付けてよかったです。
色はエネルギー。
感じることで、自分の内面を知り、
クセを知り、楽に生かせる。
まあるい三角を目指します!

*H・Mさま セラピスト

とても興味深い内容の講座でした。
もっと深く学んでいきたいと思いました。
自分やまわりの方かたに生かしていきたいと思います。
一つ一つの色の意味や、これを選ばれたから、どういうことが
伝えていけるのかを学びたいです。
どの色を選んでも、その色を選んだ意味がある。
充電してあせらないこと。
胸に刻んでおこうと思いました。

*M・Sさま 看護師

以前からカラーに対して興味があり、
今回いろいろとメンタル面、身体面との関係が
とくわかり、とても面白かったです。
自分の今の状態が客観的に把握でき、病気になるまでに
対処できるツールだと思います。

*M・Nさま

色でもいろいろなツールがあるので、
どれを使うかで(選ぶ目)心の読み取りが変わるかも、と
思っています。
今日見せていただいたものでも
同じ赤だけど心に響きのが違いと思いました。
手放せる環境つくりが社会の中にあれば楽だろうと
思っています。いろいろなところのたらいまわしに
ならないことがいいなと感じています。

*K・Zさま 看護師

深層心理については興味が強い分野であり、
楽しく、あっという間の時間でした。
病院にいくのはストレスですが、それがカラーボトルなどで
緩和されると知り、全病院で使用していただきたいと思いました。
(年齢もあがり病院に行く機会が増えたので思うのです)
統計を取り、今に至られるのは本当に大変なことだったと御察しします。
それを治療に生かされているので、内科の病気になったら
先生のところに行きたいです。

*Y・Sさま
心の状態でからだの不調がでることは
なんとなくわかっていますが、
やっぱりこころとからだはつながっているんだなあ、と思いました。
色彩を選ぶ行為は、イメージを持つので
選びやすいと思います。
前から色に興味があったのですが、実際の症状と照らし合わせることが
できるのは面白いと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさま、ご参加ありがとうございました!

わたしも春田先生のカラーチャートを使って
アロマセラピートリートメントの前後での
色の変化をお伺いしています。
どのかたも、選ぶ色の重さ、色調が変化し、
より明るくなるようです。

今回の講座で得たことをまたケアの現場で
生かしていきたいと思います(^^♪







クリスマスを彩るリースつくり講座開催しました♪



今年最後のこころとからだをつむぐ講座は、
プリザーブドフラワーでの
クリスマスリース作りでした!
講師はもちろん、大竹口先生♪
大竹口先生のプリザーブドフラワー講座は
今回で3回目になります。

毎回、いろんな趣向が凝らされていて、
こんなに素敵でいいの??
とびっくりするくらい、センスの良い作品を用意してくださいます。

なにより、大竹口先生の明るい、大阪テイスト満載の
ノリのよい指導がとても楽しく、
大事なポイントとコツを教えていただきます。
初めて顔を合わせた参加者さんも
わいわいと女子会のように
大笑いとおしゃべりしながらの楽しい時間でした♪

最初の材料はこんなの。
IMAG2702
すべて自然素材でできているので、
とてもいい香りがします♪

まずは土台になるリースに
金色にペイントされた松ぼっくりとドングリを
思い思いに付けていきます。

わたしもマイグルガンを用意して、
どんどんつけていきます。

同じ材料なのに、
並べ方でみんなの個性が出てくるのでそれを見比べながらの
作業が楽しいのです。

緑のシダーを松ぼっくりの間に埋め込む作業は
思いのほか時間がかかり、
途中から瞑想状態に入ったかのように、もくもくと・・・。

仕上げのリボンも何種類もの中から
自分の好きなものを選びます。
八角をリボンの結び目に付けたり・・と
アイデアが光る方もおられました。


IMAG2705

そして、出来上がったリースがこれ!

