つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療的ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できるセラピューティックな場を提供しています。

こころとからだの深呼吸ケアルームつむぎの森

ケアルーム、安全第一で再開しました

3月から、オンラインセッション以外は自粛をしていたケアルーム。
オンラインにされますか、ご予約の延期にされますか、あるいは1日1組だけで消毒や感染対策をしたうえでマスク着用、こまめな手洗い、検温、体調確認とご不便をおかけしますが対面セッションにされますか、より安心を感じる方をお選びくださいとご案内しています。自転車通勤のわたしは、1日一度はケアルームに来て、いつでもお迎えできるよう準備に勤しんでいます。
今日は対面セッションの日。とても嬉しいです。
大阪市は今週から小学校がぼちぼち再開し、図書館も明日からオープン、雑貨屋いのぶんさんも11日から再開!少しづつ、少しづつ、気は抜けませんが、ゆっくり戻りつつあります。まだまだ遠出はできませんし、自粛と予防対策は行いつつ、新しい生活様式を根付かせ、with covidの未来を選べるのかの岐路にいることを感じます。
フェイスシールドも作ってみました。改良の余地大、です。

IMG_5367
FullSizeRender

わたしの中心HOMEへ。Stay Home,Stay Loving

Covid-19(新型コロナウイルス)の感染拡大に伴う緊急事態宣言が大阪にも発令されました。
5月6日までの解除予定日までは、対面の施術や講座などすべてお休みにしています。

毎月、定期的に楽しみにしてくださっていた方や、
医療的ケアが必要なこどもたち、
発達相談を受けていた子どもたちなどにもこの期間はお会いできません。
どうされているだろう、呼吸は浅くなっておられないだろうか、
目に見えない恐怖のなかで、孤独を感じておられないだろうか。
毎日これまで出会ってくださったみなさま、これから出会うかた、
出会っていないけれど、同じ地球の上で暮らすいのちへの祈りの時間を
これまで以上に大切にするようになりました。
不要不急の時間こそが、文化であり、豊かさであったと気づきます。
先日の多重迷走神経理論(ポリヴェーガル理論)を提唱されたイリノイ大学の
ステファン・ポージェス博士のオンライン講義でも、
私たちの世代が初めて直面するこの危機に対して、
人との社会的な交流をとおして、高ぶった神経系をなだめることが得られなくなっていることに対して、
たとえオンラインであっても、わたしたちが恐怖や恐れの神経システムから、
安心と安全の神経システムへの移行をスムーズにサポートできることを
熱心に伝えていただきました。

遠隔ヒーリングを15年行っているので、その効果は十分に実感していますが、
ならば、やってみよう、実験してみようとzoomというテレビ電話会議ツールを利用した練習会を企画しました。

2人でも、3人でも・・と思っていたら、
午前と午後に分かれたラヴィングタッチケアの練習会と、クォンタムタッチの練習会へ、
延べにして70名近い懐かしい大好きなタッチケアラバーが、
北海道からも九州からも、集まってくださいました。

赤ちゃんもこどもたちも一緒に、
時々ヤギさんとうぐいすのさえずりも加わってのタッチケア♪
画面から、笑顔が見える!
声が聞こえる。

それだけで、ホーと力が抜けました。心が温まります。すごい、すごい。

covid 19の感染拡大によって生活や仕事や子育て環境などが大きく変わり、
自粛生活が続くなかで、
こうした文明の叡智を使って「場」を作り、
そのなかでまるで、リアルに出会っているような身体感覚を共有できる新たな能力が、
生まれつつあります。
いま、現在、獲得中の新しい能力を試すように、さまざまなワークを行いました。

画面越しでのまなざしと声のワークでは号泣する方が続出し、
画面に向かって手をあわせると、すーっと、内側が整い、
ふわふわした大地にしっかり根を下ろす感覚も感じることができました。

空間が同じではなくても、声のトーンやまなざしなどの生体情報から わたしたちは、「安全」と「安心」を感じることができるシステム「共同調整」が行われているのです。 青く美しい地球の上で、抗い、隔離し、戦うのではなく、covid19と共に生きる世界。
大切な人、大切なもの、大切な時間への新たな気づき。

