つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

March 2017

ふれる、つながる、愛になる!タッチケア練習会♪

今日はタッチケア練習の一日でした♪

午前はラヴィングタッチケア練習会。
IMG_9844





『内側に意識を向ける』ときの内側についての
軽いレクチャーから始めようと予定していましたが、
筋膜から脳から臓器まで話が膨らみ1時間。
質問もとどまることなく。
IMG_9735








おかげでそのあとのグループワークの集中と調整力はとてつもないものでした。

ペインスケールも8人中4人が7や8から0に、4人が1に変化しました。
これは、午後のクォンタムタッチR練習会でのペインスケールとくらべても
格段の減少率で、もっと、シンプルで、パワフルで、
誰にでもできて、効果的な触れ方を日夜探求して構築した
ラヴィングタッチケアへの自信がさらに深まりました!

練習会ではいろんな実験をするのが楽しみで、
今日はデポー大学の感情伝達に関する研究を再現してみました♪
人はほんの数秒で、相手の感情を触覚で感じるというのです。
なかなかに興味深い、というより驚きの結果で満足です(*^_^*)

午後は生後5ヶ月の赤ちゃんも参加してのクォンタムタッチR︎練習会。
赤ちゃんがそこにいるだけで場の共鳴度がぐぐーんとアップします。
にっこり微笑んでくれると、みんなが『はあ〜😍』とため息をつき、
一挙手一投足にでれでれ💕
IMG_9782







クォンタムタッチR︎はワークの時にとても独特の呼吸法をするのですが、
その度に赤ちゃんもびっくり顔になるのも可愛いのです♪
IMG_9846








ここではエネルギーフィールドを感じるオーラ視の実験をしました。
赤ちゃんモデルだったので、
みんなが感じるエネルギーも透明度が高くクリア。
IMG_9791






感じているエネルギーを、自分なりの色や表現に落とし込む練習ですが、
結果はやはり興味深いものでした。
一日中練習会をしていると、どんどん元気になって頭が冴えわたります。
ああ、また野望が出てきた〜♪
IMG_9847






『しあわせタッチケア』ありがとうございます!

『しあわせタッチケア』をフェイスブックに投稿してくださった記事に嬉しくなり、
久〜しぶりにアマゾンのページを見てみたら!
すごい高値が付いてます!!











完売したので出版社にも在庫がありません。
数千冊が、ちゃんと必要な方に届いたんだ、
と思うととてもしあわせです✨
自分でいうのもなんですが、なかなかにええ本です💕

あと数冊、ケアルームに在庫がありますので、
ご希望の方はお声をかけてくださいね♪(←在庫、終わりました〜!)
重版をリクエストしてください!!


慌てない、焦らない。雨の日は雨のように。

今日は赤ちゃんのためのラヴィングタッチケアレッスン。
月に2回だけのマンツーマンレッスンの日なので、
ずっと楽しみにしていたのですが春分を過ぎたというのに冷たい雨が降っています!


わたし自身、体力のない新米お母さんでした。
病気で仕事を辞めて結婚し、まさかの妊娠。
出産後も起きられない日も多く、
子育て中は寝不足と疲れでいつもあたまが朦朧としていました。

それなのに、「雨の日のこどもの遊び場作り」を
行政も巻き込んで活動していたものだから、
雨の日に抱っこひもやおんぶ紐で子どもを背負い、
傘をさして荷物を持って出かけると、もうそれだけでクタクタに疲れてしまい、
夜にはこどもに当たってしまう、というサイクルに入ることが多かったのです。

なんのための活動⁉︎
焦っていました。
なんとか、「なにか」をしないと、お母さんとしてダメな気がして。
毎日、毎日公園に行き、夏はプールに行き、
予定いっぱいいれて、も体にムチうってお出かけしていました。