IMAG2712-1

ジャーン♪
誇らしげな顔で写っています。
リースを眺めては、我ながらセンスが光ってるなあ、
と自画自賛しています♪

出来上がった作品と一緒にみなさんと記念撮影。
みなさんの笑顔も素敵です!

IMAG2716-1


そして、なんとなんと
お正月用の水引と組ひもも先生が用意してくださっていました!
クリスマスが終わると、御正月バージョンのリースになるのです♪

贅沢でお得感たっぷりの講座、
今年最後のつむぎの森での集まりでした。
ご参加くださったみなさん、
楽しい時間をありがとうございました(*^_^*)

大好評につき、来年も開催決定!
6月ころ、夏の苔玉を作ります(^○^)
お楽しみに!

最後になりましたが、
午前中の春田先生の色彩心理カウンセリング講座に
お申込みいただいていただみなさま、
このたびは春田先生の体調不良により延期となってしまい
申し訳ありませんでした。
1月のご都合が合わなくなってしまった方もおられ、
とても残念です。
また来年も企画をいたしますので、
どうぞご了承くださいませ。

1月13日に延期になった春田先生の色彩心理講座は
あと2名受付可能です♪
ご参加お待ちしています(^^♪

重力と調和する、全体性を取り戻す・・からだで感じるロルフィング講座♪


つむぎの森で、
第16回目になるこころとからだをつむぐ講座
「ロルフィング〜からだを感じるロルフィング」を開催しました♪

講師はロルフィング in京都
忍英彦先生(公認ロルファー・ロルフムー ブメントプラクティショナー) です。
忍先生の講座は二回目ですが、前回同様大好評でした!


ロルフィングとはアメリカの生化学者
アイ ダ・ロルフ博士によって始められ たもので、
人が心身ともに調和のとれた健康な状態になること を目指す
”からだの再教育プログラム” です。
ロルフィング身 体統合法(Structural Integration)と呼ばれ、
心身の健康に必要である “人が全体性を取り戻し、
重力に対して調和すること” を テーマに進められます。

そのために、ゞ數譟紛敍・内臓・骨などを包 み、つなぎ、
身体全体に広がる膜組織のネットワーク)に手技で 働きかけ、
柔軟性や連続性(全体性)を取り戻すワークを中心に
4回シリーズで1回完結の講座を開講し ていきます。
(次回は2013年3月6日開催、あと1名で定員です♪)

わたしは、ケアルームをオープンしたばかりのときに
エサレン(R)ワークの先生が主催されている
ロルフィングの勉強会に参加させていただいたのが
ロルフィングとの出会いでした。
もう7〜8年前になります。

なにかを「してやろう」とセラピストが意図をしなくても
からだは、ただ、そこにあることに気づくと
自身で動きを感じ、表現していくことが
とても新鮮でした。

長く学んでいた操体法にも通じる
ソフトな働きかけで、
足の指から頭のてっぺんまでが
ひとつの全体性として調和していきます。

なにより、とても気持ちがよく、
びっくりするほどからだが軽くなり、
ワークの前後の身体感覚が変化するのです。

シリーズ第一回目は、

グラウンディング〜足・足首・膝

IMAG2676


まずは、普通にたったときのからだを感じます。

そしてペアワークで、
からだに気づくための繊細なタッチとともに
足に触れていきます。

これが、変化?
これが手技?
これがワーク?


そんな微細なからだの声を聞き取りながら
わずかな違いを感じる経験を積み重ねていきます。
IMAG2684



ワークの前とあとでは、立ち方も感じかたも重心の位置も変わります。
本人はもちろん、見ているわたしも受講生の変化が一目瞭然♪
IMAG2686



たとえば、下肢であれば、
足を構成する骨や腱、筋肉など、
土台・支えになる足から膝の部分のしくみを知り、
それらの本来の動きを引き出すはたらきかけ方、
イ メージを練習するだけで、
からだのシステムが発動するのです(^○^)

シェアや質問も活発で、ワンピースのルフィと
マジンガーZとの身体感覚の違いなど
幅広く、面白く、
受講生の顔がびっくり!されている様子が
楽しい講座でした♪

考えすぎると止まる。

でも考えないといつもの動きになってしまう。

顕在意識と潜在意識の間の細い道を
通りぬけるようなイメージを持ちましたが
参加者のみなさんはどうだったでしょうか?
素晴らしい感想をいただきましたので、
シェアさせていただきます!

