つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸 

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

January 2015

80歳からの学び

本日の大学の試験終了♪
二年目も終わりに近づき
すっかり、馴染んだ顔で
自習室を使っています(*^^*)


お昼に一緒にお弁当を食べた
年配の女性は80歳!
女学校から大学に行けなかったので、
いまから頑張りますと微笑まれていました。
卒業まで10年計画だそうです(*^^*)
そのあとは臨床心理士も目指されるとか。
50歳を前にしたわたしなど
まだまだ小僧のような気分になります♪

女性の寿命が伸びて、
子育て孫育てが終わってからも
いつからでも、いつまでも、
学べる環境がありがたいですね。

わたしもまだまだやりたいことや学びたいこと、
いっぱいです♪

人気ブログランキングへ

保育士試験、合格しました(*^^*)

保育士試験、無事合格しました〜(^o^)v
国家資格取得です!
二年ごしなので嬉しさもひとしおです♪

ラヴィングベビータッチや
医療ケアが必要な子どもへのタッチセラピーなど、
乳幼児へのタッチケアの指導や
インストラクター養成を行うなかで、
ふと、これだけ勉強しているのだから、
乳幼児保育の専門家の資格取得に
挑戦してみよう、と始めた勉強でした。

筆記10科目中の
乳幼児心理学や発達心理学などは、
なにも勉強しなくても合格したのですが、
管理栄養士試験並みと言われる小児栄養と
コロコロ変わる法律の
細かい問題が出る社会的養護に苦戦しました。
このために三年かかりました(>_<)
今年は最後のチャンスなので、
夏は憲法と教育基本法を必死に暗記しました!
合格率13%くらい、にも納得です。

二次試験はピアノ弾き語りと、
素話語り。なんと満点合格でした!
子育て支援やタッチケアの活動の幅が広がります。
応援してくださったみなさま、
ありがとうございました\(^-^)/

人気ブログランキングへ

心理療法とカウンセリング〜からだ体験モードから学ぶ

先週末の二日間、
京都大学名誉教授の藤原勝紀先生の
退官前の貴重な講義を受講しました。
内容のあまりの密度の濃さと、
惜しみ無く全身で語りかけてくださる
贅沢な時間に、頭も心もフル回転になりました。
すぐに自宅に帰るきにならず、
京都駅でティブレークしてやっと落ち着きました♪

からだ体験モードとは、
私たちの体への気づきから、 心への気づきと
手がかりを得る動作法のようなワーク。

心理臨床の場で長年、臨床を務めてこられた
藤原先生が、クライエントとの面接に
応用されています。

心がいっぱいになると、からだへの感覚が
鈍くなり、肉体をもつ自分自身の
ある部分がすべてだと感じることがあります。

わたしはある時期、
心理臨床をめざしていましたが、
当時は誰かの心に対して、
この未熟なわたしの心が対峙することにまだ、
時期が熟していないと感じ、
アロマセラピーやタッチセラピー、
からだからのアプローチを
深めようと考えたのでした。

先生が「プロフェッショナルな在り方」
について講義されているのを聞きながら、
ふと思い付いて、
これまでに学んできた心理療法の時間を
講義中、計算してみたら、
理論や実験や体験型ワークショップや、
おととしから通信大学で学び直している
ガチガチのアカデミックな講義なども
合わせたら1000時間以上になりました。
毎日の施術でのコンサルテーションを
実践時間と考えると、
5000時間は優に越えていました♪
ボディワークやホリスティック医学や
アロマセラピー、タッチセラピーは
その何倍を遥かに越えていますが、
心理療法として考えたことがなかったので、
これには自身でも驚きました(*^^*)

一人として同じ人間がいない
「生身」のひとに対する限り、
心に関しても
からだに関しても、
死ぬまで学びの必要があるのだと
思っています。

10年前、
当時通っていたアロマセラピースクールを
卒業し、
クリニカルコースへの進学のための面接で、
「どんなふうにクライアントに関わるか、
どんなクリニカルアロマセラピストになるか」
という問いかけに、
もう何日も考えて考えて
「せめて、
害を与えないようなセラピストに」
と答えたのですが、
(ネガティブに聞こえるかもしれないけれど)

