つむぎの森へようこそ〜ラヴィングタッチでこころとからだの深呼吸 

ホリスティックケア、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチを行う大阪京橋のケアルーム からこころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

October 2015

クォンタムタッチRレベル1ワークショップ大阪開催しました!愛は観測可能なエネルギー♪

この週末は、新ケアルームにて
クォンタムタッチRレベル1ワークショップを開催しました(^o^)/

image








アメリカでは医療の場でも用いられるようになってきた
非侵襲的なエネルギーワークを、
出会うべくして出会った仲間たちと、
二日間たっぷりエネルギー医療の理論を学び、
実践しました♪

クォンタムタッチは20年以上も前に
リチャード・ゴードンによって構築された
愛のエネルギーに基づくハンズオンヒーリングです。

ふわふわとしたワークではなく、
何十年にわたって、
エネルギー医療やヒーリングのメカニズム、
量子物理学、量子医学をもとに
実践と応用を繰り返して
地に足のついた、だれでもがすぐに
エネルギーを使いこなし、
パワフルなエネルギーワークが行えるようになる
クォンタムタッチRをわたしも2006年に出会ってから
ずっと、実践と応用と理論の学びを続けています。

クォンタムタッチ愛は、深くて熱いですよ〜(^_-)

2日間のワークショップは
エネルギー医療の意味、理論、効用のメカニズム、
さまざまな研究からの仮設理論も含めて、
ぎゅ〜と濃密な内容です。
image










はじめて、クォンタムタッチRレベル1ワークショップを受けた時は
それまでに、
いろんなタッチヒーリングを学んできたわたしも驚きのコンテンツ!

「こんなに深く、幅広い内容をたった二日間で
こんなお値段に教えてしまってもいいの〜??」

クォンタムタッチRでは
最高のヒーラーは
病み、回復したクライアント自身のからだの叡智である、と
この愛のワークができた時から一貫して伝えています。

セラピストとクライアントの関係性、
セラピューティックセルフである治療的自我を育む
共鳴要因は秀逸です(^-^)

なにより、このワークが
普段照れ臭くて口にできない「愛」について、
考え、感じるワークだということ♪

クォンタムタッチRの愛のエネルギーワークが、
クラスひとりひとりの変化をサポートし、
最後まで大笑いの絶えないクラスになりました(o^^o)

今回は懇親会はハワイアンで盛り上がり、
ランチは近所のインド料理屋さんの、
顔より大きなナンとカレーのお弁当をみんなで囲み、
まるでピクニック♪

グル―プダイナミクスがクラスを成長に導き、
チームワーク抜群の2日間になりました。
素敵なメンバーのみなさんに感謝します(o^^o)
本当に楽しい二日間でした!
image

次回のクォンタムタッチRは11月にレベル2を予定しています。
こちらはすでに定員となり受付終了です。

まだ告知していませんが
来年2月にレベル1とレベル2を開催予定です。
レベル2はすでにお申込み希望の方で定員になっています。
お問い合わせいただいた方に
優先的に告知をさせていただきますので
ご興味のある方は、ホームページのお問い合わせフォームから
お知らせください!

ケアルームの引越し完了!!第4期のつむぎの森、スタートしています(^^♪

みなさま、応援ありがとうございました\(^o^)/
無事、新ケアルームの引っ越しが完了しました!

引越しの翌日には、荷ほどきをして、
金曜日から通常営業開始!
お客様をお迎えするときには、少しドキドキしました。


7年の間に荷物はどんどん増えていて、
最終的にダンボール80箱になりました!

ひとり孤独に作業するつもりでしたが、
アロマスクール時代の魂友のひとみちゃんが颯爽と駆けつけてくれました。
しかも、おばあちゃんが作ってくださった美味しいお稲荷さんと一緒に!!
床が抜けそうな量の手付かずだった本を、30箱のダンボール分を
すべてひとみちゃんが、片づけてくれました!
引越し作業で手首を痛めていたので、
あの重い本の作業が思った以上のスピードで終わり、
「困った時の友は本当の友♪」をしみじみ感じています。
ひとみちゃん、いつもいつも困った時に、
駆けつけてくれて本当にありがとう(o^^o)
image








image






水曜日の引越しは、
前回のケアルームの移転のときと同じ
人力引越社さんへお願いしました。
荷物の搬出だけで3時間!
引っ越し屋さんの若いお兄さんたち、
笑顔爽やかに、キビキビ動き、
わたしが一人でやっと…の重い本のダンボールを
なんと3つ一緒に軽々運んでいきます♪
本当に親切で気持ち良いプロ集団でした!

