つむぎの森へようこそ〜ラヴィングタッチでこころとからだの深呼吸 

ホリスティックケア、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチを行う大阪京橋のケアルーム からこころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

こころとからだの深呼吸ケアルームつむぎの森

ケアルーム納め。いま、ここに。

今日はケアルームの大掃除と棚卸し。
1年間、
たくさんの方にここで出会い、
語りあい、見つめあい、笑い、
泣き、喜び、悲しみ、
心地よさをともに過ごしてきました。

おひとりおひとりの
かけがえのない存在と、
そのいのちの輝きにふれることができたこと、
心から感謝します。

年明けは1月6日からです。
また1月5日には、
2017年の講座やワークショップの
年間スケジュールもご案内できると思います。
つむぎの森での活動も13年目に入ります!
ますます、楽しく、緩く、広く、
繋がれますように♪

竹林先生のご講義で
こんな素敵な言葉を知りました。
みなさまとシェアしたいと思います♪

老師の言葉です。

If you are depressed
you are living in the past

If you are anxious
you are living in the future

If you are at peace
you are living in the present

もし、あなたが落ち込んでいるなら、
あなたは過去に生きているのです。

もし、あなたが不安を感じているのなら、
あなたは未来に生きているのです。

もし、あなたが平和を感じているなら、
あなたは
いま、ここ、に生きているのです。

どうぞ良いお年をお迎えください💕


IMG_7690

TOCfeツールをコンサルテーションで使ってみると…

去年、京都大学で4日間に渡って開催された
国際認定プログラムで、
TOCfeの思考ツールを初めて学んでから一年経ち、
勉強会や実践で練習を積み重ねてきた甲斐あって、
ケアルームでも使う頻度が増えてきました(o^^o)

物理学者ゴールドラット博士の
ベストセラー『ザ・ゴール』。
この本のなかでゴールドラット博士は、
TOC理論(Theory of Constraints 制約理論)を提唱し、
問題解決のための思考プロセスを開発しました。
そして、TOCのもっとも本質的な部分を抽出したもの
がキャシー・スエルケン氏によって提唱された
TOCfe(Theory of Constraints for Education 教育のためのTOC)です。

わたしは、この思考ツールを
優れた心理療法だと捉えています。
潜在意識でブレーキをかけている行動や
解決策がない、と思い込んでいた
ジレンマや葛藤。

これらを、子どもにも使える
わかりやすい3つのツールを用いて、
問題やジレンマや葛藤を
可視化することで、「思考のグルグル」から
一歩離れた視点から問題を見つめると、
あら。不思議。

まさに、すべてのこたえは自分自身の内にある!

それまでもしかしたら、頭にうかんでいたかもしれない、
でも「そんなこと、意味がない」
「できるはずがない」
「難しい」

という思い込みが外れ、
解決策が浮かび上がるのです。

TOCfeツールを使って問題について考察したのは、
例えば、
「自分のサロンを開きたいセラピストさん」
「学校の宿題を終わらせたい中学生」
「死にたい気持ちがとめられない高校生」
「落ち着いた授業を行いたい学校教諭」
「婚活中の方の恋愛の悩み」
はたまた、
「売り上げを3倍にしたい自営業者さん」
「あと10キロ体重を落としたい」
「子育てが苦しくて子どもが可愛いと思えないお母さん」
などなど、適用範囲の広さに驚きます(o^^o)
目標の30ケースまでもう少し!
試してみたい方は、ケアルームで声をかけてくださいね。
TOCfeを学ぶワークショップも12月3日4日の開催目指して
企画中です〜♪
ご興味あるかたは、チェックしていてくださいね(o^^o)

いのちまるごとの自然観、人間観を育む、ホリスティックヘルス塾基礎講座を開講しました!

第2回ホリスティックヘルス塾基礎講座、
つむぎの森で開催しました♪
image









今回は看護師さんや、研究員、教員、
植物療法士さん、セラピスト、ヨガインストラクター、
保育士さんなど、多彩な背景を持っておられる11名のみなさんと、
「ホリスティックとは」、
「いのちまるごとの健康観について」、
「宇宙や自然とつながる生き方について」
また呼吸法のワークなどを学びました。

あっと言う間の3時間でした(^o^)/

この内容、ボリュームで3時間は短すぎに感じますが、
ホリスティックについてこれだけコンパクトに学べるのは
手前味噌ですが、
本当に良いプログラムだなあ、と思います。
ゼロ期のインストラクターとして、
たくさんのホリスティックピープル仲間や
伝え手となるインストラクターさんが増えてくるまでは
講座を開催したいと思います(^-^)
わたし自身、
この講座を通して、
ホリスティック哲学についてもう一度深く考える機会にもなり、
ホリスティック医学協会が来年30周年を迎える今、
改めて、全体性やつながりを意識した生き方、
ライフスタイルが見直されていると感じます。


嬉しいことに、
ほとんどの方が、『ホリスティックピープル』になります〜〜と
手を上げてくださり、
このホリスティックな健康観・ライフスタイルを伝える「伝え人」を
目指してくださる方も半分くらい‼︎