外界の出来事や内面の心の動きに翻弄され疲弊し、
ぐるぐると知らない間に巻き込まれてしまうのか、
自分に立ち返り、あり方に目覚めた意識とともに行動して祈るのか、
わたしたちはどちらを選ぶこともできます。

圧倒的な愛の中で、こんなにも、穏やかに素直に呼吸できることへの感謝。
つながりの神経系は、zoomでもリアルと変わらず働くことも70人で実験できました。

医療職の方も多く、それぞれの立場でのcovid 19との向き合い方では、
報道とはまた異なる現場のリアルを共有することができました。

希望を胸に、口元には微笑みを、ガニガニと身体も動かし、今できることをできるように。

みなさん、ありがとうございました😊
次にお会いするときは、ぎゅ〜とハグをしましょうね。


その日まで
stay home✨
stay loving💕

homeは、どこでもない、わたしたちの中心が休まる場所。
かけがえのない、じぶん自身でいられる場所へ。











20204251 20204252

世界はワンダーで満ちている!

今日はずいぶん慣れてきたzoomを使ってのオンライン講座の準備。
セキュリティ対策を調べ、画面共有のシュミレーションをして、レコーディングしたリハーサルをチェック。デザリングでのつながり具合、動きのタイムラグ、音声の聞こえ方やホワイトボードの使い方も何度も練習しました。
ホワイトボードは、リアルのものを使おうと決め、文字が反転しないように設定まで終了。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました😊
オンラインは悪くはないけれど、本当はもどかしい。
リアルに触れたい、空気を共有したい、という思いがいっそう強まります。
準備が終わってすこし気が緩み、映画館でみた予告で泣いてしまった映画『ワンダー君は太陽』をAmazon primeで観ました。

FullSizeRender

いい映画でした。映画館でみたかったな。泣いて泣いて、胸が痛いくらい。

主人公のオギーは先天性の遺伝子疾患があり、彼曰く「僕は普通じゃない」。
オギーを取り巻く両親やきょうだいじである姉や友人たち、登場人物みんなが、誰かの大切な人で、一人一人の背景を丁寧に描くことで、奇跡への信頼が際だつのです。

covid-19の感染拡大による影響は、まだまだ続くでしょう。
人類が進化の過程で獲得してきた、親子で、友達同士で、こどもたちや恋人たちが、肩を抱いたり、ハイタッチをしたり、背中をポンポンしたり、抱き合ったり、一緒に歌を歌つたり。そんな当たり前すぎる風景が奪われてしまったことへの喪失感が、押し寄せてきました。

『世界は素晴らしすぎて、気づかれない』

好きな時に、好きな人と、好きなものを食べ、歩き、会話し、学び、笑う。
当たり前に感じていたものは、私たちの祖先が学び、試行錯誤し、勝ち取って得てきた奇跡。
幸せは、いつも私たちのすぐそばにあったのに、失ってからしか気づかない。

「正しいことと、親切であること。選ぶなら親切なことを」
という劇中の言葉を読んで、今の世界の状況の中でわたし自身が一番残念に思っていることがわかりました。
新しいコミュニケーションの方法を、良きものにしていくヒントが。
ふつふつと力が湧いてきています。

ヴァーチャルなつながり

平日はほぼ毎日、ケアルームで施術をしていますが
3月に入り、コロナによる移動制限やノロウイルスの罹患疑いや家族のインフルエンザでのキャンセルのお問い合わせがちらほら。

小児病棟でのタッチケア活動や人工呼吸器のお子さん、がん治療中のかた、
術前術後の方も多いので感染対策には日頃からとても気をつけています。

当たり前ですが、クライアントのお肌に触れるものは基本全て高温洗浄と高温乾燥。
施術の前後はまず手洗い。
病院でこどもたちに触れるときは、エプロン、マスク、手袋、手指消毒に、一人ごとに肘まで手洗いをしています。

おかげで、風邪もほとんど引かなくなり寝込む風邪は10年に一度くらいになりました。
子どもの頃は、シーズンに2回くらいインフルエンザにかかっていたことを思うと、今が1番元気です。

新型コロナウイルスによる影響が、世界経済に及んできています。
でも良いこともたくさんあると感じています。
今日は一旦キャンセルされた方へzoomでのセッション。こんな時期だからこそ、『できることをできるように』粛々と淡々と、諦めず、微笑んで、心で触れ、声で触れました。
今週はzoomセッションが続きます^ ^

植物のエッセンスに触れる。ホリスティックアロマケア中級講座、開講しました♪

今日はホリスティックアロマケア中級講座を開講しました!