息子は、成長ものんびりで、
おかあさん大好きっこだったので、
家でお昼寝して、おせんべい食べてたほうが、親子とも余裕ができただろうに。
今だったら、あの時の焦りも、必死さも、しんどさも、
若くて、ほかになにも取り柄のないわたしの承認を求めての行動だったのかな
とも思えますが、夫は仕事と趣味の活動でほとんど家にいなかったので、
寂しさが募っていたことにも気づきませんでした。

だから自分自身の反省を込めて、
雨の日はお母さんも赤ちゃんもできる限り、
お家でぬくぬくゆっくりしてほしいのです♪

雨の日だけでなく、一緒にお昼寝もしてほしいなあ。
こそだて20年してきて思うのは、

そんな、無理せんかてええよ〜♪

焦らない、焦らない。
時間は無限にあるのだよ〜!

たいていのことは、20歳になったらできているのだから、
口うるさく、お母さんの「不安」から行動を先取りしなくても大丈夫。

どれだけ言い聞かせても、できないことはできない。
部屋の片づけも、宿題も、しない!
でも20歳の今、息子の部屋はわたしの仕事机よりきれいに片付き、
シャツにはアイロンをかけ、
好きな分野の知識欲は尊敬をするほど。

のんびり空を見上げる時間や、
興味のままに想像する時間を
お母さんとのんびりおしゃべりする時間を大切にしてほしい!


お母さんのからだが楽になると、
子育ても楽しくなるので、
こどもも情緒が安定してぐずりも泣き叫びも激減します。

無理して、大荷物持って電車に乗って、
風邪の人の咳を浴びせられて、
濡れた傘に気を使ってタッチケアレッスンに来るくらいなら、
のんびりお家で抱っこして遊んでてね(*^_^*)
ということで、午前はわたしもゆっくりします〜♪

ラヴィングタッチケアの新しいサイトをアップしました!

春分のこの日を目指して、夜な夜な取り組んできたラヴィングタッチケアのホームページがようやくできました!



滑り込みセーフ。手作り感満載です〜♪
まだモバイルレイアウトしてないので、スマホの方は見にくくてごめんなさい。

2005年にケアルームつむぎの森を立ち上げたとき、
ホームページビルダーで自力でホームページを作ったときと比べると、
今は編集はずいぶん楽になったとはいうものの、
ここまでくるのに膨大な時間を費やしました。
しんどいけど、やっぱり好きだなあ。

もっともっと見やすく、読み応えあって、
でも一目でわかって、イラストも図も入れたい!
試行錯誤の時間が楽しいのです。
太陽の聖なる力にあやかる春分にアップできたのでしみじみ嬉しいです(^^)


重要なお知らせ!料金の改訂をいたします。

出会いと別れの春。

沈丁花の香りが、心をあたためてくれています。

いつもつむぎの森へお越しくださり、ありがとうございます。

天空のケアルームから、2015年に水辺のケアルームへ移転し、

これまでの大切なご縁に加えて、また新たなご縁もいただき心から感謝しています。



諸事情の変化により、大変心苦しく申し訳ありませんが、

2011年より変更をしていませんでしたメニューの料金を

一部変更させていただくことになりました。

→つむぎの森ホームページをご覧くださいませ。
6年ぶりの改訂料金は4月9日より適用とさせていただきます。

何卒ご理解いただき、変わらないお付き合いをさせていただけますことを願っています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。



はやしひろこ


アリゾナでの解剖研修報告会、開催しました♪

2017年1月の
アリゾナでの解剖研修から帰ってきて2か月弱。
日々、そこでの経験がじわじわと、私の構成成分を置き換えているような
心地よさが続いています。

こんなに間があいてるので、
賞味期限切れかな、と思っていたのですが、
アリゾナでの解剖研修報告会を開催しました♪
満員御礼、次回の6月の開催も満員御礼です。
ありがとうございます!
IMG_9437










もともと懐疑的な人間です。
幼いころから教会に通いましたが、
旧約聖書の最初から新約聖書の最期までを何度も読み通し、
神はいるのか、イエス様は神のひとり児なのか、
徹底検証を繰り返しました。