恒例のはやしの薄味のお味噌汁と一緒に
おにぎりを食べてのシェア会では、
参加者のみなさんの人生とホリスティック哲学が重なり、
意味を生み出し、行動や想いや生き方が変容されているお話をシェアすることができました(-_^)
シェア会、深かったです♪


image







image










ご参加くださったみなさま、お会いできて嬉しいです。
これからもどうぞ学ばせてください!
ありがとうございました✨

受付開始!ホリスティックリフレクソロジー講座2016♪

お待たせしました〜!!
第9期のホリスティックリフレクソロジー講座2016の
受付を開始します。
今年は8月、9月、10月の土日の集中講義、
足裏の宇宙に愛を込めアクセスしていく
濃密な全7日間講座です。

11-040A95D1-564923-960-100マンツーマンに近い少人数で指導、
コンサルテーションからカルテの記録、
約100ある反射区への施術、
タッチケア理論、
ふくらはぎへのオイルトリートメントまで
丁寧に指導しています。
修了後にはご自身のサロンの開業や
ご自身のトリートメントメニューとして、
あるいはご家族のケアに活躍する理論と実技を学ぶカリキュラムです。

つむぎの森ホームページからお問い合わせください!
詳細をご案内いたします。

日程は、

・2016年8月6日(土)、7日(日)

      9月3日(土)、4(日)

      10月22日(土)、23日(日)の6日間と

修了テストの前に、自由練習日を1日設けていますので全7日間のカリキュラムです。

時間は10時開始〜19時まで。

修了テストは最終日10月23日を予定しています。

全7日間ホームワークも含めて60時間のカリキュラムとなります。

さらに認定をご希望の場合は、30症例のカルテ提出となります。




足は、全身を映す鏡である・・。

という理論の上に、実用的に心身の状態を知り、

未病を防ぎ、改善を行うことができるリフレクソロジーは

施術においてとても頼もしいツールです。

またリラクセーション効果も高く、

多くの方が深いリラックスとこころとからだの統合、

満足(文字通り!)を感じておられます。

私自身に関しては、2004年にベイリー式のリフレクソロジー資格を取得して以来、

リフレクソロジーの施術だけでなく

アロマセラピーやクォンタムタッチの施術においても

リフレクソロジーで培ったからだの見方がとても役に立っています。



この7日間の講座ではわたしがこれまで学び、気づいてきたことを

できる限りお伝えしたいと熱い気持ちでいます!



大きな団体の資格などではありませんが「本当に使える!」手技にしていただけるよう

4人までの少人数で、きめ細やかに指導しています。

これまでの講座を修了された方はすでにサロンや

さまざまな場でのリフレクソロジーを生かして活動されています。

また練習会、症例検討会も不定期に開催しています。



お申込みをご希望される方は「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

(*返信メールが届きにくくなっています。

通常、その日のうちに、あるいは24時間以内にお返事しています。

迷惑メールフォルダに振り分けられていることが多いようです。ご確認くださいませ。)


足への観方、触れ方が大きく変わる講座です。
ご一緒できますことを楽しみにしています(^-^)

ホリスティックな生き方、ライフスタイル、価値観を学ぶ「ホリスティックヘルス塾基礎講座」4月に開講します!

20代のとき、慢性疼痛を伴う病気の中で出会った、
「ホリスティック医学哲学」が、その後のわたしの
健康観やライフスタイルを大きく変えることになりました。

ホリスティック(Holistic)という言葉は、
ギリシャ語で「全体性」を意味する「ホロス(holos)」を語源とし、
whole(全体)、heal(癒す)、health(健康)、holy(聖なる)などの言葉も
もとをたどると「holos」から派生しています。


そして、ホリスティックな考え方を大切にする生き方とは
自然と調和し、
社会のつながりを大切にし、自分自身を含めた環境とのかかわりを重視しています。
臓器だけを見るのではなく、
全体の「いのち」のシステムを鼓舞し、
宇宙や自然の完全性を内包する「わたし」に気づく哲学ではないか、と考えています。


日本ホリスティック医学協会では、
2015年より新しい普及啓発事業として
「ホリスティックヘルス塾」を開講しました。

ホリスティック医学協会名誉会長の帯津 良一のメッセージです♪
「今、ホリスティックな生き方が求められています
ホリスティック医学は、
病というステージだけにとどまらず、
生老病死から死の世界まで、
まるごとを対象にしています。
医学とはいっていますが、
ホリスティック医学とは”生き方”そのものなのです。」
                             

様々な健康状態やライフステージのもとで、
より健やかに生きてゆくための基本的な考え方が学べる講座です。
この講座を受講されますと、
ホリスティックな健康観の基本が学べ、
ホリスティックな健康観を実践する「ホリスティック・ピープル」の
一員となっていただけます。
さらに、ホリスティックピープルの方には
ご自身が、ホリスティックな健康観・ライフスタイルを
周りの方へ伝え広げる伝え手「ホリスティックヘルス・インストラクター」の
道を目指していただくことができます(^^♪

わたしも、日本ホリスティック医学協会理事として
去年から何度も研修を受け、
ゼロ期のインストラクターとして任命されました。
大阪で、関西で、ホリスティック・ピープルの仲間に出会えることを
楽しみにしています!

