クリスマスイブです!

サンタさんが4時に出発しました(*^_^*)



今パプアニューギニアです♪

毎年、子どもたちと楽しみにしている
サンタ追跡カメラ。
クリスマス イブにだけ使われる超クールなハイテクの高速デジタル カメラで、
世界中にあらかじめ設置されています。
このカメラで、世界中を飛び回るサンタとトナカイの画像と動画を
リアルタイム配信してくれています。

追跡しているのは

NORAD(北米北米航空宇宙防衛司令部)。

米国とカナダが共同運営する軍事組織で、
両国の航空宇宙および海上領域の防衛を担当しています。


サンタさんを追跡する理由は・・・

NORAD とその前身である CONAD(中央防衛航空軍基地)は、
50 年以上にわたりサンタの飛行を追跡してきました。

1955 年にコロラド スプリングスに拠点を置く
シアーズ ローバック社が、
子供向けに「サンタへの直通電話」を開設したときに、
誤った電話番号を広告に掲載したのが
きっかけとなって始まったそうです。

サンタにつながるはずのその番号は、
なんと CONAD の司令長官のホットラインの番号だったのです。

子供たちからの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、
サンタが北極から南に向かった形跡がないか
部下にレーダーで確認させました。

そして、電話を掛けてきた子供たちに
サンタの現在地の最新情報を順次伝えたことから、
この伝統が生まれました。

1958 年、カナダと米国の両政府は
「北米航空宇宙防衛司令部(通称 NORAD)」として知られる両国が
共同運営する北米防空組織を創設しました。
NORADは今もサンタの追跡という伝統を引き継いでいます。

なんと!
トナカイさんの鼻から赤外線が放出されていて
人工衛星の感知装置がキャッチしているそうです。

日本にももうすぐ到着予定です(*^_^*)
サンタさんが、クールにトナカイたちを操って、
プレゼントをマッハのスピードで配る様子もかっこいい♪
サンタさん、本当にありがとう!!




</div>