つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療的ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できるセラピューティックな場を提供しています。

思うこと・感じること

光と闇から光と色へ 熊谷守一展

4連休はとある心理療法のオンライン研修。
朝から晩まで、理論と技法とロールプレイを。これまでにも何度となくこの技法を学び、行ってきたロールプレイですが、新型コロナの自粛期間ということもあり、「語る」ことでのカタルシスをしみじみと実感しました。
親身に、真剣に聞いてもらえるって本当に大切。

お休み最終日の今日は子どもたちと伊丹の美術館で開催中の熊谷守一の「わたしはわたし展」へ。
対象物を究極まで掘り下げ、描き続け、単純だけれど考え抜かれた構図と色彩で表現している晩年の「モリカズ様式」の作品が大好きです。
何年か前、熊谷守一の故郷の岐阜の付知を訪れ、できたばかりの熊谷守一美術館で出迎えてくれた「猫」も、今回の展示の中にありました。
このときの「猫」のしおりを、こどもたちのお土産にしたら、こどもたちも熊谷守一の大ファンになり、今回の展覧会を心待ちにしていたのでした。
97歳まで生きた熊谷守一は、「無理をしない」「わたしはわたし」を貫き、仙人と称されることもしばしば。
でもその人生は、順風満帆とは言い難く、東京芸大を首席で卒業しても貧しく、子を何人も亡くし、失意の中で描いた作品は、慟哭が聞こえてくるようでした。
初期の作品は、「光と闇」を描いたものが多く、薄暗い部屋の中にあるランプから漏れ出るわずかな光の粒子をとらえた作品には絶望の中で光(希望)を見出そうとしていたのでしょう。
初期の作品からずっと見ていくと、晩年の「モリカズ様式」の単純な形態と輪郭線、迷いのない色の作品が生まれたのは、80歳近くになってからでした。
自分とは何か、自分らしさとは、ありのまま、とは、と試行錯誤を繰り返し、問い続けて、ようやくたどり着いた境地だったのです。
同じ構図の絵を何枚も何枚も描き、写し、配置を考え、光の当て方もかえ、時間をかえ、天候を変え、同じテーマを描き続ける努力のひとでした。
今月いっぱい開催です。お近くの方はぜひ。感染対策もきっちりされています。
岐阜のつけち美術館は、巨大猫が出迎えてくれますよ。
今回も猫ちゃんグッズを色々買い込んできました^ - ^大満足。

FullSizeRender
IMG_6221

梅仕事、おうち仕事

熊野の友人から小梅が届きました!お庭の梅を毎年送ってくれる友の顔が浮かびます。いつも、本当にありがとう✨
箱を開けると、うーん、桃のようないい香り。子どもが幼いころは、青梅が食べた〜いと泣かれたっけ。
今年は寒かったり暑かったりとお天道さまの気まぐれで、梅のなる時期も少し早め。
30 年近く、毎年この時期に、梅仕事ができる幸せを噛み締めています。
梅仕事やお味噌の仕込み、おせち料理にお餅つき、お彼岸のおはぎ、たけのこやきゃらぶき、関西ならではの春のイカナゴ。
季節ごとの自然のめぐみを活かして、ささやかな日常を少しだけハレの日にしてくれる暮らしの知恵を大切にしています。

小梅は水につけてアク抜きをして、よく乾かして、ヘタをとり、塩にまぶして、甕につける。たったこれだけ。
一番暑い土用の太陽のめぐみをさらに加えると、滋味豊かなスーパーサプリの出来上がり。

こどもたちも手慣れたもので、今年は娘のKPOPレクチャーを聴きながら、歌いながら、踊りながら5キロの梅のヘタをとり、甕2つに仕込みました^ ^

きれいな梅酢があがるといいな。

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5399

継続は力なり♪

朝からペーパーワークに追われ、溜めていた雑誌に現実逃避のように目を通したり。
日没に間に合わせよう!と大坂城ラン。
30 分走るだけで、心もからだもスッキリです。
ランニングアプリを使っているのですが、去年走り始めたときは、1キロ18分ペース。歩くのと変わらないやん><
なんと、今日は1キロ6分ペースに。
継続は力なり、を実感。
春に大坂城で、ネイチャーシェアリングとタッチケアをテーマにした会を開きたいな。鳥さんとお花がいい感じの時に^ ^
みんな、きてね〜♪

IMG_3496
FullSizeRender

ぷかぷかメディテーション♪

ケアルームから帰宅して、ご飯の前に、
いそいそと向かったのはお風呂屋さん♪

子育てがひと段落したら、時間がたっぷりあることに驚き。
わたしはこんなに自由だったんだ、と思い出す感覚です。

この20年、4時間や5時間睡眠で、
朝から4つお弁当を作り、
仕事以外の時間はPTAやなんやかやと学校に通い、ほぼこどもの関係で一日が終わっていたのですが、
ひとりの家事なんて、もう、遊びみたいなものだとわかりました。

