去年手に入れてから、付箋をはりながら読み進めている、
アロマセラピーがケアの一領域として大きく広がる契機となった
ロバート・ティスランドの初版本から12年かけた改訂版。
IMG_6605










日本語訳はさらに時間がかかり、19年ぶりの第2版。

アロマセラピーを学び始めた1990年代、
初版本は暗記しようと読み込みました。もちろんできませんでしたが^^;

重くて(5キロ以上?)持ち運びには全く向きません。
2万円近くしますが、その価値は充分にあります。

精油についての基本的な知識をもたず、医師免許もないにも関わらず、
飲用や原液塗布を勧める危険な団体が日本でも大きな勢力を持つようになり、
慎重に丁寧に、補完療法、ホリスティックケアとしての
アロマセラピーの可能性を積み上げてきた人間は危機感を抱いています。

改訂版では、400種の精油のプロフィール、
禁忌、安全性について、推奨最大使用量、濃度、
発がん性についてなど現時点での最新情報にアップデートされました。

今回の改定でとても使いやすくなったのは、
精油プロフィールと成分のプロフィールが独立して参照できることと、
薬物との相互作用についての記述、
安全性に関しての記述の詳細、
神経系、泌尿器系、消化器系、呼吸器系に関しての精油使用に関する豊富なエビデンス、
吸収経路別の発ガン性と臓器特異的作用の言及です。
巻末Referenceと索引がとてもありがたいです^ ^
</div>