肌をさすると、神経突起が伸びる可能性が
群馬大学の最新研究で示唆されました!!

やっぱり(*^_^*)


痛みのある部位や、怪我や傷ついた部位をやさしくなでさすると、
神経再生が促されるということです。

なでたり、ふれたりすることで起こる心身の調整力のメカニズムは
まだまだ分からないことばかり。
だからこそ、地道に丁寧に、研究や仮説を拾い集め
パズルを組み合わせて、ひとつに組み立てる作業を行っています。

ラヴィングタッチケア基礎講座は、そんな集めた研究やエビデンスの集大成でもあります。

タッチケアを行っていると、
タッチケアによって痛みが緩和されたり、
創傷部位などの治癒過程の促進はよく知られていますが、
その作用機序のひとつとして、この研究はとても興味深いです♪