今日は桜美林大学の四ツ谷キャンパスで、
コ2の連載「タッチの力」のために、
日本タッチ協会の立ち上げメンバーがそれぞれの「タッチ」について語る、通称山口ゼミ。
5E6D8323-589E-4847-A95D-A9DBE33D672E
ゆるーい感じが心地よいです♪





今回は、はやしがプレゼンターを務めてまいりました^ ^
3B87D92E-B285-4EC6-81A6-FCBC4EA2ADDA








日本のタッチケア研究の第一人者である
山口 創先生の前で、タッチについて語るというドキドキの体験でした。

「タッチとの出会い」
「タッチを深める旅」
「特別なケアが必要な乳幼児へのタッチケア」
などを軸に、
集まってくださった日本タッチ協会設立委員のみなさんと一緒に、
ふわぴたタッチ体験と、「らららぞうきん」の手遊びタッチも行いました。

まなざしでふれる
声でふれる
手でふれる
心でふれる

マハラジャタッチの心地よさも味わっていただけたようです。
44917059-3AAC-4869-9254-AAD5957753F9








山口先生のお背中は広かった〜♪

和やかに、にこやかに、熱くタッチを語る贅沢な時間でした✨

ゼミ終了後は、日本タッチ協会運営についてのミーティング。
有本 匡男さんと山上亮さんが並ぶと、
まるで「聖☆お兄さん」のよう♪
なんだか、とても有り難く、手を合わせたくなりました^ ^

日本タッチ協会へのご入会のお問い合わせをくださってるみなさま、
もうしばらくお待ちくださいね!ただいま、鋭意準備中です。

タッチ三昧の3日間を終え、大阪へ戻ります〜♪
ご一緒させていただいたみなさま、ありがとうございました😊
お供はプレモル!


後日、日本タッチ協会の小松百合子さんが、
記事にしてくださいましたので、ご紹介します♪
ゆりこさん、ありがとうございます♪


〜ここから引用

コ2の連載「タッチの力」のために、
日本タッチ協会の立ち上げメンバーがそれぞれの「タッチ」について語る、通称山口ゼミ。
今回はラヴィングタッチケアR️を主催されている
関西タッチ会の重鎮 はやし ひろこ (Hiroko Hayashi)さん。

いやー!ひろこさんの歩み、半端ないです。
哲学に親しみ、医療人類学の視点から世界のあらゆる国を行脚し、
培われた「タッチ」に対する「まなざし」。

そして、医療の現場、そしてそれを構成するスタッフの知性に最大限の敬意を払いながらも、
巧みに「タッチケア 」を導入していくたゆみなき努力。
冷静さと情熱と知性と慈愛と強靭さ、というのは、こんなにも同居するのだなぁ。。と、
心のそこから尊敬します。
(そして、割とアドベンチャー&シャーマニックな旅をお好みなところに、そこはかとない同じ匂いを感じる…笑)


「ふわぴた」な手で触れる実習では、
日本タッチ協会のふわぴたゴッドハンド男子2名(別名:タッチ界の聖☆お兄さん's)に
マハラジャタッチで包まれるという光栄な事態(笑)

両側から包まれると、自分の身体が拡張して二人の手までもが自分のような錯覚に陥りました。

そして、最後は赤ちゃんにもできる手遊びタッチ「らららぞうきん」を、
みんなで歌いながらやってみました♪これは楽しい!

詳しくは、のちにコ2の連載をご覧いただければと思いますが、
「まなざしで触れる」という言葉がとても印象に残りました。

例えば、保育器から出れないような赤ちゃんには、
まなざしをその存在に注ぎ、人差し指一本(これでも十分)で腕を撫でてあげながら、
「あなたはなんてかわいいの〜!」と声をかけてあげながら触れる。
腕が無理なら、足の指先だけだっていい。

こんなに些細な、と思うような外界からの刺激が
実際に発育に明らかな変化を与え、赤ちゃんを育てていく。

赤ちゃんだと想像しやすいけれど、きっと大人も。

「触れる」という刺激が、わたし達の心と体の隅々までも変えていく可能性があるということ。

自分の体に意識がお留守になっているところがあったら、
そこにそっと触れて意識を持てばいい。そして、触れるのは手だけではない。

例えば、マハラジャタッチを受けている時、
「ゆりこさん」と名前をそっと呼ばれると、それだけで触れている手が熱くなる!
という現象がありました。
「声」にすることで意識が具現化し、血流に変化が起こるのでしょう。

直接触れるのはもちろんのこと、
意識で触れる、声で触れる、まなざしで触れる。

きっとどれも効果があることなのだと思います。

日本タッチ協会では「タッチ体験会」や
「はじめてのタッチ」などのワークショップも開催していく予定ですので、
ご興味ある方はぜひ 日本タッチ協会 のFacebookページに「いいね!&フォロー」してくださいね。

■日本タッチ協会
web site:https://www.touchassociation.jp
FBページ:https://www.facebook.com/touchassociation/