来年は3月に第2回、
日時は未定ですが、第3回、第4回も予定しています♪
ご興味のある方はお問い合わせくださいね。

CIMG0700


*J・Oさま 

いかに身体に反することをしてたか〜。
身体を感じることをしていなかった毎日だったと思いました。
身体の一部がこころにあると感じると、
自分の身体も本当に宇宙の一部だったのだと、
改めて感じることができました。
部分は全体である。
ついつい部分ばかりを見てしまいがちなので、
自分の身体のすべての部分を全体としてとらえて
感じていきたいです。
筋膜ってきくと、筋肉の膜というイメージだったけど、
すべての膜ってことで、全体のつながりだったのかと
理解できました。
自由な身体の動きに素直に応じていきたいです。ありがとうございました。

*M・Oさま

びっくりしました!
・骨がばらばらに動いていること
・あるのは頭で知っているのに、
実感としてかんじていないこと
・全体としてかんじること
・さわるだけで全体がつながる感覚がすること
・足を感じることでグラウンディングができること
・感覚の統合

統合する、調和することに意識をおいていこうと思います。
足の感覚をつなげる。
それだけで歩きやすくなるってすごいですし、
自分にも人にも生かしていこうと思います。

*Y・Yさま

からだの細部までひとつひとつつながっているという
イメージをするだけで、流れがスムーズになり
安定感や存在感を感じられるのだと実感できました。
先生の言葉のひとつひとつがとても素敵で、
それだけで体が緩んでくる感じです。

*S・Hさま

以前にうけたときより
自分の感覚がよくなっているのか、すっご〜く
変化を感じました!
ロルフィング、楽しい〜〜!!
すっごく楽しい講座でした!
そして忍さんの独特のテンポの話し方がとてもよく、
受講しながら自分の中で考えるスペースもありよかったです。
相手の身体を触るときの皮一枚ある感じもとても参考になりました。
リフレクソロジーをしていて、「感じる」ことへの
大きなヒントになりました。
次回も楽しみにしています。

*S・Sさま
ロルフィング、すごく不思議な感覚で
足の指をさわってもらって、それを感じるだけで
全体が整っていくのがすごいと思いました。
自分を意識せず感じる感覚で全体をひとつと思うことで
つながっていく・・。
足で感じただけなのに、本当に不思議です。
しっかり足全体で歩き、しっかりと立てている自分が
嬉しかったです!

*N・Nさま

はじめてロルフィングを体験しました!
今までしたことのない体験で
楽しくあっという間に、時間がすぎていきました。
足がしっかり床について
とても安定したように感じ
気持ちがよかったです。
気持ちも静かになったようでした。
もっと勉強したいと思いました。

*Y・Eさん

身体の動きに集中する貴重な時間でした。
とても立ちやすくなりました!
先生もイケメンでよかったです♡
声も素敵。
頭で考えるのではなく、
身体の感覚を磨いていこうと思います。
身体の叡智とはよく言ったものです。

