表現としての身体研究会主催の〈テツドク〉へ。

現象学について書かれた書籍を軸にして、オープンディスカッションを行う会です。

理学療法を大学で教える身体の専門家でありながら
現象学という哲学をご研究されている玉地先生の
実存と現象学と意識のお話はとても興味深く、ずっとワクワクしっぱなし。

身体にとことん向き合うと意識が浮かび、
意識に向き合うと身体にとことん向き合うことになりますね。

今回は榊原哲也氏の『医療ケアを問いなおす』がお題です。

医療ケアの現場で起こりうる様々な事象について、
「そもそも病いを患うとは」
「病いを患う人をケアするとはどういうことなのか」を
「現象学」という哲学の視点から問い直す、
現象学の入門書としてもとてもコンパクトにまとまった良書です。

サブタイトルが「患者を一人の人間としてトータルに〈みる〉」ですが、
いかにして、自分と異なる相手を全人的に〈みる〉ことができるのか、
施術の中で常にわたし自身が問いかけているテーマでもあります。

「病いilness」と「疾患disease」の違い、
数量的なデータでは表現できない「意味」を帯びた「生きられた経験」、
病いと固有性、
フッサールのいう意識の志向性とは、
発生から意味現象・意味経験の時時刻々と移り変わる意識の志向性を遡るとは、
そもそも意識とは、
メルロ=ポンティの間身体性、
時間と身体について、語り合いました。

フランクルのドイツ語の原書を
泣きながら読んでいた大学時代のゼミのようで、
あっという間の2時間でした。

わたし的には今日一番知的興奮で悶絶したのはメルロ=ポンティの「志向弓」^ ^
IMG_8361

次回が待ち遠しいです!
</div>