午後は訪問で
医療的ケアが必要なこどものためのタッチセラピー指導へ。
京橋から快速で20分。
山が近いです。

重度の自閉症の小学生のお子さんへ、
お父さんお母さんに行っていただけるタッチケアをレッスンしました♪

自閉症のお子さんは、
初回はタッチケアができないことも多く、
まずは信頼関係の構築を図りつつ、
動きや視線、発語、呼吸、嚥下、
足の使い方や手の使い方、
お絵かきの人物画から認知を推測して、
いまの状態でできることを探っていきます。

情緒の安定と便秘改善を
ご両親が望んでおられるので、
遊びながら、
コッシーさんの絵を描きながら、
赤ちゃん人形と話しながら、
ゆっくり時間をかけて安心な場を作っていきました。

しばらくすると、
ずっと走り続けていた本人が
わたしの膝を枕にコロンと寝転がり、
目をほわんと閉じてきたので、
「タッチん、してもいい⁉︎」と尋ねると、コクリ。

初対面の人にこんな風に近づいていくことがあまりないらしく、ご両親もびっくり♪

おへそくるくる、
イエロートレイン、
ハートなでなで、
耳タッチ、
足裏の便秘改善の反射区へのタッチ。

タッチケアの間にお腹が整ってきてガスも出て、
落ち着いた様子になりました。

赤ちゃん人形をそうっとなでてくれる
本当に優しいお子さんです✨

お父さんお母さんが本当に愛情深く、
忍耐強く何度も繰り返し言葉にして、
ひとつひとつ教えておられます。

その関わりにわたしが学ぶこともたくさんありました。

タッチケアが仲良し家族のお役に立てたらいいな(^-^)
8DCF7891-657C-4927-B00A-A68635336D74