つむぎの森へようこそ〜こころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、タッチケア、医療的ケアが必要な子へのタッチセラピーなどこころとからだがゆったり呼吸できるセラピューティックな場を提供しています。

からだの声を聞く

寝る寝るクラブ♪

自慢ではありませんが
リウマチ持ちです(-_^)

6月は毎年、
「ただ生きているだけでOK」な季節。

とにかく、寝る!
なにがあっても、寝る!
すべてを捨てて寝る!

「閉店ガラガラします〜♪」
と9時過ぎにはお布団へ入ります。

たっぷり睡眠をとることが、
この時期を乗り切るセルフケア(-_^)

みなさまも、
寝る寝るクラブに入りませんか〜♪

期待に応えて…

娘が元気がないので
「何がしたい?」と聞くと、
「ニックを見たい!」というので、
まさかの二度目のズートピアを見て来ました♪

image


二度目は安心して違う視点から見ることができるので、
今回は「人からの期待」にフォーカスして、
考えました(-_^)

ネタバレ含みますので
まだ見ていない方はご注意!

娘が見たかったキャラクター「ニック」はきつね。
草食動物と肉食動物が違いを乗り越えて
共存しているズートピアでさえも、
典型的な「きつね」イメージで張り巡らされた
アンテナに悩み、苦しみます。

「どうせきつね」
「きっと○○に違いない」
「○○だから、こんな行動や言動なんだ」

こんな、心ない
「誰かの期待」に答えようとしてチンピラのふるまいをするニック。

それは報われないばかりか、
自分自身の最も美しい泉から湧き出る
エネルギーをも閉じ込めてしまいます。

無意識レベルでその「誰かの期待」を選択して、
ニックは人生を歩みます。

いましているその行動は、誰の願い?

そのきつい言葉は、
誰を満足させようとしているの?

人生の目標が
心ない「誰かの期待」になっていない?

ニックだけでなく、
わたしも含めて多くのひとが、
「誰かの期待」に応えようとして、
しなくてもいい、
的外れな努力をしています。

本当のあなたは誰?

本当のあなたが、
誰であっても、
なんであっても、
勝手な「期待」になんて応えられなくっても、
いつも、すでに、
愛の中にいると感じていてほしいです✨

【受付開始!】【問題解決力から未来を描く力へ!「問いかけるセラピスト」のための実践TOCfEワークショップ(クラウド・ATT編)】

お待たせしました!

2月の開催からたくさんの方に
お問い合わせをいただいていました。
「考える」ための思考ツール、TOCfeワークショップを6月に開催します。
お申込み受付を開始します(^^♪

前回のワークショップにご参加された方はもちろん、
ご参加いただけなかった方にも理解りやすいカリキュラムになっています。
今回は、対立を解消する問題解決につながる「問いかけ」と
未来へつながる「問いかけ力」へ導きます。
「考える」楽しさをご一緒できますことを楽しみにしています。
定員がありますので、お早目にお申込みいただけますようお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【問題解決力から未来を描く力へ!「問いかけるセラピスト」のための
実践TOCfEワークショップ(クラウド・ATT編)】
image








 全世界で1000万人に読まれている、物理学者ゴールドラット博士のベストセラー『ザ・ゴール』。
この本のなかでゴールドラット博士は、TOC理論(Theory of Constraints 制約理論)を提唱し、
問題解決のための思考プロセスを開発しました。
そして、TOCのもっとも本質的な部分を抽出したものがキャシー・スエルケン氏によって提唱された
TOCfe(Theory of Constraints for Education 教育のためのTOC)です。
クライアントとのカウンセリング、あるいはコンサルテーションの中で、
クライアントが抱えている問題を「クライアント自身の言葉」で整理し、
問題を生じさせている潜在的な「認識」を表面化させるのが難しいと感じたことはありませんか?
TOCfeのツールはわずか3つだけ。
それらのツールを適切に使うことで、このような状況を解消することができます。
またTOCfeの思考ツールは、誰にでも簡単に使うことができます。
さらに、問題の整理や問題を生じさせている対立や葛藤の解消を、ツールを使うことでクライアント自身が無理なく行うことができます。
そして、もちろんクライアントだけではなく自分自身の日常にある問題に対しても使えます。