カオスな新ケアルームも、カーテンをつけて、
カーペットを敷くと、ちょっとそれらしくなってきました。

翌日、たった一日の片づけの日。
朝から作業・・と願っていたのですが、
思わぬハプニングがあり、
なぜか朝から急遽、須磨浦海岸へ行くことになりました。
image









引越しのことをしばし忘れて、
海岸で貝殻を拾い、
お弁当を食べ、
夕方からようやく新ケアルームの片付けを始めることができました♪
人生、本当にいろいろありますね(-_^)

海で叫んでリフレッシュしたので、
脇目もふらず、ダンボール30箱の本をクローゼットに入れて行きました。

思った通り、天井までのクローゼットの収納力は素晴らしい!
image









「アロマセラピー」「エネルギー医療」
「タッチケア」「小児ケア」
「ホリスティック医療」「リフレクソロジー」
「緩和ケア」「食養生」
「催眠療法」「心理学・心理療法」
「人類学」「ボディワーク」などのカテゴリーに分けて、
ひとつの棚に3列にしたら、きっちり入りましたが、
後ろの本が見えにくいですね(>_<)
少し高さを出したほうがいいのかな。うーん、悩み中です。

なんども読み返し、血となり肉となっている本たち。
「蔦屋書店より、お母さん的には、ここの本棚のほうが魅力的やわ〜」と、
手伝いにきてくれた息子に言うと、
たまたま目についたコリン・ウィルソンの『オカルト』と
バタイユの『エロチシズム』が並んでるのを読み上げ、
ぼそっと、「怪しいなあ」

ともあれ、なんとか片付け終了です*\(^o^)/*
途中で、思わぬ来客!こんな素敵な移転のお祝いまでいただきました!image
えみちゃん、聡美ちゃん、ありがとうございます♪






子どもたちの応援メッセージには、
涙の前に、笑いのツボに入り、image






(いや、疲れすぎていて、もはや笑いと涙を区別できなかったのですが)
泣き笑いでハグし合って、ありがとうありがとう!といいながら、
新ケアルームが完成しました!!

第4期のつむぎの森、始動します。
たくさんの応援、ありがとうございます(^o^)/

image

引越し作業、開始!

天空のケアルームでの最後のお客様をお見送りし、
さあ、荷作り作業開始!

今晩と明日ですべて荷作りして、
水曜日に引っ越しです♪

7年もこのケアルームにいたので
どんどん物が増え、
60箱の段ボールが足りるかどうか・・。

とはいえ、悩んでいる暇は全くないので、
アドレナリンをがが〜〜っと全開にして、
カーテンを外し、
ダンボールを作り、
新ケアルームにカーペットとカーテンをつけにいき、
またトンボ返りしてダンボールを
とりあえず20箱作りました(^o^)/

「今日は晩御飯作れないかも〜〜」と、
こどもたちにメッセージしたら、息子が手伝いに来てくれました!

どうしても抜けない釘や
ゴミ出しなどを気持ちよく手伝ってくれてずいぶんはかどりました(^^♪

手で運びたい精油たちと
大切な絵画を自転車のかごにつんで、
息子とえっちらおっちら運びました♪
12107980_699443493490421_6222055011468810104_n






新しいケアルームの夜景も、こころ和みます。
さあ、もうひと踏ん張り‼︎

こころ、からだ、スピリットへはたらきかけるホリスティックリフレクソロジー講座、3か月講座が修了しました!

この週末は、
ホリスティックリフレクソロジー講座を開催しました♪12105761_699149473519823_1475774742737716506_n










12065778_698876516880452_2866193162184016182_n








3人限定の講座はいつも大人気で
あっというまに定員になります。
3人にしたのは、マンツーマンのような濃さで
きっちりとセラピストマインドと手技をお伝えしたいから。

全6日間プラス補講と練習日が2日間。
3か月、足裏宇宙に遊び、
その奥深さ、人体のメカニズムのすばらしさ、
そして人の手の持つ力に驚嘆しながらの第8期も
いよいよ大詰め!

足裏の宇宙に没頭した三か月の集大成は、
最終日の約2時間の修了テストです(-_^)

5日目の筆記試験は
反射区の確認から。
約100ある反射区を白紙に描きます。
ベースになる足の絵がなぜか、
描いている本人の
足の形にそっくりになるのが、面白い♪

12074642_698897953544975_2095063956632622302_n








この日はセラピストのありかた、
ラヴィングタッチ理論、
コンサルテーション理論、
コンサルテーションワーク、
フットバスのデモンストレーションを終え、
わたしの足への受講生からの実技のチェックまで、
ランチタイム以外ノンストップの9時間でした(o^^o)

12074927_699149596853144_746880232492397891_n









12115700_698876566880447_6739351806584336001_n







3人の実技チェックは、
あまりに気持ちよすぎて、
起きているのがやっと。
仕事じゃなかったら、爆睡です!
だれかに、本当に大切に触れられることは、
からだにもこころにも、大きな栄養と力になりますね。
とても満たされています(o^^o)