河合隼雄さんたちと
心理臨床の場で何十年の豊富な経験をされている
藤原先生から、まったく同じ言葉を伺い、
承認を受けたような気持ちでいます。
人が人と関わる方法に
「これさえすれば大丈夫」
というようなマニュアルはない。
自分と思っている自分も、
他者と関わり、
他者との関係性を足掛かりに
自己の内面の他者との関わりが
刻々と変化していく。

互いに「待つ力」を育み、
なんかよくわからないけど、
きっちり割り切れないけど、
なんとか今日を生き延びる力が
自然(じねん)にたちあがることへの
信頼が必要なんだなあ。

アロマセラピーや自然療法を学び始めたとき、
クライアントの人数も二桁で少なかったときは、
わたしも歯切れが良かった。

たくさんの方に深く関わるほどに、
学べば学ぶほどに、
私の歯切れは悪くなっています。

でも信頼は増しているのです。
ますます揺るぎなく。

その事にも、共有する視点が得られて、
いま、安堵している自分を感じています。

講義だったけど、
個人カウンセリングを受けたみたいでした(*^^*)

人気ブログランキングへ

大阪に新しいこどもホスピスが誕生します♪

イギリスのヘレン&ダグラスハウスのように、
ガンや難病のこどもたちが、
家族や友人と我が家にいるように
安心して過ごせるこどもホスピスを作ろう!
と始まったこどもホスピスプロジェクト。

最初の設立会は大雨の中ノ島公会堂、
大勢が集まり、熱気がいっぱいでした。
わたしもお手伝いしたい、
アロマの優しい薫りや
タッチケアをこどもたちやご家族に、
楽しんでいただきたい。
ではどうしたら?
経験をつみ、学びを深め、
その日の準備をしよう、と
決意をした日でもありました。

みんなの思いがひとつになり、
大阪にこどもホスピスが誕生します♪

先日はこどもホスピスプロジェクト
理事の先生が主宰される研究会で、
建物のパースや計画を伺いました(*^^*)
次回は3月22日に中ノ島公会堂で
開催の予定だそうです。

O先生は、ご自身の担当する
病気と一緒に生きるこどもたちに
望むことをインタビューされていました。

病気のこどもたちが望むこと。

好きな時間に寝て起きたい、
友達と宿題したい、
土いじりしたい、
クッキングしたい・・・。
なかには、アロマをしたいという子も。

一見すると当たり前の、
ささやかだけど切実な願いを叶えようと、
たくさんの方が活動されています。

心地よいタッチケアや
アロマトリートメントも
ケアの選択肢に入るように、
わたしも地道に活動を続けます♪


人気ブログランキングへ

満つる2015年のスケジュール予定♪

2015年のつむぎの森は6日から始まりました。
新しい精油に入れ替え、
ソファのカバーも新しくなり、
いろいろとリニューアルしています(^^)
どうぞ今年もよろしくお願いします。

年末に素晴らしい精油と出会いました♪
取り寄せていたものが届いています。
1800mの高地で栽培されたラベンダー精油です。
日本で流通している精油には品質に問題のあるものも多く、
とくにラベンダーは6割が偽物、などという説もあるのです。

本物のラベンダー精油はえぐみがなく、
頭頂部からからだのセンターを一気に通りぬけ、足元まで
グラウンディングできるパワフルな香りです。
わたしがふだん使用しているラベンダートゥルーも
成分香りともに申し分ない
それはそれは素晴らしいのですが・・・。
IMAG4612
今回届いたハイランドのラベンダー精油の香りは
甘く、柔らかく、優しく、とても高い波動を感じます!(お値段もね(^^♪ )
ラベンダーの香りがちょっとね・・と思われるかたも
「おお〜〜!」といわれると思います♪
ケアルームにお越しになるときはぜひお試しくださいね!

