つむぎの森へようこそ〜ラヴィングタッチでこころとからだの深呼吸 

ホリスティックケア、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチを行う大阪京橋のケアルーム からこころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

January 2013

2月2日、『日本の森から生まれたアロマ☓森の馨を聴く集い』開催♪


日本の森から生まれたアロマ・・

で知られるオークヴィレッジの稲本正さんの
講演イベントを開催します!!
どなたでもご参加いただけます。

私自身も、10年ほど前にオークヴィレッジを訪れ、
温かみのある家具や木の作品に魅了されたのですが、
なによりも心地よかったのが東京都と同じくらいの面積をもつ森。
飛騨高山の森に育つクロモジやヒメコマツ、ニオイコブシなどの
木々の香りを、香りと音で楽しむ贅沢なイベントです!
アロマセラピーに興味のある方、セラピストの方はきっと
たくさんの学びがあると思います(^^♪


稲本正さんのご講演とともに、
関西アロマセラピスト・フォーラム(KAF)も全面協力をしています!
理事長の大門先生、副理事長の宮里さんの講演もあります。
稲本さんが提唱されている、〖エシカルスタイル〗もたっぷり伺えますよ♪

お目に書かれますことを楽しみしています!

☆ハンドケアテキストのお土産付き。
日本産精油、Yuicaの精油の販売もあります。

『日本の森から生まれたアロマ☓森の馨を聴く集い』

日時:2013年2月2日(土)13:30〜16:00(開場13:15)
場所:天満橋(地下鉄谷町線か京阪電車下車)OMMビル2階 第5会議室
定員:70名
参加費:1000円(当日受付にて)
お待ちしています!
お申込みは関西アロマセラピストフォーラムからお願いします。

応援、ありがとうございます!!



今日は娘の合格発表。

おかげさまで無事ご縁をいただきました\(^-^)/
ほっ…♪

6年生になり受験を決めた娘。
お兄ちゃんの学校生活が楽しそうで、
読みたい本(主にラノベですが・・)がたくさん揃っていることも
受験決意の決め手になったらしいです。

試験科目が音楽も体育も美術のデッサンなども合わせて8教科もあるので、
ある意味、気が楽でした。
詰め込みのがり勉では太刀打ちできない、と思うと
かえって、普段の生活を大切にしようと思えました。
そんなところも、この学校がいいなあと思った動機です♪
おかげで、習い事の空手も三味線もいつもどおり
キャンプにも、旅行にも行けました(*^_^*)

わたしが去年は土日もほとんど仕事をしていて、
一喜一憂する時間がなかったので、
結果的にそれもよかったのかもしれません。
旅人算や流水算はお手上げです!

塾も思ったよりも楽しいところのようでした。
夜に塾のお迎えに行くのですが、
「今日も楽しかったわ〜。塾に行って、
勉強がすごく好きになったわ〜。」としみじみと言ってました(*^_^*)
わたしも塾の先生に教え方を学びたい!と思ったくらいです。

とはいえ、
試験日に上履きは忘れるわ、
三角定規は忘れるわ、
体育実技のための体操服は忘れるわ、
最後に受験票も忘れるわ、
とまあ、のんびりしすぎたわたしは、ミスのオンパレード(T-T)
動じずにがんばった娘はえらい!と親ばかに浸っています♪

娘のために祈ってくださったみなさま、
本当にありがとうございました\(^-^)/
わたしも、これでほっとして、春からばりばり学びます!!

光のなかへ・・・



ふと思い立ち、予定を調整できたので、
特急くろしお号に乗りこみました!

新宮の友人の病院まで、自宅から片道6時間の旅。
東京大阪を往復できる時間です。

特急はなつかしい昭和の面影を残し、
とてつもなく揺れましたが、
乗り換えの無人駅や単線を走るワンマンカーは旅情を感じ、
大平洋に面する海岸線は荒々しくダイナミックでした。

46331_324445170990257_1085907697_n


大切な大切な友人の顔を見てほっとし、帰路につきました。

那智勝浦から見える鈍色の海。
浄土を願い補陀落渡海に旅立った行者を思い、
今日のわたしに与えられたテーマ

「わたしは世の光である」

について考えました。
13・1・1−9
新宮の友人が送ってくれた元旦の朝日です♪


聖書の中でイエス様はいいました。
なんどもなんども読み返した一節です。

「あなたがたは、地の塩です。
もし塩が塩けをなくしたら、
何によって塩けをつけるのでしょう。
もう何の役にも立たず、外に捨てられて、
人々に踏みつけられるだけです。

あなたがたは、世界の光です。
山の上にある町は隠れる事ができません。
また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。
燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。
このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、
人々があなたがたの良い行ないを見て、
天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」
マタイによる福音書 第5章

小雨のなか、暗闇の風が吹き抜ける
寒い無人の駅の待合室で、
わたしは「光」足り得るのか、
「光」であることの意味を問いかけました。

祈りと内観のなかで、
すでに『光』であることを感じました。
新しいエネルギーのうねりを前に、
地に足つけ、内観と感謝を続けています・・・。

呼吸で触れる。音で触れる♪クォンタムタッチヒーリングサークル開催♪


 IMAG2860
 

2013年はクォンタムタッチレベル1ワークショップから
つむぎの森は始まりました!