解剖学もアロマセラピーもリフレクソロジーもエネルギー療法も、
教科書に書かれているようなことをそのまま信じません。

妄信をしない。
深く問いかけながら信を深めたい。

ひとつの事象への観方を、
異なる立場から論じられた本や学びや経験から統合して
ようやく「仮説を認める」、タイプです。

オタクです。本に埋もれて暮らしています。
生きるとはどういうことか、
からだがゆるむ、というのは実際には何が起こっているのか、
魂とか、スピリットって、どこに宿り、
どんな作用をしているのか。
自分の言葉で語りたいのです。

だから日本では医学部以外ではほとんど可能性がない
冷凍献体での解剖実習で得たことは、
これまでのわたしのワークを根底から覆すほどの破壊力と、
同時に思考を深め再構成する創造力を与えてくれました。

そんな経験を共有してくださる方は

こころとからだのつながりについてもっと知りたい方、
仕事に役立てたい方、
声の出し方のヒントにしたい方、
自分のからだへの気づきを深めたい方、
こどもとの関わりに活かしたい方…
それぞれの思いを抱いて集まってくださいました。
みなさま、ありがとうございます♪
IMG_9435













筋膜の美しさに息を飲み、
からだの外部と内部と自我の領域に思いを馳せました。
筋膜の映像はみなさんにものすごいインパクトを与えたようで、
重度の障がいとともに生きるお子さんと暮らす方は
報告会の後自宅に帰り、お子さんを抱きしめた時、
そのからだの内部に光り輝く筋膜を感じて、
生まれ変わった感覚を得たそうです(^^♪

そもそもわたしが解剖に興味を持ったのは、
6年くらいまえに、ロルファーの方から、
人間の皮膚のすぐ下には、筋膜というウルトラマンの着ぐるみのような
銀色に光る膜があり、ここに経絡などの情報システムが集まっているのかも、
という話を聞いたことがはじまりです。

ぬぬ?ウルトラマンの光る着ぐるみ?

当時、いえ今も、わたし自身が提供している
エネルギーボディマインドへの働きかけは
どうも触覚刺激がカギになっているらしいと確信になりつつあり、
皮膚とそのメカニズムへの学びを深めていたところでした。

実際、アリゾナで見た筋膜は想像をはるかに超える美しさで、
朝食のパンをちぎるときに、その線維が上下に引き延ばされていく様子が
筋膜に見えて、じっと見入ることしばし。


わたしの主観満載の報告会でしたが
伝えたかったのは、

いのちを維持するためのシステムの機能性、
流動的に変化し続けるからだのミクロな働きと、
目に見えるリアリティとしての「ボディ」を繋げるものはなんなのか。
私たちは一体、誰か。
わたしは何か。
精巧に完璧にデザインされたこのボディの営みを
、私たちがどのように使い、楽しみ、
感覚と喜びと動きに繋げることができるのか。
生きている意味は。

という今を生きる私たち自身の問いかけです。

人のからだという聖なる広大な地に、マッピングしていくような、
体験と知識が統合されていくような時間の中で問いかけは深まります。

肉体とスピリットはどこまで続くのだろう。
話しても話しても、まだまだ尽きない時間でした。

報告会終了後はシェア会も開催!
おすすめ動画、「The inner life of cell」で驚嘆とともに終わりました!
からだ、こころ、いのちへの旅は続きます(*^_^*)
IMG_9473















貴重な感想をいただきました。いくつかご紹介させていただきます。
みなさま、ありがとうございます♪

*DDさん

聴くほどに脳内でビジュアル化されていくのがたまらなくおもしろく、
イメージを導いてもらった時間でした。
外をはがせば、みんな一緒やろ!と
思っていましたが、生き方が中にも反映されるのですね。
突き詰めれば突き詰めるほど謎はナゾで。
追いかければ追いかけるほどまた次のゴールは現れ。

*KOさん
ヒトのカラダに触れる仕事をして20年。
今朝、眠っていた解剖学の本を引っ張りだし、
筋をみて、骨をみて、
涙が出るとは思わなかった。
解剖の本を、ファッション誌を見るのと同じように
ワクワクして見れるなんて、とても素敵です。

名称変更しました!

