今日は健ちゃんがラヴィングタッチケアの
セッションに来てくださいました!

半年ぶりの健ちゃんは、体重も増え、
ぐっと青年らしい顔つきに(^-^)

健ちゃんはミトコンドリア病という
進行性の難病のため人工呼吸器を装着して
暮らしています。

とても珍しい病気なので、
アロマケアやタッチケアが
痛みや症状や便秘や拘縮を和らげてくれることを、
病気とももに暮らす方に伝えたい、
とこうして記事にすることを許してくださっています。

初めて会ったときは、
まだあどけなさが残っていた健ちゃん。

おしゃべりはできませんが、
まっすぐな瞳とかすかな唇の動きや瞬きで、
感情や思いを伝えてくれます。


楽しい話題になると、
目をパッと見開きそれは楽しそうな笑顔になります♪

リフレクソロジー、クレイフェイシャル、
ラヴィングタッチケア、ヘッドマッサージ、
という健ちゃんスペシャルのトリートメントの間中、
心地よさを味わう表情になり、
からだの緊張が緩んでいきます。
CCB37427-5B9B-434D-8E67-0A5D1C2F6702









普段平熱が33度になることもある健ちゃん。

側弯と拘縮で座ることも
上を向いて仰臥位になることもできませんでした。

タッチケアや足裏のリフレクソロジーを
お母さんが学び、
毎日、お風呂上がりのケアを行うようになられて、
びっくりするほど状態が良くなられ、
座位が取れるようになり、
仰向けでゆったり力を抜くことができるようになりました♪



拘縮のあった手首や肘、膝は柔らかく、
ふわふわと動きやすくなり、
黒く角質化していた下肢の皮膚も
どんどんと柔らかな皮膚になってきて、
ふくらはぎもふっくら。

今日は寒風のなか車椅子で来られたので、
体温が34度でしたが施術後は35.1度になり
SPO2も、99へ(^-^)

健ちゃんがリラックスした表情で
心地よく呼吸しているだけで、
そこは特別で聖なる空間になります。

宇宙とつながっている健ちゃんの愛のエネルギーに包まれています✨