今日は小学校と中学校の三校PTA合同講演会にお招きいただき、
思春期のこどもへのタッチケアについてお話しさせていただきました(^-^)

ここの市では4回目になります。いつも声をかけてくださってた先生が
今年から校長として赴任され、合同講演会の企画が持ち上がってすぐに、
「タッチケア」が浮かんでくださったそうです💕

今回は特に「思春期のこども」というテーマだったので、
思春期のこころと身体と成長発達なども絡めながら、タッチケア理論とワーク。

60名ほど集まってくださったのは、小中学の教職員と保護者、小学生たち。

普段タッチケア関係の講座はほとんど女性なのですが、
この日は6割が男性。

こんなに盛り上がるふわぴたタッチワークは初めてかも、
というくらい、男性の教職員の皆さんが張り切ってタッチしてくださいました!

短い時間にも関わらず、「肩こりがなくなった!」「首も回る♪」「笑いが止まらない♪」
などなど、タッチケアを楽しんでくださいました。

声で触れるワークは、年配の男性教師のみなさんの何かに触れたようです。
爆笑の渦でした🤣

愛着に関して問題を抱えている児童がクラスの多くを占めると
認識されているそうで、そんな中で、どうしたらこどもたちが、
自分に自信を持ち、しあわせな人生を切り開く力を育むことができるのか、
先生方もいつも考えておられるそうです。

お呼ばれの講演会で恒例にしている「タッチケアって聞いたことがありますか⁉︎」
の質問に、わたしを招いてくださった先生以外、
ほとんど知られていないという結果になりました(>_<)

フェイスブックでは、タッチケア関係の方が多いので
まるで周知のように錯覚してしまいますが、
まだまだ知られていません!

5年後には、半分くらいが知っているようになってることを
密かな目標にしています✨

お招きくださったみなさま、お世話になりありがとうございました!