最終日はモデルの方にきていただき、
コンサルテーションからお見送りまで2時間フルの実践修了テストでした。
修了生の方がモデルとして来てくださり、
先輩の足を借りての試験とともに
貴重な意見やアドバイスをシェアしていただきました(^^♪
12106946_699149496853154_5267667542371820042_n








お越しくださったみなさま。
本当にありがとうございました!
ケアルームのお庭での写真も撮ってもらいました♪
12088136_699149523519818_2899972219883110215_n








12074740_699149593519811_6039432117246608591_n










すでに看護師として、
アロマセラピストとして、
医療従事者として、
豊富な経験と知識があっても
試験は本当に緊張します。
手を温めるために、カイロを持参されているかたも♪
11219433_698876523547118_3133681125362558822_n







自画自賛になりますが、
施術の前のリラクセーションテクニックから
反射区の理解、手技、
ふくらはぎマッサージ、
リリーステクニック、
タオルケア、
フットバスケア、
補講ではヘッドマッサージまで学び、
最終日にはそのすべてを実践していくことは
本当に強い意志と意図がなければ
続けることができません。
当直をしながら、
フルタイムで子育てと仕事を両立しながら
これだけの手順の多い手技をマスターするのは
並大抵な気持ちではできないこと。

やりとげるパワーの源は
クライアントさんや日々接する患者さんへの想いです。

そして、笑顔!
今期の受講生の笑顔も見惚れるほど素敵♪

12107839_699149466853157_7964296144349083676_n







講座中も、
休憩時間も、
たくさんのディスカッションをかわし、
足裏宇宙の探検をワクワクと、
でも真摯に追求し、
みんないまではすっかり、
マニアックな足裏セラピストになっています(o^^o)
今期の受講生のテーマは
「大地のリフレクソロジー」だったかな(-_^)

お互いに高め合い、学び合う仲間の存在と、足裏の奥深さに感じ入る秋の夜です(-_^)
次回は来年8月開講予定です!!

術後ケアとしてエネルギー療法、クォンタムタッチR♪

ケアルームの移転まであと一週間なのに、
全く手付かずの状態です(>_<)

引っ越し前日まで
今のケアルームの予約や講座が毎日あり、
いったい何から手をつけていいものやら。

貴重な定休日の今日、
新ケアルームの鍵をもらい、
じゅうたんも到着〜♪

広い部屋なので、
ジャストサイズのじゅうたんがなく、
工作用のハサミでカットして敷き詰めたら、
こんな感じになりました!
image






ツギハギがちょっと美しくないですが、まだまだ整えていきます♪

image










image









講座用のレクチャールームには、真っ先に
わたしの相棒のベビー人形たちを運びこみました。
image











今日の作業はこれで一旦終了して
某医療センターへ。
今朝手術された方の術後ケアのため、訪問クォンタムタッチRの施術に行ってきました(^o^)/

image










2008年からこの8年、
クォンタムタッチRという非侵襲的な
エネルギー療法のプラクティショナーとレベル1インストラクターとして、
また今年からは
日本在住の四人目のレベル2インストラクターとして、
何十回とワークショップを行ってきました。

受講生はアロマセラピストや主婦の方、
会社員や学生や心理士さんなど多岐にわたりますが、
回を重ねるごとに看護師さんや看護大学の教員や
医師、助産師など、医療従事者の受講が増えてきました(-_^)

看護の中にもタッチング、触れるケアがあり、
それはタッチケアにもつうじるのですが、
クォンタムタッチRは、さらに呼吸とからだに気づきをもたらす瞑想をベースにしていて、
量子医学の理論をその根幹としているところに魅力を感じる
医療者にたくさん出会います(o^^o)

わたし自身はセラピストとして
術前術後のケアを依頼されることも多いのですが、
クォンタムタッチRは今日のように、術後すぐのケアとしても高いポテンシャルを発揮します(-_^)

最低限の注意と、医師、ご本人、ご家族の同意はもちろん必要になりますが、呼吸や心拍数や血圧の安定、痛みの軽減、痰の排出もスムーズになり、全身麻酔後の意識状態もよく、尿や便が気持ちよく排泄され、その後の回復にも良い影響を与えているようです。
ご本人の表情の変化や、祈り見守るご家族にとってもクォンタムタッチRは支えになっていると感じます♪
今日は、付き添っているご家族も一緒に触れていただき、とても穏やかで心地よいセッションになりました(-_^)
タッチケアよりもさらにパワフルで、適用範囲も広く禁忌もほぼ報告されていません(o^^o)
家族からのこんなケアが誰にでもできること、医療の場でももっともっと多くの方に伝わりますように♪
(快く許可をいただきましたので、お写真をアップしますね)

そして、このようなご感想をいただきました♪
Nさま、ありがとうございました(o^^o)