*K・Uさま

ありがとうございました。
からだの各々のパーツをそこにあると知って
ひとつにする。
スポーツのシーンに行かせていけたらと思いました。

Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

月のこよみ
はるか太古の昔から、
わたしたちは月の力を感じ、
そのリズムにしたがって生活
してきました。
いまでも女性は月の満ち欠けが生み出す力に
大きく影響をうけています。

hiro

月ごとの生殖リズム、出産、
肌の新陳代謝のサイクル、
気分の波・・・。

新月から満月への連綿と繰り返される
月のリズムと調和し
こころとからだとスピリットを
開放してみましょう。

新月は計画を立てたり、新しい物事を
始めたりするのに最適の時。

Archives
livedoor プロフィール
お気に入りの音楽3



クリスタルボウルは
瞑想のために開発された楽器。
純度98.9%のクオーツクリスタルから倍音が響くと、
そのバイブレーションがからだの細胞にしみこみ、
さらに心の奥深くまでを溶かしていきます。

初めて、この「アルファ」のCDを聞いたのは何年か前の夏の日。
子どもたちとお昼寝をしようと、ござに寝転び、CDをかけたのです。

すると・・・
知らない間に、涙がどんどん流れてきて、みんなで、「涙が出る〜」といいながら聞き続けました。
しばらくすると、子どもたちが「いまの音、この辺に入っていった」
「この音は、ここにぎゅーんで響く」とからだのあちこちを触りだしました。

クリスタルボウルは人のからだのチャクラに対応しているのです。
7種類の音は、7つのチャクラと共鳴し、それぞれ対応する音があらわす部位を子どもたちは感じていたのでした。

クリスタルボウルの深い響きは、左脳と右脳のバランスをとり、内なる存在とつながり、静けさと湧き上がるエネルギーを感じることができます。


いまも、セッション中にこのCDをかけていて、あまりの美しい旋律に、涙がこぼれることがあります。
何回聞いても聞き飽きることがない、
おすすめの1枚です(*^_^*)

セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

セラピストの本棚8
<セラピストの本棚8>

『整体入門』
野口晴哉著
筑摩書房



野口晴哉氏は天才だと思います。
10代のとき、この本に出会ってから、
からだや心に対する見方が大きく変わりました。
整体協会に属したことはなかったのですが、
主に著書を通じて氏の世界観に触れることで大きな影響を受けました。

野口整体の創始者として、
日本の東洋医学を代表する人物である野口晴哉が、
初心者に向けてわかりやすく野口整体のポイントを説いた本書は
最近文庫になって再登場しました。
ランキングに載るほど話題になったそうです。

「愉気」という触手療法の体系を作った氏は、
「愉気とは楽しい気で相手を包むこと」といいます。
そっと相手に手を触れることで、
自己調整が目に見える形でトレーニングできる方法を生み出し、
「活元」と名づけました。

人間を12分類した体癖理論は難しく理解したとはいえませんが、
「気」とは何か、からだの要求によって動きが生み出されること、
癒しの手をつくる合掌行気法、
脚湯の仕方、自分で歪みを正す体操、
便秘の解消法、母乳の出し方、
月経痛をなくすには、などなど
からだのゆがみやねじれの解消法について
「からだの凄さ」を改めて感じることができます。

何度読んでも新しい発見があります。
『風邪の効用』と併せて読むと理解が深まります。
お気に入りの音楽2


『永久へのカノン』

ダニエル・コビアルカ

パッヘルベルのカノン。大好きな名曲です。この曲のCDはいくつか持っていますが、コビアルカのカノンでは新しい魅力を発見することができました。
知っている曲は脳が活性化してメロディを追ってしまうので、セッションでは不向きなのですが、このカノンはまったく邪魔することなく、また呼吸のリズムときれいにあって、深い深いリラックスをもたらしてくれます。
そして、このCDの本来のタイトルでもある「Timeless Motion」
この曲のためだけに1枚購入してもいいくらいです。
セラピストの本棚7

『フレグラントマインド』
バレリー・アン・ワーウッド
フレグランスジャーナル社








アロマ心理学の草分け的存在の
ワーウッド女史が、心とからだの健康を目指して
取り組んだ本書は初心者ははもとより
経験をつんだセラピストにも
新しい精油の一面を示し、
香りから人の性格や内面 に潜む自己を引き出してくれます。

精油を9系統に分類したアロマジェネラは
読み物としても楽しめます。
日本人のためのアロマジェネラを構築するとしたら
どんな形になっていくのでしょう。
日本人ならではのコミュニケーション、表現法、
身体意識、美意識、歴史、などを総合した
日本人のためのアロマジェネラを
きわめていくことが目標です!