「2日間、 愛を込めたタッチをシャワーのように浴び続けたら、
わたしたちのからだは、こころは、認知は、
骨は、筋肉は、腱は、神経系は、感覚は、 感情は、世界観はどうなるか」

という壮大な実験でもある、ラヴィングタッチケア講座。

触覚刺激が心身へ及ぼす作用への理論と豊富な実践ワークを通して、
からだとこころの自己調整力を高めるタッチケア講座の第3回を
4月に大阪京橋で開講します♪

初めて触れる、触れられる
あらゆる手技のベースとなる触れることの基礎ですので
どなたでもご参加いただけます。

触覚刺激が心身へ及ぼす作用への理論と豊富な実践ワークを通して、
からだとこころの自己調整力を高めるタッチケア講座の
第3回を4月に大阪京橋で開講しますが
第3回より名称を変更いたします♪


ラヴィングタッチケア入門講座となります。
内容に関しては、第1回第2回基礎講座とほとんど変わりませんが、
テキストなどをリニューアルして、より「触れる」ことを
徹底的に体験する講座になります。

予定ですが、
6月にはラヴィングタッチケアの解剖生理学的な側面から見たメカニズム、
施術の効果を高めるポジショニングなどを学ぶ
「ラヴィングタッチケアベーシック講座」を開講します。

また秋には
乳幼児の発達と愛着形成に大きな影響を与えるタッチケアを
お母さんやご家族に指導するための
「乳幼児のためのラヴィングタッチケア指導者養成講座」を開講いたします。

ベーシック講座、指導者養成講座ともに、入門講座受講者を対象に開講いたします。

名称変更ともども、どうぞよろしくお願いします。

4月の入門講座は残席1名です!
次回は秋に開講予定です(^^♪

ホリスティックフォーラム「バッチフラワーレメディの実際」開講しました!

3月12日の日本ホリスティック医学協会関西支部の
ホリスティックフォーラムを開催しました!
IMG_9648












『バッチフラワーレメディの実際』をテーマに
林サオダ先生が東京からお越しくださいました。

エネルギー療法であるフラワーレメディのメカニズムについての
、サオダ先生の【謎】についての分析が面白く(*^_^*)

80年近く前に、植物のエネルギーを水に情報として転写しようとした
バッチ博士の思想は、アロマセラピストであるわたしも随分影響を受けました♪

サオダ先生の優しい語り口と笑顔の大ファンなんです💕
満員御礼で嬉しいです(*^_^*)
サオダ先生、ありがとうございました!!
IMG_9646













次回は5月28日、シャスタヒーリングの上田サトシ先生がご登壇されます。

また30周年のホリスティックシンポジウムは
なんとあの!
茂木健一郎さんをお招きして開催します。
素敵な講師陣が着々と決まり、でもさらにあっと驚く講師を
もう一人お招きしたくて、交渉中♪

早くお知らせしたいです。お楽しみに✨
みなさん、9月24日は京都集合ですよ〜♪

DR萩原の催眠療法基礎講座in京都、お申し込み受付です♪

イーハトーブクリニックの
DR萩原の催眠療法基礎講座、
今年も関西開催します(*^_^*)

3月25日26日に京都テルサホールです。

催眠療法にご興味のある方でしたら
どなたでも、ご参加いただけます♪

あらゆる心理療法の母胎と言われる
催眠療法の中の暗示療法は
潜在意識の豊かなイメージ力を、
行動変容に活かすとてもシンプルな方法です。
ご一緒できますことを楽しみにしています!