さてさて、
今年のスケジュールがいろいろと決まってきました。
ホームページでもお知らせしていますが、
最新のほやほや情報をお知らせします。

みなさま、お忙しいと思いますが、
ぜひ、ご参加やシェアをお願いします。

まずは、今さっき、決めたばかりの
「赤ちゃんとお父さんお母さんのためのラヴィングタッチ祭り2015♪」

5月29日の13時〜17時です。
JR環状線天満駅すぐの北区民センターがとれました!
2013年のラヴィングタッチ祭りと同じ会場です。
赤ちゃんやお子さんのいらっしゃるお母さん、お父さん、
ご興味のあるみなさまと
愛を伝えるベビータッチケアを楽しみたいと思います。
ラヴィングベビータッチインストラクターのみなさま、
ぜひご協力くださいね。
どうぞよろしくお願いします(^^♪

つむぎの森も今年は10周年になります。
初めてラベンダー精油に触れ、私自身の病を癒してからは
20年になります。
今年も心をこめて、
こころとからだ、魂に触れるセッションを豊かに深めてまいります。
大切なあなたに出会えますことを楽しみにしています。

ホリスティック医学協会は
2年前より理事の大役をおおおせつかい、
わたしなりに、ホリスティックな視点やからだとこころの在り方や
生きる力を高める認知のありかたについて
お伝えしてきましたが、
今年はさらに、ホリスティックを伝える場が準備されています。
まだ、企画途中なのでお伝えできないのが残念ですが
ホリスティックな世界観を共有できる仲間作りを企画しています。
わたしもわくわくしています♪

またホリスティック医学協会関西支部は、
今年は2年に一度のシンポジウム開催年。
9月13日で決定です!!どなたでもご参加いただけます♪
去年から何度も熱い熱い会議を重ね・・・
素晴らしい、びっくりするような講師陣と企画が決まりつつあります(^^♪
ああ、早く言いたい!伝えたい!
1000人の方にお越しいただけるよう準備していますので、
この日をあけていてくださいね。
会場は前回と同じ、学研都市線住道駅です。

ホリスティックフォーラムも豪華な企画が決まっています。

2月22日はホリスティックヘルス研修会です。
「ホリスティックに目覚めるとき」と題して、
ホリスティックとはなんぞや、ホリスティックマインドに目覚める生き方とは、
というホリスティックの入門講座になります。

4月26日は数々の著書で
医療の是非や
わたしたちの思い込みの世界の裏側を警告されている
内海聡医師にお越しいただきます。
テーマはまだ未定ですが、
今の医療に一石を投じる、歯に衣着せぬ鋭い論説を
披露してくださることと思います。

関西アロマセラピスト・フォーラムでの今年の講座の始まりは
ハンドケア講座です。
家族へ、また介護の場でのアロマハンドケアについて
入門、応用、実技編でじっくり学ぶことができます。

関西アロマセラピスト・フォーラム第8回総会が決定しました!
4月25日です(^^)/
こちらも豪華な講師の方にお越しいただくことができました(^^♪
今を時めくベストセラー『嫌われる勇気』で知られるアドラー心理学の権威、
岸見一郎先生をメイン講師としてお招きしています。
今回は心理療法をメインテーマにしていますので
KAF理事で色彩応用心理学を構築されている春田博之医師にも
ご講演いただきます。
アロマセラピストだけでなく、医療関係者、
介護職の方、カウンセラーや心理職のかた
アロマにご興味にある方、アドラー心理学にご興味のある方など
どなたでもご参加いただけます。
会場は今年は宝塚駅前のソリオホールです。
もちろん、ラヴィングベビータッチブースや精油販売、
ハンドトリートメントやカラーセラピーなどのブースも予定しています♪

わたし自身の講座は今年最初は
2月7.8日のクォンタムタッチレベル1ワークショップです。
すでに満員となっています。
このワークショップのあと、すぐにハワイへ一人で研修に行ってきます!
そこでクォンタムタッチの研修をびっちり行い、
5月23,24日がクォンタムタッチレベル1、
6月27、28日にはクォンタムタッチレベル2ワークショップを予定しています♪
長くお待たせしましたが、レベル2ワークショップ開催が
実現できそうです(^^♪ 
テキストを翻訳中ですが、興奮しています〜。

そして、肝心のラヴィングベビータッチインストラクター養成講座、
今年は6月と7月を予定しています。
すぐに定員になりますので、
ご興味のある方はお知らせくださいね。


ホリスティックリフレクソロジー講座は8月9月10月を予定しています。
こちらもあっという間に定員になります。
日程が決まりましたら優先的にお知らせいたしますので、
お声をかけていてくださいね。