グレープフルーツのパーソナリティ、
いいですねえ(*^_^*)

セラピストの本棚6


『万病を治せる妙療法ー操体法』橋本敬三

操体法と言うと、「え?体操?」とよく聞き返されます。
仙台で医者をしていた橋本先生が考案した整体術の一種ですが、ホリスティックな視点で病気について考えることができます。『生体の歪みを正す』も名著です。
「気持ちのいい方向に気持ちよくからだを動かして、すと〜んと脱力。そして大きくため息、はあ〜」なんて単純で気持ちいいのでしょう。うちの子供たちも寝る前の操体法が大好きです。
セラピストの本棚5

1990年、この本を読んだ衝撃は大きかったです。一時期バイブルのように繰り返し読みました。

前著『人はなぜ治るのか』では誰かに治してもらうものだと思っていた病気が、実は自己のコントロール下にあることに気づかされました。
本書ではさらに健康と治癒の不思議なメカニズムを解き明かし病気の経過とそれを変える方法の説明、こころとからだの相互依存関係、呼吸法、食事などあらゆる観点から詳しく解説してくれています。
『癒す心、治る力』も名著です。
<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


お気に入りの音楽


<REIKI>レイキ /Llewellyn


鳥や川のせせらぎなどの
自然音が好みなのですが、
トリートメント中は、
人の声などがはいらず、
静かで一定のリズムの
波動の高い音楽が欠かせません。

この<REIKI>のCDは
急にリズムが変わってびっくりするようなこともなく、落ち着いて自分の心の声と対話できるアルバム。
<REIKI>とは普遍的な生命エネルギーを指し、とてもパワーあるハンドヒーリングです。
シリーズに<aromatherapy>や<chakra>も。
セラピストの本棚<2>
クリニカルアロマセラピスト
の本棚からおすすめの本を
ご紹介しています。

ガブリエル・モージェイ氏の
『スピリットとアロマテラピー』

フレグランスジャーナル社



スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す


アロマセラピー初心者をそろ
そろ卒業して、もっともっと
深く学びたい、と思われたなら、
ぜひこの本を手にとって
読んでみてください。

著者はアロマテラピー、指圧、
鍼(はり)、薬草医療の専門家
で、薬草医療の校長。
精油がこころとからだ、
スピリットへ及ぼす効果や
深遠な心理作用、陰陽五行説
についてもとても分かりやすく、
丁寧に説明されています。
アロマセラピーと東洋医学を
融合させたユニークな視点は
アロマセラピーの新しい可能性
を感じさせてくれます。

読み物としても面白いですが、
臨床やセッションの現場での
精油ブレンディングのヒントに
大活躍しています(^.^)
セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰

IMG_1082







「こころ」「からだ」「エネルギー」「魂」
を耕し、つむぎあわせること・・

触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「魂」そして「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

理論に偏らない、ホリスティックな視点を大切にするいまのスタンスは、若い頃からの山登りや宗教への考察、心身のつながりを統合する体験、聖地を旅し、自然療法やボディワーク、アロマセラピー、ホリスティック医学、エネルギーヒーリング、哲学、人類学、マクロビオティック、催眠療法などのさまざまな心理療法を学んできたことから深めています。
深い山で何度も夜を過ごし、自然農法で田んぼを耕し、ハーブを育ててきたことも、光だけではないいのちの多面性や、伸びてゆく力への信頼に結びついています。
大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
医療ケアが必要なこどものためのタッチケアボランティアは、医師や看護師、HPSらとともに様々な病院、医療センター、ホスピス、支援学校などで継続しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
LOVING TOUCHを伝えています。