第1回のホリスティックヘルス塾基礎講座を開講します!
お待ちしています(^-^)

【ホリスティックヘルス塾「基礎講座」概要】

ホリスティックにめざめるとき


この講座では、
日本ホリスティック医学協会が総力を結集して完成させた
オリジナルテキストで、様々な健康状態やライフステージのもとで、
より健やかに生きてゆくための基本的な考え方を学ぶことができます。
(講義120分+レポート)
協会が作成したオリジナルテキスト

ホリスティックにめざめるとき (テキスト監修:帯津良一/B5判60頁)

・ 「ホリスティック」という言葉の意味
・まるごとの健康を目指すあり方
・東洋の伝統的な「いのち」のとらえ方
・環境や人とのつながりの中での「ホリスティック」
・ムーブメントとしての「ホリスティックヘルス運動」
・アンドルー・ワイル博士と自然治癒力の考え方
・「ホリスティック」な見方を深く身につける
・積極的に「いのち」を養う

講座修了後、日本ホリスティック医学協会に入会された方
には、「ホリスティックピープル」宣言カードを進呈します。


■1016年4月16日 10時〜13時
■会場:ホリスティックケアルームつむぎの森(大阪京橋駅すぐ)
■受講費(テキスト代込み):5,000円(税込)
※受講資格:ホリスティックな健康にご関心のある方ならどなたでも。
ただし、すでにヘルス塾を受講されていて、
当日テキスト持参の方はテキスト割引料金になります


つむぎの森ホームページの「お問い合わせフォーム」より
お申込みください!

傾聴し、問いかけ、問題解決に導く思考ツールTOCfe講座、開講しました!

週末はつむぎの森主催で
【質問力と問題解決力を高め、深める!
「問いかけるセラピスト」のための実践TOCfeワークショップ2日間講座】
を開講しました!

講師はTOCfeファシリテーターで、
京都大学大学院で、マーケティングを研究されている平方文哉さん♪

去年秋の告知とともにあっと言う間に、
15名満員御礼になりました。
つむぎの森での講座としてはずいぶん毛色の異なる講座で、
どれだけの反響があるか、ドキドキだったのですが、
多くの方がこんなにも、
「考える」
ことに興味を持ってくださってるんだ、と驚きました。

日本人は、特にわたしたちの世代は
「考える」訓練をあまり、
というより、
ほとんど受けてきていません。
思考の訓練を積み重ねると
「一度にひとつずつ」考えることができ、
問題を解決に導くことができるのですが、
「一度に全部」に取り組むために
脳の回路がまるでショートしたように
思考がバラバラになり、
行き詰まり、
もやもやと徒労感を重ねる経験を蓄積した結果、

「私は考えることが苦手」
「考えると頭が爆発する」
「考えることなんて、嫌い!」

という自己イメージが
がっちりと固められることになるのです。

その結果、
果てしないぐるぐる思考に囚われます。

起きても寝てても、
いろんな可能性が一度に沸き起こり、
アイデアやタスクや懸案事項が
同時に解決を求めて叫び出すので、
夜も眠れず、
仕事も手に付かず、
上の空で、心も頭もからだもどこかに
置き忘れてしまったような不全感を感じたことは
きっと、誰もが経験しているでしょう。

ぐるぐるとエンドレスにさまよう思考は
実はシンプルな原理を用いると
もやもやをすっきりさせたり、
解決方法をいくつもじぶんのなかから
導き出すことができるのです!

それが、TOCfeという思考ツールです。

TOCという言葉もあまり馴染みがないかもしれません。

全世界 で1000万人に読まれている、
物理学 者ゴールドラット博士のベストセラー
『ザ・ゴール』という本 のなかで博士は、
TOC 理論(Theory of Constraints 制約 理論)を提唱し、
問題解 決のための思考プロセスを開発しました。
ある状況の中で、最大限の効果を得るために
問題となる(制約と成っている)場面や部門を見つけ出し、
その制約の解決に取り組む、という方法論です。
「ボトルネック」を探す、なんていうフレーズを
聞いたことがある方もおられると思います。
TOCは夫から勧められて「ザ・ゴール」を読んでいたのですが、
その理論がカウンセリングや面接の場でも
使えるとは!とまたまた驚きでした。


そして、少し難解なTOCの
もっとも本質的な部分を抽出したものが
キャ シー・スエルケン氏によって提唱された
TOCfe(Theory of Constraints for Education 教育の ためのTOC)です。

わたしは去年8月に、
京都大学で開催された4日間のTOCfe国際認定プログラムに参加しました。
学校教育現場や企業の生産管理など
実際にこのTOCfeを使った多くの事例を学び、
制約理論をもとにした思考ツールの面白さに目覚めました。

このツールをセラピストや対人援助やサポートに取り組む方に伝え、
コンサルテーションや対話力を深めるために取り入れられないか、
とTOCfeファリシテーターの平方先生に
2日間のワークショップをお願いしたことが
きっかけでこの講座が生まれました(^-^)

クライ アントとのカウンセリング、
あるい はコンサルテーションの中で、
クライ アントが抱えている問題を
「クラ イアント自身の言葉」で整理し、
問題を 生じさせている潜在的な「認識」を表面化させるのが
難しい と感じたことはありませんか?


そんな思いを抱いている方を対象とした講座にするために、
この何か月か、講師の平方先生とともに
何度も打ち合せを重ね、
準備をすすめてきました(^^♪
それだけに、充実した講座を、
受講してくださったみなさんが、
喜んでくださると、
嬉しさもひとしおです!


image












第1日 目は「ごちゃごちゃした問題をスッキリ」させること。

ブランチというツールを用い、
事実と解釈との違い、
適切な質問力を身に着けるワーク三昧!

