つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

January 2016

つながり、支え合い、健やかに生きる。ホリスティック・ピープルのための講座、4月に開講します♪

今日は東京日帰り研修でした♪

途中の富士山は残念ながら、
雲のなかでしたが、
東京は快晴!

ニコライ堂の近くの会場で、
わたしも理事を務めている、
日本ホリスティック医学協会が
今年から本格的にスタートする
ホリスティックヘルスインストラクター
を研修するための講座に
参加しています(-_^)

関西支部からも支部長や
スタッフら6人が参加し、
休憩時間も会議が続きます。
image







ホリスティック医学協会は
来年で設立30周年。

全体性やつながりを重視し
健康や病気、障がいのあるなしにかかわらず
穏やかでしあわせに生きること。
あるいはその実感が得られる
持続可能な生き方、
健康観を提案してきました。

西洋医学を否定するのではなく、
開かれた態度で、
私たちが幸せに生きるための
古今の叡智を分かち合える、
そんな生き方を大切にする方を
私たちは

ホリスティック・ピープル

と呼びます。
image






ホリスティックなライフスタイルや
ホーリズムに根ざしたあり方を
人々に伝える「伝え手」を
サポートし、
草の根での活動を普及しようと、
ホリスティック・ヘルス塾プロジェクトが
スタートしました!

image






ホリスティック医学協会スタッフ全員で、
何年もかけて構築してきたのですが、
今回の第一回研修には、
日本全国から
熱い思いとともにたくさんの方が
集まってくださり、
感無量です。

わたしは、すでに去年、
インストラクター研修を受け、
インストラクター認定されているのですが、
こんどは関西支部でも、
インストラクター研修講座開講をするため
の勉強にきています。
何度も何度も学ぶことで、
ホリスティック哲学への理解も深まります(o^^o)

支え合い、つながりあう健康観を伝える、
ホリスティックヘルス塾は
つむぎの森でも開講します!

まだ詳細はアップしていませんが、
日程だけ告知させてください!
4月16日です(^o^)/
午前中の3時間を予定しています。

ホリスティックなライフスタイルや
セルフケアにつながる健康観を
一緒に学び、
ホリスティックピープルの仲間になりませんか?

ええ!こんなことで?風邪を家族でうつし合わないとっておきの方法♪

暖かいと思っていた今年の冬。
一気に寒くなり、
そうそう、冬ってこんな寒さだった…
と懐かしく思っているうちに、
インフルエンザと風邪が流行っています。

風邪を治す薬はありません。
たっぷりの睡眠、安静、栄養、
保温が風邪治療、
いえ、ほとんどの病気の回復促進の基本です(o^^o)
人ごみにいかないこと、
うがい、手洗いも有効ですね。

アメリカでの研究では、
インフルエンザウイルスを
鼻粘膜に塗布しても、
発症する人は一割くらい、
だそうですから、
「気合い!」も
普段の生活習慣や、体質も関係してくるでしょう。

家族に、例えば子育て中で、
保育園に通う下のお子さんが風邪を引き、
他の兄弟姉妹や
お父さん、お母さんまで
順番に感染して、
また子どもに感染して…という話も
よく聞きます。


わたしには二人の子がいますが、
この方法を生まれた時から実践しているからか、
免疫力が高いのか、
ありがたいことに、
ほとんど風邪をひくことがありません。

もう20歳近くになる息子も
高校生になる娘も
風邪薬をほぼ飲んだことがありません(o^^o)

病院にも、
肌の弱い娘が
皮膚科と歯科医に、
たまに行くくらいで、
息子はそれすらも行ったことがない!

なので大学受験で進路を考えるとき、
「なあ、お医者さんもいいよ〜、考えてみたら?」

と言ったら

「おれ、医者をほとんどみたことがない。何する人なんや」

という「迷言」をつぶやいたほど(>_<)


我が家で行う、家族間感染を防ぐ方法…。

それは、

洗面所にタオルかけを、
人数分用意し、
一人一枚ずつ、手拭きタオルを使うこと!

ええ!
たったそれだけ?

はい、これだけです♪

ベビータッチケアの教室で
何百という子育てママにお会いしましたが、
意外と洗面所での手拭きタオルは盲点で、
家族それぞれ分けている、
というご家庭は少ないです。
というより、ほとんど聞いたことがありません。

どれだけ部屋を別にしていても、
手拭きタオルを共有していたら、
ウイルスや細菌を、
共有することになります。

洗面所が狭いので、何枚もタオルかけを
つけられません、という方もおられると思いますが、
もう一工夫、してみてください。
タオルも、安いものでいいので、
買い足してください。
うちは、子どもたちが大きくなってきたら、
自分でタオルを変えるように
習慣づけました(o^^o)

毎年、風邪を何度も家族でひく、
という方がたも、
この方法で、頻度がかなり減ったと
報告してくださいます。

たったこれだけのことですが、
もし、家族のなかにひとり、
風邪ひきさんがでても、
他の家族にうつる可能性は低くなります。

これからが、風邪の本格的な流行とも
言われています。

ぜひぜひ、試してみてくださいね〜♪

赤ちゃんが一番こわいことって・・

赤ちゃんにとって、
世界が崩れてしまうほどの恐ろしさを
感じている こと、
なんだと思いますか?


もちろん、
お腹がすくことも、
眠れないことも、
暑さ寒さも不快に
感じているのですが、
もっと、「怖い」感情を感じること、って?


