つむぎの森へようこそ〜こころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、タッチケア、医療的ケアが必要な子へのタッチセラピーなどこころとからだがゆったり呼吸できるセラピューティックな場を提供しています。

クリニカルアロマセラピー

精油の体内動態


アロマセラピストとして、女性として、語り手として、実践者として、ホリスティック医学協会の仲間として、何より人生の先輩として大尊敬している久保田泉先生にお願いをして、今日はアロマセラピーのマンツーマン講座を開講していただきました。

テーマは精油の体内動態について。

私自身もアロマセラピストとして約20年近く学び、臨床で実践する毎日ですが、
アロマセラピーの多層的な魅力の一つは、目に見えない「植物の香り」による嗅覚を介する身体的心理的な効果と、
化学成分の混合物である物質としての精油の薬理的な作用機序の相乗効果。
そして多様な存在である私たちの身体と意識へアロマセラピーが安全に働きかけることを支えるのは、
「用法用量」と知識、だと考えています。

今日は、薬剤師として長年製薬会社で薬の研究や開発に取り組んでこられた泉先生の、知識とご経験とアロマセラピー愛がギュギューと詰まったご講義でした。
なんという贅沢!

急遽、お誘いしたつむぎの森に通う薬学部の大学生の方も交えて、精油の吸収、分布、代謝、排泄の4つの側面から精油を用いたケアのあり方を再確認しました。
特に成人・小児緩和領域で精油を用いる私にとって、絶対に必要な知識であるチトクロムP450やバイオアベイラリティ、血液脳関門、血漿タンパク質についての薬学的な理解が深まったことは、本当にありがたいです。

アロマセラピーを取り巻く環境はハードルが低く一般性が高くなりました。
手軽に香りを楽しむことができるようになった良い面もたくさんある反面、
専門的に学んでおられないと思われる方が、おそらく体内動態について学んだことが一度でもあれば、決して行わないであろう、
人体にとって負担の高い使用方法を熱心に伝えておられ大きな力を持ってきていることもあり、
危惧をしています。
用法用量を守りさえすれば、
こどもから高齢者まで汎用性高く、安全にケアに用いることができることを、機会を見つけて発信していきたいと思います。
IMG_9136
IMG_9137

参考書籍はもちろん、『精油の安全性ガイド第3版』。

泉先生、長時間、ありがとうございました!

効率的ではない


今日はおひな祭り。
娘が帰ってくるので、雛人形を慌てて飾り、この半月、コツコツと資料を集めて書いてきた専門誌の原稿を無事入稿。

とても興味深いテーマをいただきました。
原稿やテキストはいつも、規定の文字数の3倍くらいをスケッチのように書いてから3分の1に煮詰める方法。書いて、削って、印刷して、校正して、寝かして、削って、印刷して、校正して、寝かして、を最低10回くらい繰り返します。
とても非効率。
自分でもわかっているけれど、その分、濃縮エキスになるように思います。
だったらいいな。
掲載誌は4月にまた改めてご案内できると思います😊

ホリスティックアロマケア講座、香りと心と身体と。


週末は対面でのホリスティックアロマケア初級と中級講座。IMG_7816

初級は植物と親しみ、香りを内側に広げ響かせ感じることから。
紅葉も美しいケアルームのベストシーズン。ベランダのローズマリーとラベンダーも花を咲かせてくれました。

IMG_7854

香りを用いた芳香療法は、嗅覚を用いた感覚療法であり、微細なエネルギーフィールドへのエネルギー療法であり、有機化合物の集合体(植物の二次代謝物質)の心理的生理学な薬理的作用を用いる補完療法。
アロマケアはどれだけ学んでも終わりがありません。


5月の開催予定が延びに延びて、ようやくこの日を迎えることができました。
嬉しい、楽しい、やっぱり、人に会って話して笑い合えるってしあわせ!
FullSizeRender
FullSizeRender

そこに植物のいのちのエネルギーが加わると、喜びとしあわせの輪が大きく広がります。

密にならないように、今回のお席を譲ってくださったみなさま、心から感謝します。
マスクをつけての芳香療法も、十分にしあわせを感じることができることも、証明できました(N7だけど)
植物療法のイントロダクションから精油と植物と芳香に関する理論と実践は相変わらずの濃密さでした。
19 種類の精油のプロファイル、精油の化学、蒸気浴、ハンドバス、クラフトはバスソルトに始まりアロマスティックまで、感嘆符と笑い声がこだましました。
植物の懐の深さへの感謝の想いとともに大切に丁寧に、用法用量を吟味し、目的を定め、適切に安全に、植物のいのちのエネルギーをいただく方法を伝えています。
アロマ効果でお肌つやつやピカピカです!

