宮古島最終日!

今日は朝から来間島の御嶽巡り。
フレーザーの言う共感呪術を強化する神聖な拝所があちこちにあり、
お供え物や線香や敷物から、
今でも島の暮らしの中で祈りの力が機能していることがわかります。

橋が架かるまでは船でしか移動できなかった時代の船着場には、
共同体のガーがありました。
A755B9B0-FE3E-4F04-AD79-5B88C975F09E









23709F44-F2A7-49AF-A3DD-8A839FFC0082













C4A0940E-26C8-49C3-B5BA-5D1F14B35B59










3673B416-405E-43B9-BD90-B7F8BBC5C2C1











D7CD4AFB-7A7B-429F-A14D-676F854EE8CB








船着場へ向かう岬には、
航行の安全を願ったのだと思われる御嶽。
ここは今でも島の限られたツカサたちしか入ることを許されていません。

来間島のガジュマルのドルメンのような円形広場のある遊歩道が本当に素敵な場所で、
ベニモンアゲハやアサギマダラなどの南国の蝶が無数に花から花へ蜜を求めて飛んでいます。
まるで、桃源郷。
5F482ADF-745D-4303-8D07-EE99FA96A36D









8D8F1C4A-5399-4851-9C5A-9B769754C88F










その先の秘密の入江の砂浜の澄んだ海は、
6B594472-9625-426D-BEC4-860D3F54D7BE









761C97C8-13C7-4CFB-96F9-46F25D3F6045









F55FF406-C234-4961-B944-8C78CB88E4BB










次回のリトリートでみんなと訪れたい場所。
サシバのつがいも見送りに来てくれました!

花の香り
豊かな海の中の魚たちの、生きる世界
神聖幾何学な自然のデザイン
波の音
宮古ブルーの透明な海
五感で感じるタッチリトリートでした。
鳥も花も人も犬も神様も
みんな、どこかおおらかで、
まあ、いいさーな島のエネルギーを
いっぱいに浴びる6日間でした。
仲間や友との語らいの時間は宝物。
来年もきっと帰ってくるよ〜✨✨


5FB58C70-89DD-4C2D-9EAE-2A03BB6A80B9







69435844-3F9A-4894-864C-60214D99EC8A














島で出会った植物たちを集めました♪
飛行機のお供は寺山修司。
さて、大阪に帰ります〜!