FullSizeRender



IMG_3492

植物を用いて、全人的に人と関わり、ホリスティックなケアを行うということは、香りや嗜好性、作用機序や化学成分についての理解が不可欠です。
天然だから、自然だから、どんな使い方をしても良いのではありません。
精油のパーソナリティ を知り、成分を知って使うと、驚くほど可能性に満ちて、優しく、パワフルに心身を整えることができます^ ^
炭素と水素の話から始まった精油の化学はみなさん、「面白い〜!」とおっしゃっていただきました。やった!


アロマセラピーが目に見える物質としての精油と、目に見えない香りやエネルギーの両側面から、同じように、目に見えるBODYと目に見えないMIND、SPIRTにアプローチしていくのは、要素還元的な見方と、全体性へのバランスが大切。

さらに14の精油のプロファイルと、クラフト作成。
とても贅沢なミストとジェルができました。お互いのブレンドを試して、子どものように喜びあいました。
FullSizeRender


そして、最後は聖なる植物の本質(essence)に触れ、香りと一体になりました。


植物の懐にとびこんで包み込まれたような感覚。晴れ晴れとした爽快感です。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました😊
今度はビューティ アロマで、さらに綺麗になりましょうね!

2020年上半期の講座ワークショップのご案内

今日からケアルームつむぎの森の仕事はじめでした。

今朝の大阪は冷え込んでいましたが、
日が長くなり、暖かな日差しが大きな窓から入り、まるでサンルームのよう。
精油箱を年末に新調し、期限のきた精油を新しく入れ替えました。
加湿器も新しくなりました!
みなさまのお越しを心からお待ちしています^ ^

2020年ははやしが大きな試験をいくつか受験す?ため、平日の施術は変更ありませんが、土日の講座の開催が少なくなります。

たくさんリクエストをいただいています
「からだのスピリチュアリティに目覚めるタッチケア講座」
「ホリスティックリフレクソロジー講座」は今年の開講は予定していません。
楽しみにしてくどさつていたみなさま、申し訳ありません。

受付は2月からを予定しています上半期の講座予定です。
また今年は新たに「こどもの健やかな育ちをホリスティックな視点で考える研究会」を立ち上げました。
こちらは日本ホリスティック医学協会会員の方をコアメンバーに、子育てに関わる専門職の方や当事者、支援者のみなさまと一緒に、情報共有と実践につながるを緩やかな連携の場を定期的に開催します。
こちらも奮ってご参加ください。
気になる講座、研究会、ワークショップがありましたら、メールでお知らせください!
個別にご案内をさせていただきます。

*1月12日ホリスティックアロマケア中級講座→満席
*2月29日乳幼児のためのラヴィングタッチケア指導者修了認定試験と修了者を対象にした講座→乳幼児のためのラヴィングタッチケア指導者講座修了生対象
*3月1日「こどもの健やかな育ちをホリスティックな視点で考える研究会」開催
*3月1日ホリスティックフォーラム 開催 統合医療 ラヴィータメディカルクリニック 森嶌淳友院長
*4月日程未定 東京近辺でのホリスティックアロマケア初級講座、中級講座
*4月日程未定 ラヴィングタッチケア基礎講座第11期
*4月29日ホリスティックフォーラム 杉浦貴之さん
*4月29日こどもの健やかな育ちをホリスティックな視点で考える研究会
*5月16日ホリスティックアロマケア初級講座 つむぎの森
*5月17日ホリスティックアロマケア中級講座 つむぎの森
*5月30日 頭から足までを包む実践タオルケア&至福のヘッドタッチケア
*6月27日 ラヴィングタッチケアアドバンスDAY 1
*6月28日   ラヴィングタッチケアアドバンスDAY 2
*7月11日 ホリスティックヘルス塾基礎講座
*7月11日 こどもの健やかな育ちをホリスティックな視点で考える研究会
*7月18日  ラヴィングタッチケアアドバンスDAY 3
*7月19日 ラヴィングタッチケアアドバンスDAY 4
*8月8日 リフレクソロジーケース検討会 練習会