赤ちゃんはお母さん(養育者)が大好き。
生理的早産で生まれる私たち「人間」は、
脳の発達を優先したために、
それ以外の肉体的な機能は未成熟に
生まれてきます。
一年間は、自分の力で移動することも
食料を探すことも、話すことも
できません。

わたしが伝えている
ラヴィングベビータツチは、
親子の絆を育む触覚刺激を用いた
スキンシップの方法。

大好き、を伝える肌と肌の触れ合い、
まなざし、言葉かけを基礎に
心身の発達や知能の発達、
筋肉や姿勢が整い、
乳幼児期のお母さんとの関わりが、
人とのコミュニケーションの
土台となることを
お母さんたちにお伝えしています。


さらに、
ベビータッチケアインストラクター講座では、
もっと深く、広範囲に
触覚刺激のメカニズムから始まり、
とくに乳幼児へのタッチがなぜ、
人生の土台になるのかを
愛着という観点から多角的に学びますが、
受講生たちがいつも、びっくりするのが
この映像です。
赤ちゃんとお母さんの表情の関係性がはっきりしていて、
ある意味衝撃です。
というか、あまりにも赤ちゃんが無防備に
お母さんが大好きなことが伝わるので、
この実験そのものに、胸が痛くなります(>_<)
実験前後のお母さんと赤ちゃんの
相互のやりとりも素晴らしい!

image
愛着という言葉は
イギリスの小児科医ボウルビィが提唱しました。

戦争孤児の研究を通して、
人生の最初の数年間に、
ある特定の人物に対して築く
特別な情緒的な結びつきが
こどもの成長に不可欠であるということ。

特に幼児期までの子供と
育児する者とのあいだに形成される
情緒的な結びつきを愛着と呼んだのです。

では、成長に不可欠となる
安定した愛着はどうやって育めるのか、
というと、
タッチや安全な抱っこ.
アイコンタクト、
微笑、欲求の実現など、
こどもの行動に対する
養育者の敏感な反応によって
確立されると言われています。


赤ちゃんが微笑むので、
お母さんも微笑む。

赤ちゃんがムズムズしたら、
「どうしたの」とお母さんが声をかける。

面白いことを見つけたら、
こどもはそれを、どうにかして
お母さんと共有したいので
「見て、見て、ほら、ほら」
話せなくても全身でお母さんに
訴えて、同じものを見て共感したい。
こどもたちは、基本的に感動共有型人間です!

お腹が空いたら、
「お腹がすいたよ〜」と泣くので、
お母さんに、優しく抱っこされて、
名前を優しく呼ばれて、
甘くて美味しいおっぱいが飲みたい。

お母さんの表情をいつもいつも
真似しようとしている。
お母さんそっくりに笑うと
お母さんが笑うので、
お母さんがもっと好きになる。


そんな、何気ない行動の積み重ねが、
「人」が育つための
聖なる行為でもあるのです。

そして、お母さんにとっても、
赤ちゃんの呼びかけに応じて、
撫でたり、触れたり、
声をかけたり、微笑み、アイコンタクトを
とることで、
母子ともに愛情ホルモンオキシトシンを
たっ〜ぷり、分泌させることができ、
さらに愛着の絆を育てていくのです(o^^o)

本当に
シンプルで
完璧‼︎
なシステムだと思います(-_^)

赤ちゃんにとって
もっとも恐怖に感じるのは、
「母子分離」

この映像は、
STILL FACE
と呼ばれる心理学での実験です。

お母さんが無表情になったときの
赤ちゃんの恐怖と戸惑いと、
恐れと怒り、
最後は諦めまで、
見てとることができます。


この映像をみて、いつも思うのは、
スマホをじっと見ているお母さんと
無表情なお母さんの顔を、
顔をこわばらせてみつめている赤ちゃん。
時々、電車でも見かけますよね。

教職の友人がたくさんいるのですが、
携帯電話が主婦にも普及し始めたころから
コミュニケーションがうまく取れない小学生、幼稚園生が増えてきたと
嘆いていたこともうなづけます。
もちろん、一つの要素だけではありませんが
公園に行っても、電車の待ち時間も、
お母さんは、無表情でスマホ、携帯。
そんな今の様子を見ると
確実に、お母さんと赤ちゃんがコミュニケーションしていた時間は
減っているように思います。
「夢はスマホになること」と作文に書いたこどもがいるそうですね。
あんな風に、一生懸命、僕を見て欲しいから、と。

最初は赤ちゃんもお母さんのスマホ顔を見て大泣きしていたはず。
でもあきらめてしまうのですね・・・。

100パーセント、いつも
完璧な笑顔はだれもなれないけれど、
無表情なお母さんの顔に、
赤ちゃんが恐怖を感じていることは、
知っていてほしいなあ、
と切実に思います。

それと同時に、
お母さんが自然と笑顔になって
子育てできる環境作り、
周りのサポートを充実させることも
すすめていかないと。

資料整理の達人になる‼︎

最初は自分のからだを整えるための探求でした。

20代での病気の時、
あまりにからだが痛かったので、
天井を見て寝ている時間が長かったですが、
自分にできることを探そうと
ホリスティック医学に出会い、
食べ物を変え、
玄米正食にはまり、
(今は雑食健康法です!)
自然農法にはまり、
自然食という名前の昔ながらの食べ物を扱い、
心と意識について学び、
アロマセラピーに出会いました。

それから25年たち、
あの頃の自分とは別人になったように
どんどん元気に、
なによりも、
どんどん自分のことが
好きになりました。

からだと心は心身一如。

ソマティックな観点では「身」とも呼ばれ、
ホリスティック医学では
こころ、からだ、魂の統合体が
わたしたち「いのち」であるから
からだが整うと心が整い、
体の痛みが和らぐと心も穏やかに緩やかになる。

そしてふっと気が付くとセラピストとしての私は、
タッチセラピーに
クリニカルアロマセラピー、
エネルギー医療、手技療法に
ヒプノセラピーにリフレクソロジー、
医療ケアが必要なこどものためのタッチケア、
ラヴィングベビータッチを行っています。

