2016年に宮井文美さんと開催したコラボ講座が大変好評でしたので、今年も赤ちゃんやこどもへのサポートに関わる方を対象にコラボ講座を開催します。
みなさまとのディスカッションの時間を楽しみにしています!

*日時:6月28日水曜日
10時から17時
*講座料金・32400円(税込)
*定員10人
*対象者・子どもたちに関わる支援者、医療従事者、保育士、子育て支援者、タッチケアに興味のある方
*会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森
JR環状線・地下鉄・京阪京橋駅より徒歩4分。ご入金確認後お知らせします。
【完全予約制です】
ご入金が済んだ時点でのお席確保となりますので、...
ご希望の方は、まずメッセージでお申し込みください。
詳細とお申込みフォームをご案内します。


【タイムスケジュール】
10時ー12時30分
講師:宮井文美
テーマ「よく眠り、よく遊び、よく笑い、よく食べ、キラキラおめめの赤ちゃんになるための呼吸を助けるアプローチ」
すくすく発達するための土台となるのが呼吸です。呼吸がしっかりできていることが眠りの質を高め、穏やかに過ごせ、やる気に満ちた表情で遊ぶことができ、おっぱいを飲み、しっかり食べることができます。口呼吸になっていたり、仰向けで眠れなかったり、眠りが浅かったり、すぐに起きてしまう赤ちゃんは、質のいい呼吸になっていないのかもしれません。どうしてそうなるのかを考えながら赤ちゃんにできるタッチと体操をお伝えします。

講師プロフィール 

ママとベビーの教室ハートノート 宮井文美(みやいふみ)

経歴:兵庫県立厚生専門学院卒業、兵庫県立こども病院(NICU・GCU・乳幼児病棟・外来勤務)、看護教員、小児科クリニック、保健室勤務を経る。

現在の活動:赤ちゃんマッサージ教室・医療的ケアが必要なこどもへのタッチケア教室を中心に活動。その他、兵庫県立尼崎総合医療センター、ゆたかこどもクリニックにてダウン症の赤ちゃん体操指導、明石市子育て支援事業(タッチケア講座・乳幼児子育て訪問・中学校への出張授業)西宮市医師会看護専門学校での小児看護学担当講師・神戸市5ヶ所の保育園にてベビータッチ&エクササイズ講座 


資格:看護師・保育士
日本ダウン症療育研究会赤ちゃん体操指導員
日本タッチケア協会認定指導者
国際リドルキッズ協会・JABC日本ベビー&チャイルドケア協会認定小児タッチケア上級セラピスト
BPファシリテーター


13時30分ー16時
講師:はやしひろこ
テーマ
「赤ちゃんとこどもの心身を整え、発達を支える足裏タッチケア」

ひとのからだで最も複雑な構造を持つ足。足には神経終末も集まり、足裏を適切に刺激することで、心身の発育、身体能力、運動、歩行、知能や愛着にも影響を及ぼします。今回は、足についての解剖的な知識を再確認し、人が発達の過程で立ち、歩き、走り、飛ぶ、遊ぶことを助ける「足育て」を、みなさんと考えたいと思います。
また足の診方、足裏の「反射区」というポイントをペアワークやセルフタッチで実践的なアプローチをお伝えします。

はやしひろこプロフィール
ホリスティックアロマケアルームつむぎの森主宰
自身の病気をきっかけにホリスティック医学、代替療法を学び実践する。米国Touch Research Instituteでの研修、
大阪大学医学部、看護協会、看護大学などでの講師活動、子育て、臨床の場での施術経験から、赤ちゃんから高齢者までの
「こころとからだをつむぎあわせる」心身統合セッションを行う。
ラヴィングベビータッチ教室とともに、小児タッチセラピーの包括プログラムの構築、導入をアメリカで実践してきた
ティナ・アレン氏に学び、市中病院で医師や看護師と連携した小児タッチセラピーの導入実践に努めている。
2児の母。
2017年1月に米国アリゾナにて冷凍献体での解剖実習に参加。教科書だけではない、自らの目と手で触れて体感した人体の構造についての知識をベースにしている。
NPO法人日本ホリスティック医学協会理事/保育士/認定心理士/AHCP認定クリニカルアロマセラピスト、リフレクソロジスト、NPO法人関西アロマセラピスト・フォーラム理事(5月任期満了で退任)
ラヴィングタッチケア創始者。
ラヴィングタッチプロジェクト主宰。
The American Board of Hypnotherapy認定催眠療法士、
クォンタムタッチR認定レベル1・レベル2インストラクター/プラクティショナー、
大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。
著書に「赤ちゃんとママのしあわせタッチケア〜ラヴィングタッチで親子の絆をはぐくむ♪」学陽書房