お申し込みはこちらのお申し込みフォームから♪

呼吸と瞑想と愛のエネルギーを用いたエネルギー療法、クォンタムタッチRレベル1ワークショップ開催しました♪

週末はクォンタムタッチR️レベル1ワークショップを
つむぎの森で開催しました♪
IMG_9327










今回も東京、九州、広島、三重、香川から、
看護師さんやカウンセラーさん、コーディネーターさん、
セラピストさん、ソーシャルワーカーさん、
家族の太陽になりたいお母さんがご参加くださいました!

クォンタムタッチRレベル1はエネルギーワークですが、
ハンズオンヒーリングでもあり、
意図と呼吸と身体瞑想を用いた誰にでもできる
触れるワークのもっともベーシックな技法。
たとえるなら、生まれたての赤ちゃんがおぎゃーと声を出すことができるように、
ヒーリングは誰にでも備わっている基本スペックのひとつです。

ワークショップは、志を同じくする仲間とともに、
その基本スペックをさらに繊細に感じたり、
意図を明確にして、エネルギーの使い方を学ぶレッスンの場。

創始者のリチャード・ゴードンはサイキックではない
いたって「ふつう」の人。
ひとつだけ、「ふつうでない」ところがあるとしたら、
学んだテクニックや理論を
誰にでも簡単にできる技法としてひとつにまとめる能力と、
世界がエネルギーでできているのならば、
どのように用いることができるか、
ワクワクとこどものような探求心のままに、
挑戦し続けていること。

よくまあ、こんなふうにエネルギーフィールドの使い方を思いつくなあ、とか
よくもまあ、初めて学ぶ人間の気持ちに寄り添ったカリキュラムを構築できるなあ、
何十回、このワークショップを開催しても、感動しています。
わたしたちの潜在的な能力の可能性は無限なんだな、と感じます。

何百人の方にお伝えしてきて強く思うのは、
ヒーリングには 特別な能力は必要ない、ということ。

誰でも、何歳でも、いつでも、いつからでも、習得できる。
いわゆるニュートン的な「科学」の定義である
再現性と客観性、普遍性を備えているのです。

ユニークなからだへの気づきの瞑想と呼吸をつなげていくと、
わたしたちの「あり方」が変化します。
そして 共鳴場を増幅させてくれるテクニックをひとつひとつ習得していくと、
わたしたち自身が「歩く神社」へと変容していくのです!

わずか数十秒で、腸骨稜の高低差が立位のまま解消され、
呼吸が深くなり、痛みやこわばりが消え
誰にも言えない、いいたくない、忘れたい感情が
言葉にする必要すらなく、自然に穏やかに解放されていくのです。


今回はなぜか、難易度の高い「フャイヤー呼吸」が
とても上手なメンバーばかりで、
場のエネルギーの上がり方がとてつもなかったのです(*^_^*)

初日のお昼前には、全員がエネルギーワークを行い、
午後はイケメン頭蓋骨モデルくんと蝶形骨の美しさにため息をつきました♪
IMG_9211







IMG_9330











今回は、わたしの高校時代のバレー部のキャプテンも参加してくれて懐かしく嬉しい‼︎
7年前に、新宿で久しぶりにごはんを食べた時、
「クォンタムタッチRっていう面白いハンズオンヒーリングがあるんだよ」と
伝えたことが忘れられなかったそうで、7年越し!
みいな〜、ありがとう!


IMG_9324












この日のために集まってくださった仲間と語らい、
笑い、泣き、シェアを深め、
バナップル(見た目はバナナ、味と香りはリンゴ!)にかぶりつき、

IMG_9212









IMG_9249












11次元に思いを馳せ、愛のエネルギーワークの可能性を感じました。


2日目も朝から晩まで10時間に渡って、エネルギーについて語り合い、
チャクラを極め、呼吸と身体瞑想を用いたエネルギーワークを探求(*^_^*)