本職はいったい何??と
見た目はあれもこれもに見えるかもしれません。

多様な症状と背景を持つクライアントに
最適なアプローチ法を提供したい、
そんな思いで無我夢中で学び、
保育士や心理士、
笑いヨガリーダーまで取得してしまいました(o^^o)
もはや何者か、一言でいえません。
が、どのツールも、毎日のセッションの中で大活躍しています。

それぞれのアプローチは
確かに方法は異なれど、
コアにあるのは
ホリスティックな複合体である
わたしたち人間という存在が、
心地よく生きられるからだとこころとエネルギーを紡ぎ合わせていくこと。

痛みや、悩みや、
苦しみや、閉塞感や
どうしようもない悲しさや
喪失の痛みや、
自己を探求し、
世界とつながりたい、
さまざまな想いや身体の状態に
今、ここで、どの側面に働きかけたら良いのか、
どんな言葉かけや、認知の修正を行うことが
目の前にいらっしゃる方にとっての
よりよい方法なのか、
引き出しをたくさん持つことは、
多様な観点を提示することができるのです。


分野が広いので学ぶこともたくさんあります(^^♪
学ぶことが、生きることと同じくらい好き!
とくに人のからだ、細胞や筋肉や脳の働きや
心やエネルギーに関する学びは終わりがなく、
楽しすぎて飽きることがありません。

関連する本を読み、動画を見、
研修に参加し、論文を探し、
すきま時間が少しでもあったら
それらを資料にしていく作業も大切にしています(o^^o)

紙媒体ではパンクしてしまうので、(すでにパンク!)
いまは音声入力を使ってスマホやパソコンに入力し、
それを見出しごとに整理しています。

去年からは
見出しごとにパワポのスライドにしてみました。
たくさんの資料をひとつひとつ、
スライドに落としていく作業はあまりに地道で
くじけかけましたが、
出来上がった見ると
一覧表示で全体が把握できて、
テーマごとの入れ替えも楽なのでいい感じです。

でも、もっといい方法があるか模索中。
ちなみにわたしのタッチセラピーの師のティナは、
検索した論文保存用のKindleを6台も駆使しているそうです!

みなさんは、どんな方法を使っておられるのか
興味津々です!
おすすめのソフトや、みなさんの秘密の方法があれば、
こっそり教えてください〜〜(^o^)/


ルーツにつながる回想法♪

週末から寒い1日になりました。
風が肌に刺さります(>_<)
大阪市内は雪は降りませんでしたが、
バケツの水が凍ったり、つららになったり。
でも昭和40年代は、冬はそんなもんだったような記憶があります。
通学路の川は、凍っていることも多かったし、
まだ舗装されていない道の霜柱をシャキシャキ音を鳴らせるのが
楽しかったですね。
みんな、薄いジャンパーくらいしか着ていなかったし、
半袖半パンの強者も、クラスに必ずひとりか二人いて、
半パンから出ている足が、冷たい風のために真っ赤に
なっていました(^^♪
子どもの数があまりに多くて、
一人一人に、きちんと手をかけていなかったように思いますが、
電話もまだあまり普及せず、
テレビは一家に一台、
パソコンもスマホも、コンビニもなかった時代の
のんびりした親子の時間は、今よりもたっぷりあったように思います。


今週からは大学の後期試験が始まりました。
目標としていた心理の資格に関わる科目は
2年で全部クリアできましたが(かなり大変でしたが・・・)
今期開講科目も興味深く、
来季のシラバスも送られてきたのですが、
新規開講科目も充実しているので、
家事と仕事と勉強の時間をやりくりしながら
まだまだ通い続ける予定です(^^)/

今週も、ケアルームの施術の合間を縫っての試験になるので
いつもよりハードスケジュール♪

1日目の試験が無事終わり、
午後から久しぶりに実家に顔を出しました(-_^)

今年、わたしがやろうとしていることの一つが、
父母が元気な間に、
私や子どもたちのルーツに繋がる話をしてもらうこと。

両替商だった母方の実家。

母方は祖父も祖母も100歳まで長生きしてくれました。
おかげでわたしは、老いることに
悲観的なイメージをもつことなく成長しました(^^♪

特に祖父は趣味人で、毎年田舎に帰るのが楽しみで・・。

小さな家ですが大阪の家から比べたら
しかも子供時代にはかくれんぼうしても、
まだまだお部屋がある造りに大喜びしていました。
ちなみに叔父の家は、
「粋な黒塀見越しの松に~♪」なお屋敷だったそうです。
とはいえ、そんな話、初耳で、真相はわかりませんが(^_-)

わたしが覚えている祖父の家は
庭の池に鯉が泳ぎ、
香炉で香をたき、
床の間は趣味の良い掛け軸と
祖母が生けたお花で美しく、
炉を切った和室では
祖父のたてた濃い~お茶をいただき、
お椀を眺めるのが決まりでした(^^♪
小唄、端唄、都々逸・・・
100歳の誕生日には芸者をあげてくれ、
なんて言っていた祖父は、
日本の古代史もこつこつ研究していたようで
わたしはずいぶん幼い時からニギハヤギが・・・
なんていう話をたたきこまれました。
俳人で、茶人な明治生まれ♪

思うと、今のわたしの趣味や仕事に
この祖父の影響は大きいと気づきます。

香炉から伽羅や白檀の、
嗅いだことのないような
高貴な香りが漂うと
うっとりとしたことが
アロマセラピストになる第一歩だったのかも。
そして高校生時代くらいから、
ひとり神社を巡り、
日本の隠された歴史や民俗風習をいまだに学び続けています。


反対に、父方の祖父のことはよくわからない人でした。
物心着いたときには、
祖父は病気であまり動けなくなっていたのです。
わたしが描いていた祖父のイメージとは
実は違っていたことなど、
50歳にして初めて知ることばかり(o^^o)

