週末は、ハコミセラピーのレベル1の
講座に参加してきました。

もう50時間以上もハコミを学んでいるのですが、
いまだに、ハコミを説明することはできません。
日本で手にはいるすべての本を読みましたが、
まだまだ分からないことばかりです。

ワークを受けるたびに、
わたし、というものの枠組みが解体していきます。
最初はそれが怖くて、
毎回涙で目を腫らしてかえるのがいや、
と思うこともあったのですが、
今は、どんな自分に出会うのか、楽しみでさえあります。


ハコミセラピーを、難しいなりに言葉で表現するなら

ラビングプレゼンス
マインドフルネス
ノンバイオレンス

の3つに集約されるかもしれません。

あるいは

援助者とともに行うとても安全な瞑想

ともいえるかもしれません。

わたしはハコミのワークの中でも
ラビングプレゼンスが一番好き。
一人でする瞑想は、それこそ何十年も行ってきましたが
ハコミのこのワークは
「ごちそうさま」感たっぷりの瞑想をベースとしたワークです。

今日は、集中セミナーの最終日。
インナーチャイルドが出てくる
深い深いワークが終わり、なかば放心状態。
このまま終わるのはいやだな、と思っていたら
やっぱり、
「ごちそうさま」なワークを用意してくださっていました。


わたしがワークの中でいただいた言葉は
「もたれかかってもいいですよ♪」

マインドフルネスの状態で
この言葉を耳にすると、
自分でも驚くほどの涙、涙、涙・・・。


前にブログの記事にも書きましたが、
この夏は、たくさんの方の旅立ちを見送り、
めまぐるしい毎日の中で、
ちゃんと泣けていない自分を自覚していました。

涙に驚きながらも様々な思いが去来し、
どんなわたしであっても支えてくれる安全な仲間に囲まれ、
心行くまで、愛を感じる時間を過ごしてきました。

もたれかかるのも、
甘えるのも、
助けを求めるのも上手じゃないことを
しっかり自覚しているので、
今日は、もたれかかり
寄りかかり、
甘え、助けを求めました(*^_^*)


余韻にひたりながら
今日は自分に思いっきり優しい時間を作ろうと、
帰宅してから、自宅のまん前の天然温泉に行きました。
洞窟のような小さな露天風呂で、
常連らしき近所のおばちゃんたちと
1時間も話し込み、ゆるりと呼吸を整えました。
さあ、チャージOKです!

明日からの、出会いが楽しみです(*^_^*)