つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

April 2018

ラヴィングタッチケアアドバンス講座The Anatomy of Loving TouchcareDAY2開催♪

ラヴィングタッチケアアドバンス講座The Anatomy of Loving TouchcareDAY2、
晴れやかな笑顔とともに終了しました♪
F6753AA6-DC9F-40F3-B842-C8A7F22F8B44







声で、まなざしで、手で、
こころとからだといのちにふれるタッチの心地よさの余韻に浸っています。
なんだか言葉にすることももったいない宝物のよう✨

C7587880-3678-41D8-A47F-C369A0369119








DAY2は「息とつながる」
いのちのエネルギーの源である呼吸とタッチケアワークを深めました。

タッチケアワークでは、
これだけ体の力が抜けることがあったかな、と思うほど安らぎを感じ、
頭の疲れがクリアになり、呼吸が楽になり、
目がはっきり見えるようになり、自分のからだが愛おしく、
これまで生きてきた軌跡を受け止められるようになりました。

なかには、潜在意識の豊かなイメージのなかで、
大切なメッセージを受け取られたかたも。

人を生かすまなざしと、
人を絶望させるまなざしの力のシェアからも多くを学びました。

新しい発見ですが、大阪弁タッチのパワフルさに勇気をもらいました!

休憩時間には表情筋と握手から板門店会談と日米首脳会談を考察して、
人類最高峰の進化形の在り方のディスカッションが楽しかったです(^-^)

子育て支援や看護、障がいをもつこどもへ、
人と人をつなげる活動や、愛の循環を目指す
多様な背景をもつ参加者のみなさんが、
ワークを行うたびに、理解と共感が深まり、
表情が変わる姿にはいつも感動を通り越して、震えを感じるほどです。

ひとは、安全や安心を感じると、
言葉を用いなくても自らの内にある答えを手がかりに、
起き上がり、歩き出し、つながり始めるのですね。

壮大な実験の旅にご一緒してくださったみなさま、
ありがとうございました。
旅の途中の報告を楽しみにしています(^-^)
看取りタッチのチームも実現したいです💕
これからも「愛を込めてふれる」旅を楽しみましょうね✨

めちゃ頼れる相棒アンドリュー君と♪
C17C2EF2-60FF-4D0D-9F62-F42CCC914F92






<わたしとつながる>ラヴィングタッチケア、アドバンス講座DAY1♪

今日はLoving Touchcareアドバンス講座のDAY1を開講しました!
BC7846B9-8A43-48D6-9B10-65322BDC7AC7









2ヶ月前の基礎講座は、愛を込めたタッチをシャワーのように体験したら
わたしたちのこころは、からだは、認知は、記憶は、
感情は、世界観は、どうなるか、という
愛についての壮大な実験だったのですが、
みなさんの2ヶ月の変化も壮大でした!

こどもとの関わりが変化した方、
思いもかけずやりたかった仕事に挑戦することを選んだ方、
職場の雰囲気が変わり、
夫婦の関係が心地よくなった方、
自分を受け入れることができるようになった方。
タッチの可能性は無限です♪
B8FAB2BB-AD25-47CE-BB90-5AC216F71F53








DAY1は「わたしとつながる」をテーマに、
人類の進化の歴史からタッチケアのメカニズムを多角的に学び、
ワークで実際の体験として感じていきます。

胎児のワーク、肌感覚を目覚めさせるワークから、
表情筋へのタッチケアを経て、まなざしを考察し、
人生の最後の日のタッチケアまで、
たくさんの涙と感情を味わいました。
どの涙も、どの笑顔も、尊く美しいです✨

慈愛のまなざしの経験が引き起こす身体感覚は、
〈わたしとの関係性〉に変化をもたらし、
言葉を超え、過去と未来を統合する経験になりました。
懇親会もタッチ談議で時間を忘れて盛り上がりました。
タッチケア仲間とのディスカッションがなによりも楽しいです。
A44036CA-BD02-4C2B-AF42-45FF73B36741