ホリスティックアロマケア初級講座♪植物のいのちのエネルギー

今日はホリスティックアロマケア初級講座を開講しました。

IMG_3061


15年くらい前は、小学校や看護大学や看護協会や企業などあちこちアロマケアの講座の依頼をいただき、アロマクラフトの講座も頻繁に行っていましたが、タッチケアに集中したいとすっかりアロマの講座から遠ざかっていました。

久しぶりのアロマケアの講座は楽しくて仕方ありません^ ^
初級といいつつ、はやし好みのマニアックなアロマ講座、お土産もたっぷりのおかげでとても好評であっというまに埋まってしまいます^ ^
今日も平日というのに、富山や高知や関西一円から集まってくださいました!

みなさま、ありがとうございました😊

人は植物とともに生きてきました。
香りがこころに寄り添い、うちなる声との対話に導き、喪失の悲しみをそっと包み込み、お肌の悩みを軽くして、自分自身との、あるいは大切な誰かとの関係性を改善します。

アロマメディテーション、植物に活かされる人間の暮らし、精油学の基礎、ファーストチョイスの5本の精油プロファイル、直接塗布や飲用を医療者ではない人間がすすめてはいけない理由、お風呂のお湯にちゃんと乳化する安全なバスソルトの作り方、そしてフェイシャルスチームとハンドバス♪

IMG_3060
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_3059

みなさんのお顔がほんのりピンク色になり、お肌もツルツルすべすべになり、植物のいのちエネルギーそのものであるエッセンシャルオイルを用いて、からだと心を整えることができました。
来年はビューティ アロマ講座のリクエストをいただいています。
一緒にきれいになりましょうね!

香りとビジョン、アロマメディテーション♪ホリスティックアロマケア初級講座。

ホリスティックアロマケア初級講座を開講しました!

環境と密接に関わる植物のいのちのエネルギーである精油。
ベランダのハーブたちの、生き生きした香り。

瓶に入った目に見えない香りが、
自然の中で生きていることを実感してほしいのです。
植物たちは、わたしたちのために、貴重ないのちのエネルギーを分け与えてくれていることも。


アロマメディテーションのワークから始まりました。

植物の香りから想起されるイマジネーションの豊かさに、いつもワクワクします♪

それぞれの内的世界の感じ方が描画にも現れていて、共通点と個別性を感じます。
なにより、香りを内側で感じ、描画しているときのみなさんの嬉しそうなこと!
絵をお見せできないことが残念です。

病院で、病気のこどもたちや進行性の病気の方へ、
また術前術後のアロマケアを行っていると、
植物の香りが人を勇気つけて励ます場面に遭遇します。
人は森で暮らし、植物と共に生きてきたことを改めて感謝とともに思い出します。
FullSizeRender


最後のクラフト作成で作成したバスソルトでの、フェイシャルスチームとハンドバスに、心もからだも温まりました^ ^


IMG_2221
IMG_2201


お顔も手もピカピカです✨

来年はビューティ アロマで、エイジングケアのアロマ講座のリクエストをいただきました。基本、なんでも作れますので、至福のビューティ アロマ講座を企画します!
IMG_2222


ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました😊
バスソルトの使い心地もまたシェアしてくださいね!

