6月にクォンタムタッチヒーリングを
ケアルームの新しいメニューにしてから、
おかげさまでたくさんの方にお試しいただいています。
また遠隔ヒーリングのお申し込みも
想像を越えるほどたくさんの方から
いただくようになりました。
本当にありがとうございます。

最近夜はほぼ毎日遠隔を行うため
ブログ更新、メールのお返事その他、
いろんな作業が遅れていますが、
どうぞ御了承くださいm(__)m
ケアルームのお客様、
このブログに遊びにきてくださる皆様にも
光を送っています。

この春からは訪問でアロマセラピーケアに
伺うことも多くなり、
ケアルームでは出会えない方との出会いに
感謝をする日々が続いています。
生かされている命の不思議さ、
出会うべくして出会い、
今生の最後の時間に立会い、
旅立ちを見守らせていただくことへの感謝。
一体、どんなご縁があったのでしょう・・。




アロマセラピストという仕事は、
ひとと人が関わり、つながりあい、
この一瞬のときを永遠のかけがえのない時間に昇華し、
ともに触れ、ともに泣くことだと
毎日の出会いの中で、深く深く感じています。
アロマセラピストのあり方や生き方が
深く問われるのです。

春から夏にかけて、
つむぎの森で出会った方や訪問ケアで出会った方、
心の師としてずっと大切に思ってきた方が
何人も旅立っていかれました。

私たちの魂には終わりはなく、
この命の学びを終えるまで、
悠久のときを旅している存在だとわかっていても、
今、この地球で、もう二度と肉体を伴って
手を握り合い、
微笑みあい、
歌を歌い、
触れ合うことができない、
ことはやはりとても辛く、
悲しいことです。

いつか同じように旅立つひとりの人間として、
彼ら彼女らを思い、
かけがえのない人生に思いをはせ、
やっと、涙を流しています。

本当にありがとう
あなたが生まれてきてくれて良かった
あなたに出会えて本当に良かった
ずっとずっと忘れない・・