「クォンタムタッチの凄さ!
今日、息子が瘻孔の手術でした。
充血した目から涙が流れてました。かなりキツかった表情です。3時間後に はやしさんが病院へ訪問下さりクォンタムタッチを受けました。
はやしさん、ありがとうございます(^-^)
大変、お世話になりました。
前回の術後は2日間排尿がなく、大変でした。
今日は、はやしさんのクォンタムの最中に排尿があったり、溜まってた血痰も咳と同時にスッキリ出て、呼吸も安定数値になり改めてクォンタムの凄さを実感しています。
母(私)にもクォンタムタッチをありがとうございました。
あたたかいエネルギーが身体中に満ち渡り、ぐんぐんという音を感じる感覚で、はやしさんの手から伝わるエネルギーで身体のあちこちで調整を受けてて、次に
爽やかなエネルギーが全身を頭を通り抜けたクォンタムの感覚でした。私も元気へ復活しています(^-^)

息子のKもすっかり落ち着いて、spo2も96〜早い回復で点滴も今夜で終了、通常の経管注入量でスタートしてます。
回復力♪クォンタムタッチの凄さを感動しています。」

来週は新しいケアルームで、
クォンタムタッチRレベル1ワークショップを開催します(-_^)
次回は来年2月を予定しています♪

ホリスティック医学協会の新しいプロジェクトが発進します♪

この連休は東京でした。
神田で開催される
日本ホリスティック医学協会のホリスティックヘルス研修会と
理事として全国理事会に出席します。

土曜日、少し早めにホテルにチェックインしようと、
やってきたのは「チャラチャラ流れる御茶ノ水」と神田明神さん♪

寅さん好きの夫の影響で、
男はつらいよを全作、見ています。
今2クール目に入っています。

寅さんの口上に出てくる御茶ノ水や神田にくると
テンションがあがるのです。
そしてこの日のお宿は、神田明神のお隣のホテル。

平将門をお祀りする神田明神さん、
さすがの江戸総鎮守だけあってきらびやかです(o^^o)
神社裏の公園では、ご神馬がお散歩をしているところに遭遇して
ますますテンションアップです♪

初日は、来年から本格的に始動することになる
「ホリスティックヘルス塾」のインストラクター研修でした。

来年春以降、つむぎの森でも
「ホリスティックヘルス塾」を開講します!
ホリスティック哲学の膨大な世界が
ホリスティック医学に長年携わってこられた先生方の
総力を結集して
初めての方にもわかりやすく、
要所要所を押さえた素晴らしいテキストとスライドショーになりました。
このテキストとDVDを用いて、
日本全国で、ホリスティック医療哲学の普及活動を展開していきます!
ご興味のある方にはぜひ、ご参加いただきたいです。


二日目は全国理事会!
北海道から九州まで、
日本全国の理事やスタッフが一同に会して、
活動方針やスタッフの想いを共有する大切な場です。

関西支部のメンバーも揃っています♪
12109221_697034873731283_1296709735091814021_n
この2日間、
分厚い資料を読み込み、
検討事項についての白熱した議論が続きましたが、
構想約30年、準備に6年かけてきた
「ホリスティックヘルス塾」プロジェクトのスタートが見えてきました*\(^o^)/*
新しいプロジェクトを早くみなさんにお伝えしたい〜♪

会議は肩がゴリゴリになるのですが、
普段メールのやり取りしかできない
日本各地の大好きなスタッフとの旧交を温め、
さらに新しくコアメンバーになってくださる魅力的な方々との
新たな交流にワクワクして疲れも感じなくなります♪
50歳を目前にして思うこと。
年を取ればとるほど、
尊敬できる素敵な方との出会いが増える幸せを感じます。


帰りの新幹線の中で、
読みたいテキストをたくさん持ってきたのですが、
「プレモルくん」とお寿司!
12096341_697034747064629_4008819547200173997_n11ページも本を開けることなく、
夢の中でした(-_^)

循環器ケアが必要なこどものためのタッチケア♪

今日は市中病院に伺い、
医療ケアが必要なこどものための
タッチケアボランティアに行ってきました(o^^o)

ラヴィングタッチプロジェクトの基金で、
活動をサポートしています。


いつもは小児病棟での活動が多いのですが、前回に続き今回も新しい病棟で
(なんと、循環器です!)
3カ月の赤ちゃんと、
1歳の赤ちゃんが
お母さん、お父さんとのタッチケアを
楽しんでくれました(-_^)

ラヴィングに触れるんですよ〜
と、手技の説明をするのですが、
若いお父さんが、
「ラヴィング」をとても気に入ってくださり、
それはそれはラヴィングに
お子さんに触れておられました♪
柔らかに、愛おしそうに見つめ、
話しかけ、笑いかけ…。
お父さん、お母さんのタッチに
ずっと眠っていたお子さんも
パチリと目を覚まし、
話しかけるようにアイコンタクト。
時々、気持ちよさそうに目を細めたり、
じっと見つめ返したり。

誰かがラヴィングに触れ、
触れられているのを見てるだけでも、
穏やかな幸せを感じます(o^^o)