そして、戦中には大阪大空襲を疎開で潜り抜けたものの、
家が全焼し、焼け跡の中から苦労し、
戦後の混乱期に、北浜で仕事をしていた父は、
朝ドラの船場言葉がやっぱり懐かしいらしく。
そういえば、自宅で仕事の電話があると
「でっしゃろ」とか、「でんなあ」を連発していたなあ♪と思いだします。

高齢者の回想法のような
でもわたしにとっては大切なフィールドワークであり
聖なる旅。
まだまだ続けます♪

薄毛予防のアロマセラピーケア♪

この10年、そんなつもりはなかったのに
ず〜っと伸ばし続けていたロングヘア。

じつは少しゲンを担いでいたのかもしれません。
長い髪は、霊的能力のアンテナですよ・・なんて(^-^)

そんなゲン担ぎを忘れてしまうくらい、
伸びきってしまうと手入れがとても楽なのです。
自然派だから・・・ともっともらしく
じつは面倒だから、という理由で
この何年かは、石鹸シャンプーでがさがさ洗い、
自然乾燥させ、ブローもなにもしたことなく、
外に出るときは椿油をつけてくるくるっと輪ゴム2本で
お団子にしていたので、
髪をじっくり見ることもなかったのですが、
50歳にして目立ってきたのが抜け毛です!

ありがたいことに
父親譲りなのか、まだ白髪はほとんどないので、
年に1回くらい自分でヘナ染をするくらいですが、
なが〜い髪が秋から冬にかけてどんどん生え変わり?
その抜け落ちた髪が、
排水口や洗面所に渦巻いているのを見ると
「大丈夫か??」とどきっとしていました。

とうとう、つむじが見え始めたことに気付き、
去年から始めたのがアロマオイルでのマッサージです。

アロマセラピーは優れた自然療法です。
植物の葉や花や茎や実から抽出された精油は
化学成分の集合体であり、
植物のいのちのエッセンス。
DSCF0056
それぞれの植物の育った地方や
気候、土壌や、植物の種類、抽出部位や抽出方法によって
その効用が異なり、
同じ植物でもケモタイプとよばれる異なる薬理効果を持つものもあります。

わたくし、クリニカルアロマセラピスト直伝の
アロマセラピーでの抜け毛予防はこれ!

わたしはふだんケアルームでの施術で
アプリコットカーネルオイルを用いていますので

アプリコットカーネルオイル50mlに
イランイラン精油 2滴
ローズマリー1.8シネオール精油 2滴
ラベンダーアングスティフォリア精油 3滴
をブレンドし、
お風呂に入る前にこのブレンドオイルを頭皮に
ティスプーン一杯くらいを塗布して、
2~3分、頭皮全体を両手でもみ込むように
マッサージします。
頭皮全体にオイルがいきわたったら
そのままお風呂に入ります。
わたしはお風呂で本を毎日読むので
30分くらい、オイルトリートメント状態♪
そして、普通にシャンプーして普通に洗い流すだけ。

次の日の朝、髪の質が変わることが分かります!
ふさふさ、さらさらになるのです。

このオイルは実はケアルームを訪れる年配の方に
大好評です。
白髪が減り、つやつやとなった60歳の方。
髪の量が増えたと50代のご主人が大喜びされた方、

わたしの夫も、抜け毛と薄毛が気になり、
ひそかに、いろ〜んな増毛剤を試していたようですが、
このブレンドオイルマッサージが一番効果的だったと
絶賛しています(^^♪
夫はふだん、わたしを褒めたり、認めたりすることが
とっても悔しいタイプなので、
絶賛するなんて、珍しいことなのです。

わたしは髪の内側に増えつつあった白髪も
減ってきています♪

みなさまもどうぞお試しくださいね!

呼吸と身体瞑想を用いるエネルギー療法、クォンタムタッチRレベル1ワークショップを3月開講!

クォンタムタッチRは、
海外では医療機関でも用いられるようになってきた
非侵襲的なエネルギー医療です。

今年最初の2日間レベル1ワークショップを開催いたします。
今回で25回目のワークショップは、
初めてエネルギーワークを学ぶ方にもわかりやすく、
またこれまで学ばれていた方には
さらに深い実感とともに実践していただけるよう少人数で丁寧に指導します。

クォンタムタッチRは軽く相手のからだに触れる、
あるいはまったく触れることなく、
安心と安全な穏やかさを提供し、
痛みや症状をやわらげていきます。

呼吸と身体瞑想とともに触れることにフォーカスし、
世界は、
わたしたちは、
愛でできているのだと、
からだとこころで感じる素晴らしいワークです。

タッチの質が大きく変化すること、
触れることは触れられること、
穏やかなタッチがわたしたちの心身を優しく整えることを実感できる2日間です。

乳幼児、妊婦、高齢者、症状や痛みのある方、
ペットまで適用の範囲が幅広いため、
つむぎの森のワークショップには、
医師や看護師、助産師、臨床心理士、
看護教員、代替医療家、セラピスト、アロマセラピスト、
鍼灸師などの専門職の方も多く、
また家族の健康を願うお母さんや、
子育て中の方、会社員などさまざまな方が
クォンタムタッチRを仕事や生活に活かしておられます。

エネルギーワークには特別な才能は必要ありません。
どなたでも簡単に習得していただくことができます。

お申込みはつむぎの森ホームページのお問い合わせフォームから、お願いします。http://tsumuginomori.com/event/qt/entry_889.html

【クォンタムタッチ(R)レベル1ワークショップご案内】

このワークショップは、
クォンタムタッチRヒーリングへの理解を深め、
実践的に学び、学習していくための2日間のワークショップです。

創始者のリチャード氏の思いや、
クォンタムタッチRの基本的な概念をすべて包括し、
クォンタムタッチRの世界を体験できる
さまざまなワークを通じて、
2日間でヒーリングをどなたでも行うことができるようにプログラムされています。