2月に開催した【質問力と問題解決力を高め、深める!「問いかけるセラピスト」のための実践TOCfeワークショップ2日間講座】では、
「ごちゃごちゃした問題をすっきりさせる!」ブランチと、「対立によるもやもやを解消する!」クラウドという2つのツールを学びましたが
第2回となる今回はクラウドをより丁寧に使いこなし、
3つ目のツール、アンビシャスターゲットツリー(ATT)を学びます。前回の講座を受講されていない方もご参加いただけます。

 ◆日時:2016年6月25日(土)26日(日)
     10時〜18時(9時40分開場・途中1時間ランチタイム) 
     懇親会を初日終了後に開催予定。

 ◆スケジュール:
*2016年6月25日 土曜日 
「内なる声(要望)にフォーカスし、もやもやを解消する!クラウドWorkshop!」

 二つの事柄のどちらを選ぶべきか悩んでいる・・・。
もしくは相手と自分で意見が違い衝突してしまう・・・。
こんなことで困ったことはありませんか?
1日目に学ぶクラウドでは、クライアントが抱えているジレンマや相手との対立を、
「問いかける」ことで解消する方法を学びます。
ツールを使い「問いかける」ことで、なぜ自分はこの行動が取りたいのか?
という内なる声(要望)に意識が傾き、無意識に抱いていた思い込みを表面化でき、
妥協ではない満足のいく解決策が出せます。



*2016年6月26日 日曜日
「もう立ち止まらない!未来を見据えるATT Workshop!」

 なりたい自分、やりたいこと、夢、未来のために、今、何をしたらよいのか。
やるべきことが多すぎてパニック状態になったり、
どこから手をつけてよいのかわからないことはないですか?
また、とりあえず手はつけてはいるけれどそれが自分のやりたいことにどのようにつながっているのか?
本当にこれがすべきことなのか?
このような疑問が浮かびなかなか行動に移れない・・・。
このようなことはありませんか?
二日目に学ぶアンビシャス・ターゲットツリー(ATT)では、
そのような問題を抱えたクライアントが、目標に向かって第一歩を踏み出せるようになる方法を学びます。
ツールを使い「問いかける」ことによってやりたいことへの道筋を自分自身で描き出し、
遠く見失いそうだった未来をしっかり見据えて行動に移せるようになります。

 ◆定員:最少催行人数 4名
 ◆会場:大阪駅周辺(お申込み時に詳細をお知らせします。北新地・堂島近辺です)
 ◆講師:平方文哉さん 
 ◆講師プロフィール:京都大学 経済学研究科 博士後期課程在籍
 ◆講師からのメッセージ:
普段、大学院で消費者心理に関する研究をして日々「考える」という事をしています。
研究をしていると難解な概念や理論が出てきて頭の中でごちゃごちゃしがちです。
また、研究自体をどこから手をつけていいか悩んだりします。
このような、頭がごちゃごちゃして何から手をつけていいかわからないようなモヤモヤした状況にあった時に参加したのが2012年のTOCfe国際認定セミナーでした。
TOCfeは頭の中にあるガチガチになった結び目を解きほぐし頭の中をスッキリすることができます。
そして何よりその方法がシンプルで覚えやすいです。ここ重要です(笑)。
それがTOCfeを使い続けている理由でもあります。
2日間のワークショップでは、みなさんにもTOCfeを通じて「気軽に」考えてスッキリできる体験をしていただきたいと思います。

◆参加者受講費用:2日間で15000円(税込、テキスト代込)
        
◆お申込み方法:事前申し込み、事前振込みをお願いします。
       お申込みフォームをご記入の上、このメールへの返信をお願いします。
       お申込み後10日以内のお振込みを持ちまして正式なお申込み完了と
       させていただきます。
◆キャンセルポリシー:ご入金が終わられてから、何らかの事情でのキャンセルの場合、以下の規定にてご返金いたします。
WS開催日から起算して:
   15日以前・・・振込み手数料を引いた残額
   14日以降9日以前・・・受講費の50%から振込み手数料を引いた額
   9日以内のキャンセル、当日になっての不参加・・・0%
主催者都合によるワークショップのキャンセル、天災などの不可抗力によるものはどの時点においても100%ご返金いたします。また参加資格をどなたかにお譲りいただくことは可能です。

Dr.萩原の前世療法1日ワークショップin京都、7月開催します!

