つむぎの森へようこそ〜こころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、タッチケア、医療的ケアが必要な子へのタッチセラピーなどこころとからだがゆったり呼吸できるセラピューティックな場を提供しています。

こどものためのアロマセラピー

精油の体内動態


アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。

テーマは精油の体内動態について。

私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、
アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」による嗅覚を介する身体的心理的な効果と、
化学成分の混合物である物質としての精油の薬理的な作用機序の相乗効果。
そして多様な存在である私たちの身体と意識へアロマセラピーが安全に働きかけることを支えるのは、
「用法用量」と知識、だと考えています。

今日は、薬剤師として長年製薬会社で薬の研究や開発に取り組んでこられた泉先生の、知識とご経験とアロマセラピー愛がギュギューと詰まったご講義でした。
なんという贅沢!

急遽、お誘いしたつむぎの森に通う薬学部の大学生の方も交えて、精油の吸収、分布、代謝、排泄の4つの側面から精油を用いたケアのあり方を再確認しました。
特に成人・小児緩和領域で精油を用いる私にとって、絶対に必要な知識であるチトクロムP450やバイオアベイラリティ、血液脳関門、血漿タンパク質についての薬学的な理解が深まったことは、本当にありがたいです。

アロマセラピーを取り巻く環境はハードルが低く一般性が高くなりました。
手軽に香りを楽しむことができるようになった良い面もたくさんある反面、
専門的に学んでおられないと思われる方が、おそらく体内動態について学んだことが一度でもあれば、決して行わないであろう、
人体にとって負担の高い使用方法を熱心に伝えておられ大きな力を持ってきていることもあり、
危惧をしています。
用法用量を守りさえすれば、
こどもから高齢者まで汎用性高く、安全にケアに用いることができることを、機会を見つけて発信していきたいと思います。
IMG_9136
IMG_9137

参考書籍はもちろん、『精油の安全性ガイド第3版』。

泉先生、長時間、ありがとうございました!

病気のこどもたちをサポートする、あそびかたフェスタ2016♪

先週の日曜日の午後からは、
医療センターでの「あそびかたフェスタ」にラヴィングタッチプロジェクトとして参加しました!
アロマスプレーのクラフト作成をさせていただきました(^o^)/
image









あそび方フェスタとは・・
病気や障がいをもつお子さん、きょうだい、ご家族、
子どもたちと一緒にあそびたい大人たち、
みんなみんなで楽しくあそんじゃおう!な夏のイベント。
ボランティアさんや学生さんたちが、趣向をこらして
こどもたちがよろこぶブースをたくさん出展されています。
今年の見どころは、
大会議室をまるまる使った、東京おもちゃ美術館さんのホスピタルキャラバン。
ピカチュウの風船も大人気でしたし、
絵本の展示と読み聞かせコーナー、
音を楽しむコーナー、
モールの指輪作りや
くじびき、まとあて、ミニ水族館など
入院中のこどもたちも安心して遊べる夏祭りです(^^)/

講座の後に駆けつけたので途中からの参加になりましたが、
通路の一角の長机に精油ボトルを並べて、
良い香りが漂ったからか、
1時間半の間、全く途切れることなく、
入院中、外来通院中のこどもたちとそのご家族がブースに訪れてくださいました!
image










なんと、用意したスプレーボトルが全部なくなり、
慌てて買いに走るほどでした。
持参していた、アロマパッチシールで代用したので
多くの方に香りを楽しんでいただけました(^^♪


病気や事故で、からだの自由をある日突然奪われ、
痛みや寂しさや悲しさや、ありとあらゆる感情を経験してきた
こどもたち、兄弟児、ご家族が、このフェスタでは、
のびのびとこどもらしい笑顔になり、心から楽しんでおられます。

ご多忙ななか、こどもたちに楽しんでもらおうと、
企画、準備をされてる岡崎先生やあそびかた研究会、
ボランティアスタッフのかたの想いに毎年力をいただいています。
image










なによりも、嬉しいのはこどもたちが精油の香りを嗅ぐときの表情を見ること!

柑橘系を中心に、いくつも精油の香りを試してもらうと、
隣のお母さんの顔を!!!という表情で見つめて
意思表示してくれる小学生。

「いい匂い〜〜!!」と全身でうれしさを表現してくれる青年。
image








オレンジの香りのスプレーが良い効果を発揮してくれたのか、
翌日、「病気になって初めて、
自力でたくさんの排便がありました〜〜!」と
報告してくださるお母さん。

小児がんのお子さんが選ぶすっきりした嘔気予防のブレンド。

事故の後遺症の痛みを和らげるタッチケアに
「これやったら、できそう。
気持ちいい!!」と喜んでくださったご家族。


自分の大好きな香りで作ったスプレーに
みんな誇らしげです。

ここでの子どもたちへのアロマケアやタッチケアの
ボランティア活動で大切にしているのは
できるかぎり、「自分で選ぶ」ことをこどもたちにしてもらうこと。

体力面や興味などもありますが、
精油を選び、
スプレーの名前を考えて、(元気スプレーとか、さわやかスプレーとか♪)
何種類もの名前シールを選んで、
好きな色のペンで書き、
デコレーション用もふもふシールから色々選ぶのも楽しいのです♪