ワークのたびにどんどん共鳴場が上がり続けるので、
この場にいるだけで自然なヒーリングが起こります。

楽しくて疲れ知らず。
ワークすればするほど、元気になる。

「触れる」ことにこれだけの力があるのだと実感できるワークは、
地に足がついて実践的で、なによりとろけるほどに気持ちよいのです。
初日に学んですぐに、家に帰って、
家族へ行っても、心地よさと結果に驚きます。
IMG_9328













共鳴と同期化から、エネルギーヒーリングだけではない、
人とのコミュニケーションのあり方や、
自分との向き合いかたへの気づきが生まれました。

自然に流れる涙とともに、
一言も話すことなく感情が優しく解き放たれていきました。

ケアの現場で、臨床の場で、カウンセリングの場で、
家族とのコミュニケーションにも、誰にでも簡単にできる、
ある意味、

もうこれだけでいいよね、

なシンプルさがクォンタムタッチR️の魅力なのです。
IMG_9230













どの瞬間も、どの涙も、どの笑いも、どのワークも美しかったです✨
出会い、触れ合い、お互いのために
100パーセントで存在してくださったみなさま、
本当にありがとうございました!
これからも、にちゃーと、歩く神社で(*^_^*)


ご参加くださったみなさまから貴重な感想をいただきました。
いくつかシェアさせていただきます!みなさま、ありがとうございます♪

*YYさん ソーシャルワーカー
時間が足りない〜!素敵すぎて・・。
特別な人ができる、大変なものではなく、誰しもが生まれながらにして持っている力。
それをどうこう「してあげる」のではなく、自分が自分の波動を上げることで
共鳴させて「ともに」上がるのだという理論に深く感動しました。
「なぜ自分を高めていかないといけないのか」が分かりました。
それが人に、場に、伝わるからなのですね。
自分は無力ではないという自信がもてました。愛に基づいて作られた技法だということに
敬意を表したいです。
ご縁に感謝します!

*NNさん 
ひろこさんのひとつ質問がきたら10以上答えられるのは
熱意、知識、経験、向上欲があふれている証拠だと思います。
日ごろスピリチュアル〜な感じの人たちが多く集まるWSに参加することが多いので、
今回のように医療関係、ケア関係の人が多いのは新鮮でした。
QTはシンプルで究極のエネルギーワークのひとつだと改めて思いました。
究極、これでいいんじゃない?というところまで、シンプルにした
リチャードの才覚とやさしさに感動しました。ありがとうございました。

*TYさん 看護師
最初はイメージしにくくて、できるのか?と心配もありましたが、
体感していくうちに自分の身体の変化に気づき、これでいいのだ、と思えたときに、
とてもこころと身体におとしこめた感じがしました。
周囲のみなさんのエネルギー、つむぎの森のエネルギーを感じていると
身体にびりびりと電気が流れたような感覚もあり、とても不思議な経験ができました。
それなのに、とても手軽で、どこでもできる。
自分の心のメンテナンスにも使えるし、日々の看護にも利用できる術なので、
これから日々取り入れていきたいと思っています。クォンタムタッチRを受けているとき、
とても気持ちよくて、このままずっと、この状態でいられたら、と思った気持ちを
わたしの周囲の人にも体験してもらいたいと思います。

*IOさん カウンセラー
楽しくわかりやすく、とても有意義な時間をワークをさせていただきました。
ほかの人からの共鳴はできたし、痛みも減少。
なれたら、スイープ、ジョウゴの感覚、もっとつかめるようになるのかな。

*KOさん 保健師
愛に包まれた2日間でした。
自分の中の忘れようとしていた痛みを少しづつ解放できました。
誰にも言ったことがない、言えない、忘れたいこと。
もうそろそろ自分の中から解放してもいいのかな。と思えるようになりました。
自分の過去に戻るワークでは、最終的に母の卵巣の中で包まれている自分のたどり着き、
そこで感じたのは『愛』でした。
「あ、わたし、愛を知るために生まれてきたんだ。私の人生のテーマは愛だ」
と感じた瞬間、涙が自然とこぼれました。何とも言えない感覚でした。
本当に幸せでした。
この愛を感じ、伝えていくために、わたしはこのワークショップにたどり着いたんだ、と思いました。