あまりにもふだん使わない脳の機能を使いすぎたのか、
途中で思考停止に陥る方も続出しました(^_-)


考えることへの喜びや感動ももちろんですが、
TOCfeのツールを用いて論理的に考えることで、
自分自身の、
あるいは受講生がサポートされている方の
人生の選択肢や可能性が広がり、
それぞれの経験の質が深みを増すことを感じていただけると嬉しいです(o^^o)

初日終了後の懇親会は講師の平方先生おすすめの北新地のアメリさん。
隠れ家のような素敵なお店です。
たっぷりの思考のあとの美味しいお酒とお料理、
そして今日出会った素敵な仲間に乾杯〜〜♪
考えることって、楽しい‼︎
懇親会、盛り上がりました♪
image














image












第2日 目には「対立によるモヤモヤを解消」する!

対立や葛藤に対して、傾聴し、問題を潜在意識から浮かび上がらせ、
問題解決を行うクラウドというツールを学びました(o^^o)
image










初日よりも思考の負荷が低いので、
どのグループも笑顔でのワークになりました♪

ペアワークでは、実際のセッション形式でのワーク。

教科書や例題とは異なり、
クライアントの問題を対話を重ねて聞き取り、
書き留め、確認し、問いかける、
ことを繰り返し、
つまづきの原因になる潜在的な前提に気づくと
解決策が自ずと浮かび上がるのですね。

このワークを行うと
私たちが普段、
いかに思い込みや独断的な解釈や感情をまぶして、
自分自身や相手に無意識レベルでの要求をしているかが
怖いくらいに見えてきます。
自分の思考の癖に気づくだけでも、大きな収穫(^o^)/

わたしがTOCfeを学んで感銘を受けたのは、
思考ツールを使う前提になるTOCの4つの信念です。

\こΔ魯轡鵐廛襪淵轡好謄爐農り立っている
⊃佑倭盈匹任△
8充造紡侘はない
い錣ったと言わない

知識の量があるから優れているわけではありません。
どれだけ鋭利な思考や言葉やロジックがあろうと、
この4つの信念がなければ世界になんの役に立つだろうか、
と問いかけられているのです(-_^)
知恵や知識や素晴らしいロジックがあるなら、
それを使って心地よい世界を構築することに役立てたい。
たとえ絶望的と思われる状況でも、思考停止することなく!

平方先生、
TOC愛いっぱいのご講義をありがとうございました(o^^o)
とてもわかりやすく丁寧に教えてくださり、
みなさんのもやもやもずいぶん晴れたようです♩
image









参加してくださったみなさま、
ご一緒していただきありがとうございました‼︎
大好きな方ばかりとの、濃密な二日間、楽しかったです(-_^)
第二弾の開催も予定しています!
どうぞお楽しみに‼︎

資料整理の達人になる‼︎

最初は自分のからだを整えるための探求でした。

20代での病気の時、
あまりにからだが痛かったので、
天井を見て寝ている時間が長かったですが、
自分にできることを探そうと
ホリスティック医学に出会い、
食べ物を変え、
玄米正食にはまり、
(今は雑食健康法です!)
自然農法にはまり、
自然食という名前の昔ながらの食べ物を扱い、
心と意識について学び、
アロマセラピーに出会いました。

それから25年たち、
あの頃の自分とは別人になったように
どんどん元気に、
なによりも、
どんどん自分のことが
好きになりました。

からだと心は心身一如。

ソマティックな観点では「身」とも呼ばれ、
ホリスティック医学では
こころ、からだ、魂の統合体が
わたしたち「いのち」であるから
からだが整うと心が整い、
体の痛みが和らぐと心も穏やかに緩やかになる。

そしてふっと気が付くとセラピストとしての私は、
タッチセラピーに
クリニカルアロマセラピー、
エネルギー医療、手技療法に
ヒプノセラピーにリフレクソロジー、
医療ケアが必要なこどものためのタッチケア、
ラヴィングベビータッチを行っています。

本職はいったい何??と
見た目はあれもこれもに見えるかもしれません。

多様な症状と背景を持つクライアントに
最適なアプローチ法を提供したい、
そんな思いで無我夢中で学び、
保育士や心理士、
笑いヨガリーダーまで取得してしまいました(o^^o)
もはや何者か、一言でいえません。
が、どのツールも、毎日のセッションの中で大活躍しています。

それぞれのアプローチは
確かに方法は異なれど、
コアにあるのは
ホリスティックな複合体である
わたしたち人間という存在が、
心地よく生きられるからだとこころとエネルギーを紡ぎ合わせていくこと。

痛みや、悩みや、
苦しみや、閉塞感や
どうしようもない悲しさや
喪失の痛みや、
自己を探求し、
世界とつながりたい、
さまざまな想いや身体の状態に
今、ここで、どの側面に働きかけたら良いのか、
どんな言葉かけや、認知の修正を行うことが
目の前にいらっしゃる方にとっての
よりよい方法なのか、
引き出しをたくさん持つことは、
多様な観点を提示することができるのです。


分野が広いので学ぶこともたくさんあります(^^♪
学ぶことが、生きることと同じくらい好き!
とくに人のからだ、細胞や筋肉や脳の働きや
心やエネルギーに関する学びは終わりがなく、
楽しすぎて飽きることがありません。

関連する本を読み、動画を見、
研修に参加し、論文を探し、
すきま時間が少しでもあったら
それらを資料にしていく作業も大切にしています(o^^o)

紙媒体ではパンクしてしまうので、(すでにパンク!)
いまは音声入力を使ってスマホやパソコンに入力し、
それを見出しごとに整理しています。

去年からは
見出しごとにパワポのスライドにしてみました。
たくさんの資料をひとつひとつ、
スライドに落としていく作業はあまりに地道で
くじけかけましたが、
出来上がった見ると
一覧表示で全体が把握できて、
テーマごとの入れ替えも楽なのでいい感じです。

でも、もっといい方法があるか模索中。
ちなみにわたしのタッチセラピーの師のティナは、
検索した論文保存用のKindleを6台も駆使しているそうです!