循環器系の問題があり、カニューレや
からだ全体にチューブがあるため
本当ならマッサージは禁忌になりますが、
主治医の許可とともに
副師長さんや担当看護師さん、
保育士さんに立ち会っていただき、
お子さんの状態を細かくモニターしながらの指導になりました(^o^)/
筋緊張の弱い部位、
逆に強すぎる部位、
便秘や嘔気、
睡眠サイクルの乱れなど、
それぞれに適したタッチケアを
指導させていただき、
同時にお母さんのケアや
ポジショニングに工夫して、
お母さんとお子さんが
快適に楽しめるタッチケアを
提案していきました(o^^o)
見に来てくださる看護師さんの数が
どんどん増え、
「いい顔してるね〜」
「いい痰でてきたなあ」
「この時間帯なのに、状態落ち着いてるなあ」
とタッチケア中のお子さんの様子や、
手技に興味津々です。
メモを取られたり、もっと教えて欲しいと、
看護師さんから、
たくさんのご質問もいただきました♪

「触れ、触れられる」心地よさ、
パワフルさが
もっと多くの方に伝わりますように!

今日は写真が撮れなかったので、
タッチケアボランティアの相棒を
ご紹介しま〜す(-_^)image
じゃ〜ん、「くまっち」くんです♪
こどもたちには大人気。
いい仕事をしてくれますよ!

契約完了!夕焼けの約束♪

新ケアルームの契約作業、すべて完了しました(^^♪

きれいに掃除していただき
ピカピカの新しいルームの鍵ももらい、
あとは、たった二日しかない引越しの作業を
いかにスムーズに、
また翌々日からのセッションを心地よく行うための
準備作業のタイムラインを考えています(^-^)

今のケアルームは



鳥の視点

がキーワードでしたが

新しいケアルームは

水と緑


契約が終わり、
梅田のわたしの大好きな場所で打ち合わせに。

こ〜んな夕陽!
12122953_695008423933928_3042987349833002747_n







美しい夕焼け空を見ていると
遠い遠い昔、
もしかしたら今の肉体ではなかったときに、
こんな夕焼けをみながら
誰かと大切な約束をしていたことを思い出しそうになります(^_-)



ラヴィングベビータッチインストラクター養成講座、募集始まりました!

来月から全4日間で、
ラヴィングベビータッチ
インストラクター養成講座を開講します!
すでにお申し込みが始まっています(o^^o)
image
2009年、
世界で唯一のタッチセラピーに関する研究機関、
マイアミ大学医学部の
Touch Research Instituteで
ティファニー・フィールド博士から
直接研修を受け、
博士の提唱する
乳幼児や小児、
妊産婦、高齢者や健常者への
触覚刺激介入による
多くの研究から導き出された
タッチセラピーを元に、
また、
わたし自身がアロマセラピストとして
5,000人のおからだに触れてきた経験、
NICUに入っていた息子の子育て経験、
保育士として心理士として学んだ
乳幼児心理学、
発達心理学をベースに
親子の絆を育み、
心身の成長を促すタッチケアを伝えています。

タッチケア理論、手技、手遊び、
触れるワークなど、盛りだくさんです。

来月開講講座で第10期となり、
次回から大きくリニューアルする
予定ですので、
開講未定となっています(^o^)/
image
今日は1日かけて、
テキストの見直しと改定、加筆修正♪
270ページのテキストをさらに充実させます〜♪
ご興味あるかたは
関西アロマセラピストフォーラムまで、
お問い合わせください!
http://aroma-kansai.org/news/n_event/entry1017.php

医療催眠療法学会が東京大学にて開催されました♪

初赤門!東大本郷キャンパスの三四郎池まわりは、
まるで森のようです。





image







image









先週の日曜日は、
東京大学医学部で、
萩原優先生が立ち上げられた
医療催眠学会の総会でした(^o^)/


image










どの演題も興味深く、
始発で来て良かった、としみじみ♪

様々な分野でご活躍されている
演者のみなさんのご講演は、
実際のセッションでも役立つことばかり。
面白すぎてず〜っと興奮していました。image









医療催眠学会は今年で3回目。
医療従事者に限らず、
催眠療法に興味のある方が、
誰でも参加できて、
催眠療法についてのまなびを深められるようにと立ち上げられました。

学会では、
会長の萩原先生や
大好きなスタッフのひろえさん、
西田さん、藤原さん、
関西世話人仲間の友美さん、
日本全国の催眠療法仲間に
たくさんお会いでき、
キーワード満載の本当に充実した学会でした!
二日間くらいの分量が
ググッと濃縮されていて
知的好奇心が満たされています(-_^)
image










クライアントとの関わりの中で、
セラピストの逆転移の感情に気づくことが、クライアントへの共感となり、
力強いラポールになることをお話しくださった中島勇一先生とは、
ランチもご一緒させていただきました♪

