つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療的ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できるセラピューティックな場を提供しています。

ラヴィングタッチケア♪

こどもたちのこころとからだ

昨夜は娘と夜中2時すぎまで語り合っていたので、
起きられるか心配だったのですが、
朝8時スタートのビルディングブロックアクティビティの創始者、
セシリア・ケスター直々のオンライン講座に間に合いました。
BBAは特別支援を必要とする人の身体的基盤をつくるエクササイズ。
認定講座は数年前に修了していますが、
今日は初心者に向けたエクササイズ中心の講座でした。
身体へのリズミカルな刺激で、
神経系が活性化されました。

シンプルで心地よい刺激は、汎用性がありますね。

7月8月は新規のクライアントが増え、
あっという間に9月末までほぼすべてのご予約枠が埋まりました。
その多くは、保育園児や小学生、中学生、高校生、大学生などのこどもたち。
新型コロナでの活動制限は、じわじわとこどもたちの心から活力を奪い、養育者の心身も大きな負担で、一緒に倒れてしまいそうです。
どんなサポートが適しているかな、
身体から、心理面から、認知から、行動から、
遊びから、歌うことから、見つめ合うことから。
わたしはわたしにできることを、淡々と熱く、
冷静に、情熱的に行うのみ。

タッチケアレッスン、再開♪

新型コロナのために延期になっていたタッチケアレッスンも復活!
今日は、大家族で暮らすIくんが、お母さんと若いおばあちゃまと一緒に来室。
プレイハウスの中から、この笑顔💕
可愛い、可愛い♪

FullSizeRender

赤ちゃんの動きには何一つ無駄なことがありません。アイコンタクト、お口の開け方、声の出し方、おもちゃへの手の伸ばし方、掴み方、放り投げ方、舐め方、ハイハイの仕方、遊ぼうと誘う表情や手の上げ方、笑い方。
没頭して集中して遊ぶ時間が、身体を育み、見守る家族のまなざし から
社会性やコミュケーションを学びます。
お母さんと、おばあちゃまの優しいまなざしとともに、植物オイルを用いてタッチケア 。

おててが、グーンと頭の上まで伸びて気持ちよさそう。

FullSizeRender

左手と右手のバランスも良くなりました。
2時間近く、ずっとにこにこと遊び続けました。
0歳児でこの集中力、素晴らしいです^ - ^
楽しかったね!今度はどんな表情をみせてくれるのかな。


IMG_6108

手遊び歌とタッチケア

今日はzoomで「手遊び歌タッチケア」オンライン講座を開催しました。

ラヴィングあいうえお、とセルフタッチケア から始まりました。
画面に映る懐かしい学びの友の顔。
会いたかったなあ、会えてよかったな、そんな思いを伝え合いました。

手遊び歌と共に行うタッチケア は、視覚、聴覚、触覚、前庭覚、固有覚への適切な刺激となり、毎秒ごとに成長している赤ちゃんやこどもたちの身体、情動、神経系に働きかけ、成長発達の土台になります。
表情認知や社会脳、感覚統合、アタッチメントにも関わります。「遊び」を通して、身体を心地よく動かし、情動共鳴と共感を学び、経験を反復して消化し同化する過程は、内的世界の豊かさにもつながります。
手遊びタッチケア を作り上げていくグループワークも盛り上がりました!
どこにフォーカスして、どんな目的でタッチケア を行うか、視点がグーンと広がりました。みんなの考案した手遊びタッチケア 、早く実践してみたいです♪
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました😊

IMG_6076

まなざし、声、手で、こころで触れる。あなたへ、わたしへ

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。
看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、
聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。
100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、
課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、
「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、
懸命に感じとり、表現しようとするプロセスが紡がれていました。

とても暖かい気持ちになりました、
家族との時間を思い出した、
生きていると実感できた、
じぶんで自分をこんなに大切に触れたのは生まれて初めてだった、
なぜか、涙がいっぱい流れて自分が疲れていたことを知った、
自分を大切にしてもよいのだ、と感じた、
相手の存在への尊重が大切だとわかった、
とても不思議だが自己肯定感があがった、
自分の在り方で相手の感じ方が全く変わることに驚いた、
一方向的なケアではなくて、触れる側も触れられる側からのある種のケア的なものを受け取っている、
安心感を与えることが出来るように、話し方や表情を柔らかくすることを心掛けた、
手だけでなく目線や話し方でも感じ方は変化するので、どうすれば柔らかい印象を持ってもらえるのかを重要視して行った、
自分の体に意識を向けることができた、
非科学的だと全く信じていなかったが実践で印象が180度変わった、
相手を思いやる気持ちで触れ、触れられることは、お互いを癒し、相乗効果を生むと感じることができた、
表情や言葉、つまりは視覚や聴覚からも相手の感情は感じ取れるものであるが、肌のぬくもりや柔らかさ、優しい触れ方といった皮膚感覚を通すことによって、視覚や聴覚だけからよりもはるかに強く相手の感情が感じられた・・・。