そしてそして大好評の萩原優医師の催眠療法講座、
今年も関西にお招きしますヽ(^o^)丿
まずは5月9日に前世体験1日ワークショップを開催予定です。
こちらは催眠療法が全く初めての方も
前世体験をしていただける、関東では大人気の講座です。
どなたでもご参加いただけます。
また6月には催眠療法の基礎講座を開講します♪


また日程は未定ですが、
去年とても好評だったラヴィングケア1デイ講座、
ホリスティックリフレクソロジー練習会、
ラヴィングベビータッチインストラクターのシェア会(5月29日の夜決定!)
クォンタムタッチヒーリングサークル
も予定しています(^^)

サトルアロマ講座は今年は難しいかな・・・。
希望してくださっているみなさん、ごめんなさい。

心理療法のワークや
医療ケアが必要なこどものためのタッチセラピー練習会や
ボディワークの練習会、
ヘッドマッサージ講座もやりた〜い!

こんな感じの1年ですが、
ラヴィングタッチやアロマやリフレや
医療ケアの子へのタッチなどなんでも
日程さえあえば世界のどこでも出張で
講演、ワークショップにまいりますので
ぜひお声をかけてくださいね!

今年の私の漢字は「満」です。

わたしたちのからだを、こころを、
今を、過去を未来を、
高い思いと愛で満たしていきましょう…♪


人気ブログランキングへ

一番静かになれる場所

お正月はみなさん、いかがでしたか?

わたしはお互いの実家での新年会めぐりをしていました。
去年は、新年会のすぐあとに母が何か月も入院することになり、
家族が健康でそろうことのありがたさをいつにもまして
感じました。
何気ない日常のなかに、最高の喜びが与えられていますね。

そしてこれもまた20年近く続けている新年の大神神社への初詣。
この神社にご縁をいただき、
10代のころから通い、とうとう結婚式まであげていただきました。
鳥居を一歩くぐるととても強い磁場があり、
ぐずぐずと愚痴をいっていると
弾き飛ばされるようなまっすぐなエネルギーを感じます。
静謐で厳しく強い男性性と
どんなときにも包み込んでくださる女性性の両方を感じ
心が静まっていくのです。

毎年、家族が揃ってお参りできるのは
当たり前ではないこと。

互いの成長を喜び合える魂を分けた家族と
こうして出会えたことに感謝のおもいが新たになります。


去年は『零』というメッセージをこの新年の詣ででいただきました。
文字通り、
50年近くかけて積み上げていたものがいったんゼロに戻り、
一から始めるような、内側を見つめ直す一年になりました。

今日もまた、ビジョンをいただく初詣でになりました(*^^*)
満月にふさわしい満ち足りたイメージを静かに味わっています。
10917844_595375677230537_7828701294054792546_n









今年はますますタッチすること、触れることで心身を整える場を広げ、
深め、伝える活動が増えていきます。

触れることは愛を伝えること。
植物のエッセンスである精油の香りとトリートメントで触れるアロマセラピー。
まなざしで、声で、暖かい手で触れるラヴィングタッチ。
意図と呼吸と瞑想を用いて愛のエネルギーを伝えるクォンタムタッチ。
特別なケアが必要な子供たちへのタッチセラピー。
足裏に触れることでホリスティックに働きかけるリフレクソロジー。
潜在意識と顕在意識のコミュニケーションを通して
感情やトラウマ、症状を改善する前世退行催眠。

10年以上かけて学び、実践してきたさまざまな療法をさらに深め、
エッセンスをたくさんの方とシェアしてまいります。

まずは2月のハワイでの研修の
分厚い英語テキストの翻訳を着々と進めています(^^)/
みなさま、どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

零からの

みなさま、
あけましておめでとうございます\(^-^)/

2014年はたくさんの方に出会い、
心を通わせ、支えられ、
笑い、泣き、歌い、
触れ触れられる喜びを感じることができました。

2014年の始めに、
ある漢字が浮かびました。
「零」
でした。
まさに、そのままに、
わたし自身の原点に触れ、
リセットを余儀なくする岐路にもたちました。
おかげで、自分の生きてきた道を見直す
忘れられない時間になりました。