α波研究の第一人者志賀一雅先生からは、
セラピストとクライアントの
脳波の共鳴とひとの治癒力の関係や
脳波観察からの催眠状態の推論、
わたしもクォンタムタッチの講座でお話ししている
シューマン共鳴仮説についての
興味深い視点をいただきました♪

國學院大学の藤野敬介先生からは、
催眠療法の古典的な誘導法
デーブ・エルマン誘導法の
見事なデモンストレーションを
ご披露くださいました。

沖縄で画期的な手法で
悲嘆感情のケアをされている
中川角司先生。
世界一最悪な感情は、
パートナーを亡くした悲嘆感情である
とおっしゃる先生ご自身の辛いご体験から
構築された「ゼロリセット」は
さらに深く学びたい手法でした。

エドガーケイシーセンター会長の
光田秀先生からは、
何十年に渡ってわたしも大きな影響を受け、ひまし油湿布やさまざまなケアを実践してきた
エドガーケイシーのリーディングと
催眠現象について伺いました。
薄毛と白髪のケイシーのリーディング
でのケアでのビフォーアフターは、
もう、
椅子からずっこけるほどの変化ですよ。


加藤薫先生からは、
催眠療法とマインドフルネスの
表裏一体の関係性について、
さらにマインドフルネスや
催眠を超えた未分化な世界への
考察を伺い、

東邦大学の田崎美弥子先生の
ニューロフィードバックトレーニングの
可能性にワクワクとしています。

催眠療法仲間の紫紋かつ枝さんは
『生きづらさを解消する
イメージセラピーCDブック』を出版され、ヒプノセラピー愛満載の発表をしてくださいました。

小児科の横地真樹先生からは、
子どもへの催眠療法についての
貴重なヒントをいただきました(o^^o)

最後のご講演は、
元女優で現在は
ヒプノセラピストとしてご活躍されている
宮崎ますみさん。
image










ずっと興味を持って
活動を拝見していたヒプノ出産について、
愛の水路である女神が
降り立ったかのような
美しいご講演に魅了されました♪

心とからだ、そして魂へ、
ホリスティックに働きかける催眠療法は、
学べば学ぶほど奥が深く、
『催眠』という言葉に惑わされて
近寄りがたく感じる方も多いようですが、
エネルギーワークもアロマセラピーも
心理療法も、
あらゆる代替医療を語るとき、
潜在意識についての理解なしに
そのシステムを語ることはできないと
感じています。

関西世話人として、
萩原先生をお招きしての
催眠療法講座を秋にも開講します。
来年も暗示療法講座、
前世退行催眠療法講座も予定しています。
多くの方にぜひお越しいただきたいです(^o^)/


image








わたしもケアルームで催眠療法セッションを行っていますよ〜♪




Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

月のこよみ
はるか太古の昔から、
わたしたちは月の力を感じ、
そのリズムにしたがって生活
してきました。
いまでも女性は月の満ち欠けが生み出す力に
大きく影響をうけています。

hiro

月ごとの生殖リズム、出産、
肌の新陳代謝のサイクル、
気分の波・・・。

新月から満月への連綿と繰り返される
月のリズムと調和し
こころとからだとスピリットを
開放してみましょう。

新月は計画を立てたり、新しい物事を
始めたりするのに最適の時。

Archives
livedoor プロフィール
お気に入りの音楽3



クリスタルボウルは
瞑想のために開発された楽器。
純度98.9%のクオーツクリスタルから倍音が響くと、
そのバイブレーションがからだの細胞にしみこみ、
さらに心の奥深くまでを溶かしていきます。

初めて、この「アルファ」のCDを聞いたのは何年か前の夏の日。
子どもたちとお昼寝をしようと、ござに寝転び、CDをかけたのです。

すると・・・
知らない間に、涙がどんどん流れてきて、みんなで、「涙が出る〜」といいながら聞き続けました。
しばらくすると、子どもたちが「いまの音、この辺に入っていった」
「この音は、ここにぎゅーんで響く」とからだのあちこちを触りだしました。

クリスタルボウルは人のからだのチャクラに対応しているのです。
7種類の音は、7つのチャクラと共鳴し、それぞれ対応する音があらわす部位を子どもたちは感じていたのでした。

クリスタルボウルの深い響きは、左脳と右脳のバランスをとり、内なる存在とつながり、静けさと湧き上がるエネルギーを感じることができます。


いまも、セッション中にこのCDをかけていて、あまりの美しい旋律に、涙がこぼれることがあります。
何回聞いても聞き飽きることがない、
おすすめの1枚です(*^_^*)

セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

セラピストの本棚8
<セラピストの本棚8>

『整体入門』
野口晴哉著
筑摩書房



野口晴哉氏は天才だと思います。
10代のとき、この本に出会ってから、
からだや心に対する見方が大きく変わりました。
整体協会に属したことはなかったのですが、
主に著書を通じて氏の世界観に触れることで大きな影響を受けました。