びっしりと書かれたタッチケア体験に対する素直な想いが静かな感動となって胸を打ちました。




「タッチ」を学びたい、と意思をもって自ら講座などを探して参加される場合は、少人数で安全の確保された状態でさまざまなフォローもできます。
でも大学での講義はある意味「予期しない望まない」状況で、
強制的に「ふれる」体験をすることになるので、ワークや言葉の用い方にとても慎重になります。

タッチケア自体は非侵襲的な、穏やかなコミュニケーションツール。
だれにでも、いつでも、どこでも、手軽にできるものだからこそ、
育ってきた環境や背景が見えない場合は、「触れる」「触れられる」ことで、
苦しみや悲しみを再体験してしまうこともあります。
オンラインで顔が見えない場合はより慎重に。

これから看護実習に出る彼女たちは、今は覚えることやレポートが山積み。
現場に出る緊張感、人間関係、人生経験も全く異なる患者との関わりに大きく悩み心折れる日もたくさんあるでしょう。

『まなざしや声や手が、自分を励まし、寄り添うものだと知った』と多くの学生が書いてくださっていました。

「触れる・触れられる」体験が「経験」へと昇華し、
これからの彼ら彼女たちが寄り添う気持ちを伝えるヒントになりますように。
感性豊かで、真摯に人と向き合おうと自らを鼓舞し、
挑戦を続ける方が看護を志してくださっていることに頼もしさを感じています。


オンラインでの講義ということで
同じ空間を共有し、息遣いを感じ、互いの神経系と共鳴して調整を行う対面の講義との違いを、
どのように寄り添いと共感を伝えるツールとして自ら体験できるのか、試行錯誤しました。
たとえ、画面越しであっても、まなざしを感じ、声のぬくもりを感じ、手の温かさが心に届きます。
でも、リアルに触れたいね、触れられたいね、大切に、大切に。

看護学生への「ふれるということ」

今日は某大学看護学生さんへ、精神看護の貴重な一コマをいただき、
「ふれるということ」というテーマで講義を行いました。
例年は大講義室での講義。
できるだけ一人一人の近くを歩いて、目を合わせてワークのフォローをしていたのですが、今回はオンライン!一体どうなる、とシュミレーションにも力が入りました。

うちのこどもたちの大学のオンライン講義をこっそり覗かせてもらったり、
配布資料を見せてもらったり。

そもそも全員が同じ時間に揃うのか、と講義以外のところに気持ちが向いてしまいましたが、
急遽、ほんのわずかな時間ですがお互いのお顔が見える状態でまなざしあいました。

これが良かったようで、質の高いバーチャルな空間を共有することができました。
2015年に始まったこの講義は、もともと看護実習前の学生たちに、
患者さまのからだにふれる心構えの一助になることを目的に依頼を受けました。


「ふれるとさわる」のワーク、
「まなざしと声」のワーク、セルフタッチケアを行いました。

ワークの前後での学生の表情の変化はリアルでもオンラインでも変わりませんでした。
むしろオンラインの方が、プライベートな空間になるので、自分の感覚をじっくり味わうことができたようです。
暖かいワークの余韻がまだ残っています。


長い自粛生活で、友人にも会えず、
自宅でひたすら動画やオンライン授業やレポートを頑張っている、
近い将来ケアギバーになられる彼ら彼女たちが、
自らのセルフタッチと声で癒され優しいタッチを贈ることができますように。

赤ちゃんとママのタッチケア♪

今日は、乳幼児のためのタッチケアミーティング。
急な告知だったので、少人数でしたが、自分自身に触れ、パソコンの画面越しにまなざしで触れあい、有意義な時間になりました。
タッチが好きで、人が好きで、何があっても赤ちゃんとお母さんの味方でいたくて、そのためだったらどんな領域に関することも学びたい、実践したい、そんな仲間との話し合いではアイデアが湧き出てきます。楽しい!
covid19 で「触れる」ことへの抵抗が、目に見えないプレッシャーのように感じているかたがおられることも確か。
わたし自身も、「非接触の時代」のタッチケアについて、活動のあり方などを見つめ直す機会になりました。
結論として、タッチケアなどの接触を伴うケアがなくなることはない、むしろ、その重要性に気付いている方が増えていると感じます。哺乳類にとっての触れ合いは「いのち」を支える土台です。
赤ちゃんにとって安全を感じる場は、お母さんが安心を感じられる場。
諦めることなく、できることを探して、前に進みます!
ご参加くださった皆さん、ありがとうございます😊早速、アイデアを反映させていきますね。

FullSizeRender

5月5日はタッチの日!