今年はランニングしたり、運動面でも生活面でも仕事面でも新しいことにどんどん取り組んでいるのですが、その一つが銭湯通い♨️

我が家から徒歩100歩のところに露天風呂のある天然温泉の銭湯があるのです。

同じ時間に行くと、
主のような人生の大先輩のおばさまたちと馴染みになり、
露天風呂にぷかぷかうきながら、
あーでもない、こーでもない、と人生哲学を学んでいます。

たまに一人で露天風呂を独占できるときは、
夜空を見ながらぷかぷかメディテーション。

寝巻きで頭にバスタオルを巻いて帰ってくるときに、近所の人に遭遇するのが、唯一の難点。
芯からホッカホカです😊

地域で暮らすということ

去年から、自宅マンションの管理組合の理事長になり、一年間、どっぷりと組合業務を遂行してきました^ ^

小さなマンションなので何年かに一度は必ず役員になるのですが、
今回は初の理事長、
夫が不在なので理事会は必ず出席し、
議事進行を行い、
たくさんの理事長印を押しました。

ほぼ、毎日のようにハンコ書類が回ってくるのにはびっくりでした。

今年の役員メンバーは、
真摯に議題に取り組み、相手を否定することなく建設的なディスカッションができる方ばかりで、本当に助かりました。

今日は、半年かけて準備した避難訓練の日!
毎回参加人数が少なく、役員だけのこともある、と聞いていたのですが、何と半数くらいの住戸から参加してくださいました。ほっ。
全員での避難経路の確認と消火器での消火作業の練習も、小さな子どもたちも一緒にわきあいあいと。
かなり時間をかけて対策を考えて実行してきた案件があるのですが、来月の総会での議題提出で時間切れになりました。
うう、あとは次期役員にお願いしよう。

理事会の帰りに手渡された総会の司会進行のための分厚い原稿!
これをのりきれば、肩の荷がおりそうです^ - ^

夕陽に間に合ったよ

夕陽に間に合ったよシリーズ♪

50歳を超えて、突然目覚めたランニング。

走るというより、歩いてるくらいのゆっくりペースですが、楽しいです^ ^


今日は、和歌浦〜玉津島神社〜鹽竈神社〜片男波ビーチ4キロコース。

日本のアマルフィと呼ばれる雑賀崎を真っ赤に染める夕陽に向かってラン!

毎日勉強漬けの娘を誘ったら、楽しくなって途中で裸足になってじゃぶじゃぶ海の中へ。
キャーキャー言いながら走りました^ ^

雄大な夕陽ショーはきっと神様からのプレゼント。世界中、毎日。なんて太っ腹!
オレンジ色の波長はトラウマを癒す、という仮説もきっと、本当。からだ中でオレンジを浴びました✨

さあ、大阪へ帰ります〜♪


FullSizeRender
IMG_0781

「静かな声」、自然と踊りの織りなすもの

今日は吉野へ。
こどもたちと毎年のように訪れていた熊野のキャンプ場へ向かう道をとおり、エメラルドグリーンの吉野川、空海が狩場明神に出会った犬飼を抜けて、水害のため廃校になった大塔小中学校へ。温かい木のぬくもりが感じられる校舎です。

山懐に囲まれた素晴らしい自然の中、欧州各国で活動している、わたしの人生の大切な友達のソロダンス公演でした。

人のからだの柔らかさと剛さ。
音と光と動きが空間の隅々まで一つになり、
いつしか見ているものと見られているものとの境界が消え、ダンサーの動きをトレースするかのように息遣いを味わいました。

ドイツに移り住み、10年間闘ってきた彼女が、全身を使って表現をしている姿に彼女と過ごした30年以上の時間が次々に浮かびました。
自らの道を探していた10代。
脇目も振らずに熱中し、人を愛し、人生に迷い、悩み、苦しみ、もがいた20代。
なにも言わず、なにも聞かず、ご飯を食べ、笑い、涙を流した30代40代。

50代の今だから、人生を振り返ることができます。
ここまできたから、いろんな人生のパズルのピースが、ピタリと合うと感じる瞬間があります。

無駄なことなんて、一つもなかった。
流した涙の分、人の痛みがわかるようになった。
今日の悲しさは、明日の喜びにつながっているといまならわかる。
世界は出会いの奇跡で満ちている!

