つむぎの森へようこそ〜こころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、タッチケア、医療的ケアが必要な子へのタッチセラピーなどこころとからだがゆったり呼吸できるセラピューティックな場を提供しています。

こころとからだの深呼吸ケアルームつむぎの森

聖なる香りと立秋の風

立秋。暦の上では秋が立ちましたが、一年で一番暑い時期。
ケアルームのある大阪は先日38.9度の最高気温を記録しました。
ケアルームは川に面し、緑の多いエリア。涼を求める方が、時折川辺でお昼寝をされています。

川からの風が最も心地よい場所は我がケアルームのベランダです。
来室されるとまずは、このベランダに出て、しばし風を感じることを楽しみにされている方もおられます。

最高気温を記録しそうなある日、ベランダの風loverの大切なお客様が訪れてくださいました。
見るからに熱気を感じる窓の外を見て、ベランダに出るのは少し勇気が必要でしたが
なんとも良い風!!
時折、鳥たちが川面スレスレを魚を求めて飛んでいたり、思った以上に涼やかな風に心和みました。

この日は、新しくケアルームの精油箱に仲間入りした精油をブレンドしました。

FullSizeRender



一つは、パロサント。
私が最も気に入っているペンダントが、このパロサントを月明かりの下で磨き上げたもの。
ほのかに香るかおりが、心を鎮めてくれます。
香木は、自宅でヨガを行うときや、ワークショップの時に燻らせていますが、精油は希少精油であり今回久しぶりに取り寄せてみました。香木は柑橘系の香りがして、少し火をつけると、なんとも言えない甘い香りも立ち込めます。

香りは不思議です。
ほんのわずかな香りの分子が鼻腔内に入ると、脳へ直接つながる神経が香りの情報を即座に伝えます。
自分にとっての心地よさ、快、不快、身体の変化、情動の変化。
それらが秒を待たずに脳から身体全体に変化をもたらします。

パロサントはスペイン語。
インカ帝国時代の聖なる木を表しています。
一説によると、土地のシャーマン(祈祷師)たちが儀式の際に、土地や場所を清めるために用いていたそうです。


Palo Santo
学名:Bursera graveolens
科名:カンラン科
抽出部:果実
蒸留法:水蒸気蒸留
原産地:エクアドル

カンラン科なので、ミルラ(Commiphora myrrha)やフランキンセンス(Boswellia carterii)の仲間。
香りの系統も、少しスモーキーで、ピネン類が豊富なので森の空気、クリアな柑橘系も彷彿させ、深く精神をリラックスに導き、身体も活力がある状態のまま解ける、というフローな状態に自然と誘われます。
瞑想の時や呼吸が浅いなあと感じる時、集中して考えたい時にもおすすめです。
(もちろん、香りの好みはありますが)

パロサントの木は南米ペルーに自生する樹脂を含んだ天然の香木。ワシントン条約で保護対象にもなり、乱獲伐採を防ぐための取り組みもされています。

成分はリモネン中心。スイート・オレンジ精油やレモン精油にも豊富に含まれています。

【主な芳香成分】
モノテルペン炭化水素類 
リモネン51.270%
 α-フェランドレン35.320% 
サビネン3.550% 
メントフラン2.780%



そしてもう一種、こちらは初めての香り。
その名もドラゴンヘッド、龍の頭!
お写真はこちらのサイトよりお借りしました。
(https://www.rockymountainoils.com/learn/moldavian-dragonhead/)


モルダビアン・ドラゴンヘッド(Dracocephalum moldavica)は、ラベンダーやローズマリー、タイムなどと同じシソ科の植物。




Dragonhead-blog 確かに、美しい紫色の花は、龍の頭のように見えますね!
一年草のハーブで精油の採油率がとても低い、希少精油です。
香りは同じく、希少精油で驚くほど高価なレモンバームことメリッサ精油(Melissa officinalis)とよく似ています。
モルダビアン・ドラゴンヘッドは別名モルダビアン・バームです。



