1ゴールデンウイークはケアルームもお休みをいただき
キャンプに出掛けます!
IMG_1801









アウトドアが好きで、
結婚してからもキャンプを一番の楽しみにしてきました。
家族みんなで行ったキャンプは通算200日を超えてるので、
いろんなタイプのキャンプを行ってきました(^^♪

臨月でのおおきなお腹を抱えてのキャンプ。
生後半年の子とのキャンプ。
最盛期には車のキャリアにコンテナを3つ載せて、
関西一円、日本海、熊野、信州、富士山麓まで、
ココ良い絶景のサイトを探して走りました。

この10年はゴールデンウイークは日本海、
夏は熊野、が定番でした。

予約がいらず、テントひと張り1000円のサイト。
最低限の水場とトイレ。
それで十分。

上級者向けのサイトなので、マナーも比較的良いのです。

IMG_1821













一番いいのは、気が向いたときにふらっと行けること。

キャンプ用品も、いろいろ試してきました。
これからキャンプがしたい人のための
選りすぐりのキャンプ用品の本、書きたいくらいです!!

今回は、こどもたちはそれぞれの予定があり、
夫婦だけのシンプルキャンプ。

そうなると、設営10分、撤収15分の手軽さ。



テントは3000mの北アルプスでも耐えれるダンロップのテント。
これはすぐれもので、4人用ですが、5分で設営ができてしまう。
そして、外がどんなに寒くても、
テント内は、体温であったまるのでほかほか。
前室も後室も、そこで煮炊きができるので、
タープもいらない。

テーブルはキッチン用品のコンテナに布をかぶせて完成。

ガスコンロも、キャンプ用の立派なものは
補助脚も必要になるので、
登山用のガスバーナーで十分。

椅子を2脚、
マイカップ一つずつ、
お皿を一組。
それだけ。
IMG_1816













シュラフとふだん使っているお布団を車の後ろに積んでいくと、
夜もほかほかです。

今回は、去年から気に入って訪れている奥琵琶湖のキャンプサイト。

目の前50cmで湖!
桜の木の下に自由にテントを張ることができます(^^♪
IMG_1824













去年は大きな青大将がゆうゆうと横切っているような
なんとものどかな場所。

つがいの鳥たちが、湖面すれすれで飛行して
魚を見つけると、ぼちゃんと湖中に沈み、
口にくわえた魚と空へはばたく・・・。


そんな光景を朝から晩まで、

空の色が時々刻々と移り変わっていくのをただただ見ながら、
コーヒーを飲む。

至福なんです〜♥

キャンプのときは、鳥を眺めて、
朝日と夕焼けをみて、本を読んで、
ビール飲んで、寝るだけ♪

朝は鳥の声で日の出前に起き出して琵琶湖トレイル。
日の出前に神の島 竹生島が輝き出します。
IMG_1763














IMG_1754















IMG_1744
ここは瞑想にもとても良い誰もいない秘密の場所。














日本のウユニ湖 (←勝手に命名)
余呉湖と水が張られた水田が美しい。
どの湖にも龍伝説と羽衣伝説♪
IMG_1768














サバ寿司〜♪
IMG_1817













北国街道のポストは兜をかぶっているのです!
IMG_1790















木之本地蔵尊。お手水屋の蛇口がかえる!
IMG_1794













メタセコイア並木♪風が気持ちいい!
IMG_1880














白髭神社〜〜♪
IMG_1886












3日間、たっぷり楽しんで我が家に到着。

はやし家は(というよりオットは)、
夜討ち朝駆けがモットーで、人と真逆の時間に行動するので、
ゴールデンウイークの移動もこれまでほぼ渋滞というものにあったことがありません♪

早朝行動にすると、誰もいない静かな空間をたっぷり楽しんで、
反対車線がぎっしり渋滞している中、
白髭神社から1時間でスイスイ帰宅できるのです♪

自宅の庭のジャスミンが満開で迎えてくれました。
IMG_1889








言ったらあかん言葉ベストテンに入ってるあの言葉、
「やっぱり我が家がいちばん〜♪」が思わず出てしまいました💕

来週から始まる『聖なるからだのスピリチュアリティに目覚めるタッチケア講座』のテキストも、
いい感じで仕上がってくれていて満足満足。
IMG_1891