今日からケアルームが始まりました。
年末30日まではケアルームで
様々な作業をしていたので、
実質5日間のお休みとなりましたが、
おもちを食べ、
実家を回り、
大きくなった(中1で180センチ近く!)甥っ子たちと

大笑いして凧揚げをしたり、
日ごろ忙しくてなかなか合えない兄弟たちとも
ゆっくり話し、とても充実したお正月でした。
からだも心もすっきり!

昨日は奈良の大神神社へ恒例の
初詣に出かけました。
古代史研究をしていた祖父の影響で
神社や寺や聖地や歴史が大好きなわたしは
10代のころから、
日本各地のいろんな神社を
巡るのがひそかな趣味です。

なかでも伊勢神宮と並んで
好きだったのが奈良の三室の山の大神神社。
熊野神社に匹敵するかのような、巨大な鳥居の
中に一歩はいると、そこはもう聖なる結界地です。

実は10ウン年前、
わたしはここで結婚式をあげたのでした(*^_^*)
以来、毎年のように詣で、感謝を捧げています。
ご神体は山なので、拝殿しかありません。
お山は誰でも上ることができます。
何度か登る機会をいただきましたが
登るたびに、心地よいエネルギーに満たされています。
子どもたちも4歳になると、登れるようになりました。
あちこちに古代の磐くらが配置されていて、
独特のエネルギー場を作っています。
吹き渡る風の匂いを嗅ぎ、
頭がどんどんクリアにさえてくるのを
感じながら山を行くと、
ヒーラーとおぼしき裸足の白人女性が
素晴らしい微笑みをたたえて、
飛ぶような速さで駆け下りてくるのに
であったりします。
まるで天狗のような速さです。
山伏のような方、
白装束の方、
高らかに祝詞を唱えている方もおられます。
JACTの研究会で、
いつか三輪山登山を企画したいなあ、と
考えています(*^_^*)

年末には古い古い友人から、
結婚の報告があり、
喜びでいっぱいになりました。
20代のころから、
ずっと苦しみのときを見ていたので、
言葉に表せないほど嬉しくて、
誰もいない部屋で、
「良かったなあ、良かったなあ」と
ひとりでにやにやしています。
今年は嬉しい便りが多い年になるんじゃないかと
思います(*^_^*)


辛い病気に向き合っている方に
クオンタムタッチの遠隔ヒーリングを
させていただいていますが、
経過がどんどん良好になっているという
とても嬉しいお手紙をいただきました。
わたしたちの心が生み出す、
治癒の力の素晴らしさに感謝します。
どの方のからだにも、
治癒力を発動させるスイッチが
生まれつき備わっているのです。
スイッチを押すためには
ちょっとしたコツが必要です。

笑いや
優しいアロマの香りや
暖かいタッチの心地よさや
ただ黙って寄り添ってくれる誰かや
一緒に泣いてくれる友や
心を込めて作った野菜や
幸福感・・・



北米のネイティブアメリカンのホピ族では
こんな言葉が伝わっています。

「幸福はそれ自体が良いことであるばかりか、
健康にもとても良い」

あなたの幸せはなんですか?

今年も、ケアルームで出会うご縁ある皆様の
治癒力のスイッチを押すお手伝いを
心を込めて行いたいと思います。









</div>