わたしたちの認識している世界は、二つのシステムが絶妙なバランスを取り合って、感情や身体のバランスを取り合っています。
そのふたつのシステムは、潜在意識と顕在意識と呼ばれることもあります。

潜在意識からのメッセージに耳を傾けることで、こころやからだの在り方が変化していきます。

普段の意識状態では聞き取れないくらい微細な感覚を、催眠状態の中で、自らが気づいていきます。

催眠状態にはいり、前世体験をすることには、特別な才能も力も必要ありません。

関西にも年に一度、萩原優先生をお招きして、前世体験1日ワークショップを開催しています(^o^)/
地に足ついた催眠療法の体験が毎年好評をいただいています。今年は7月3日を予定しています。
みなさまのご参加を楽しみにしています♪image

わたしに気づく、世界に気づく

女性のすべてのライフサイクルに寄り添いたい、
そんな思いで立ち上げたケアルームつむぎの森には
ありがたいことに、
毎年400〜500名の方がこられます。

うつ病と診断され、
何年も抗うつ薬を処方されている方や
心療内科に通う方、
カウンセリングを受けている方、
がんの治療中の方、
不妊治療中の方、
マタニティケアを望まれる方、
重度の心身障がいをお持ちの方、
生後2か月の赤ちゃんから、
受験前の小中学生も高校生も、
医療ケアを受けるわが子へタッチをしたいと望む方も
ホリスティックなケアを求めて足を運んでくださいます。
どの方との出会いも尊く、忘れがたく、
書物だけでは得られない本当に多くのことを
わたしという人間のあらゆる側面との対話も含めて、
学ばせていただいています。

ホリスティックケアを行うセラピストとして
10年以上活動するなかで
人に触れるケアがもつ潜在的な可能性の高さへの
新鮮な驚きと畏敬の念が毎回更新されています。

愛を込めて見つめ合い
声をかけられることで起こる
ミラクルともいえるような変化、

肌と肌が触れあうことがもたらす心身への作用、

深部組織や骨格、腱、循環器系への立体的な手技がもたらす効用、

人と人がお互いを尊重しあう関係性、

感情が穏やかに安全に解放される場の持つ力。

良質なケアによってからだと心が
あるいは、「いのちの働き」が
のびやかに変化していくメカニズムを
毎日、考え続けています。

なぜ、人は治るのか、
なぜ、人は病を得るのか。

そこには、ありとあらゆる立場からの考察があり、
原因があり、結果があり、
意味があることでしょう。

ひとのからだがもともと持っている自然治癒力の聖なる力、

肌へ働きかけることで
心へ、魂へアクセスできる一見複雑なシステムの中に
内包されるシンプルな原理、

潜在意識へはたらきかけることで
からだの使い方も変化していく可能性の広がり、

世界は愛のエネルギーでできており
私たち自身が、その一部でありすべてである気づき、

そして物質という肉体と、思考の源泉である
エネルギー体としての存在
に対する次元を超えた宇宙的な広がり・・。

いつか、これらをすべて統合した考察を
まとめたいなあと思います(^-^)
12・6・4−4






施術の間、
クライアントは日常では経験しえない
深いリラクセーションを感じます。
リラックスを感じた時、
脳波はベータ波から
アルファ波やシータ波に切り替わります。
これらの脳波状態のときには
直観力が高まり、
脳のリフレッシュとなり、
からだのメンテナンス力が高まるといわれているのです。

それはちょうど、
あらゆることに高性能のアンテナを張りつつ、
すべての存在との共鳴を感じながら、
それらの雑音が聞こえなくなり、
自分という存在の中心に深く潜っていくような感覚。