まなざし、まなざす。

午前の施術が早く終わったので午後までの時間をスタバで♪
ケアルームにいると、居心地良すぎて寝てしまうのです^ ^

明日のラヴィングタッチケアのアドバンス講座のテキストを読み込んでいます。
DC0C7970-8BC7-4393-969B-812624CD858E









明日のテーマのひとつは「まなざし」。

小児科医のウィニコットは、
母親の胸に抱かれている赤ちゃんは母親の顔にまなざしを向けているが、
母親の顔にまなざしを向けているときに赤ちゃんが見ているのは、
母親が見つめているもの、つまり自分自身を見ているといいます。

「創造的にまなざす」には、
自分自身が「まなざされた経験」の内在化が必要だと。

そういえば、と思いだしたのは、
わたしの人生の一番最初の記憶です。

今となっては、妄想なのか、
本当の記憶なのか確認するすべはないのですが、
最初の記憶は、母親の背中におぶわれ、
三面鏡の前に立っておぶい紐の具合を確かめている母が、
鏡越しにわたしの顔を覗き込んで笑っている、という場面。

三島由紀夫のように産湯のタライの場面までは
さすがに覚えていませんが、1歳くらいかな。

母親とはいろんな確執があり、
大人になるまで苦手に感じていましたが、
あの「まなざし」の中に自分が存在していることを感じられたから、
今のわたしがいるのだろうな。
まなざし、まなざす。明日は1日、まなざしのワークで深めます♪

上半期は日本各地へまいります♪

ケアルームつむぎの森は、
8月までのご予約枠全ての受付が終了しました。
ただいま、9月以降の受付になっています。
みなさま、早々のご予約をいつもありがとうございます(^-^)

2018年上半期はお招きいただき、日本各地に出かけます!

6月の千葉にお招きいただいての
ラヴィングタッチケア基礎講座はおかげさまで満席になりました♪

7月は福岡での看護研究会で
特別なケアが必要なこどものためのタッチケア講座の講師を務めます。
こちらは受付前です。

鳥取県の大山でエネルギーワークのワークショップも企画していただいています!

今日はまたまた嬉しい講師依頼をいただきました(^-^)
小学校と中学校の教員へのタッチケア研修です✨
優しいふれるケアがさまざまな分野で活動されている方へ
広がっています。

7月の引野理恵先生をお招きしての講座受付は5月になりますので、
今しばらくお待ちください。
(こちらは先行予約の方を優先的にご案内させていただきます!)

ラヴィングタッチケア基礎講座は8月18日19日です。
受付開始は5月以降になります。

またたくさんのお問い合わせをいただいていましたが
乳幼児へのラヴィングタッチケア指導者講座も秋から開講いたします。
こちらはラヴィングタッチケア基礎講座受講者を対象としています。

来月くらいには、下半期のワークショップのスケジュールが決定しますので、
メルマガをお待ちください✨
ご一緒できますことを楽しみにしています(^-^)

からだにふれることは、こころにふれること。

生まれて初めてアロマセラピーを受けにこられた方の
左手の薬指に、オイルを塗布してトリートメントを始めると、
こらえてきた想いがあふれるような嗚咽が止まらなくなりました。

ケアルームでは、珍しいことではありません。

気づかれるのを待っている、
からだに蓄えられた記憶や感情のエネルギーは膨大な量です。

開放してもいいし、
解放してもいい、
ずっと握りしめていてもいいし、
忘れてしまってもいい。

そんな、宙ぶらりんになった未消化の何かとともに、
私たちは生きています。

優しくふれる、優しくふれられる、
微笑みのなかで、評価のない世界で、
そのままの在り方で大切にされたら…。

あのとき流せなかった涙があふれて、
あのとき気づけなかった怒りに気づき、
しっかりと悲しめなかった小さな自分を愛おしく感じ、
塗りつぶしたかった過去の記憶がほんの少し、
理解できるものになるのかもしれません。

からだにふれることは、
その方の心にふれること。
生きてこられた時間にふれること。
過去と未来を、いま、に取り戻すこと。

ふれたいな、愛を込めて、大切に、わたしに、あなたに✨

霊峰大山でクォンタムタッチRレベル2を開催します!