ご縁をいただきましたみなさま、
本当にありがとうございました。

2015年がみなさまにとって、
愛と喜びに彩られた
素晴らしい一年となりますように。

わたしは昨日は紅白に間に合うようにお節を作り、
家族揃って過ごしました。

元旦はゆっくりお節とお屠蘇を
いただき、
遅くなりましたがいただいた
年賀状にお返事を書き、
百人一首を楽しんでいます(*^^*)


暖かい穏やかなお正月をお過ごしください。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
いっぱい楽しいことをしましょうね♪
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

月のこよみ
はるか太古の昔から、
わたしたちは月の力を感じ、
そのリズムにしたがって生活
してきました。
いまでも女性は月の満ち欠けが生み出す力に
大きく影響をうけています。

hiro

月ごとの生殖リズム、出産、
肌の新陳代謝のサイクル、
気分の波・・・。

新月から満月への連綿と繰り返される
月のリズムと調和し
こころとからだとスピリットを
開放してみましょう。

新月は計画を立てたり、新しい物事を
始めたりするのに最適の時。

Archives
livedoor プロフィール
お気に入りの音楽3



クリスタルボウルは
瞑想のために開発された楽器。
純度98.9%のクオーツクリスタルから倍音が響くと、
そのバイブレーションがからだの細胞にしみこみ、
さらに心の奥深くまでを溶かしていきます。

初めて、この「アルファ」のCDを聞いたのは何年か前の夏の日。
子どもたちとお昼寝をしようと、ござに寝転び、CDをかけたのです。

すると・・・
知らない間に、涙がどんどん流れてきて、みんなで、「涙が出る〜」といいながら聞き続けました。
しばらくすると、子どもたちが「いまの音、この辺に入っていった」
「この音は、ここにぎゅーんで響く」とからだのあちこちを触りだしました。

クリスタルボウルは人のからだのチャクラに対応しているのです。
7種類の音は、7つのチャクラと共鳴し、それぞれ対応する音があらわす部位を子どもたちは感じていたのでした。

クリスタルボウルの深い響きは、左脳と右脳のバランスをとり、内なる存在とつながり、静けさと湧き上がるエネルギーを感じることができます。


いまも、セッション中にこのCDをかけていて、あまりの美しい旋律に、涙がこぼれることがあります。
何回聞いても聞き飽きることがない、
おすすめの1枚です(*^_^*)

セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

セラピストの本棚8
<セラピストの本棚8>

『整体入門』
野口晴哉著
筑摩書房



野口晴哉氏は天才だと思います。
10代のとき、この本に出会ってから、
からだや心に対する見方が大きく変わりました。
整体協会に属したことはなかったのですが、
主に著書を通じて氏の世界観に触れることで大きな影響を受けました。

野口整体の創始者として、
日本の東洋医学を代表する人物である野口晴哉が、
初心者に向けてわかりやすく野口整体のポイントを説いた本書は
最近文庫になって再登場しました。
ランキングに載るほど話題になったそうです。

「愉気」という触手療法の体系を作った氏は、
「愉気とは楽しい気で相手を包むこと」といいます。
そっと相手に手を触れることで、
自己調整が目に見える形でトレーニングできる方法を生み出し、
「活元」と名づけました。

人間を12分類した体癖理論は難しく理解したとはいえませんが、
「気」とは何か、からだの要求によって動きが生み出されること、
癒しの手をつくる合掌行気法、
脚湯の仕方、自分で歪みを正す体操、
便秘の解消法、母乳の出し方、
月経痛をなくすには、などなど
からだのゆがみやねじれの解消法について
「からだの凄さ」を改めて感じることができます。

何度読んでも新しい発見があります。
『風邪の効用』と併せて読むと理解が深まります。
お気に入りの音楽2


『永久へのカノン』

ダニエル・コビアルカ

パッヘルベルのカノン。大好きな名曲です。この曲のCDはいくつか持っていますが、コビアルカのカノンでは新しい魅力を発見することができました。
知っている曲は脳が活性化してメロディを追ってしまうので、セッションでは不向きなのですが、このカノンはまったく邪魔することなく、また呼吸のリズムときれいにあって、深い深いリラックスをもたらしてくれます。
そして、このCDの本来のタイトルでもある「Timeless Motion」
この曲のためだけに1枚購入してもいいくらいです。
セラピストの本棚7

