赤ちゃんのときに、タッチケア レッスンに来てくれていたこどもたちが、学童期や思春期になり、「はやしさんと話しをしたい。話しを聴いて欲しい」と連絡が時々あります。
タッチケアセラピストとして、とても懐かしく嬉しい再会になります。

寝返りやはいはいをして、ニコニコしていた、赤ちゃん時代の面影を残したまなざしはそのままに。
しっかりした言葉で友人関係や進路のことや学校のことを話し、泣き腫らした目で、硬い表情だった方も、柔らかな笑顔になって手を振って帰っていかれます。
去年からオンラインを始めたので、より気軽に話せる場ができたこともあり、相談が増えています。今月は夏休みに入ることもあり、予約だけですでに10人を越えました。
小学生から大学生まで、話しやすいように課題に合わせたスライドを作成しています。
スライドも200枚を越え、さらに増えていきそうです。
こどもたち、大変な状況のなか、本当に頑張っています。
話しをきかせてね。
</div>