わたしのケアルームは
親子で来られるお客様が
いらっしゃいます(*^_^*)


生まれて1ヶ月の赤ちゃんを抱いたお母さん。

マタニティケアを受けに来たお母さんを
お絵かきしながら待つ4歳の女の子。
小学生の女の子は
お母さんのトリートメントをソファで見て、
「わたしも大きくなったらアロマセラピストになる!」と
言ってくれました。
2歳の男の子は、トリートメント中も
お母さんにお話にきます。
言葉が遅いとお母さんが悩んでいた3歳の男の子は
ケアルームに月に一度、お母さんとくるたびに
言葉が増え、表情がお兄ちゃんになりました。

親子三人で来店し、
一緒にひとつのフットバスに足を入れて、
足浴をすることもあります。

楽しい笑い声が響き、
わたしも通常のセッションとはまた違った
喜びで満たされます。

お子様連れですと、
ゆっくり集中することができません。
小さな赤ちゃんの場合、
途中で何度も中断してしまうことも
あります。
わたしも、足であやしながら、とか、
顔であやしながら、足の施術・・・
ということもあり、
誰かが見ていたら、きっと大笑いするだろうな、
というときもあります。

それだけ中断しても、
お母さんたちはとても満足そうなのです(*^_^*)



先日も、マタニティケアを受けておられた方が、
出産後5ヶ月の赤ちゃん連れでお越しになりました。
ニコニコのご機嫌だったのですが、
トリートメントがはじめると、
お母さんに甘えたくってぐずぐず。
かと思えば、ぐーぐーと大の字になって眠り、
また起きて、おっぱいを飲み・・。

肩も腰も、限界のようにばりばりだった
お母さんの(*^_^*)が
セッション後にピンク色に輝いていました♪


本当は、ご褒美にひとりでじっくりと
心とからだに向きあい、
ひとりの時間を過ごしていただきたい、
というのが、本音です。
でも、誰にも預ける人がいない方や、
子どもと一緒に、ケアルームのあの雰囲気の中で
ゆっくりしたいという方もおられるので、
わたしもできる限り、
受け入れたいと考えています。

ただし!
はいはい期やタッチ期の赤ちゃんは
目が離せない時期でもあり
施術中危険ですので、ご遠慮いただいています。
お子様連れをご希望の方は
ご相談くださいね。
ケアルームのすぐ近くに託児所もあり、
そこを利用してこられる方も
おられますよ(*^_^*)

</div>