自分がここにいる

自分のからだがここにもある

指の先まで、そのもっと先まで

ふだん、わたしが私と思っていたよりも
ずっと広く、精妙な存在を感じる

孤独だと思っていたことが
本当は思い込みだったのかもしれない

世界は愛に満ちていて、
なにか形容できないぬくもりに満ちている


触れられることを通して
人は自分に気づいていきます。

赤ちゃんは、生まれたときからの
お母さんの抱っこや頬ずりや授乳の心地よさから
世界を自分の中に構築し、
その作り上げた世界の中で
自分の人生の物語を始めます。

いくつになっても、
どこにいても、
どんな状態であっても、
大切に触れられ、
からだの声に耳を傾け、
自分のからだ、存在に気づく。

そこから、また新しい物語が
生まれ、紡がれていくのですね。

病気は気づき♪がんのキーワードは

ケアルームつむぎの森には、
開業以来、
老若男女、さまざまな背景や症状を持つ方が訪れてくださいます。

コンサルテーションと施術併せて
お一人に3時間以上かけるというスタイルを10年続け、
5000人以上のかたのおからだに触れていると、
病気は個人の体験だけど、
社会環境と複雑に絡み合っているのだと実感します。

病気にもはやりすたりがあります。
一時期はうつ病と診断された方が多かったです。
それにパニック障害。
最近本当に増えていると感じるのが、若いがんのかた。

一週間の施術の10人すべてがんのかた、
という事も、もう珍しくなくなりました。
ケアルームだけでなく、術前術後治療入院中にも病院へ伺うこともあります。

がんにもいろんなタイプがあり、
部位や症状や生活習慣や思考パターンなどで、
同じ治療法や代替療法を行っても、
その後の回復過程は全員違います。

外的環境は違えど、
思考パターンの傾向はあると感じています。
「タイプC」などとも呼ばれていますが、
催眠療法や心理療法を行い潜在意識とつながるワークを行うと、
出てくるキーワードは
「ガマン」
「ガンバル」
「ガーン」
「ガンコ」…。

こうやって眺めると、
言霊ではないですが、
一体誰が名付けたのか、「
ガン」というネーミング、すごいなあと思います。

この意味に本人が、
気づき始めると治癒システムにスイッチが入るようです(o^^o)
「病は気づき」にどこまで寄り添えるか、ですね。

潜在意識のメッセージに耳を傾ける、萩原医師の催眠療法講座、関西開催♪

先週末の二日間は、
DR萩原優先生の医師から学ぶ
催眠療法基礎講座を京都で開催しました!

関西で萩原先生の催眠療法を広めたいと、
関西世話人をかって出てから3年目。

基礎講座は3回、
ソマティックヒーリング1回、
前世退行催眠講座2回、
前世体験一日ワークショップは1回、
無事開催することができました。

おかげさまで、
関西をはるかに超えて、
九州や四国、東海などの日本各地から集まってくださり、
今回も満員御礼です(^^♪
みなさま、ありがとうございます!
11137169_656680094433428_5831227205854790872_n
外科医として30年、大学病院でがん患者さんと向き合ってこられた
萩原先生が、心の治癒力の力に気付き、
ワイス博士をはじめ、世界の催眠療法家に学ばれ、
地に足をつけて丁寧に潜在意識と顕在意識の織りなす
からだとこころの関わりの講座は、
回を重ねるたびに、
現役の医師や看護師さんの参加が増えています。
オカルトではない、
クライエントの生きる力を潜在意識から引き出す、
関わりの力を重視した催眠療法が
広がりつつあるようです。

今回も、顕在意識と潜在意識、
肯定的なアファメーション、
イメージの力の用い方、
さまざまな催眠誘導の体験など、
盛りだくさんなワークを通して、
私たち自身が潜在意識への理解を深めています。

セラピストはまず自身の問題にワークすること。

クライエントに寄り添う存在であること。

催眠療法は、
誰でも安全に行うことができる、
再現性と客観性のある心理療法の一つです。
催眠状態の心地よさをみなさん、感じてくださっています。


懇親会もこの笑顔♪

10641071_656347967799974_5954608899751526263_n








わたしが大好きな人生の大先輩、
Tさんとの初めてのツーショット♪大感激です!10014665_656378191130285_4092375302145173568_n