さわちゃん、かよちゃん、ありがとう😊あなたたちと友だちでいられて、本当に良かった^ ^


FullSizeRender
IMG_0735
IMG_0704

ディズニーシーデビュー♪

千葉での予定を終えて、
さあ、大阪に帰ろうと思っていたのに、
こどもたちに、「もったいないからディズニーへ行って!」と懇願されたので初ディズニーシーです^ ^

全く予備知識なく、フラフラと来てしまいました。
スタッフのみなさんがとても親切!
こんなデビューシールも作ってくださいました。
噂通りのホスピタリティです。

IMG_9568


はやし「どこへいったらいいですか?」
スタッフさん「何がお好きですか」
はやし「あ、歴史が好きなんです」
スタッフさん「…。歴史!ジャングルの古代遺跡がありますよ」
とおススメくださった、インディジョーンズへ。

アトラクションでは絶叫、そして安堵の涙でした。この5分のために並ぶのですね^ ^

海賊ショーもタワーオブテラーも楽しく、 (よーできてる〜)、
海底二万マイルも涼めたし、目の前でジャック船長にも会えて大満足です!
IMG_9605

何度も、海外からの若い方たちにツーショット撮影をお願いされ、弾ける笑顔をたくさん撮ってきました^ ^
大満足のディズニーですが、真夏はやめたほうがいいかな。
暑かった〜。
でも楽しかった〜♪

IMG_9576

今度は大好きな人と来ようっと。

天神さん、始まりました〜♪

天神さん始まりました〜!


FullSizeRender


子どもたちがいるときはみんなで浴衣で銀橋まで歩いたものですが、1人のときは秘密スポットで^ ^

お供はもちろん、麒麟ラガーくん💕道端に座り込んで、アジアンな夜♪ちょっと無法地帯。

クリスタルビルに映る花火も趣きがありますね。IMG_9328

丹生都比売神社と華岡青洲

今日は早朝から高野山の麓、
丹生都比売神社へ参拝に訪れました。

IMG_9014

高野山を開いた空海は「丹」=水銀と深い関わりがありました。
金剛峯寺も水銀の鉱脈上に位置するそうです。

丹の朱色は、歴史的に中国では高貴さの象徴とされ、
黄金とともに不老不死を願う人たちに瑞祥の色として求められました。

紀伊半島には「丹生」にまつわる神社などが50以上あり、丹生都比売神社はその総本山。

1200年前、空海がかつらぎ天野の山中で犬を従えた狩野明神と出会い、
その導きで丹生都比売大神より高野山を借り受けたという丹生都比売と空海の邂逅の物語は、
梨木香歩のあまりにも美しい草壁皇子と持統天皇、丹生都比売の物語『丹生都比売』、
空海と最澄を描いた『阿吽』など数々の物語を生んでいます。

神仏習合のはじまりもここだったとも言われています。

鳥居をくぐると赤い太鼓橋。
IMG_9015

住吉大社の太鼓橋とそっくりだと思ったら、
住吉大社と同じく淀君が寄進したものと伝えられていました。
本当に静かな、
でも、燃えるような炎を感じる聖域でした。
IMG_9021


そのあと立ち寄った宝来山神社では不思議な体験をし、
八幡神社、蟻通神社を参拝したあとは、
ずっと訪れたかった、
世界で初めて全身麻酔下での乳がん手術を成功させた華岡青洲の建てた春林軒塾へ。

IMG_9051



華岡青洲が医術を究めた私塾が公開されているのです。

FullSizeRender



マンダラケという植物から抽出した麻酔薬「通仙散」を20年かけて完成させ、
自身に対しても人体実験を繰り返し
両脚の麻痺を経ての妻や母への投薬の苦悩は、
有吉佐和子の名著『華岡青洲の妻』からも伺えます。

紫の皮膚軟膏、紫雲膏でも知られています。
200年前の薬がいまも健在で、
春林軒でも青洲考案の紫雲膏が販売されていました!

青洲は名誉や富を求めず、
実験と実証を重んじ、貴賎の区別なく病気の人へ手を差し伸べ、
1000人を超える門下生を教育し、
果ては治水まで行うスーパーな働きを生涯にわたって謙虚に続けました。



江戸時代に脳外科医がタイムスリップしたドラマ「JINー仁」では
仁先生が野風さんの乳がんを華岡流の麻酔薬を使って手術しているシーンが印象的でしたが、
あれは通仙散だったのかな。
仁先生のように、青洲が鍛冶屋さんに作らせた手術道具なども展示されていていました。

何もないのならば、作ろう、
誰もやっていないのなら、やってみよう、
驕ることなく、諦めることなく、
そんな青洲の思いが、有名無名の人に受け継がれての今、なのだと感じます。

庭にマンダラケらしき花が咲いていました!
写真を撮り損ねたので
こちらは展示室のマンダラケです^ ^
IMG_9060

Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーの豊かな可能性に心躍ります。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20191


「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、専門職の方へ伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報
ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
<親子のラヴィングタッチケア教室・医療的ケア児のためのタッチケア教室>

2020年7月7日10時〜11時30分の受け受け中。

ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com

*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。

大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。

*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。
まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