わたしの活動を支えてくださっている師長さんも
わざわざ病棟まで、
アロマスプレーブースへ参加しませんか、と声をかけに走ってくださいました💕

急な呼びかけにもかかわらず、
ラヴィングベビータッチインストラクターの方たちが
快くお手伝いくださいました♪

ほとんど打ち合わせもなしで、
抜群のチームワークとラヴィングマインドで
お手伝いくださったみなさま、本当にありがとうございました(^o^)/
みんなでこのブースを作れたことも嬉しくて、余韻に浸っています♪
image









病気のために、こどもらしい時間を過ごすことができないこどもたちが、
本当に嬉しそうに笑っている様子を見ると、
ふだん病棟で見る姿とはまた違った一面が輝きます。

子どもが成長するために「あそび」は必須要因です。
だからこそ、「あそび」のためだけのこんな場所が
必要とされています。






ラヴィングベビータッチ教室開催♪

10341959_505245072910265_5427072648224223527_nラヴィングベビータッチ教室開催♪
毎月第1・3火曜日の午前中に開催しています。
この日は3組のママとベビーが来てくれました。

身軽なTちゃんは、寝返りもお座りも早く、
ハイハイをしっかりさせてあげたいお母さんと一緒に、
ハイハイ遊びをおうちでたっぷりしてきてくれました。
ハイハイからお座りの動きがスムーズだなあ、と見ていると、
なんと「初・ひとりでタッチ!」。
思わずみんなで、「良かったね~」と大合唱してしまい
少しびっくりした表情でした(*^^*)
でも自信のあるにっとした笑顔が可愛い♪

5回目の参加になるSくんは、マイペース。
ずっとニコニコとご機嫌でからだでリズムをとり、歌を歌い、
からだを楽器のようにパチパチとならして
音の出る喜びを味わっていて、楽しさ全開です♪
今日は自分の足に気がつき、なめ始めました。
からだの探求はボディイメージを高め、
発達や発育を自然に促してくれるのです(^^♪

4ヶ月のAくんは最年少と思えない貫禄と落ち着きで、
ママの優しいタッチにうっとり。
お歌が好きで、ふんふんと鼻歌を歌ってくれています。
便秘気味のAくんですが、「お舟をこいで」の体操をすると、
ガスがどんどん出てきて笑顔になりました!
自宅に帰ると、大量のスッキリタイムだったそうです。

この日はハーブティを飲みながら、
卒乳のこと、歩行器のこと、あせものケア、
夏の冷房、発達のこと、パパとするからだ遊び、
楽な抱っこのしかた、ボディイメージの形成まで、
たくさんの質問とシェアが飛び交う充実したレッスンになりました(*^^*)
みんな本当に可愛いすぎ♪
お母さんの優しいタッチをからだいっぱいで楽しんですくすく成長してね!

おひなまつりのタッチケア♪



おひなまつりの今日は、
ず〜っと前に約束していた娘とのデートの日(*^_^*)

受験合格のお祝いに娘が選んだのは、
息子のときとおんなじ、
ケアルームでの本格的アロマトリートメントでした♪

息子のときも、娘のときも、
受験を決めてからの10か月間というもの、
ほとんど毎日オイルトリートメントやクォンタムタッチを、
肩や首や背中や足へのリフレクソロジーや
ときにはお顔へのフェイシャルとして
(う〜ん、贅沢!)
行ってきました。

勉強は教えられないので、
わたしにできるせめてもの贈り物がタッチケアでした(*^_^*)

とはいえ、仕事が重なり時間がないときは、
5分間タイマーをかけて、
その5分間だけは完全に娘のことだけを考えて心をこめて触れました。

タッチケアは時間の長さではなく、
どれだけ愛を込めたか、だとわたしは信じているのですが、
この5分の時間は娘の心を落ち着かせただけでなく、
わたしにも気づきと喜びを与えてくれました♪

今日はいつもわたしがお客様にしているのと同じように、
ひとつひとつ娘に香りを試してもらい、
娘が大好きな精油の香りでブレンドオイルを作りました。

出来上がった心地よい香りを喜んでいた娘が突然涙ぐみました・・・。

いろんなことを一生懸命がんばっているんだ・・。
わたしは本当にわかってあげられてたのかな・・・。

そんな思いを感じながらのアロマトリートメントでは、
どこに触れても愛おしさと嬉しさが湧き出てきました。

この地球で生きる人生を選び、
それぞれの課題とともに毎日を学び生きるとき、
子育ては必須項目ではありませんが、
少なくともわたしという人間の人生の課題には、
子どもとのこの時間が必要だったのだと素直に思えます。