5月5日はタッチの日!

日本タッチ協会のオンラインフェス、始まっています。
大盛況で100人を超えたので入室できない方もおられるようです。

ただいま、フェイスブックライブやインスタライブなどで視聴いただけないか、協議中です。なにぶん、1週間前に突如として声が上がった今日のライブイベント。
内容の素晴らしさは胸を張れますが、技術的にはまだまだ準備不足は否めず、ここまで多くの方のご参加を想像していませんでした。
初めての無料のイベントということもあり、どうか寛大な心でお許しいただければと思います。
そして、ご参加をご希望くださっている皆様に、心から感謝申し上げます。

お昼は山上亮さんの親子でタッチです!
少し前にオープンする様にしていますので、気持ちお早めにお入りください。
もし、入室できなくても、Facebookライブできるように準備中です。

手と手を広げて、パーの手のひらで、今日は大切な方にそっと触れましょう✨
自宅のすぐ近くの公園。まだ桜が咲いていました🌸

FullSizeRender

ステイホームでタッチフェス!5月5日開催します。

stay  home。
おうちで過ごす方が多いと思います。
医療や介護、保育や流通などのライフラインを守ってくださる皆さま、ありがとうございます😊

日本タッチ協会は掌をパーに広げたこの手で、互いに触れあおう、と毎年5月5日にタッチイベントを開催しています。

今年は
「ステイホームでタッチフェス
を合言葉に、さまざまな企画をしています。

みなさま、ゆるり、ゆるゆるとご参加ください!

以下、日本タッチ協会イベント案内より引用

【速報!5月5日タッチの日 オンラインイベント開催します】

いま、新型コロナウィルスの影響で、いのちを守るために「触れる」ことに制限が必要になっています。でも人間にとって「触れる」こと、「つながる」ことは、だいじな栄養素の一つです。「安全に触れる」ことは、私たちの心と身体を健康に保つ助けとなります。

まず自分に触れること、そしてだいじな人に「安全に」触れること。

1日に5分触れ合うだけで「絆ホルモン」であるオキシトシンが分泌されます。

また、オキシトシンは直接触れずともまなざしや声で触れることでも分泌することがわかっています。

5月5日タッチの日。日本タッチ協会は、朝から夜まで、さまざまな形で「安全に触れる」オンライイベントを開催します。ぜひ、みなさんが心地よくいられる場所からご参加ください。

 
合言葉は「ステイホームでタッチフェス!」

詳細の発表までしばしお待ちくださいませ。IMG_5094

わたしの中心HOMEへ。Stay Home,Stay Loving

Covid-19(新型コロナウイルス)の感染拡大に伴う緊急事態宣言が大阪にも発令されました。
5月6日までの解除予定日までは、対面の施術や講座などすべてお休みにしています。

毎月、定期的に楽しみにしてくださっていた方や、
医療的ケアが必要なこどもたち、
発達相談を受けていた子どもたちなどにもこの期間はお会いできません。
どうされているだろう、呼吸は浅くなっておられないだろうか、
目に見えない恐怖のなかで、孤独を感じておられないだろうか。
毎日これまで出会ってくださったみなさま、これから出会うかた、
出会っていないけれど、同じ地球の上で暮らすいのちへの祈りの時間を
これまで以上に大切にするようになりました。
不要不急の時間こそが、文化であり、豊かさであったと気づきます。
先日の多重迷走神経理論(ポリヴェーガル理論)を提唱されたイリノイ大学の
ステファン・ポージェス博士のオンライン講義でも、
私たちの世代が初めて直面するこの危機に対して、
人との社会的な交流をとおして、高ぶった神経系をなだめることが得られなくなっていることに対して、
たとえオンラインであっても、わたしたちが恐怖や恐れの神経システムから、
安心と安全の神経システムへの移行をスムーズにサポートできることを
熱心に伝えていただきました。

遠隔ヒーリングを15年行っているので、その効果は十分に実感していますが、
ならば、やってみよう、実験してみようとzoomというテレビ電話会議ツールを利用した練習会を企画しました。

2人でも、3人でも・・と思っていたら、
午前と午後に分かれたラヴィングタッチケアの練習会と、クォンタムタッチの練習会へ、
延べにして70名近い懐かしい大好きなタッチケアラバーが、
北海道からも九州からも、集まってくださいました。