精油の化学成分や使用方法、禁忌を調べる際にいつも手元に置いている『精油の安全性ガイド第2版』でも、ドラゴンヘッドの記載がなく、海外のサイトで調べました。以下はそのサイトからの引用です。

<16世紀のヨーロッパではMelissa modavicaとして知られていたモルダビアン・ドラゴンヘッドは、南シベリアや中央アジアに自生する40種以上のドラコセファラム属のひとつです。

現在では、中国、モンゴル、ヒマラヤ、ロシア、ブルガリアなどの東アジアや東欧地域でよく見られます。
モルダビアン・ドラゴンヘッドのハーブは、ミツバチを落ち着かせたり、引き寄せたりするために養蜂家がよく使ったり植えたりしていたことからミツバチ用植物として知られています。
ドラゴンヘッドの葉は、レモンのような香りがして、消化器系の健康とリラックスを促進するお茶によく使われます。

ドラゴンヘッドは多目的に使える一年草、種子にも収斂作用や駆虫作用があることが知られています。また、オメガ3脂肪酸も含まれています。

モルダビアン・ドラゴンヘッドは、蒸留時の収量が極めて少ないため、希少なエッセンシャルオイルとされています。その結果、より高価で魅力的なエッセンシャルオイルとなります。>

(www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。)

Moldavian Dragonhead
学  名:Dracocephalum moldavica
和  名:ドラコセファラム
科  名:シソ科抽出部分:開花上部
蒸留方法:水蒸気蒸留
原産地名:ブルガリア

ドラゴンヘッドの成分でユニークなのは酢酸ゲラニルを高濃度で含むこと。
パルマローザ精油やゼラニウム精油にも含まれますが、ここまで高濃度な精油は思いつきません。

(参照:https://www.florihana.co.jp/?pid=159783110)

【主な芳香成分】
エステル類 酢酸ゲラニル35.449%
アルデヒド類 ゲラニアール20.916% ネラール14.692%
モノテルペンアルコール類 ゲラニオール11.311% ネロール2.734%

果実の香りのするエステル類なので、安全性も高く、神経系への鎮静効果もたかく、柑橘系の爽やかさの中に薔薇のふくよかな香りが、ふわっと立ち上がるので、何度も何度も嗅いでみたくなります。

パロサントとドラゴンヘッドをブレンドした香りは素晴らしく、
柔らかなフレッシュな柑橘系の香りと、神聖なベースの香りが一瞬で場を清め、「ここにいる」ことの意味を見出します。

時間に従って、深みを増していくという嬉しいおまけもついていました。

暑い時期ですが、聖なる香りを皆様もお試しくださいね。

つながるルーム


初公開。

緊急事態宣言下でのオンラインセッションルームです。

普段は講座用のお部屋なのですが。

手前はまとめてる最中の資料が散らばっていてお見苦しいですが、
対面のセッション以外はここからお届けしています。
資料の作成もここで行うことが多くなっています。

今日はオンラインが立て続けにあります。

日本各地、世界各地と繋がります^ ^

FullSizeRender

こころのビタミン


タワーマンションの高層階で10年以上運営してきたケアルームを、川の見える緑の多い場所に移転してからそろそろ6年。
ケアルームの入っている建物をお掃除してくださるかたに毎朝お会いするのですが、ちょっとぶっきらぼうな感じで、ご挨拶してもスルーが多い。
シャイな方なんだなあ、と思っていましたが、今朝!
それはそれはにこやかに、楽しそうに、ご自身のこと、お連れ合いさんのお惚気までおはなしされるではないですか!
やっと、やっと、このマンションの住人として認めてもらえたのかな、とっても良いことがあったのかな。
大阪のおばちゃんなので、なんてことのない立ち話、大好きなんです💕
不条理で理不尽な訃報に接することが続いたこの春。微笑み交わす会話は、心のビタミンになります。

IMG_0123

「看護のお仕事」サイトに掲載いただきました!


「看護のお仕事」サイトに掲載いただきました^ ^
とても丁寧にまとめてくださり、恐縮しつつ、とても嬉しいです。
臨床中心の日々であること+数年かかる計画もスタートした+またまた引越し決定の2021年なので、マイペースで講座やワークショップを開催する予定です。
良いタイミングでお会いできることを楽しみにしています!