西日本最大の修験の地、
大山の大神山神社の鳥居の横に建つ宿坊三楽荘さんをお借りして、
クォンタムタッチR︎レベル2ワークショップを7月に開催していただきます!

去年の大山でのレベル1ワークショップは、
素晴らしい空間と優しい人々のエネルギーが相乗効果をあげて、
忘れられない2日間になりました^ ^
レベル2は、レベル1修了者のみご参加いただけます。

伯耆富士大山が最高に輝く美しい季節✨
そして、山楽荘さんのお弁当ランチもとっても美味しいそうです^ ^

ご興味ある方はメッセージをお願いします♪
ご一緒できますことを楽しみにしています!


ブライアン・ワイス博士の催眠療法ワークショップ♪

アメリカの精神科医が退行催眠療法を行う施術時に、
思いもかけず経験することになった
past life前世(過去生)についての考察を書き表した
『前世療法』を読んだのは、1996年、臨月の息子がお腹にいた時でした。

宗教家ではない現役の医師が、
「前世」という言葉を用いて、
私たちの人生の持つ形而上的な側面や人が生きる意味について問いかけたこの本は
センセーションを巻き起こし、いま、
わたしが前世退行催眠を行うきっかけにもなりました。

昨日今日は、著者のブライアン・ワイス博士が来日され、
大阪でワークショップを開催されていて、
萩原優先生を関西にお招きして催眠療法を学んだ仲間たちと参加してきました(^-^)

5CFB0C30-99DD-407F-8ADE-8BCD77A15EF9














ジョークがお好きで、穏やかでとても地に足のついたワイス博士の在り方は、
目に見えない世界に直面した西洋医学の医師が、
戸惑いつつもその経験を手掛かりに、冷静に検証し、
症例を積み重ねて、
汎用性の高いさまざまなテクニックを地道に行ってこられた軌跡が感じられます。
あの時代に、「前世」について語ることは大きな勇気が必要だったでしょう。
謙虚で、とても静かな方でした。

催眠療法に欠かせないのは、声と在り方ですが、
博士はそのどちらもあまりに心地よすぎて、
初日は90パーセント寝てしまいました(@_@)

ペアワークでのサイコメトリー、フェイシング。
サイコメトリーは相手の持ち物を手にして、
感じたことをシェアします。
どちらのワークも、一緒にペアを組んだ方が号泣されていました。

催眠療法を学び施術を行うようになって、
もっと意識の世界を知りたくなり、
4年前に大学に編入して、認定心理士を取得しました。
これは心理系の科目は所定の単位を納めたことを証明するものですが、
心理学の基礎実験や統計学や膨大なレポート作成と試験を受け
(2000時間くらい費やしました)
最低限の心理学を学びなおしました。
この知識はとても役に立っています。

催眠療法はオカルトではなく、
心理療法の母胎であり、
どの技法にも催眠療法のテクニックが基礎になっているからです。

今日は懇親会もあり、懐かしい方にもたくさんお会い出来ました!
5BA94A02-E4A6-44BD-ADF0-042B8234F933









透き通るような透明感がある中学生とのディスカッションが楽しかった💕
こんな年齢でワイス博士に出会えるなんて!これからが楽しみで頼もしいです^ ^

5月5日はタッチの日!!はじめての「タッチ」体験会♪

5月5日はタッチの日💕
日本タッチ協会主催で東京でイベントを開催します!

タッチをするときの、柔らかな手。
その手が開いたイメージの5からヒントを得て企画しました。

この日は、日本タッチ協会のタッチセラピスト
、有本 匡男さんとYuriko Komatsuさんによる「タッチ体験会」、
自分に触れる初めてのタッチ講座、
大事な人に触れるタッチ入門講座の三本立てという贅沢なタッチの日になりそうです♪

どなたでもご参加いただけます。下記のリンクからご予約をよろしくお願いします^ ^

■同日に開催される「タッチ」のイベントをCHECK!