みなさんは、どんな方法を使っておられるのか
興味津々です!
おすすめのソフトや、みなさんの秘密の方法があれば、
こっそり教えてください〜〜(^o^)/


水辺のケアルームつむぎの森♪

お正月に作った新ケアルームの表札♪


まだまだ改良が必要だなあ、と思いますが、
午後のお客様には
なかなか可愛いと気に入っていただけました(o^^o)

新ケアルームの大規模修繕が終わり、
南側のバルコニーも床が塗り替えられました。
光沢のある素材なので、
大川の川面に映る太陽の光が反射して、
ケアルームが天然のサンキャッチャーのように光ります♪

日が長くなり、お客様を迎える前の朝の時間のキラキラが美しく、
準備する手を止めて、見入ってしまうこともしばしば(o^^o)

ここに移ってきて驚いたのが、
川を行き交う船の多さ!

大阪は水の都、
もともとこの川も野崎詣りでは川岸を歩く人と
船に乗る人が掛け合いをしていた場所でもあります。

そして野崎まつりは、もしかしたらキリシタンのイースター祭ではないか、
という説が私の心をとらえて離さない。
満艦飾の船が、この川を威風堂々と風を切って
何台も連なっていた様子を想像しています。
いつかここで、船に引っ張られてサーフィンするのが夢(-_^)

この日はケアルームはお休みだったので、
自宅の庭のクリスマスローズをケアルームに運びました。
土や鉢も運びこみ、宿根草も準備中♪
春には、たくさんの緑とお花が楽しめる予定です。
大川沿いの桜もきっときれいだろうなあ。
真正面のクリスタルビルの真後ろが大阪城です。1914560_729184547182982_6273536423882409095_n

夕陽に映える大阪城、想像してくださいね(-_^)

2016つむぎの森の講座スケジュールが決まりました♪

お正月もあけ、
つむぎの森は4日から今年をスタートさせました(^^♪
image





精油も新しいものと入れ替えました。
今年もみなさまのこころとからだの深呼吸の時間になりますよう
潜在意識と顕在意識をつなぎあわせ、
いのちを紡ぎ合わせてまいります。
丁寧に、愛を込めて触れさせていただきます。
どうぞこれからもよろしくお願いします!

またケアルームのご予約はただいま、3月までが
ほぼ終了となり、4月のご予約受付に入っています♪
メールやホームページの受付から
お問い合わせいただけましたらうれしいです!


さて、今年の上半期の予定がおおよそ決まりました(^^♪

どんどん途中からも新しい講座や
練習会や症例検討会なども入る予定です。
ブログやホームページでできる限りリアルタイムに
更新していきますので、
お忙しいと思いますが、
チェックをしていただけましたら嬉しいです(^-^)


*キャンセル待ち受付中♪:こころとからだをつむぐ講座
2016年2月6・7日
【質問力と問題解決力を高め、深める!
「問いかけるセラピスト」のための実践TOCfeワークショップ2日間講座】
講師:平方文哉さん
主催:つむぎの森
会場:北新地


*受付中♪
2016年2月17日 ホリスティックリフレクソロジー症例検討会&練習会
対象者はホリスティックリフレクソロジー講座修了生
主催:つむぎの森
会場:つむぎの森


*受付中♪
2016年2月17日
クォンタムタッチレベル1練習会
(つむぎの森でのQT修了者優先)
主催:つむぎの森
会場:つむぎの森


*受付中
2016年2月21日
ホリスティックフォーラム
「メディカルハーブの基礎知識と臨床応用」
講師:林真一郎先生
主催:日本ホリスティック医学協会関西支部
会場:天満


*キャンセル待ち受付中♪
2016年2月27日・28日
クォンタムタッチRレベル2 2日間ワークショップ
インストラクター:はやしひろこ 
会場:つむぎの森


*受付開始♪
2016年3月26日・27日
クォンタムタッチRレベル1 2日間ワークショップ
インストラクター:はやしひろこ 
会場:つむぎの森


*受付・詳細のご案内は後日♪
2016年4月16日
ホリスティックヘルス塾
インストラクター:はやしひろこ
会場:つむぎの森


*受付開始前♪
2016年4月17日
ホリスティックフォーラム
テーマ未定
講師:降矢英成医師
主催:日本ホリスティック医学協会関西支部


* 受付・詳細のご案内は後日♪
2016年5月7日
ラヴィングベビータッチインストラクターシェア会
(対象はLBTインストラクター)
インストラクター:はやしひろこ
会場:つむぎの森