全世界共通の厳密なシラバスがあるため、
どの講師から受けても内容は同じで
(インストラクターの個性で若干違いはありますが)
料金も共通になっています。

今回日本に4人しかいない、
レベル1・レベル2の両方の認定を受けた
認定インストラクターのはやしがインストラクターを務めます。

以下のような内容を学びます。

少人数で丁寧にワークを行いますので、エネルギーワークが全くの初心者の方でもご安心ください。

・からだを感じる瞑想と呼吸法

・エネルギーの流し方

・症状に適応したハンドポジション

・骨盤の歪み、蝶形骨の歪みへのアプローチ

・ヒーリングテクニックを増幅するさまざまなテクニック

・共鳴と同期化とは

・色とチャクラを用いたヒーリング

・愛のエネルギーを増幅させる方法

・意図を用いるワーク

・音を用いたヒーリング

・ボルテックスエネルギーを用いたヒーリング

・骨格の歪みの調整

・QTで豊かな資源を引き寄せるワーク

・遠隔ヒーリング

・過去や未来へのヒーリング

・感情の解放

など盛りだくさんです。

またつむぎの森でクォンタムタッチワークショップを
受講された方のみを対象にしたフェイスブックのグループがあり、
こちらで集中遠隔ヒーリングや体験のシェア、
ヒーリングサークルを開催しています。

QTはわたしたちが自分の人生をよりよく生き、
自分を知り、能力や思考の枠から自由になり、
自己実現を助け、
人とのコミュニケーションを円滑にするパワフルなツールだと考えています。
このような趣旨にご賛同いただける方のご参加をお待ちしています。

【完全予約制です】
ご入金が済んだ時点でのお席確保となりますので、
ご希望の方は、まずはメールでお申し込みください。
詳細をご案内いたします。

【ファシリテーター】はやしひろこ

クォンタムタッチ(R)米国本部認定レベル1、レベル2インストラクター/プラクティショナー

2008年にプラクティショナーとなり、
2009年からインストラクターとして活動しています。
2010年リチャードからレベル2を受講、
アレンのスーパーチャージングもハワイ島で受講し、
触れることは愛を伝えることをテーマにした
毎日のセッションでもワークを深めています。

ケアルームでの施術は5000を超え、
豊富な臨床経験をベースに医療センターや
術前術後のケアとしてもクォンタムタッチRを用い、
がん患者さまや緩和ケア、
医療ケアが必要なこどもたちへも優しい愛のエネルギーワークの施術をしています。



ワークショップでは、臨床での体験や心理学の知識なども統合して、
量子医学理論やタッチワークをさらに深めてお伝えしています。

ご縁を楽しみにしています。

*日程:2016年3月26日、27日(全2日間)

*時間:10時〜19時(終了時刻は若干変更があります)

*会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森

JR環状線・地下鉄・京阪京橋駅より徒歩4分。お申し込み時に詳しくご案内します。

*インストラクター:はやしひろこ

*講師プロフィール:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森主宰。

クォンタムタッチR認定レベル1インストラクター・レベル2インストラクター/プラクティショナー

NPO法人日本ホリスティック医学協会理事

クリニカルアロマセラピスト/保育士/認定心理士

催眠療法士/ラヴィングベビータッチ(LBT)インストラクター

医療ケアが必要なこどものための小児タッチセラピー上級セラピスト。

著書に『赤ちゃんとママのしあわせタッチケア〜絆を育むラヴィングタッチケア』(学陽書房)

二児の母。大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。





みなさまのご参加をお待ちしています(*^_^*)



*受講料:

2014年4月より、消費税率の引き上げがおこなわれましたので

それに伴い、新税率適用後の受講費用は以下のとおりになります。

21日以前のお申し込み(早期割引): ¥48,600 (税込)

21日以内のお申し込み(正規費用): ¥54,000 (税込)

再受講/18歳以下: 正規料金の半額

*再受講生は、再至近のワークショップで発行された認定証を、ファイルで添付いただくか、お申し込み時にご提示ください。 この認定証は、クォンタムタッチ認定インストラクター開催によるワークショップで発行されたもののみ有効ですので、ご注意下さい。修了書はプラクティショナー申請・インストラクター申請の際の公式書類となる修了書です。

【開催日時と場所】

■2016年3月26日27日全2日間

10時〜19時ただし終了時刻は前後する場合があります。

遅刻、早退の場合は修了書をお渡しできません。

■会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森

(大阪・JR京橋駅・京阪京橋駅徒歩3分)

【キャンセルポリシー】本部規定

ご入金が終わられてから、何らかの事情でのキャンセルの場合、

以下の規定にてご返金いたします。

クラス開催日から起算して:

15日以前・・・諸手数料を引いた残額

14日以降10日以前・・・受講費の50%から諸手数料をひいた額

9日以内のキャンセル、当日になっての不参加・・・0%

◆ 手数料はどの時点でも、¥4500といたします。(再受講の方は2500円)

上記キャンセル率を適用後の返金額分から差し引かせていただきます。

なにとぞご了承ください

◆ こちらの都合によるワークショップのキャンセル、天災などの不可抗力によるものはどの時点におきましても100%返金いたします。

◆ また参加資格をどなたかにお譲りいただくことは可能です。

◆ キャンセル待ちの方もおられますので、万一キャンセルされる場合は必ずご連絡ください。

【重要事項】

クォンタムタッチRは強力なホリスティックセラピーで既存の医療を補助するものですが、それに取って代わるものではありません。

私たちが診断を下したり、薬を処方することはありません。いかなる医療問題であれ、それらの診察と妥当な診断、ならびに処方薬に関しては、かかりつけの医師に問い合わせてください。