二児の母。
■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder
■AHCP認定クリニカルアロマセラピスト/リフレクソロジスト
■保育士
■日本心理学会認定心理士
■NPO法人日本ホリスティック医学協会理事
■ラヴィングタッチケアプロジェクト主宰
■KAF認定ラヴィングベビータッチ主任講師
■米国リドルキッズ協会認定医療介入を必要とする
こどもへの小児タッチケア上級セラピスト
■クォンタムタッチ(R)
認定レベル1・レベル2インストラクター・プラクティショナー
■ABH認定催眠療法士
■大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。

著書『ぐっすりネンネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房




ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

*受付開始中♪
こころとからだを紡ぐケア〜ラヴィング・タッチケア基礎講座
残席1名!!
詳細はお問い合わせください。
◆日時:2017年9月30日(土)10月1日(日)
10時〜18時(9時40分開場)
◆講師:はやしひろこ

【受付開始】
第30回クォンタムタッチRレベル1ワークショップ
*日時:2017年12月2日・3日
10時から19時
*講座料金・64800円(税込)
*会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森

【受付開始♪】
ラヴィングタッチケアアドバンス講座
The Anatomy of Loving Touchcare DAY3 & DAY4
*日時:DAY3 2017年11月18日
DAY4 2017年11月19日

詳細に関しては
ホームページに順次アップしてまいります。
またお問い合わせいただいた方には
優先的にご案内をさせていただきますので、
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
 ラヴィングタッチプロジェクト♪
今年のラヴィングタッチプロジェクト主宰の
ラヴィングタッチデー2015は
大盛況と愛と笑顔の中で終了しました!
ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました(^^♪
また次回をお楽しみに!!
1507077_648777948556976_7911846340208959344_n





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すべての子どもたち、大人たちに
愛を込めたLOVING TOUCHを!

ラヴィング=Loveを
今、ここで感じている状態。
まなざしや声や暖かい手のひらに
ラヴィングな気持ちをこめて、
ラヴィングタッチを贈りましょう。

この世界すべてが、
ぬくもりのある暖かなタッチで
光に満たされますように・・!


ラヴィングタッチプロジェクトのステッカーです。
LTPtsumugiURL_JPG300



保育園、幼稚園、小学校、病院、日本津々浦々に
ご希望される場所へ、ラヴィングタッチの出前教室・講座を開くためにステッカーを一枚200円で販売しています。10枚以上お求めいただいた方は、応援サポータとしてラヴィングタッチプロジェクトページにてご紹介させていただきます!
http://tsumuginomori.com/

つむぎの森のケアルーム、ホームページ、また賛同してくださった方からご購入いただけます。
このステッカーの売り上げはつむぎの森とは別会計でラヴィングタッチを伝えていくための活動資金にいたします。

みなさまのご支援、ご協力をお願いいたします(*^_^*)
愛を伝えるベビーマッサージ♪ラヴィングベビータッチ教室お知らせ★
人生のプログラムを構築する乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
愛を伝えるベビーマッサージ教室を大阪京橋のつむぎの森で開催します。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。
参加費はオイル代込で3000円です。
赤ちゃんともっと仲良くなれる、楽しいタッチケアレッスンです。
みなさまのご参加お待ちしています♪
IMAG0689






*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は
現在 小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。
在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
(別途出張費と交通費を申し受けます)どうぞご相談ください。

IMAG2509 (1)


お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪
aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
講師・出前講座のご依頼は・・
*アロマセラピー
*リフレクソロジー
*ベビーマッサージ教室
*タッチケア
*セルフケア
*クォンタムタッチ(R)
の講師・出前講座承ります!

これまでに、
看護協会さま・教職員組合さま・
幼稚園・保育園・小学校・PTA活動・
看護系大学・育児サークルなどさまざまな
イベントでの講師活動、
ベビーマッサージの出前教室などを行っています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
aroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ外して送信してください)



おたよりありがとう♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