二日目も朝から何度も、
心地よい催眠誘導で、
からだと心がほぐれる感覚を味わいました。
まるで、質の高い温泉につかっているような
リラックス感(^^♪

毎回、バージョンアップされている講座ですが、
最後のデモセッションはすごかった!
潜在意識に働きかける言葉やリズムが
潜在意識をとどめている膜をこのように
緩めることができるのだ、と
新鮮な驚きとともに催眠療法の可能性も感じていただけたのでは
ないかと思います。


催眠療法に対するいろんな感じかたがあると思いますが、
丁寧に相手と関わり、
潜在意識への理解がセラピスト自身に深まるほどに、
いま、私たちが存在している世界の見え方や行動が変化していきます。

催眠療法を見るのも、
行うのも、受けるのも、
全く初めての方がほとんどの参加者さんが、
2日間でセラピストとして、
素晴らしいセッションを行いました(o^^o)

リクエストの多い前世退行催眠療法講座も
11月と12月の5日間、関西開催に向けて調整中!

もうすぐ、日程をアップしますので
みなさま、楽しみにしていてくださいね。

ご遠方からお越しくださった参加者のみなさま、
萩原先生、スタッフの勝浦さん、ありがとうございました*\(^o^)/*

『医学不要論』の内海聡先生をお招きしました!

4月26日は
NPO法人ホリスティック医学協会関西支部主催の
医療塾&ホリスティックフォーラムを開催しました!
10404221_636427433125361_3638837526689067535_n





1年前から内海先生のご予定が決まるので
ずいぶん長く準備をしてきましたが、
やはりご予約の段階でこれまでの会場が使えないことが分かり、
会場を西長堀駅すぐの、大阪市西区民センターに変更。

朝からスタッフ総出で
200個の椅子と机を運び、内海先生をお迎えする準備を整えました(o^^o)


午前は医療者を対象にしたホリスティック医療塾、
「薬か手術か自然治癒力か」。
毎回、この医療塾に参加したいと、
ホリスティック医学協会の会員種別を
一般から専門へ変更される方が激増しています。
今回も19名の方が集まり、
ディベート方式で、医療についてのホリスティックな見方の提供とともに
実際の臨床の場で、どのようなアプローチが可能か、
医師の立場、代替療法家としての立場、あるいは患者としての視点から
時間いっぱいいっぱいの、ディスカッションが行われました!
わたしは受付や準備で、ちらちらしか聞けないのが本当に残念、
なくらいの内容の濃さでした。


お昼からは内海聡医師のホリスティックフォーラム!

日本中からの参加者が続々と集まってくださいました。

わたしが内海先生を初めて知ったのが
『精神科医は今日もやりたい放題』という扇情的なタイトルの本を
本屋さんでみかけたこと。
タイトルは過激ですが、
中身はいたってオーソドックス。
わたしが自宅で家族と話していること、あるいは
仲の良い医療関係者と話していることと大きな差がないのですが、
現役の医師がこのような形での発信をされていることに
驚きと興味を抱きました。


過激な発言や扇情的な本のタイトルや内容が注目されていますが、
はたして実際にお会いしてみると、
とてもさわやかで誠実な方。
今の医療や社会システムに切り込み、
私たちの意識の変化を促すために、あえてヒールを買って出て
(そんなことない、とおしかりを受けそうですが)
あらゆる視点から常識や思い込みに揺さぶりをかける熱血漢!に感じました(^^♪

アンケートからも 参加者の満足度がとても高いことがわかります。
なんと、フォーラム終了後も
会場を借りているいっぱいいっぱいの時間、
1時間も多くの参加者に囲まれての質問に
本当に丁寧に答えてくださいました。
1時間も質疑応答してくださる講演者は初めてです。
内海先生、ご遠方から本当にありがとうございました(o^^o)
11162199_849837055085895_9163732668891820911_n






私個人として、ひとつだけ、とても残念だったことは
せっかく東京からお越しいただいた内海先生を
懇親会にお誘いできなかったことです。
ホリ協関西支部は9月のシンポジウムが決まり、
すぐさま、会議に入ったのでした(>_<)
次回はぜひ楽しいお酒を酌み交わしたいです♪