わたしを選んできてくれてありがとう・・・。

ラヴィングベビータッチ〜ベビーマッサージ教室、開催♪


毎月第1・3火曜日は
ラヴィングベビータッチ教室の開催日。
去年までは、午前と午後と3時からと
一日3回教室を開催していたのですが、
今年は、午後に予定が入ることが多く、
午前の1回教室です。
毎回、日本中から赤ちゃんとお母さんが
楽しみに通ってきてくださいます(*^_^*)

今日は、2回目のAちゃんとMくん、
それに初めて参加のHくん。

AちゃんとMくんは前回のラヴィング教室でお友達になり、
今回はママも子どもたちもすっかり打ち解けた様子。
前回、隣でベビーマッサージを受けたMくんは
アスリートのような身体能力のAちゃんの
機敏な動きに刺激をうけたようで
おうちに帰ってから、ごろごろと寝返りを始めたそうです♪
今回、6ヶ月のAちゃんは、
何ごとにも興味津々で、なんとつかまり立ち!
それをまた横でMくんがじっと見つめています。
次回はどんな変化があるか、
楽しみです(*^_^*)
発達は個人差があるので、Mくん、
無理しなくてもいいよ〜♪


ann1


minato








Hくんはお母さんのお腹にいるときから毎月
アロマセラピーを受けに来てくれていました。
生まれてからははじめてなので、
わたしとは初対面なのですが、
顔を見た途端に、
「知ってるで〜」とばかりににっこり。


マタニティケアを受けてくれていた方が出産すると
ベビーマッサージに来て下さるのですが、
赤ちゃんは、どうやらわたしの声を聞き分けているようで
本当に嬉しそう(に見えます)♪


続きを読む

ありがとう♪


毎日暑い日が続いています。
今朝の地震で目が覚めてしまいましたので
これ幸いとばかりに、
野生化していた庭のミントをせっせと抜き、
ハーブティ用にきれいな葉を干し、
梅干の土用干しも完了しました♪
夏は朝の時間が大切ですね(*^_^*)

つむぎの森では現在はケアルームでの施術が
メインになっていますが、
ケアルームをオープンしたばかりのころは
緩和ケア科の病棟(ホスピス)や
一般の病院内でのアロマセラピーに
定期的に伺っていました。

ケアルームのお客様がどんどん多くなり、
定期的に病院内でのアロマセラピーの施術が
できなくなってからも
個人からの依頼で、病院内や術後の患者様への
アロマセラピーや
在宅でのアロマセラピーも
時間と距離の許す限り、
お伺いさせていただいています。

ちょうど、2年前、
小学生の可愛い女の子からの依頼を受けて、
在宅療養をサポートするための、
続きを読む

こどものホスピス


台風一過!
うちの子供たちも暴風警報で学校が
お休みになり、
おまけのような休暇を楽しんでいたようです(^^♪
息子の部屋にいくと、
定期試験前というのに、
見慣れないプラモがいっぱい(@_@)

昨日は大雨のなか、
中央公会堂で開催された
「子どものホスピス交流セミナー」に
参加してきました。

台風が近づき大雨というのに満員の会場。
プログラムの最初には
合唱団のみなさんが、日本の懐かしい歌を
歌ってくださいました。ほっ(*^_^*)

「こどものホスピス」が
日本には1つもないことを知っていましたか?

続きを読む

ベビーラヴィングタッチ、始動!


関西ではお水とりも終わり、
本格的な春に一歩ずつ向かっています。

花粉症のその後のご報告です。
先日、クォンタムタッチヒーリングの受講生の方の
遠隔ヒーリングのモデルをさせていただき、
40分間、気持ちよくエネルギーを送っていただきました。
これが、とてもパワフルでした(*^_^*)

次の日、今まで最悪の鼻水、くしゃみ、目のかゆみ・・・。
ヒーリングのプロセスが加速しているのだと
わかっていても、とてもつらく、
マスクとゴーグルにマフラーという格好で
ベニシアの英語レッスンに行きました。

英会話の先生のベニシアは、ハーバリストであり、
代替療法や自然療法にも造詣が深く、
園芸家でもあるので、
自宅のお庭でたくさんのハーブを育て、
チンキにしたり、ハーブティにしています。

レッスンが始まり、ずるずると鼻をかんで、
涙目の私を見て
続きを読む

こどものためのアロマセラピー


今日は、ケアルーム終了後、
出張アロマセラピーに伺いました。

こどものためのアロマセラピーをしたい、と
ベビーマッサージ教室を開催し、
続きを読む
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