これらは開催の3ヶ月前から受付開始の予定です。
ホームページのトップページでお申込みのご案内をさせていただきます!

下半期には、乳幼児のためのラヴィングタッチケア指導者講座、クォンタムタッチ レベル1、レベル2、脳波計測を使ったラヴィングタッチケア講座、足を読むタッチケア講座などを企画しています。

今年もみなさまと、触れることを通して、世界に触れる暖かい時間を共にしたいと願っています。
どうぞよろしくお願いします^ ^

生きとしいけるものへ

今日は朝から3本立て!
午前はクォンタムタッチR︎練習会。


FullSizeRender


IMG_3160

クォンタムタッチは呼吸法と身体瞑想をベースにしているエネルギー療法ですが、自らのうちなる治癒力を高めるさまざまなテクニックの土台になるスイープと呼吸法で、からだの中心軸が整い、ポカポカと足の先まで暖かくなり、幸せな感覚に包まれました。
基本を何度も行う必要性を感じました。

ひとりの方へ4人で心を込めてタッチヒーリングはマハラジャコースと呼んでいる、とても贅沢なセッション。ざわざわしていた心がクリアになりお風呂上がりのような爽快感です。

クリスマスを前にしたこの時期。
生きとしいけるすべてのいのちへのエネルギーヒーリングを行いました。


午後からはリフレクソロジー練習会。

FullSizeRender

IMG_3166

すでにクリニックなどでリフレクソロジーを行なっているかたも、この秋に講座を修了された方も、本当に熱心に足に向き合っています。

みんなで足の画像を持ち寄り、フットスケッチとフットリーディング。
FullSizeRender

何より嬉しいのは、みんな、足に触れ、足裏宇宙に広がる人生を愛おしみ、対話することが大好きだということ。
何時間でも、飽きずに足について語り合える仲間とのセッションは、発見に満ちています^ ^
IMG_3161

そして、夜はタッチケア仲間も合流しての忘年会♪
日本各地からこの日を楽しみに来てくださるのです。
今年の報告、そして来年に向けての宣言。
みんなの報告に、笑いっぱなしで、泣きっぱなしでした。
来年もまた仲間と報告しあえることを楽しみにそれぞれのペースで歩いていく!

みんな、出会ってくださってありがとうございます😊
2020年も素晴らしい1年になりますように。

ホリスティックアロマケア初級講座♪植物のいのちのエネルギー

今日はホリスティックアロマケア初級講座を開講しました。

IMG_3061


15年くらい前は、小学校や看護大学や看護協会や企業などあちこちアロマケアの講座の依頼をいただき、アロマクラフトの講座も頻繁に行っていましたが、タッチケアに集中したいとすっかりアロマの講座から遠ざかっていました。

久しぶりのアロマケアの講座は楽しくて仕方ありません^ ^
初級といいつつ、はやし好みのマニアックなアロマ講座、お土産もたっぷりのおかげでとても好評であっというまに埋まってしまいます^ ^
今日も平日というのに、富山や高知や関西一円から集まってくださいました!