効率的ではない


今日はおひな祭り。
娘が帰ってくるので、雛人形を慌てて飾り、この半月、コツコツと資料を集めて書いてきた専門誌の原稿を無事入稿。

とても興味深いテーマをいただきました。
原稿やテキストはいつも、規定の文字数の3倍くらいをスケッチのように書いてから3分の1に煮詰める方法。書いて、削って、印刷して、校正して、寝かして、削って、印刷して、校正して、寝かして、を最低10回くらい繰り返します。
とても非効率。
自分でもわかっているけれど、その分、濃縮エキスになるように思います。
だったらいいな。
掲載誌は4月にまた改めてご案内できると思います😊

2021年立春に変わったこと

2021年立春から変わったこと。
施術時のユニフォームを白衣に戻しました。

わたしが卒業したホリスティックケアスクールでは白衣着用がデフォだったので
数年はなんの疑問もなく施術ウエアとして使っていたのですが、
当時アロマケアを行っていた緩和ケア病棟やクリニック、セラピールームで
医療従事者と間違えられたことがあり、
知識も経験も乏しいわたしが、そのような誤解をさせてしまうなんて、医療者に失礼になると反省し、
白衣を封印しました。
いつか、また、自信を持って着れるように。

そこから17年かかりましたが、今朝、いつものユニフォームの隣にかけてある白衣にすっと手が伸びました。
着てみると、なんか、良いやん。
外は寒いけど、ほかほかのケアルームでお待ちしています^ ^

FullSizeRender

Todd先生の解剖ライブストリーミング 人体のもっと深くへ


新年早々から、素晴らしい学びになりました。
アナトミートレイン筋膜解剖オンラインクラス、頭頸部にフォーカスした2日間6時間のライブストリーミングでした。

数年前、アリゾナで開催された、Todd Garcia先生のラボでの冷凍のご献体での解剖実習に参加させていただいたとき、ご献体を提供してくださった方へのTodd の尊重と感謝の思いが隅々まで行き渡り、静謐な平和な空間であったことをありありと思い出しました。

今日のTodd Garcia先生の解剖の速度、正確さ、淀みのなさ、そして静かなパッション。
プロフェッショナルとはこういうことか。
一つの答えに、方法に、満足することなく、もっと良い物を作り出し、見つけ出し、提供する工夫とチームワークにも強く感じるものがありました。

今回、頭頸部を集中して解剖してくださったのですが、早い、早い、早すぎる、もうスケッチがぜんぜん追いつかず、手元を追い、画面にのめり込むほど近づき、逐語でコメントを描き、解剖書をめくり、トイレに立つのももったいほどでした。

数年前、解剖実習へ参加することを決めてからは、毎晩、解剖学の本をひたすら写し、名称と位置を覚え、手順のイメージトレーニングをしました。
解剖を実際に行なっているときは、無我夢中で、ひたすらに手を動かし、目を動かし、頭をフル回転させることで精一杯。
身体は教科書の記述をはるかに超えた精密さと繋がりを持ち、「ああ、これは!」「すごいな」をずっと感じ続けた5日間でした。

解剖実習では解剖チームのメンバーそれぞれが、フォーカスしたい部位をまず共有してからスタートします。
わたしは「脳神経」を個人テーマにして臨んでいました。
残念なことに、わたしのチームは柔らかな脳を上手に剖出することができず、また次の機会に、と思っていたら、Todが隣のテーブルでの解剖に呼んでくださいました。
綺麗に剖出された脳幹部と12対の脳神経、そして脳下垂体を見せてくださいました。
一人一人の希望を知っていてくださったのです!
今日のライブストリーミングでも、神業のような手捌きで、同じく脳神経と眼球や鼻、口腔と関連つけて、クリアに見せてくださいました。