がんの方へのアロマケア、タッチケア 

ケアルームのオープン当初から
がんの方へアロマトリートメントやタッチケア を行ってきました。

ケアルームを訪れてくださる方だけでなく、
緩和ケア病棟や在宅で療養している成人や小児がんの方、
また担当医の同意を得て病院を訪れることもあります。

正確には数えていませんが、おそらく延べ人数にして数百、
一週間全てのお客様ががんの方ということも珍しくありません。
治療を目的としていません。

侵襲度が低く、
不安に寄り添うタッチケア は、手術の前後、抗がん剤や放射線治療のさまざまな苦痛や痛みを身体的にも精神的にも和らげ、
治療を希望へとつなげることができた、とおっしゃってくださいます。

今日も術後の抗がん剤治療と放射線治療が始まった方の病院へ。

入院してからよく眠れず、
治療への不安を口にされていましたが、
タッチケア を始めるとすぐにすーすーと眠りの中へ。
手のぬくもりだけで、「いのち」を実感できたと喜んでくださいました。

放射線治療の「匂い」対策にも植物の香りは上手に使えます。

退院したら、一緒にカリンバを弾こうね。
そんな約束をしてきました^ ^
IMG_8554

『精油の安全性ガイド』ロバート・ティスランド来日講演会

『精油の安全性ガイド』の日本語第2版の出版記念で来日されたロバート・ティスランド氏の講演会へ。
第2版はページ数も第1版の5倍の分量になり、索引と電子書籍が実用的になり、
アロマセラピーが「神話の時代」から「臨床応用の時代」に
本格的に移行するんだ、というロバートさんの執念と決意を感じました。

今回の講演会も200名近くで満員。
アロマ界の重鎮のお顔が揃い、
熱気がありました^ ^

「精油の安全性を確保するための実践ガイド」がテーマ。

アロマセラピーが日本にもたらされて約30年近く、
さまざまな団体や流派がありますが、
とてもシンプルになぜ精油の安全性を理解した上で実践すべきなのか?
を今回は精油の「吸入」と「局所塗布」と「経口摂取」の
3つの摂取経路による危険性とリスク、
起こり得る有害作用 と
小児成人別の安全かつ有効な使用量を決める方法、
有効な事例 、代謝と解毒 システムなどを
新旧のリサーチデータに言及しつつ
IMG_6777

、ひとつの指針を示してくださいました。
吸収経路に関して「なぬ!?」とざわついた点は、
最後の質疑応答でも話題になりました。
関連文献をすぐに調べたい衝動を抑えつつ、
今から速攻で帰宅して、引っ越し準備にかかりま〜す♪


会場の飯田橋は東京に住んでいた頃に毎日歩いた場所。
神田川沿いの桜並木、朝は花がなかったのですが、
帰りにはちらほらと咲き始めていました^ ^

精油の安全性がイド第2版

去年手に入れてから、付箋をはりながら読み進めている、
アロマセラピーがケアの一領域として大きく広がる契機となった
ロバート・ティスランドの初版本から12年かけた改訂版。
IMG_6605










日本語訳はさらに時間がかかり、19年ぶりの第2版。

アロマセラピーを学び始めた1990年代、
初版本は暗記しようと読み込みました。もちろんできませんでしたが^^;

重くて(5キロ以上?)持ち運びには全く向きません。
2万円近くしますが、その価値は充分にあります。

精油についての基本的な知識をもたず、医師免許もないにも関わらず、
飲用や原液塗布を勧める危険な団体が日本でも大きな勢力を持つようになり、
慎重に丁寧に、補完療法、ホリスティックケアとしての
アロマセラピーの可能性を積み上げてきた人間は危機感を抱いています。

改訂版では、400種の精油のプロフィール、
禁忌、安全性について、推奨最大使用量、濃度、
発がん性についてなど現時点での最新情報にアップデートされました。

今回の改定でとても使いやすくなったのは、
精油プロフィールと成分のプロフィールが独立して参照できることと、
薬物との相互作用についての記述、
安全性に関しての記述の詳細、
神経系、泌尿器系、消化器系、呼吸器系に関しての精油使用に関する豊富なエビデンス、
吸収経路別の発ガン性と臓器特異的作用の言及です。
巻末Referenceと索引がとてもありがたいです^ ^

ホリスティックなアロマケア。植物の香りの可能性。

限りなく上級に近いという噂の
ホリスティックアロマケア初級講座を開講しました。
本当に使える精油を厳選したケアに役立つお土産たっぷり講座です♪
FullSizeRender