赤ちゃんもこどもたちも一緒に、
時々ヤギさんとうぐいすのさえずりも加わってのタッチケア♪
画面から、笑顔が見える!
声が聞こえる。

それだけで、ホーと力が抜けました。心が温まります。すごい、すごい。

covid 19の感染拡大によって生活や仕事や子育て環境などが大きく変わり、
自粛生活が続くなかで、
こうした文明の叡智を使って「場」を作り、
そのなかでまるで、リアルに出会っているような身体感覚を共有できる新たな能力が、
生まれつつあります。
いま、現在、獲得中の新しい能力を試すように、さまざまなワークを行いました。

画面越しでのまなざしと声のワークでは号泣する方が続出し、
画面に向かって手をあわせると、すーっと、内側が整い、
ふわふわした大地にしっかり根を下ろす感覚も感じることができました。

空間が同じではなくても、声のトーンやまなざしなどの生体情報から わたしたちは、「安全」と「安心」を感じることができるシステム「共同調整」が行われているのです。 青く美しい地球の上で、抗い、隔離し、戦うのではなく、covid19と共に生きる世界。
大切な人、大切なもの、大切な時間への新たな気づき。

外界の出来事や内面の心の動きに翻弄され疲弊し、
ぐるぐると知らない間に巻き込まれてしまうのか、
自分に立ち返り、あり方に目覚めた意識とともに行動して祈るのか、
わたしたちはどちらを選ぶこともできます。

圧倒的な愛の中で、こんなにも、穏やかに素直に呼吸できることへの感謝。
つながりの神経系は、zoomでもリアルと変わらず働くことも70人で実験できました。

医療職の方も多く、それぞれの立場でのcovid 19との向き合い方では、
報道とはまた異なる現場のリアルを共有することができました。

希望を胸に、口元には微笑みを、ガニガニと身体も動かし、今できることをできるように。

みなさん、ありがとうございました😊
次にお会いするときは、ぎゅ〜とハグをしましょうね。


その日まで
stay home✨
stay loving💕

homeは、どこでもない、わたしたちの中心が休まる場所。
かけがえのない、じぶん自身でいられる場所へ。











20204251 20204252

世界はワンダーで満ちている!

今日はずいぶん慣れてきたzoomを使ってのオンライン講座の準備。
セキュリティ対策を調べ、画面共有のシュミレーションをして、レコーディングしたリハーサルをチェック。デザリングでのつながり具合、動きのタイムラグ、音声の聞こえ方やホワイトボードの使い方も何度も練習しました。
ホワイトボードは、リアルのものを使おうと決め、文字が反転しないように設定まで終了。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました😊
オンラインは悪くはないけれど、本当はもどかしい。
リアルに触れたい、空気を共有したい、という思いがいっそう強まります。
準備が終わってすこし気が緩み、映画館でみた予告で泣いてしまった映画『ワンダー君は太陽』をAmazon primeで観ました。

FullSizeRender

いい映画でした。映画館でみたかったな。泣いて泣いて、胸が痛いくらい。

主人公のオギーは先天性の遺伝子疾患があり、彼曰く「僕は普通じゃない」。
オギーを取り巻く両親やきょうだいじである姉や友人たち、登場人物みんなが、誰かの大切な人で、一人一人の背景を丁寧に描くことで、奇跡への信頼が際だつのです。

covid-19の感染拡大による影響は、まだまだ続くでしょう。
人類が進化の過程で獲得してきた、親子で、友達同士で、こどもたちや恋人たちが、肩を抱いたり、ハイタッチをしたり、背中をポンポンしたり、抱き合ったり、一緒に歌を歌つたり。そんな当たり前すぎる風景が奪われてしまったことへの喪失感が、押し寄せてきました。

『世界は素晴らしすぎて、気づかれない』

好きな時に、好きな人と、好きなものを食べ、歩き、会話し、学び、笑う。
当たり前に感じていたものは、私たちの祖先が学び、試行錯誤し、勝ち取って得てきた奇跡。
幸せは、いつも私たちのすぐそばにあったのに、失ってからしか気づかない。

「正しいことと、親切であること。選ぶなら親切なことを」
という劇中の言葉を読んで、今の世界の状況の中でわたし自身が一番残念に思っていることがわかりました。
新しいコミュニケーションの方法を、良きものにしていくヒントが。
ふつふつと力が湧いてきています。
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーの豊かな可能性に心躍ります。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20191


「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、専門職の方へ伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報
ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
<親子のラヴィングタッチケア教室・医療的ケア児のためのタッチケア教室>

2020年7月7日10時〜11時30分の受け受け中。

ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com

*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。

大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。

*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。
まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