「日本タッチ協会主催:大事な人に「触れる」〜「タッチ」入門」」
https://www.facebook.com/events/167676520532987/

日本タッチ協会主催:「タッチ体験会」
https://www.facebook.com/events/105145987013275/

【開催概要】
日程:2018年5月5日(祝・土)
場所:飯田橋駅 徒歩7分 神楽坂駅または牛込神楽坂駅 徒歩8分
※お申込みの方にお知らせいたします。
時間:10時〜11時30分+ランチタイム(任意参加)
講師:有本匡男・小松ゆり子
受講料: \3,000(90min)(tax incl.)+ランチ代
受講対象者:どなたでも受講可能です(小学生までのお子様の同伴受講分は無料)
定員:10名

◼︎お申し込み/お問い合わせ
以下のメールアドレスに、お申し込みお願いいたします。
こちらからのご返信が届いた時点で受付完了となります。

mail:info@touchassociation.jp

タイトルは「自分に「触れる」〜はじめての「タッチ」体験会 受講希望」とし、以下の4点を明記の上お申込みください。
,名前
携帯電話番号
メールアドレス(パソコンからの受信が可能なもの)
ぜ講クラス「自分に「触れる」〜はじめての「タッチ」体験会 」
※他にお申込みクラスがある場合はそちらも同時にご記入ください
ゥ薀鵐岨臆担望の有無

「色彩心理学とホリスティック医療の実際」ホリスティックフォーラムを開催しました♪

今日は日本ホリスティック医学協会関西支部主催の
ホリスティックフォーラムを天満で開催しました!
F167DDB8-F974-4E31-96FE-283205F718A2








ご登壇いただいたのは、
芦屋の心とからだのクリニック院長 春田 博之先生です。
「色彩心理学とホリスティック医療の実際」のご講義は
あっという間にご予約で満席になり、
慌てて広い会場に変更したのですが、
80名近い方が日本各地からご参加くださり、熱気で暑いほどでした。



F958131B-6646-4943-BBB1-1E9A8C51DC40









春田先生とは、わたし自身も長くご縁をいただき、
アロマセラピーのNPO法人を立ち上げた時には理事を務めてくださり、
またつむぎの森でもワークショップを開催していただきました。

色彩のトーン(色調)とこころの関係性をもとに
春田先生が構築された「こころの地図」は、
ケアルームでもセッションのビフォーアフターで活用しています。

色というツールを活用することで、
クライアントのからだや心の状態、言葉に出せない想いや、
目に見えない心の変化が目に見えることで、気づきやプロセスの深まりが得られるのです♪

アーユルヴェーダから陰陽五行論、
シュタイナーからチャクラと色とエネルギー論、
また発達障がいとアスペルガー症候群とADHDへの
色からみた心身の考察など豊富な臨床事例とともに縦横無尽に、
自由に、わかりやすくお話しいただきました!

春田先生、惜しみなく伝えていただきありがとうございます😊
水かき診断、もっとお話し伺いたいです^ ^

次回は、才色兼備という言葉はこの方のためにあるのだ、
といつも感じるボディワーカーの小笠原和葉さんを
関東からお招きして7月1日に開催します✨
テーマは「カラダのインテリジェンスと響き合いのメカニズム」です。
5月1日から受付を開始します。どなたでもご参加いただけます♪
楽しみにしていてくださいね(^-^)

とんでもない初級? ホリスティックアロマケア講座開講しました。

心とからだを紡ぐホリスティックアロマケア初級講座、無事終了!