植物と香りとともに暮らせる幸せ💕

どれだけ話しても話しても、
時間が足りません。
本当は4時間の講座なのに、あっという間の5時間でした。

アロマメディテーションでは、
「あの香り」の意外な魅力に気づき、
固定観念がごろっとひっくり返り、
だからこそ、伸び伸びと自由に香りから喚起されるイメージの世界を楽しむことができました。
IMG_6249

一滴の香りから広がるこころとからだの対話は、
潜在意識深くに仕舞われていた「感覚」を呼び覚まします。
IMG_6248

アロマ講座の楽しさは、クラフト作り。
今回はオリジナルのバスソルトを作りました。
「今日この時」の心地よい香りの蒸気浴。
IMG_6247

風邪や呼吸器の不調も改善し、
肩こりまで軽減できるハンドバスはエプソムソルト効果もあり、お顔も手もツルツルしっとりしています^ ^


満席♪第3回ホリスティックアロマケア中級講座、開講します♪

【第3回こころとからだをつむぐホリスティックアロマケア中級講座のご案内♪】

アロマセラピーは芳香療法と訳され、植物の樹皮や花、茎、葉、果皮、根っこなどに
含まれる揮発性の化学成分であるessenceを抽出した精油(essential oil)を用いて
・香りが嗅覚システムからもたらす心身への作用
・化学成分の薬理的な効果
・精油を用いてタッチケアを行うあるいはトリートメントを行うことでの身体的、心理的効果

を用いて、からだの痛みの軽減、呼吸器系・自律神経系・免疫系・循環器系・婦人科系などの症状の緩和、
ターミナル期の心身のサポートや緩和、うつ症状やパニック、あるいは孤独を癒し、
からだへの気づきをもたらすケアの方法です。

脳とからだ、こころが選ぶ、「今日、今、このとき」に必要な香り、
複雑な化学成分がもたらす薬理的な効果、精油を用いて肌にふれる手の温かさ、
心地よさは、心身を調整し、深いリラクセーションに導きます。

近年では看護の場での臨床アロマセラピーも行われ、活発な研究なども行われています。
アロマセラピーはセルフケアや、美容としての使用は広がっていますが、
クリニカルなアロマセラピーでは適切な精油を用いることで、例えば、咳を鎮め、
痛みが即時的に和らぎ、炎症をやわらげ、睡眠導入を助け、便秘や下痢などの消化器症状を緩和し、
唾液の分泌を促して嚥下を助け、関節の可動域を穏やかに広げます。
治療の前後、あるいは術前術後のQOLの改善に役立ちます。

進行性の病気やターミナル期には、心を癒す香りとタッチが人生のかけがえのない時間を穏やかに、
肯定的に過ごす助けとなり、ご家族にとっても大切な時間となります。

臨床でのアロマセラピーの実践、市中小児病棟での医療ケアが必要なこどものためのアロマケアを
延べ6000人を超える方へ施術してきた実践経験をもとに構築した講座です。
中級講座では、よりクリニカル(臨床)でのアロマセラピーの可能性と実践例を豊富に学び、
薬理効果の基礎となる精油の化学成分を知り、
適切な精油を用いることでの症状の緩和の方法を学びます。

症状を持つ方、痛みのあるかた、術前術後のケアへの安全な精油についての知識、
使用方法について近年、看護研究などでの臨床データが整いはじめているアロマパッチシールや
症状別のブレンドオイルを用いてワークを行います。

コンテンツ:精油の化学基礎
      臨床でのアロマセラピー
      精油について 12種
      クリニカルアロマセラピーの安全な実践
     クラフト作成(アロマパッチシール、ハンドトリートメント)

◆2019年3月9日 土曜日 10〜17時
◆講師:はやしひろこ(ホリスティックケアルームつむぎの森R主宰 クリニカルアロマセラピスト )
◆最少催行人数 2名
◆お申込みはホームページの「お問い合わせ」フォームからお申込みください。
48時間以内に折り返しメールを差し上げます。(迷惑メールフォルダに入ることが多くなっています。
48時間たってもメールが届かない場合は、再送くださいませ)

なにかご質問などあればお気軽にお問い合わせください。
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