昨日で、ケアルームつむぎの森は今年の
営業を終了しました。
たくさんの出会いと愛の物語と、
勇気と励ましと、希望と・・。
この世界に肉体を持って学びを続けるわたしたちが
アロマセラピーの植物の香りや
触れることがもたらす幸福感とともに、
「こころ」と「からだ」と「たましい」を
つむぎあわせるかけがえのない瞬間に
立ち合える奇跡を
毎日、感じています。

つむぎの森にお越しいただいたすべての方、
これから出会うすべての方に
2010年が笑顔に包まれた素晴らしい
年となりますよう、
光を送っています。



わたしたちはこの世で
大きなことはできません。
小さなことを大きな愛とともに行うだけです

マザーテレサ

暮れも押し迫り、マザーの言葉が
胸にせまります。
大きな愛とともに、
人と関わり、
愛とともに寄り添うことはできたでしょうか。
いつもいつも自分に問いかけます。

先週末は連日、
運営に関わっている
ホリスティック医学協会や
関西アロマセラピストフォーラムの
来年に向けての会議や忘年会が
続きました。

今年の9月の20周年記念のシンポの
反省も交えた会議が終わると、
大好きなホリスティック医学協会の運営スタッフの方と
美味しいお酒を飲み交わしました。
ついつい美味しいワインと、
安心して信頼できる先生方に甘えて
酔ってしまい、泣いてしまう場面も・・(^_^;)
普段、まったくお酒を飲まないので、
弱くなりますね。


関西アロマセラピストフォーラムでも
来年度の総会や
たっくさんのセミナーや
雑誌の広告、
研究について、
3時間の話し合いをしました。
病院内でのアロマセラピーや
介護施設でのアロマルームも現実化し、
来年もわくわくするような
イベントが決まりました(*^_^*)
大きな活動の場が与えられそうです!

また新しく事務や運営のお手伝いに
加わってくださった方もふたり来てくださり、
本当にこころ強いです。

話し合いのあとには、なんと!
大門先生がご自宅に美味しい鴨鍋を
用意してくださっていました。

ホリスティック医学協会も
関西アロマセラピストフォーラムも
どちらのNPOもボランティアの活動です。
毎日のケアルームのあとや
日曜日にも夜中にも
作業をすることが続くと、
さすがにつらいなあと思うこともたま〜にあります。

それでも、続けていけるのは、
大きなことはできないかもしれませんが、
大きな愛を胸に、
こつこつと気の遠くなるような壮大な夢を
現実にしていこうと励ましあえる
互いに認め合える仲間の存在のおかげかもしれません。
そして、年に数回だけど、
美味しいものをいただきながら、
熱く夢を語ることができる場があるから。


来年も、やるで〜\(^o^)/
と燃えています。
年末に熱いです!


↓かもなべ、最高♪

KAF忘年会1