なにかご質問などあればお気軽にお問い合わせください。



お目にかかれますことを楽しみにしています(*^_^*)



はやしひろこ


抱っこ抱っこ抱っこ!抱っこは良質なタッチケアです♪

先日のラヴィングベビータッチレッスンは、
抱っこトレーニングがメインでした(^-^)

ラヴィングベビータッチは、

「ラヴィングに触れる」触覚刺激を
お母さんから赤ちゃんに行うタッチケアです。

わたしの教室では、できるだけマンツーマンで、
親戚の子供好きのおばさんのところに
遊びに来るような気持ちで訪れていただいています(o^^o)

タッチケアは、本当はわざわざレッスンを受けなくても
人類がずっと営んできた抱っこや授乳が基本になります。

10年以上、これまでに数百組の親子に
レッスンをしてきましたが最近多いのが、
抱っこができないお母さん。

いえ、抱っこはしているのだけれど、
グニャっと赤ちゃんの体幹が歪んでいるパターン、
お母さん自体の体軸がしっかりしていないので、
お母さんと赤ちゃんのお腹が合わさらない、
おんぶでも、吊り下げられたように首をのけぞらせている赤ちゃんが
目立つようになりました。

街を歩いていても、気になる気になる〜!

そんな赤ちゃんは大抵、
ぐずりも多く、寝つきも悪く、
よく泣き、眠りも浅い、遊び飲みをする、
という悩みをお母さんが持っていることがとても多いです。

つまり、育てにくいと、お母さんが感じている。

タッチケアを行うと、
睡眠の質が良くなり、寝つきもよく、
よく飲み、よく笑い、覚醒と弛緩のオンオフが気持ちよくできるようになるのです。


4ヶ月のDくんは寝つきも悪く、
ぐずぐずが長く、せっかく寝たと思っても、寝床に置くと大泣きになるとのこと。

大泣きしているDくんを、
ちょっと抱っこさせてね〜〜と抱っこすると、
1秒で泣き止む♪

ほら、こんな風に抱っこしてみようね、
とお母さんに変わると、大泣き。

で、またわたしが抱っこすると、
スイッチが切り替わるように瞬時に泣き止み、ニコニコ。

この変化をあまりに強調すると、
お母さんが自信をなくしてしまうので、
抱っこの仕方でDくんのからだの楽さが全然違うんだよ〜〜
と理解してもらうために、
何度か抱っこチェンジを繰り返しました。

手を添え、お尻を包み、同じ形になってもまだ何か違う。

お母さんの手に力が入るのですね(>_<)
ググッと、力で押し上げられる感覚と、
包み込まれて安心を感じる抱っこの違いを
お母さんに体感してもらい
ようやく、お母さんが赤ちゃんをふんわり包み込むように抱っこできました(^o^)/

泣いたり、泣き止んだり、を何回も繰り返したDくん、
最後は「お船を漕いで〜♪」の手遊びタッチで、
すやすや。
良い抱っこは、
赤ちゃんもお母さんも呼吸がしやすく、密着して暖かく、心地よい。
そんな感覚は、まさに良質なタッチケアです♪
抱っこだけの講座、開こうかな。

守り、育むこと

今日は一日、大学にこもり、
乳幼児の発達と保育論を中心に後期試験の勉強中♪

「保育」という漢字の字源、
知ってますか⁉

「保」は「イ(にんべん)」に「呆」。
「呆」はおむつを着けたこどものこと。
だから、人がおむつを着けたこどもを守るという意味。

「育」の上部分は、
「子」を逆さにしたもので、
この世に生を受け、
母親の胎内から出てくる様子をあらわしているそうです!

下の「月」はこどもが肉づきよく育つことを願ってるもので、
まさに「育むこと」なんですね♪

しみじみと感動(o^^o)

水辺のケアルームつむぎの森♪

お正月に作った新ケアルームの表札♪


まだまだ改良が必要だなあ、と思いますが、
午後のお客様には
なかなか可愛いと気に入っていただけました(o^^o)

新ケアルームの大規模修繕が終わり、
南側のバルコニーも床が塗り替えられました。
光沢のある素材なので、
大川の川面に映る太陽の光が反射して、
ケアルームが天然のサンキャッチャーのように光ります♪

日が長くなり、お客様を迎える前の朝の時間のキラキラが美しく、
準備する手を止めて、見入ってしまうこともしばしば(o^^o)

ここに移ってきて驚いたのが、
川を行き交う船の多さ!

大阪は水の都、
もともとこの川も野崎詣りでは川岸を歩く人と
船に乗る人が掛け合いをしていた場所でもあります。

そして野崎まつりは、もしかしたらキリシタンのイースター祭ではないか、
という説が私の心をとらえて離さない。
満艦飾の船が、この川を威風堂々と風を切って
何台も連なっていた様子を想像しています。
いつかここで、船に引っ張られてサーフィンするのが夢(-_^)

この日はケアルームはお休みだったので、
自宅の庭のクリスマスローズをケアルームに運びました。
土や鉢も運びこみ、宿根草も準備中♪
春には、たくさんの緑とお花が楽しめる予定です。
大川沿いの桜もきっときれいだろうなあ。
真正面のクリスタルビルの真後ろが大阪城です。1914560_729184547182982_6273536423882409095_n

夕陽に映える大阪城、想像してくださいね(-_^)
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

月のこよみ
はるか太古の昔から、
わたしたちは月の力を感じ、
そのリズムにしたがって生活
してきました。
いまでも女性は月の満ち欠けが生み出す力に
大きく影響をうけています。

hiro

月ごとの生殖リズム、出産、
肌の新陳代謝のサイクル、
気分の波・・・。

新月から満月への連綿と繰り返される
月のリズムと調和し
こころとからだとスピリットを
開放してみましょう。

新月は計画を立てたり、新しい物事を
始めたりするのに最適の時。

Archives
livedoor プロフィール
お気に入りの音楽3



クリスタルボウルは
瞑想のために開発された楽器。
純度98.9%のクオーツクリスタルから倍音が響くと、
そのバイブレーションがからだの細胞にしみこみ、
さらに心の奥深くまでを溶かしていきます。

