先日、2回目の「セラピストの姿勢を見直す!」
ワークショップに参加してきました。
教えてくださるのは前回と同じ、
アレキサンダーテクニークと
ストラクチャラルインテグレーション、
フェルデンクライスメソッドの
3つの教師認定を受けている
「ボディワークの達人」西岡寛先生。


前回の<首・頭編>はこちらをどうぞ。

<上肢編>の今回のテーマはずばり!
「愛しの肩甲骨」です。
(勝手にネーミングしました(^^♪)


アロマセラピストになってから
もう何百人のからだに触れているはず
なのに!
肩甲骨だけにあんなに丁寧に
触れたのは生まれて初めての経験でした(*^_^*)

解剖図で見る、肩甲骨の前面部、背面部が
3次元に立体化されて手に触れます。
そのかわいらしい形といったら。
あちこちで「わあ、かわいい♪」と
声があがりました。

胸骨や鎖骨とのジョイント部、
烏口突起に優しく触れます。
ああ、こんな風に肩の動きを助け、
背部の筋肉と結びつき、腕の動きを司り
「からだ」という精妙なパーツの集まりに
統一感と流れと動きを与えているんだ!
と、人体の探検ツアーのよう。


そして毎回、楽しみなのが
ワークを終えたときの姿勢。
ペアになった相手の方の肩の位置が
全然違う。
まだワークをしていないほうの肩の
不自然でこわばって息苦しそうな感じ。
姿勢が良くなったのは見た目で
はっきり分かり、本人は胸を張っているつもりもないのに、
自然に胸のトップが高い位置にきていて、
堂々と貫禄まで出てくるのです。
そして呼吸が深く、楽になって、
表情が変わります。
かわいい、愛らしい自然な笑顔♪

もっと驚いたのが、ワークの帰り。
肩がかるーい。
もう、半端じゃなく軽い!
最近,昼の仕事が終わり、
子どもたちが寝静まってから、
ごそごそとHP作りに励んでいるため、
肩がコリコリ。
ケアルームでの施術の前は必ずストレッチを
行うので、トリートメント中は肩の重さを
感じませんが、夕方からはずっしり。

なのに、まったく夜も朝も次の日も
肩爽快なのです。

奥深いからだの世界への興味は
尽きることがありません。
100通りのセラピーやボディワークがあれば
100通りのからだの捉え方があるでしょう。
でもどこから入っても学んでも
一番えらいのはこころを含めた
「からだそのもの」だと、実感したワークでした。

どうもこのワークショップセミナーは
一生続きそう。
いえ続いてほしい・・(*^_^*)

ここでも素敵なアロマセラピストに出会えます。
ネットワークをつないでいきましょう!
1クリックが励みになります(*^_^*)
人気ブログランキング