野口整体の創始者として、
日本の東洋医学を代表する人物である野口晴哉が、
初心者に向けてわかりやすく野口整体のポイントを説いた本書は
最近文庫になって再登場しました。
ランキングに載るほど話題になったそうです。

「愉気」という触手療法の体系を作った氏は、
「愉気とは楽しい気で相手を包むこと」といいます。
そっと相手に手を触れることで、
自己調整が目に見える形でトレーニングできる方法を生み出し、
「活元」と名づけました。

人間を12分類した体癖理論は難しく理解したとはいえませんが、
「気」とは何か、からだの要求によって動きが生み出されること、
癒しの手をつくる合掌行気法、
脚湯の仕方、自分で歪みを正す体操、
便秘の解消法、母乳の出し方、
月経痛をなくすには、などなど
からだのゆがみやねじれの解消法について
「からだの凄さ」を改めて感じることができます。

何度読んでも新しい発見があります。
『風邪の効用』と併せて読むと理解が深まります。
お気に入りの音楽2


『永久へのカノン』

ダニエル・コビアルカ

パッヘルベルのカノン。大好きな名曲です。この曲のCDはいくつか持っていますが、コビアルカのカノンでは新しい魅力を発見することができました。
知っている曲は脳が活性化してメロディを追ってしまうので、セッションでは不向きなのですが、このカノンはまったく邪魔することなく、また呼吸のリズムときれいにあって、深い深いリラックスをもたらしてくれます。
そして、このCDの本来のタイトルでもある「Timeless Motion」
この曲のためだけに1枚購入してもいいくらいです。
セラピストの本棚7

『フレグラントマインド』
バレリー・アン・ワーウッド
フレグランスジャーナル社








アロマ心理学の草分け的存在の
ワーウッド女史が、心とからだの健康を目指して
取り組んだ本書は初心者ははもとより
経験をつんだセラピストにも
新しい精油の一面を示し、
香りから人の性格や内面 に潜む自己を引き出してくれます。

精油を9系統に分類したアロマジェネラは
読み物としても楽しめます。
日本人のためのアロマジェネラを構築するとしたら
どんな形になっていくのでしょう。
日本人ならではのコミュニケーション、表現法、
身体意識、美意識、歴史、などを総合した
日本人のためのアロマジェネラを
きわめていくことが目標です!

グレープフルーツのパーソナリティ、
いいですねえ(*^_^*)

セラピストの本棚6


『万病を治せる妙療法ー操体法』橋本敬三

操体法と言うと、「え?体操?」とよく聞き返されます。
仙台で医者をしていた橋本先生が考案した整体術の一種ですが、ホリスティックな視点で病気について考えることができます。『生体の歪みを正す』も名著です。
「気持ちのいい方向に気持ちよくからだを動かして、すと〜んと脱力。そして大きくため息、はあ〜」なんて単純で気持ちいいのでしょう。うちの子供たちも寝る前の操体法が大好きです。
セラピストの本棚5

1990年、この本を読んだ衝撃は大きかったです。一時期バイブルのように繰り返し読みました。

前著『人はなぜ治るのか』では誰かに治してもらうものだと思っていた病気が、実は自己のコントロール下にあることに気づかされました。
本書ではさらに健康と治癒の不思議なメカニズムを解き明かし病気の経過とそれを変える方法の説明、こころとからだの相互依存関係、呼吸法、食事などあらゆる観点から詳しく解説してくれています。
『癒す心、治る力』も名著です。
<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


お気に入りの音楽


<REIKI>レイキ /Llewellyn


鳥や川のせせらぎなどの
自然音が好みなのですが、
トリートメント中は、
人の声などがはいらず、
静かで一定のリズムの
波動の高い音楽が欠かせません。

この<REIKI>のCDは
急にリズムが変わってびっくりするようなこともなく、落ち着いて自分の心の声と対話できるアルバム。
<REIKI>とは普遍的な生命エネルギーを指し、とてもパワーあるハンドヒーリングです。
シリーズに<aromatherapy>や<chakra>も。
セラピストの本棚<2>
クリニカルアロマセラピスト
の本棚からおすすめの本を
ご紹介しています。

ガブリエル・モージェイ氏の
『スピリットとアロマテラピー』

フレグランスジャーナル社



スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す


アロマセラピー初心者をそろ
そろ卒業して、もっともっと
深く学びたい、と思われたなら、
ぜひこの本を手にとって
読んでみてください。

著者はアロマテラピー、指圧、
鍼(はり)、薬草医療の専門家
で、薬草医療の校長。
精油がこころとからだ、
スピリットへ及ぼす効果や
深遠な心理作用、陰陽五行説
についてもとても分かりやすく、
丁寧に説明されています。
アロマセラピーと東洋医学を
融合させたユニークな視点は
アロマセラピーの新しい可能性
を感じさせてくれます。

