昨日は久しぶりに家族が4人揃いました。

東京組のオットと息子。大阪組のわたしとムスメ。

全員揃っての晩ご飯っていつぶりかな、と考えていると、
「揃うのは正月以来やな」とオット♪
同じこと考えていました^ ^

息子は半年ぶりに会いました。
ツーブロックになっていた!

まるでずっと毎日そうしていたかのように、
寝間にみんなで寝っ転がって、タッチタイム💕

娘はオットの足揉み、
息子はわたしのふくらはぎへふわぴたタッチ♪
気持ちいい〜(*´꒳`*)

就寝前の最近の日課、
梅原猛さんの法然についてのエッセイを読んで寝ようとしたのですが、
ふわぴたタッチが心地よすぎて、目が焦点を結べません。すると!

「音読してあげるわ〜」と娘が音読をしてくれました。

「善人なをもちて往生をとぐ、いはんや悪人をや。」

法然の平等思想と親鸞の悪人正機説から唯円の歎異抄まで、
自由自在に論じる梅原節を読み上げる娘の声が
可愛くて、優しくて、目を閉じて聞いていると胸がじーん✨✨

人生の最後の日に、きっと、この光景を思い出すだろうな、
そんなことを考えると、もっともっとじーん