『フレグラントマインド』
バレリー・アン・ワーウッド
フレグランスジャーナル社








アロマ心理学の草分け的存在の
ワーウッド女史が、心とからだの健康を目指して
取り組んだ本書は初心者ははもとより
経験をつんだセラピストにも
新しい精油の一面を示し、
香りから人の性格や内面 に潜む自己を引き出してくれます。

精油を9系統に分類したアロマジェネラは
読み物としても楽しめます。
日本人のためのアロマジェネラを構築するとしたら
どんな形になっていくのでしょう。
日本人ならではのコミュニケーション、表現法、
身体意識、美意識、歴史、などを総合した
日本人のためのアロマジェネラを
きわめていくことが目標です!

グレープフルーツのパーソナリティ、
いいですねえ(*^_^*)

セラピストの本棚6


『万病を治せる妙療法ー操体法』橋本敬三

操体法と言うと、「え?体操?」とよく聞き返されます。
仙台で医者をしていた橋本先生が考案した整体術の一種ですが、ホリスティックな視点で病気について考えることができます。『生体の歪みを正す』も名著です。
「気持ちのいい方向に気持ちよくからだを動かして、すと〜んと脱力。そして大きくため息、はあ〜」なんて単純で気持ちいいのでしょう。うちの子供たちも寝る前の操体法が大好きです。
セラピストの本棚5

1990年、この本を読んだ衝撃は大きかったです。一時期バイブルのように繰り返し読みました。

前著『人はなぜ治るのか』では誰かに治してもらうものだと思っていた病気が、実は自己のコントロール下にあることに気づかされました。
本書ではさらに健康と治癒の不思議なメカニズムを解き明かし病気の経過とそれを変える方法の説明、こころとからだの相互依存関係、呼吸法、食事などあらゆる観点から詳しく解説してくれています。
『癒す心、治る力』も名著です。
<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


お気に入りの音楽


<REIKI>レイキ /Llewellyn


鳥や川のせせらぎなどの
自然音が好みなのですが、
トリートメント中は、
人の声などがはいらず、
静かで一定のリズムの
波動の高い音楽が欠かせません。

この<REIKI>のCDは
急にリズムが変わってびっくりするようなこともなく、落ち着いて自分の心の声と対話できるアルバム。
<REIKI>とは普遍的な生命エネルギーを指し、とてもパワーあるハンドヒーリングです。
シリーズに<aromatherapy>や<chakra>も。
セラピストの本棚<2>
クリニカルアロマセラピスト
の本棚からおすすめの本を
ご紹介しています。

ガブリエル・モージェイ氏の
『スピリットとアロマテラピー』

フレグランスジャーナル社



スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す


アロマセラピー初心者をそろ
そろ卒業して、もっともっと
深く学びたい、と思われたなら、
ぜひこの本を手にとって
読んでみてください。

著者はアロマテラピー、指圧、
鍼(はり)、薬草医療の専門家
で、薬草医療の校長。
精油がこころとからだ、
スピリットへ及ぼす効果や
深遠な心理作用、陰陽五行説
についてもとても分かりやすく、
丁寧に説明されています。
アロマセラピーと東洋医学を
融合させたユニークな視点は
アロマセラピーの新しい可能性
を感じさせてくれます。

読み物としても面白いですが、
臨床やセッションの現場での
精油ブレンディングのヒントに
大活躍しています(^.^)
セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20165131

「こころ」「からだ」「エネルギー」「魂」
を耕し、つむぎあわせること・・

触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「魂」そして「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

理論に偏らない、ホリスティックな視点を大切にするいまのスタンスは、若い頃からの山登りや宗教への考察、心身のつながりを統合する体験、聖地を旅し、自然療法やボディワーク、アロマセラピー、ホリスティック医学、エネルギーヒーリング、哲学、人類学、マクロビオティック、催眠療法などのさまざまな心理療法を学んできたことから深めています。
深い山で何度も夜を過ごし、自然農法で田んぼを耕し、ハーブを育ててきたことも、光だけではないいのちの多面性や、伸びてゆく力への信頼に結びついています。
大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
医療ケアが必要なこどものためのタッチケアボランティアは、医師や看護師、HPSらとともに様々な病院、医療センター、ホスピス、支援学校などで継続しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
LOVING TOUCHを伝えています。