Toddの解剖はまるで彫刻のよう。
解剖をしている、というよりもメスの先を巧みに、ちょうど絵筆で塊になっている粘土をサラサラと撫でているように見えて、内側からはっきりと「存在」が明確に立ち現れてくるのです。

解剖でわたしが知ったこと。再確認したこと。言葉を超えて強く感じたこと。

それは繋がり。

人の体はどの細部も、「独立」した存在はひとつもありませんでした。

繋がり、支え合い、連動し、調和する。
それがいのちという「流れ」の本質なのかもしれません。

海外渡航がまた自由になったら、新しくなった Toddのラボに行きたいな。あの素敵なメンバーにまた会えたら 嬉しいな。

全く新しい角度で人の体の美しさ、強靭さ、繊細さ、精密さ、不思議さを見せてくださったTodd先生、素晴らしいコンビネーションで解説してくださったThomas Myers先生、声も通訳も何もかもリスペクトしている香織さん、等頸部の解剖ストリーミングをオファーしてくださった歯科医チームのみなさま、最高のチームワークで支えてくださったスタッフの皆様、ありがとうございました!

IMG_8378

あけましておめでとうございます!


新年明けましておめでとうございます。
穏やかな静かなお正月を過ごしました。

愛する人を、大切に愛する。
自分への、周りの方への労りと感謝を表現する。
内側へ意識を向け、もう、今のわたしには必要でなくなったものを、いったん宝箱に入れることに決めました。

今日からケアルームの仕事始めです。
さまざまな計画も良い節目が巡っています。

2021年、明らかに、平らかに。
どうぞ今年もよろしくお願いします。

みなさま、ご家族のみなさま、そして世界が愛と平和で満たされていますように✨✨

FullSizeRender

オンラインでタッチケア⁈


これまでも時折海外の方とzoom相談を受けていましたが、今年に入りさらに海外在住の方のお問い合わせが増えました。
時差があるので、午後の施術の後にアメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アジアなどにお住まいの方と、オンラインでセッションを行っています。
オンラインでも、タッチができるのだなあ。
「オンラインタッチケア」という、ある意味、真逆のようなワードを、なんの疑問もなく、普通に使うようになっていることに気づき、なんとも不思議な気持ちになります。
オンラインですが、海外のクリスマスや学校の事情やNICUやコロナ対策なども身近に感じられます。
写真の時計、お気に入りなんです。小学生や中学生とお話しするときに大活躍しています♪
FullSizeRender

ホリスティックアロマケア講座、香りと心と身体と。


週末は対面でのホリスティックアロマケア初級と中級講座。IMG_7816

初級は植物と親しみ、香りを内側に広げ響かせ感じることから。
紅葉も美しいケアルームのベストシーズン。ベランダのローズマリーとラベンダーも花を咲かせてくれました。

IMG_7854

香りを用いた芳香療法は、嗅覚を用いた感覚療法であり、微細なエネルギーフィールドへのエネルギー療法であり、有機化合物の集合体(植物の二次代謝物質)の心理的生理学な薬理的作用を用いる補完療法。
アロマケアはどれだけ学んでも終わりがありません。


5月の開催予定が延びに延びて、ようやくこの日を迎えることができました。
嬉しい、楽しい、やっぱり、人に会って話して笑い合えるってしあわせ!
FullSizeRender
FullSizeRender

そこに植物のいのちのエネルギーが加わると、喜びとしあわせの輪が大きく広がります。

密にならないように、今回のお席を譲ってくださったみなさま、心から感謝します。
マスクをつけての芳香療法も、十分にしあわせを感じることができることも、証明できました(N7だけど)
植物療法のイントロダクションから精油と植物と芳香に関する理論と実践は相変わらずの濃密さでした。
19 種類の精油のプロファイル、精油の化学、蒸気浴、ハンドバス、クラフトはバスソルトに始まりアロマスティックまで、感嘆符と笑い声がこだましました。
植物の懐の深さへの感謝の想いとともに大切に丁寧に、用法用量を吟味し、目的を定め、適切に安全に、植物のいのちのエネルギーをいただく方法を伝えています。
アロマ効果でお肌つやつやピカピカです!
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