*受付・詳細のご案内は後日♪
2016年5月7日
こどもの発達から考える乳幼児のタッチケア入門
講師:宮井文美・はやしひろこ
会場:つむぎの森


*受付開始前♪
2016年6月11日・12日
クォンタムタッチRレベル2 2日間ワークショップ
インストラクター:はやしひろこ 
会場:つむぎの森


*受け付け開始前♪
2016年5月22日 in宝塚
関西アロマセラピスト・フォーラム総会



*受付・詳細のご案内は後日♪
2016年7月2日・3日
クォンタムタッチRレベル1 2日間ワークショップ
インストラクター:はやしひろこ 
会場:つむぎの森


*受付・詳細のご案内は後日♪
2016年夏
前世体験1日ワークショップと
催眠療法基礎講座
講師:萩原優医師
主催:催眠療法センター
会場:京都


7月以降に
ラヴィングタッチを深めるワークショップを企画中です。
またラヴィングタッチフェスタも予定しています。
ホリスティックリフレクソロジー講座は
2016年8月から毎月、月はじめの土日を予定しています。
全6日間、定員3名ですので、
ご興味のあるかたはお早めにお問い合わせくださいませ。

詳細に関しては
ホームページに順次アップしてまいります。
またお問い合わせいただいた方には
優先的にご案内をさせていただきますので、
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お目にかかれますことを楽しみにしています!








ことしもありがとうございました(^^♪

おせちが紅白に間に合いました♪

10352837_724787077622729_2751369529013878196_n毎年、この時期に
お重やおせちや雑煮用の塗り椀を準備するとき、
感謝に包まれます。
今年もこうやって無事に
新しい年を迎えることができる喜びです。

古来から、歳神さまをお迎えするために受け継がれてきた
儀式や風習にはいのちへの強い祈りが込められているのだと、
年を重ねるごとにその深い意味に気づいていきます。

白髪は増えても、年をとることは良いことだなあ、
とこの時期になると実感します(o^^o)

今年はケアルームに長くお越しいただいていた、
もう友人となって心を通わせていた多くのかたの旅立ちを経験しました。

メールで、夢の中で、留守番電話のメッセージで、
「はやしさん、さよなら」のメッセージをわざわざくださった方。

いつものように楽しくお話しをして、
いつものようにご予約を取られて
「もし、次の予約日にわたしが来なかったら、
新しい場所で笑っていると思ってくださいね」
といつものように笑ってハグして旅立っていかれた方。

キューブラーロス博士の本を一緒に読んで、
向こうの世界のことを時間を忘れて語り合った方。

時間も空間も向こうの世界にはおそらくないので、
「わたしもすぐに続きますよ〜♪」と手を振り合って別れた方。

緩和病棟で出会う方や
こどもたちとの一度だけの出会いも忘れられません。

18歳の時、
誰かの人生の棚卸はしない、と決めました。
たとえ短い人生であったとしても
かけがえのない愛とともにあるのだ、と友人から学びました。

わたし自身が交通事故にあったことも大きな経験でした。
4歳の長男のお誕生日会の帰り、
出産予定日3日前のお腹のこどもと長男とともに
乗っていた自転車に、
大型バイクが突っ込んできて
親子もろとも吹き飛びました。

自転車は全壊で、道路に投げ出され、
多分脳震盪を起こしていたのでしょう、
自分の人生を俯瞰的に振り返る経験をしました。

不思議と全く怖さがなく、穏やかでした。

出産予定日直前にこうやって亡くなることが、
わたしの人生だったんだ〜♪と手を打ちたい気分。

なんの後悔もなかった。
ああ、いい人生だったんだ、
最高に愛されていたんだ、とわかりました(-_^)

4歳の息子も、
この4年の人生が完璧だったんだ。

お腹の赤ちゃんは、生まれることもできなかったけど、
これも完璧な愛に満ちた人生だったんだ!


幸い、わたしも息子も少し入院しただけで
お腹のこどもも奇跡的に無事でした。

この経験をした後は、
物質的に肉体をもって生きることと、
魂であるエネルギーとして生きること、
どちらも大きな差がないように感じています(o^^o)

だからこそ、出会いは愛おしく、
出会っても、出会わなくても、どちらもまた良し。
どちらを選んでも、完璧で最高。

来年も、新しいことに挑戦しつつ、
終い支度もしつつ、
動的平衡を楽しみながら、笑い合いたいです(-_^)

みなさまも、どうぞ良いお年をお迎えください♪
今年いただいたたくさんの想いに感謝します💕
愛を込めて‼︎
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

月のこよみ
はるか太古の昔から、
わたしたちは月の力を感じ、
そのリズムにしたがって生活
してきました。
いまでも女性は月の満ち欠けが生み出す力に
大きく影響をうけています。

hiro

月ごとの生殖リズム、出産、
肌の新陳代謝のサイクル、
気分の波・・・。

新月から満月への連綿と繰り返される
月のリズムと調和し
こころとからだとスピリットを
開放してみましょう。

新月は計画を立てたり、新しい物事を
始めたりするのに最適の時。

Archives
livedoor プロフィール
お気に入りの音楽3



クリスタルボウルは
瞑想のために開発された楽器。
純度98.9%のクオーツクリスタルから倍音が響くと、
そのバイブレーションがからだの細胞にしみこみ、
さらに心の奥深くまでを溶かしていきます。

初めて、この「アルファ」のCDを聞いたのは何年か前の夏の日。
子どもたちとお昼寝をしようと、ござに寝転び、CDをかけたのです。

すると・・・
知らない間に、涙がどんどん流れてきて、みんなで、「涙が出る〜」といいながら聞き続けました。
しばらくすると、子どもたちが「いまの音、この辺に入っていった」
「この音は、ここにぎゅーんで響く」とからだのあちこちを触りだしました。

