近所のコンビニがつぶれ、後に何が
できるのかなあ、と思っていたら、
天然酵母のパン屋さんになっていました!

天然酵母のパン、大好きなんです(*^_^*)
何を隠そう、若かりし頃(?)
自分の食べるパンはすべて自家製天然酵母を
使って国産小麦で手作りしていました。

レーズン、リンゴの皮、芋のすりおろし・・・。
とにかくなんでも酵母ができるのです。
密封できるガラス瓶から小さな気泡が
ぷつぷつでてきて、どんどん盛り上がってくるのを
じ〜と眺めるのが好きでした。

天然酵母は本当に生きていて、
温度や湿度や、わたしの言葉に敏感に
反応してくれるのがとっても可愛い!

天然酵母で作ったパン生地を一定の
温度に保つのも一苦労で、
発泡スチロールの容器のお湯が冷めないように
徹夜で番をしたこともありました(^_^;)

そんなこんなで焼きあがったパンは
外はかりっと、中はふんわり。
使う酵母によって香りも味も変わります。
わたしはレーズンが一番好き、かな。

天然酵母のパン作りは、自給自足を目ざし、
エコロジーにどっぷりはまっていたころに
見ようみまねで始めました。
その後、パン教室にも通って、
カニさんの形のクリームパンとか
シナモンロールなどの凝ったパンも
作れるようになりました。
子どもたちにも大好評だったなあ。

が、しか〜し。
アロマセラピーの勉強を始めてからというもの
なかなかパン作りまで手がまわりません。
時間がない、というのも理由のひとつですが、
毎週、国産小麦と自家製天然酵母で焼き上げた
おいしいパンを配達してもらうように
なったことも大きい理由です。

夕方、下の子のお迎えのついでに
出来たばかりの天然酵母のパン屋さんに
寄ってみようっと。
今度、フリーの日ができたら
久しぶりに酵母ちゃんからパンを作ってみようかな。