人のからだはどこまで自由か♪

いつもケアルームにきてくださる50代の素敵な女性♪
高校生のころからの側弯症があり、
上半身の緊張が強く、
脊椎は大きく弧を描いています。

アロマトリートメントを受けるために
うつぶせになっていただいても
骨盤があがり、足首も浮き、
胸郭が内側へ巻き込むのでとても窮屈。

仰向けになっても、
両肩がベッドにつくことはできません。
左右の鎖骨が歪み、
胸鎖関節もずれているので
呼吸が浅く、顔色もすぐれません。

アロマトリートメントを受けると、
関節が緩み、可動域も大きく広がり、
胸郭が柔らかくなって
お顔の色もピンクになり、
骨盤や肩の歪みも解消されますが
日常の生活の中で、
荷物や姿勢のアンバランスが続くと
また元に戻ってしまいます。

ところが・・・

今では姿勢が大きく変わり、
側弯であったこともわからないくらいに!

うつぶせになってもお尻があがりません♪
足首もなめらかに力を抜けています♪

大きくカーブを描いていた脊柱は、
局所的な湾曲はあるものの、
ほとんど正常な位置になり、
仰向けになると、
両肩がベッドに柔らかく着地し、
胸郭の硬さの差がなくなっています!!

ここまでの変化が起きた秘密は・・・。

じつは、この1年近く、週に2~3回、
背中で呼吸をする体操を続けてこられた成果なのです。

30年以上、背骨の痛みを感じてきた筋肉や
姿勢のクセが、
少しづつ、楽なほうへ、呼吸ができるほうへ
根気強く働きかけることで
たとえ何歳になっても、骨が、筋肉が、腱が、
動き始めるのだ、ということを示してくださっています(^^)

筋肉は素晴らしい働きがあり、
何歳からであっても増強することができます。
90歳からでも正しくトレーニングすれば
筋肉量を増やせるのです。

筋肉が変わると、
付着している骨も腱も変わり、
姿勢が変わります。
姿勢が変わると、内臓の機能が変わります。
内臓が変わると、こころの表現も変わっていきます。

彼女も、姿勢が変わることで
「こだわり」から自由になりつつある・・と
心の変化を教えてくださいました。

からだを司る意識の力を用いると、
人のからだはどこまでも、何歳からでも
変わり続ける自由の中にあるのです(^^♪

わたしも歯磨きスクワット、毎日200回づけています(^^)/

人気ブログランキングへ

ヒプノセラピーで出会う最高のドクター♪

まだホームページが追い付いていませんが、
去年からつむぎの森では、
前世退行催眠療法セッションを行っています♪


どこで聞いてこられるのか、
毎月コンスタントに
セッションご予約をいただけるようになりました。

前世退行催眠のセッションを行うたびに、
深い感動に包まれます。

私自身は、
自分の過去生を知っている感覚で
幼い頃から生きてきたので、
わざわざ催眠療法を受けようとは
全く考えていませんでした。

でも、何千回とクライアントさんの
おからだに触れ、
コンサルテーションを行うなかで、
潜在意識と顕在意識のずれが、
生きづらさや、からだの不調や、
無気力や落ち込みに繋がることが
確信になるようになりました。

私自身は結局、8回くらい前世退行催眠療法セッションを
受ける機会に恵まれました。
そのたびに、人生の不思議や愛や、
メッセージに気づき。
セッションを受ける度に、
生きることが楽に軽やかになっています(*^^*)

催眠療法は、
すべての心理療法の母胎とも言われます。

最高のドクターは自分自身であり、
最高のカウンセラーも、
ヒーラーもそして教師も導師も
自らの内に常に存在していることが、
クライアント自身の実感となり、
穏やかでパワフルな気づきになります。
わたしはまだ、
今日のセッションの感動の余韻の中にいます(*^^*)

今年のDr.萩原優先生の催眠療法講座関西講座は
5月9日、どなたでもご参加いただける
前世催眠療法ワンデイワークショップを5月9日に
開催します!
また催眠療法基礎講座は6月20日21日に開催します♪
みなさん、ぜひお越しくださいね(*^^*)


人気ブログランキングへ
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