クリスタルボウルは人のからだのチャクラに対応しているのです。
7種類の音は、7つのチャクラと共鳴し、それぞれ対応する音があらわす部位を子どもたちは感じていたのでした。

クリスタルボウルの深い響きは、左脳と右脳のバランスをとり、内なる存在とつながり、静けさと湧き上がるエネルギーを感じることができます。


いまも、セッション中にこのCDをかけていて、あまりの美しい旋律に、涙がこぼれることがあります。
何回聞いても聞き飽きることがない、
おすすめの1枚です(*^_^*)

セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

セラピストの本棚8
<セラピストの本棚8>

『整体入門』
野口晴哉著
筑摩書房



野口晴哉氏は天才だと思います。
10代のとき、この本に出会ってから、
からだや心に対する見方が大きく変わりました。
整体協会に属したことはなかったのですが、
主に著書を通じて氏の世界観に触れることで大きな影響を受けました。

野口整体の創始者として、
日本の東洋医学を代表する人物である野口晴哉が、
初心者に向けてわかりやすく野口整体のポイントを説いた本書は
最近文庫になって再登場しました。
ランキングに載るほど話題になったそうです。

「愉気」という触手療法の体系を作った氏は、
「愉気とは楽しい気で相手を包むこと」といいます。
そっと相手に手を触れることで、
自己調整が目に見える形でトレーニングできる方法を生み出し、
「活元」と名づけました。

人間を12分類した体癖理論は難しく理解したとはいえませんが、
「気」とは何か、からだの要求によって動きが生み出されること、
癒しの手をつくる合掌行気法、
脚湯の仕方、自分で歪みを正す体操、
便秘の解消法、母乳の出し方、
月経痛をなくすには、などなど
からだのゆがみやねじれの解消法について
「からだの凄さ」を改めて感じることができます。

何度読んでも新しい発見があります。
『風邪の効用』と併せて読むと理解が深まります。
お気に入りの音楽2


『永久へのカノン』

ダニエル・コビアルカ

パッヘルベルのカノン。大好きな名曲です。この曲のCDはいくつか持っていますが、コビアルカのカノンでは新しい魅力を発見することができました。
知っている曲は脳が活性化してメロディを追ってしまうので、セッションでは不向きなのですが、このカノンはまったく邪魔することなく、また呼吸のリズムときれいにあって、深い深いリラックスをもたらしてくれます。
そして、このCDの本来のタイトルでもある「Timeless Motion」
この曲のためだけに1枚購入してもいいくらいです。
セラピストの本棚7

『フレグラントマインド』
バレリー・アン・ワーウッド
フレグランスジャーナル社








アロマ心理学の草分け的存在の
ワーウッド女史が、心とからだの健康を目指して
取り組んだ本書は初心者ははもとより
経験をつんだセラピストにも
新しい精油の一面を示し、
香りから人の性格や内面 に潜む自己を引き出してくれます。

精油を9系統に分類したアロマジェネラは
読み物としても楽しめます。
日本人のためのアロマジェネラを構築するとしたら
どんな形になっていくのでしょう。
日本人ならではのコミュニケーション、表現法、
身体意識、美意識、歴史、などを総合した
日本人のためのアロマジェネラを
きわめていくことが目標です!

グレープフルーツのパーソナリティ、
いいですねえ(*^_^*)

セラピストの本棚6


『万病を治せる妙療法ー操体法』橋本敬三

操体法と言うと、「え?体操?」とよく聞き返されます。
仙台で医者をしていた橋本先生が考案した整体術の一種ですが、ホリスティックな視点で病気について考えることができます。『生体の歪みを正す』も名著です。
「気持ちのいい方向に気持ちよくからだを動かして、すと〜んと脱力。そして大きくため息、はあ〜」なんて単純で気持ちいいのでしょう。うちの子供たちも寝る前の操体法が大好きです。
セラピストの本棚5

1990年、この本を読んだ衝撃は大きかったです。一時期バイブルのように繰り返し読みました。

前著『人はなぜ治るのか』では誰かに治してもらうものだと思っていた病気が、実は自己のコントロール下にあることに気づかされました。
本書ではさらに健康と治癒の不思議なメカニズムを解き明かし病気の経過とそれを変える方法の説明、こころとからだの相互依存関係、呼吸法、食事などあらゆる観点から詳しく解説してくれています。
『癒す心、治る力』も名著です。
<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


お気に入りの音楽


<REIKI>レイキ /Llewellyn


鳥や川のせせらぎなどの
自然音が好みなのですが、
トリートメント中は、
人の声などがはいらず、
静かで一定のリズムの
波動の高い音楽が欠かせません。

この<REIKI>のCDは
急にリズムが変わってびっくりするようなこともなく、落ち着いて自分の心の声と対話できるアルバム。
<REIKI>とは普遍的な生命エネルギーを指し、とてもパワーあるハンドヒーリングです。
シリーズに<aromatherapy>や<chakra>も。
セラピストの本棚<2>
クリニカルアロマセラピスト
の本棚からおすすめの本を
ご紹介しています。