初めて、この「アルファ」のCDを聞いたのは何年か前の夏の日。
子どもたちとお昼寝をしようと、ござに寝転び、CDをかけたのです。

すると・・・
知らない間に、涙がどんどん流れてきて、みんなで、「涙が出る〜」といいながら聞き続けました。
しばらくすると、子どもたちが「いまの音、この辺に入っていった」
「この音は、ここにぎゅーんで響く」とからだのあちこちを触りだしました。

クリスタルボウルは人のからだのチャクラに対応しているのです。
7種類の音は、7つのチャクラと共鳴し、それぞれ対応する音があらわす部位を子どもたちは感じていたのでした。

クリスタルボウルの深い響きは、左脳と右脳のバランスをとり、内なる存在とつながり、静けさと湧き上がるエネルギーを感じることができます。


いまも、セッション中にこのCDをかけていて、あまりの美しい旋律に、涙がこぼれることがあります。
何回聞いても聞き飽きることがない、
おすすめの1枚です(*^_^*)

セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

セラピストの本棚8
<セラピストの本棚8>

『整体入門』
野口晴哉著
筑摩書房



野口晴哉氏は天才だと思います。
10代のとき、この本に出会ってから、
からだや心に対する見方が大きく変わりました。
整体協会に属したことはなかったのですが、
主に著書を通じて氏の世界観に触れることで大きな影響を受けました。

野口整体の創始者として、
日本の東洋医学を代表する人物である野口晴哉が、
初心者に向けてわかりやすく野口整体のポイントを説いた本書は
最近文庫になって再登場しました。
ランキングに載るほど話題になったそうです。

「愉気」という触手療法の体系を作った氏は、
「愉気とは楽しい気で相手を包むこと」といいます。
そっと相手に手を触れることで、
自己調整が目に見える形でトレーニングできる方法を生み出し、
「活元」と名づけました。

人間を12分類した体癖理論は難しく理解したとはいえませんが、
「気」とは何か、からだの要求によって動きが生み出されること、
癒しの手をつくる合掌行気法、
脚湯の仕方、自分で歪みを正す体操、
便秘の解消法、母乳の出し方、
月経痛をなくすには、などなど
からだのゆがみやねじれの解消法について
「からだの凄さ」を改めて感じることができます。

何度読んでも新しい発見があります。
『風邪の効用』と併せて読むと理解が深まります。
お気に入りの音楽2


『永久へのカノン』

ダニエル・コビアルカ

パッヘルベルのカノン。大好きな名曲です。この曲のCDはいくつか持っていますが、コビアルカのカノンでは新しい魅力を発見することができました。
知っている曲は脳が活性化してメロディを追ってしまうので、セッションでは不向きなのですが、このカノンはまったく邪魔することなく、また呼吸のリズムときれいにあって、深い深いリラックスをもたらしてくれます。
そして、このCDの本来のタイトルでもある「Timeless Motion」
この曲のためだけに1枚購入してもいいくらいです。
セラピストの本棚7

『フレグラントマインド』
バレリー・アン・ワーウッド
フレグランスジャーナル社








アロマ心理学の草分け的存在の
ワーウッド女史が、心とからだの健康を目指して
取り組んだ本書は初心者ははもとより
経験をつんだセラピストにも
新しい精油の一面を示し、
香りから人の性格や内面 に潜む自己を引き出してくれます。

精油を9系統に分類したアロマジェネラは
読み物としても楽しめます。
日本人のためのアロマジェネラを構築するとしたら
どんな形になっていくのでしょう。
日本人ならではのコミュニケーション、表現法、
身体意識、美意識、歴史、などを総合した
日本人のためのアロマジェネラを
きわめていくことが目標です!

グレープフルーツのパーソナリティ、
いいですねえ(*^_^*)

セラピストの本棚6


『万病を治せる妙療法ー操体法』橋本敬三

操体法と言うと、「え?体操?」とよく聞き返されます。
仙台で医者をしていた橋本先生が考案した整体術の一種ですが、ホリスティックな視点で病気について考えることができます。『生体の歪みを正す』も名著です。
「気持ちのいい方向に気持ちよくからだを動かして、すと〜んと脱力。そして大きくため息、はあ〜」なんて単純で気持ちいいのでしょう。うちの子供たちも寝る前の操体法が大好きです。
セラピストの本棚5

1990年、この本を読んだ衝撃は大きかったです。一時期バイブルのように繰り返し読みました。

前著『人はなぜ治るのか』では誰かに治してもらうものだと思っていた病気が、実は自己のコントロール下にあることに気づかされました。
本書ではさらに健康と治癒の不思議なメカニズムを解き明かし病気の経過とそれを変える方法の説明、こころとからだの相互依存関係、呼吸法、食事などあらゆる観点から詳しく解説してくれています。
『癒す心、治る力』も名著です。
<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


お気に入りの音楽


<REIKI>レイキ /Llewellyn


鳥や川のせせらぎなどの
自然音が好みなのですが、
トリートメント中は、
人の声などがはいらず、
静かで一定のリズムの
波動の高い音楽が欠かせません。

この<REIKI>のCDは
急にリズムが変わってびっくりするようなこともなく、落ち着いて自分の心の声と対話できるアルバム。
<REIKI>とは普遍的な生命エネルギーを指し、とてもパワーあるハンドヒーリングです。
シリーズに<aromatherapy>や<chakra>も。
セラピストの本棚<2>
クリニカルアロマセラピスト
の本棚からおすすめの本を
ご紹介しています。

