今年は雪柳も桜の花もまだまだつぼみが
かたいですね。
去年の秋に植えた、水仙もチューリップも
まだこれからという感じです。
それでも少し暖かかったので、子どもたちと
それぞれ好きな花の苗を買ってきて、
お庭の花壇と鉢に植え替えをしました♪

小学生の息子は「理科の時間にならったで」と
なかなかの手つきで、苗ポットから
選んだ苗を取り出します。
苗はとても小さく、少しだけラベンダー色の
小指ほどの小さな花をつけていました。
苗をポットから出した息子は「うわあ、見て〜」

「根っこがこんなにもじゃもじゃしてる〜!!」
と感動の叫び(^_^;)
「お母さん、すごいな。
こんなに葉っぱとか小さいのに、その何十倍の根っこが
あるで。
葉っぱが出てくるまでに、ちゃ〜んと根っこがないと
あかんのやな」

昔シュタイナー教育の勉強を少ししていた時
目に見えるからだや力や発達を支えているのは、
目には見えないこころの根っこ、だと教わりました。
こちらからの働きかけに、
敏感に反応して芽をだす子もいれば、
じっくりと根をはる作業を丁寧に行う子もいます。
大人も同じですね。

根っこがある!の叫びにわたしも嬉しくなって、
「根っこ根っこ」と一緒に叫びました。
植物には根っこがあって、この根っこが大事なんだ、と
人に教わることも大切ですが、
自分で「気づく」瞬間に勝るものはないと思います。
なぜなら「気づき」は人に、与えてもらうものではないからです。

地に足をつけて生きることの大切さを
幼い頃に身につけてほしい、と母は願います。
当たり前に一所懸命生活するなかで、
実はわたしたちの世界は「気づき」で満ちていると
「気づいて」くれたら。
目に映るすべてのものがメッセージ・・・♪♪
ですね。