*MKさん 会社員
このワークショップにこれたこと、参加メンバーと会えたこと、が奇跡と思えると同時に
QTを学んだあと、これは必然だったと思っています。
これから私を家族を友人を周りの人を支えてくれる心強いツールになります。
2日間のワークショップは時間の感覚もなく、いつまでも話を聞いていたいと思いました。

*WWさん 教師
エネルギー、エネルギーヒーリング、共鳴、宇宙など、疑問に思っていたことを
とても分かりやすく説明してくださり、腑に落ちることがたくさんありました。
お人柄が柔らかく、優しい雰囲気で、妙な緊張をすることなく安心して
受講することができました。実践ワークも多く、理論的なことを身体で体感して
1日目が終わった時にも自宅に帰ってすぐに試してみようという気持ちになれました。
笑いもたくさんあり、一緒に受けた方ともたくさんお話しすることができ、
とっても楽しい2日間でした。これからたくさん試してみます。

*AAさん アロマセラピスト
とてもシンプルなのにとてもパワフルな癒しがえられるものだと思いました。
語られることはこの世で肉体をもって生まれた私たちが求めているもの、
ベースにあるものはすべて一つ(QTでは「愛」と呼ばれるもの)なんだ、と再認識しました。
量子がとてもユニークで興味深く、哲学的なものなんだなあ、とますます興味がわきました。
もっと学びたいと思いました。
いろんな気づきがあって、うまくまとまりませんが、アロマセラピーのみならず、
生活のさまざまなところで、触れる、という場面について、これからのアプローチが
変わる予感してわくわくします。
呼吸、スイープなどまだうまくできないときがありますが、これから練習したいです。


Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

セラピストの本棚10
愛着アプローチ 2008年にラヴィングベビータッチケア講座を構築するとき 小児科医のボウルビィの提唱する「愛着理論」が 母子間の絆を育む要素として欠かせないこと、 ヒトが成長することの根幹に 「触れる」という触覚刺激が、もしかしたら食べ物と同等に、 それ以上に必要な要素であると知りました。 愛着にフォーカスして、さまざまな精神疾患や生きづらさを抱える方へ考察から 「愛着障害」という言葉で表現し、アプローチ法を研鑽されてきた 大阪の精神科医の岡田尊司先生のご著書を再読しています。 大学で心理学を学びなおし、 特に乳幼児の発達心理学やこころの理論や愛着について深めていくと、 不安や不調や生きづらさの根っこにある 愛着というスキームの欠如があると確信するようになりました。 ケアルームに来られるうつのかた、 パニック障害のかた、摂食障害やパートナーとのセックスレスや 自傷行為や衝動性や罪悪感なども、 愛着の構築のなんらかの機能不全という視点で見直していくと、 これまでの医療モデルとは異なる愛着アプローチが浮かび上がります。 求めているのは「病名」でも「お薬」でもなく、 「ただやさしく見つめられること」だったり 「目があって笑いあうこと」だったり、 「丁寧に扱われること」だったり、 「温かい手でふれられる」ことかもしれません。 タッチケアが新生児から思春期のこどもたちへも、 健康な成人にも、高齢者にも喜ばれ、必要とされる理由やレジリエンスにも関わります。 自分の愛着パターンを知ることでも、 世界との関わり方が変わります。 まっすぐ見ているようで、わたしたちの目は、 愛着というフィルターを通して見ているので、 自分のからだやこころや過去や未来や周りの人をそのまま見ることが難しいのです。 安全基地はこどもにも、おとなにも必要です^ ^
セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
2018





「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

【満員御礼♪】
ラヴィングタッチケアR基礎講座
The Awareness of Loving Touchcare
*日時:2019年6月29日30日 大阪開催⇒受付中
詳細に関してはホームページに順次アップしてまいります。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。参加費はオイル代込で初回5000円です。大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。
*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