ガブリエル・モージェイ氏の
『スピリットとアロマテラピー』

フレグランスジャーナル社



スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す


アロマセラピー初心者をそろ
そろ卒業して、もっともっと
深く学びたい、と思われたなら、
ぜひこの本を手にとって
読んでみてください。

著者はアロマテラピー、指圧、
鍼(はり)、薬草医療の専門家
で、薬草医療の校長。
精油がこころとからだ、
スピリットへ及ぼす効果や
深遠な心理作用、陰陽五行説
についてもとても分かりやすく、
丁寧に説明されています。
アロマセラピーと東洋医学を
融合させたユニークな視点は
アロマセラピーの新しい可能性
を感じさせてくれます。

読み物としても面白いですが、
臨床やセッションの現場での
精油ブレンディングのヒントに
大活躍しています(^.^)
セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森R主宰

IMG_1082







「こころ」「からだ」「エネルギー」「魂」
を耕し、つむぎあわせること・・

触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「魂」そして「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

理論に偏らない、ホリスティックな視点を大切にするいまのスタンスは、若い頃からの山登りや宗教への考察、心身のつながりを統合する体験、聖地を旅し、自然療法やボディワーク、アロマセラピー、ホリスティック医学、エネルギーヒーリング、哲学、人類学、マクロビオティック、催眠療法などのさまざまな心理療法を学んできたことから深めています。
深い山で何度も夜を過ごし、自然農法で田んぼを耕し、ハーブを育ててきたことも、光だけではないいのちの多面性や、伸びてゆく力への信頼に結びついています。
大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
医療ケアが必要なこどものためのタッチケアボランティアは、医師や看護師、HPSらとともに様々な病院、医療センター、ホスピス、支援学校などで継続しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving TouchcareRを伝えています。

二児の母。
■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森R主宰
■Loving TouchcareR Founder
■AHCP認定クリニカルアロマセラピスト/リフレクソロジスト
■保育士
■日本心理学会認定心理士
■NPO法人日本ホリスティック医学協会理事
■ラヴィングタッチケアRプロジェクト主宰
■KAF認定ラヴィングベビータッチ主任講師
■米国リドルキッズ協会認定医療介入を必要とする
こどもへの小児タッチケア上級セラピスト
■クォンタムタッチ(R)
認定レベル1・レベル2インストラクター・プラクティショナー
■ABH認定催眠療法士
■大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。

著書『ぐっすりネンネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房



ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

*受付開始中♪
こころとからだを紡ぐケア〜ラヴィング・タッチケア基礎講座
残席1名!!
詳細はお問い合わせください。
◆日時:2017年9月30日(土)10月1日(日)
10時〜18時(9時40分開場)
◆講師:はやしひろこ

【受付開始】
第30回クォンタムタッチRレベル1ワークショップ
*日時:2017年12月2日・3日
10時から19時
*講座料金・64800円(税込)
*会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森

【受付開始♪】
ラヴィングタッチケアアドバンス講座
The Anatomy of Loving Touchcare DAY3 & DAY4
*日時:DAY3 2017年11月18日
DAY4 2017年11月19日

詳細に関しては
ホームページに順次アップしてまいります。
またお問い合わせいただいた方には
優先的にご案内をさせていただきますので、
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
 ラヴィングタッチプロジェクト♪
今年のラヴィングタッチプロジェクト主宰の
ラヴィングタッチデー2015は
大盛況と愛と笑顔の中で終了しました!
ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました(^^♪
また次回をお楽しみに!!
1507077_648777948556976_7911846340208959344_n





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すべての子どもたち、大人たちに
愛を込めたLOVING TOUCHを!

ラヴィング=Loveを
今、ここで感じている状態。
まなざしや声や暖かい手のひらに
ラヴィングな気持ちをこめて、
ラヴィングタッチを贈りましょう。

この世界すべてが、
ぬくもりのある暖かなタッチで
光に満たされますように・・!


ラヴィングタッチプロジェクトのステッカーです。
LTPtsumugiURL_JPG300



保育園、幼稚園、小学校、病院、日本津々浦々に
ご希望される場所へ、ラヴィングタッチの出前教室・講座を開くためにステッカーを一枚200円で販売しています。10枚以上お求めいただいた方は、応援サポータとしてラヴィングタッチプロジェクトページにてご紹介させていただきます!
http://tsumuginomori.com/

つむぎの森のケアルーム、ホームページ、また賛同してくださった方からご購入いただけます。
このステッカーの売り上げはつむぎの森とは別会計でラヴィングタッチを伝えていくための活動資金にいたします。

みなさまのご支援、ご協力をお願いいたします(*^_^*)
愛を伝えるベビーマッサージ♪ラヴィングベビータッチ教室お知らせ★
人生のプログラムを構築する乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
愛を伝えるベビーマッサージ教室を大阪京橋のつむぎの森で開催します。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。
参加費はオイル代込で3000円です。
赤ちゃんともっと仲良くなれる、楽しいタッチケアレッスンです。
みなさまのご参加お待ちしています♪
IMAG0689






*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は
現在 小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。
在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
(別途出張費と交通費を申し受けます)どうぞご相談ください。

IMAG2509 (1)


お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪
aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
講師・出前講座のご依頼は・・
*アロマセラピー
*リフレクソロジー
*ベビーマッサージ教室
*タッチケア
*セルフケア
*クォンタムタッチ(R)
の講師・出前講座承ります!

これまでに、
看護協会さま・教職員組合さま・
幼稚園・保育園・小学校・PTA活動・
看護系大学・育児サークルなどさまざまな
イベントでの講師活動、
ベビーマッサージの出前教室などを行っています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
aroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ外して送信してください)



おたよりありがとう♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