みなさま、ありがとうございました😊

人は植物とともに生きてきました。
香りがこころに寄り添い、うちなる声との対話に導き、喪失の悲しみをそっと包み込み、お肌の悩みを軽くして、自分自身との、あるいは大切な誰かとの関係性を改善します。

アロマメディテーション、植物に活かされる人間の暮らし、精油学の基礎、ファーストチョイスの5本の精油プロファイル、直接塗布や飲用を医療者ではない人間がすすめてはいけない理由、お風呂のお湯にちゃんと乳化する安全なバスソルトの作り方、そしてフェイシャルスチームとハンドバス♪

IMG_3060
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_3059

みなさんのお顔がほんのりピンク色になり、お肌もツルツルすべすべになり、植物のいのちエネルギーそのものであるエッセンシャルオイルを用いて、からだと心を整えることができました。
来年はビューティ アロマ講座のリクエストをいただいています。
一緒にきれいになりましょうね!

頭から足先までラヴィングに包む。実践タオルケアと至福のヘッドタッチケア講座

ラヴィングタッチケア受講生から、タッチケアの施術の前と後のタオルワークやお声かけも知りたい、という熱いラブコールを受けて企画した「実践タオルケア&至福のヘッドタッチケア講座」、無事終了!

IMG_2574


楽しくて心地良くて、文字通り「至福」のしあわせタッチケアでした。
初めての企画だったので、時間が読めず、大幅に時間延長してしまいました。それでも、わたしの講座に何度も参加してくださってるみなさん、さすがに慣れたもので、「ラッキーでお得です〜」と快く延長を認めてくださいました^ ^
九州や広島などご遠方からもお越しいただきました。


FullSizeRender

タッチケアに入る前のポジショニングとタオルのドレーピング、タオルの上からの全身の目覚めのタッチ、心を鎮めるシンギングボウルの音色に満たされ、声で、手で、まなざし で触れられると、意識はすぐに遠くに飛んでいき、宇宙への旅に出かけます。
安心できる環境の中で、自らの内側からの調整力が働き、頭も肩も腰もスッキリ、お肌もピカピカに^ - ^
そして、ここまではまだタオルに包まれただけの準備段階で、ここからタッチケアが始まるのですよ^ ^

FullSizeRender


ご参加いただいたみなさま、たくさんの笑顔とシェア、おやつもありがとうございました😊


こんなに素敵な感想をいただきました!
重ねてありがとうございます。

「タオルに包まれる前からタッチケアは始まっている💕 
タオル1枚されど1枚の重要性。
仕事の中での介助の中でも活用できることが沢山ありました😊
ひろこさんに会えてハッピー♪新たに出会えた方々ありがとうございました。」

「触れる、の前からはじまっているラヴィングタッチの本質に満ちたワークショップでした。これがプロローグとは。。。そしてこれで整っていってしまうからだの内側のちからもやっぱりすごくて触れながら感動しています。
今日は来てよかったです。ほんとうにありがとうございました。ご一緒できたみなさんもありがとうございました😊」

「心地よいあったかい時間を過ごせて幸せでした❤
この短時間で意識がとろけ全身の力がぬけて交代のときにはからだはぽかぽかでなんとも軽くスッキリと!
実施する側もぶわぁーっと
一気にからだが熱くなりぬくぬくでなんとも穏やかな優しい愛おしい心になっていく❤
する側してもらう側どちらも癒され包み込まれた時間💓
ひろこさんの講座は深く学べ体感でき自分もみんなも癒されて本当に素敵な時間で大好きでーす🎵
みなさんとご一緒出来てひろこさんから学べて幸せです☺ありがとうございます」

ヨーロッパからのお客様♪

今日ははるばるヨーロッパからアロマケアにお客様がお越しくださいました!
関空から直行でお越しいただきありがとうございます😊
お土産にいただいたのはミュンヘンの醸造所「ホフブロイ」のmunchener weisser。
IMG_2810


今晩の夕食の千切り大根にも合う、少しスパイシーな跡を引く美味しいビール^ ^
かの地でこどもたちを育てる彼女からみた子育て事情にも興味津々。
タッチケアを巡る世界の旅に出たいなあ。

数年前に呼んでいただいたデンマークでは、衝撃の連続でした!

Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーの豊かな可能性に心躍ります。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20191


「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、専門職の方へ伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報
ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
<親子のラヴィングタッチケア教室・医療的ケア児のためのタッチケア教室>

2020年7月7日10時〜11時30分の受け受け中。

ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com

*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。

大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。

*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。
まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