この日のために育てているベランダのハーブたちも、
出番とばかりに伸びてくれました♪

49332CDD-5259-4154-8C75-03301225B96B










新幹線に乗ってお越し下さったかたもおられ楽しい時間になりました。

初級のテーマは、「キャピキャピと香りを楽しむ」のはずだったのに、
すでに、中級なのか、上級なのか、臨床編なのかわからないくらい、
アロマセラピーの光と闇と可能性と懐の深さに飛び込んだ初級になりました^^;

ご参加くださった受講者からは
「とんでもない奥深い初級講座でした!」と感想をいただきました。
はい、反省しています!

時間もオーバーしてしまいましたが、
クラフト作成のあとの蒸気浴とハンドバスではお肌もピカピカ、
しっとりして、この笑顔✨✨
02CB20CD-17FD-4BBD-9E35-8C32671379CD










D55A0EDF-46C5-4606-91BD-C79ED5DA46BF









植物と人間の関係や、
細分化されたメディカルアロマやクリニカルアロマや
臨床アロマやホリスティックアロマやサトルアロマ、
アロマサイコロジーの意味、
精油のプロファイル、抽出法、
化学成分と適した使い方、ブレンドファクター、
クエンチング効果、ファーストチョイスの5本のプロファイル、
ブレンディングのヒントや嗅覚のメカニズムと作用機序、
そしてアロマセラピーの神話の数々。

まだまだ伝えきれません。
やっぱりアロマセラピーが大好きなのだと実感します。

アロマメディテーションでは、
じっくり時間をかけて、ひとつの精油と向き合い、
精油の持つエネルギーを自分のからだで感じました。

香りから喚起される記憶や感情、
からだの変化を表した作品は、
個性的で色彩豊かでとても美しく、
毎日、精油を使ってアロマメディテーションしていた時代を思い出しました。
来年は月一くらいで、アロマメディテーションの会を開こうかな。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございます😊
秘密のクリームのその後をぜひシェアしてくださいね!
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

セラピストの本棚10
愛着アプローチ 2008年にラヴィングベビータッチケア講座を構築するとき 小児科医のボウルビィの提唱する「愛着理論」が 母子間の絆を育む要素として欠かせないこと、 ヒトが成長することの根幹に 「触れる」という触覚刺激が、もしかしたら食べ物と同等に、 それ以上に必要な要素であると知りました。 愛着にフォーカスして、さまざまな精神疾患や生きづらさを抱える方へ考察から 「愛着障害」という言葉で表現し、アプローチ法を研鑽されてきた 大阪の精神科医の岡田尊司先生のご著書を再読しています。 大学で心理学を学びなおし、 特に乳幼児の発達心理学やこころの理論や愛着について深めていくと、 不安や不調や生きづらさの根っこにある 愛着というスキームの欠如があると確信するようになりました。 ケアルームに来られるうつのかた、 パニック障害のかた、摂食障害やパートナーとのセックスレスや 自傷行為や衝動性や罪悪感なども、 愛着の構築のなんらかの機能不全という視点で見直していくと、 これまでの医療モデルとは異なる愛着アプローチが浮かび上がります。 求めているのは「病名」でも「お薬」でもなく、 「ただやさしく見つめられること」だったり 「目があって笑いあうこと」だったり、 「丁寧に扱われること」だったり、 「温かい手でふれられる」ことかもしれません。 タッチケアが新生児から思春期のこどもたちへも、 健康な成人にも、高齢者にも喜ばれ、必要とされる理由やレジリエンスにも関わります。 自分の愛着パターンを知ることでも、 世界との関わり方が変わります。 まっすぐ見ているようで、わたしたちの目は、 愛着というフィルターを通して見ているので、 自分のからだやこころや過去や未来や周りの人をそのまま見ることが難しいのです。 安全基地はこどもにも、おとなにも必要です^ ^
セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
2018





「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

【満員御礼♪】
ラヴィングタッチケアR基礎講座
The Awareness of Loving Touchcare
*日時:2019年6月29日30日 大阪開催⇒受付中
詳細に関してはホームページに順次アップしてまいります。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。参加費はオイル代込で初回5000円です。大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。
*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