ガブリエル・モージェイ氏の
『スピリットとアロマテラピー』

フレグランスジャーナル社



スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す


アロマセラピー初心者をそろ
そろ卒業して、もっともっと
深く学びたい、と思われたなら、
ぜひこの本を手にとって
読んでみてください。

著者はアロマテラピー、指圧、
鍼(はり)、薬草医療の専門家
で、薬草医療の校長。
精油がこころとからだ、
スピリットへ及ぼす効果や
深遠な心理作用、陰陽五行説
についてもとても分かりやすく、
丁寧に説明されています。
アロマセラピーと東洋医学を
融合させたユニークな視点は
アロマセラピーの新しい可能性
を感じさせてくれます。

読み物としても面白いですが、
臨床やセッションの現場での
精油ブレンディングのヒントに
大活躍しています(^.^)
セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20165131

「こころ」「からだ」「エネルギー」「魂」
を耕し、つむぎあわせること・・

触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「魂」そして「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

理論に偏らない、ホリスティックな視点を大切にするいまのスタンスは、若い頃からの山登りや宗教への考察、心身のつながりを統合する体験、聖地を旅し、自然療法やボディワーク、アロマセラピー、ホリスティック医学、エネルギーヒーリング、哲学、人類学、マクロビオティック、催眠療法などのさまざまな心理療法を学んできたことから深めています。
深い山で何度も夜を過ごし、自然農法で田んぼを耕し、ハーブを育ててきたことも、光だけではないいのちの多面性や、伸びてゆく力への信頼に結びついています。
大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
医療ケアが必要なこどものためのタッチケアボランティアは、医師や看護師、HPSらとともに様々な病院、医療センター、ホスピス、支援学校などで継続しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
LOVING TOUCHを伝えています。

二児の母。
■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■AHCP認定クリニカルアロマセラピスト/リフレクソロジスト
■保育士
■日本心理学会認定心理士
■NPO法人日本ホリスティック医学協会理事
■ラヴィングタッチプロジェクト主宰
■KAF認定ラヴィングベビータッチ主任講師
■米国リドルキッズ協会認定医療介入を必要とする
こどもへの小児タッチケア上級セラピスト
■クォンタムタッチ(R)
認定レベル1・レベル2インストラクター・プラクティショナー
■ABH認定催眠療法士
■大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。

著書『ぐっすりネンネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房




ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

*受付開始中♪
こころとからだを紡ぐケア〜ラヴィング・タッチケア基礎講座12月開講します♪
残席1名!!
詳細はお問い合わせください。
◆日時:2016年12月10日(土)11日(日)
10時〜18時(9時40分開場)
◆講師:はやしひろこ

*クォンタムタッチRレベル2ワークショップ。受付開始!
日本在住のレベル2インストラクターは4人しかいないため、貴重なワークショップとなります。2017年の開講は、2月以降は未定です。
◆日程:2017年2月11日、12日
◆時間:10時〜19時30分(終了時刻は若干変更があります)
◆会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森
◆インストラクター:はやしひろこ


詳細に関しては
ホームページに順次アップしてまいります。
またお問い合わせいただいた方には
優先的にご案内をさせていただきますので、
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
 ラヴィングタッチプロジェクト♪
今年のラヴィングタッチプロジェクト主宰の
ラヴィングタッチデー2015は
大盛況と愛と笑顔の中で終了しました!
ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました(^^♪
また次回をお楽しみに!!
1507077_648777948556976_7911846340208959344_n





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すべての子どもたち、大人たちに
愛を込めたLOVING TOUCHを!

ラヴィング=Loveを
今、ここで感じている状態。
まなざしや声や暖かい手のひらに
ラヴィングな気持ちをこめて、
ラヴィングタッチを贈りましょう。

この世界すべてが、
ぬくもりのある暖かなタッチで
光に満たされますように・・!


ラヴィングタッチプロジェクトのステッカーです。
LTPtsumugiURL_JPG300



保育園、幼稚園、小学校、病院、日本津々浦々に
ご希望される場所へ、ラヴィングタッチの出前教室・講座を開くためにステッカーを一枚200円で販売しています。10枚以上お求めいただいた方は、応援サポータとしてラヴィングタッチプロジェクトページにてご紹介させていただきます!
http://tsumuginomori.com/

つむぎの森のケアルーム、ホームページ、また賛同してくださった方からご購入いただけます。
このステッカーの売り上げはつむぎの森とは別会計でラヴィングタッチを伝えていくための活動資金にいたします。

みなさまのご支援、ご協力をお願いいたします(*^_^*)
愛を伝えるベビーマッサージ♪ラヴィングベビータッチ教室お知らせ★
人生のプログラムを構築する乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
愛を伝えるベビーマッサージ教室を大阪京橋のつむぎの森で開催します。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。
参加費はオイル代込で3000円です。
赤ちゃんともっと仲良くなれる、楽しいタッチケアレッスンです。
みなさまのご参加お待ちしています♪
IMAG0689






*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は
現在 小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。
在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
(別途出張費と交通費を申し受けます)どうぞご相談ください。

IMAG2509 (1)


お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪
aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
講師・出前講座のご依頼は・・
*アロマセラピー
*リフレクソロジー
*ベビーマッサージ教室
*タッチケア
*セルフケア
*クォンタムタッチ(R)
の講師・出前講座承ります!

これまでに、
看護協会さま・教職員組合さま・
幼稚園・保育園・小学校・PTA活動・
看護系大学・育児サークルなどさまざまな
イベントでの講師活動、
ベビーマッサージの出前教室などを行っています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
aroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ外して送信してください)



おたよりありがとう♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