二児の母。
■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■AHCP認定クリニカルアロマセラピスト/リフレクソロジスト
■保育士
■日本心理学会認定心理士
■NPO法人日本ホリスティック医学協会理事
■ラヴィングタッチプロジェクト主宰
■KAF認定ラヴィングベビータッチ主任講師
■米国リドルキッズ協会認定医療介入を必要とする
こどもへの小児タッチケア上級セラピスト
■クォンタムタッチ(R)
認定レベル1・レベル2インストラクター・プラクティショナー
■ABH認定催眠療法士
■大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。

著書『ぐっすりネンネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房




ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

*受付開始中♪
こころとからだを紡ぐケア〜ラヴィング・タッチケア入門講座4月開講します♪
残席1名!!
詳細はお問い合わせください。
◆日時:2017年4月22日(土)23日(日)
10時〜18時(9時40分開場)
◆講師:はやしひろこ

【残席4名】
第2回「歩く」「立つ」「食べる」「呼吸する」を助ける〜〜赤ちゃんとこどものバランスのいいこころとからだを育む体操とタッチケア講座」
2016年に宮井文美さんと開催したコラボ講座が大変好評でしたので、今年も赤ちゃんやこどもへのサポートに関わる方を対象にコラボ講座を開催します。
みなさまとのディスカッションの時間を楽しみにしています!
*日時:6月28日水曜日
10時から17時
*講座料金・32400円(税込)
*定員10人
*対象者・子どもたちに関わる支援者、医療従事者、保育士、子育て支援者、タッチケアに興味のある方
*会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森

詳細に関しては
ホームページに順次アップしてまいります。
またお問い合わせいただいた方には
優先的にご案内をさせていただきますので、
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
 ラヴィングタッチプロジェクト♪
今年のラヴィングタッチプロジェクト主宰の
ラヴィングタッチデー2015は
大盛況と愛と笑顔の中で終了しました!
ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました(^^♪
また次回をお楽しみに!!
1507077_648777948556976_7911846340208959344_n





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すべての子どもたち、大人たちに
愛を込めたLOVING TOUCHを!

ラヴィング=Loveを
今、ここで感じている状態。
まなざしや声や暖かい手のひらに
ラヴィングな気持ちをこめて、
ラヴィングタッチを贈りましょう。

この世界すべてが、
ぬくもりのある暖かなタッチで
光に満たされますように・・!


ラヴィングタッチプロジェクトのステッカーです。
LTPtsumugiURL_JPG300



保育園、幼稚園、小学校、病院、日本津々浦々に
ご希望される場所へ、ラヴィングタッチの出前教室・講座を開くためにステッカーを一枚200円で販売しています。10枚以上お求めいただいた方は、応援サポータとしてラヴィングタッチプロジェクトページにてご紹介させていただきます!
http://tsumuginomori.com/

つむぎの森のケアルーム、ホームページ、また賛同してくださった方からご購入いただけます。
このステッカーの売り上げはつむぎの森とは別会計でラヴィングタッチを伝えていくための活動資金にいたします。

みなさまのご支援、ご協力をお願いいたします(*^_^*)
愛を伝えるベビーマッサージ♪ラヴィングベビータッチ教室お知らせ★
人生のプログラムを構築する乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
愛を伝えるベビーマッサージ教室を大阪京橋のつむぎの森で開催します。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。
参加費はオイル代込で3000円です。
赤ちゃんともっと仲良くなれる、楽しいタッチケアレッスンです。
みなさまのご参加お待ちしています♪
IMAG0689






*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は
現在 小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。
在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
(別途出張費と交通費を申し受けます)どうぞご相談ください。

IMAG2509 (1)


お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪
aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
講師・出前講座のご依頼は・・
*アロマセラピー
*リフレクソロジー
*ベビーマッサージ教室
*タッチケア
*セルフケア
*クォンタムタッチ(R)
の講師・出前講座承ります!

これまでに、
看護協会さま・教職員組合さま・
幼稚園・保育園・小学校・PTA活動・
看護系大学・育児サークルなどさまざまな
イベントでの講師活動、
ベビーマッサージの出前教室などを行っています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
aroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ外して送信してください)



おたよりありがとう♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