読み物としても面白いですが、
臨床やセッションの現場での
精油ブレンディングのヒントに
大活躍しています(^.^)
セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20165131

「こころ」「からだ」「エネルギー」「魂」
を耕し、つむぎあわせること・・

触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「魂」そして「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

理論に偏らない、ホリスティックな視点を大切にするいまのスタンスは、若い頃からの山登りや宗教への考察、心身のつながりを統合する体験、聖地を旅し、自然療法やボディワーク、アロマセラピー、ホリスティック医学、エネルギーヒーリング、哲学、人類学、マクロビオティック、催眠療法などのさまざまな心理療法を学んできたことから深めています。
深い山で何度も夜を過ごし、自然農法で田んぼを耕し、ハーブを育ててきたことも、光だけではないいのちの多面性や、伸びてゆく力への信頼に結びついています。
大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
医療ケアが必要なこどものためのタッチケアボランティアは、医師や看護師、HPSらとともに様々な病院、医療センター、ホスピス、支援学校などで継続しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
LOVING TOUCHを伝えています。

二児の母。
■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■AHCP認定クリニカルアロマセラピスト/リフレクソロジスト
■保育士
■日本心理学会認定心理士
■NPO法人日本ホリスティック医学協会理事
■ラヴィングタッチプロジェクト主宰
■KAF認定ラヴィングベビータッチ主任講師
■米国リドルキッズ協会認定医療介入を必要とする
こどもへの小児タッチケア上級セラピスト
■クォンタムタッチ(R)
認定レベル1・レベル2インストラクター・プラクティショナー
■ABH認定催眠療法士
■大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。

著書『ぐっすりネンネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房




ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

*受付開始中♪
こころとからだを紡ぐケア〜ラヴィング・タッチケア基礎講座12月開講します♪
残席1名!!
詳細はお問い合わせください。
◆日時:2016年12月10日(土)11日(日)
10時〜18時(9時40分開場)
◆講師:はやしひろこ

*クォンタムタッチRレベル2ワークショップ。受付開始!
日本在住のレベル2インストラクターは4人しかいないため、貴重なワークショップとなります。2017年の開講は、2月以降は未定です。
◆日程:2017年2月11日、12日
◆時間:10時〜19時30分(終了時刻は若干変更があります)
◆会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森
◆インストラクター:はやしひろこ


詳細に関しては
ホームページに順次アップしてまいります。
またお問い合わせいただいた方には
優先的にご案内をさせていただきますので、
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
 ラヴィングタッチプロジェクト♪
今年のラヴィングタッチプロジェクト主宰の
ラヴィングタッチデー2015は
大盛況と愛と笑顔の中で終了しました!
ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました(^^♪
また次回をお楽しみに!!
1507077_648777948556976_7911846340208959344_n





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すべての子どもたち、大人たちに
愛を込めたLOVING TOUCHを!

ラヴィング=Loveを
今、ここで感じている状態。
まなざしや声や暖かい手のひらに
ラヴィングな気持ちをこめて、
ラヴィングタッチを贈りましょう。

この世界すべてが、
ぬくもりのある暖かなタッチで
光に満たされますように・・!


ラヴィングタッチプロジェクトのステッカーです。
LTPtsumugiURL_JPG300



保育園、幼稚園、小学校、病院、日本津々浦々に
ご希望される場所へ、ラヴィングタッチの出前教室・講座を開くためにステッカーを一枚200円で販売しています。10枚以上お求めいただいた方は、応援サポータとしてラヴィングタッチプロジェクトページにてご紹介させていただきます!
http://tsumuginomori.com/

つむぎの森のケアルーム、ホームページ、また賛同してくださった方からご購入いただけます。
このステッカーの売り上げはつむぎの森とは別会計でラヴィングタッチを伝えていくための活動資金にいたします。

みなさまのご支援、ご協力をお願いいたします(*^_^*)
愛を伝えるベビーマッサージ♪ラヴィングベビータッチ教室お知らせ★
人生のプログラムを構築する乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
愛を伝えるベビーマッサージ教室を大阪京橋のつむぎの森で開催します。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。
参加費はオイル代込で3000円です。
赤ちゃんともっと仲良くなれる、楽しいタッチケアレッスンです。
みなさまのご参加お待ちしています♪
IMAG0689






*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は
現在 小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。
在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
(別途出張費と交通費を申し受けます)どうぞご相談ください。

IMAG2509 (1)


お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪
aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
講師・出前講座のご依頼は・・
*アロマセラピー
*リフレクソロジー
*ベビーマッサージ教室
*タッチケア
*セルフケア
*クォンタムタッチ(R)
の講師・出前講座承ります!

これまでに、
看護協会さま・教職員組合さま・
幼稚園・保育園・小学校・PTA活動・
看護系大学・育児サークルなどさまざまな
イベントでの講師活動、
ベビーマッサージの出前教室などを行っています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
aroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ外して送信してください)



おたよりありがとう♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