2008年にプラクティショナーになってから、
とてもありがたいことに、
ほぼ毎日のようにQTを行い、
おそらく2000を超えるセッションを行う機会をいただきました♪
2009年にインストラクターになってからは、
ビデオワークショップ、ベーシックワークショップ、そしてレベル1
とあわせて、16回のワークショップを行い、
定期的にヒーリングサークルを開催しています♪
なんと、つむぎの森で受講された方から、
30人をこえるプラクティショナー、
7人のインストラクターが誕生し、
今も多くの方が60時間以上のカルテに取り組んでおられます。

クォンタムタッチレベル1は生まれて初めて
エネルギーワークを行う方も、ほんの数時間で
パワフルなヒーリングテクニックを行い、
2日間で骨格調整や痛みの緩和、
身体症状の緩和、遠隔ヒーリングや
退行テクニックを用いてのインナーチャイルドや
過去世の記憶へのヒーリングまでを
誰でもが行えるようになります。

わたしもこの20年、いろ〜んな
エネルギーワークやボディワークや心理系の
ワークショップに参加しましたが、
この時間で、この値段で、この満足感で、この内容で、
このすっきり感で、このボリュームで!とびっくりし、
インストラクターになることをすぐに決意したほどです。

創始者であるリチャード・ゴードンの思いがたっぷりこめられた
ワークショップDVDを暗記するほど何十回も繰り返し見て学び、
実際のワークショップにも10回近く足を運びました。
参加するたびに今でも、新しい発見があります(*^_^*)

2日間で学ぶアイテムがとても多いこともあって
ワークショップに、1回だけでなく
なんども参加してくださる方が多いのも特徴です。
2回目、3回目と参加するたびに
全体像がわかりだすと、より深くクォンタムタッチの素晴らしさを
実感していただけるようになります。
つむぎの森に集う受講生のみなさんは
本当に仲良しになるのも嬉しいです!
誰とも戦わない、愛をそのまま素直に表現し、
与え、与えられる経験は、
環境や職業や信条を超えて、
深く強く結びつけてくれるのかもしれません。

受講生さんたちが集まって、自主的にQT練習会も
活発に開催されているのですよ!
これもインストラクター冥利につきる、嬉しいことです♪
IMAG2862

100人をはるかにこえる修了生の中には
アロマセラピストや整体師、リフレクソロジストなどの
ボディワーカーをはじめ、
医師や看護師、助産師、大学教員、教師、心理士などもおられ、
それぞれの分野でどのようにQTを活用できるか、
研究として発表していけるか、
クリニックでQTでのヒーリングを行える場が予定されていたり、
今年はまた大きく広がる予感があります(*^_^*)

・・・さて、
ワークショップは本部からのカリキュラムがきっちり決まっているのですが、
どのテクニックも素晴らしく、深く、
わたしは、もっと丁寧に時間をかけて
ひとつひとつのテクニックやワークを深めたいと思っています。
毎回、毎回、そう思うのです。

そんな願いを実現できるのが
ヒーリングサークルと呼ばれるクォンタムタッチ練習会です♪

2か月おきの練習会には、
毎回10人前後の方が参加してくださり、
目に見えない、でも、確かに存在しているエネルギーを
もっと身近に感じるワークを通して、
ヒーリングとはなにか、自分自身とは何か、
わたしたちの本質を見直し、
この人生で豊かに表現する方法を感じてくださっています。

今年最初のヒーリングサークルは16日でした。
テーマを決めるために、
これまで行ったヒーリングサークルのトピックを見直してみると・・・。

・ハンドポジションについて
・頭蓋骨後頭隆起部の調整
・エネルギーワークのための解剖生理学
・エネルギーフィールドを感じるワーク
・感情のヒーリング
・トーニング
・意図するところにエネルギーが流れるワーク
・エネルギースキャン

などなど、今読み返しても興味深いです。

まだまだ、ヒーリングサークルで一緒に深めたいテクニックや
トピックは尽きません。

・セッションの環境について
・QTセッションのカルテ記入の方法
・コンサルテーションやサロン経営
・ホリスティックなアプローチ
・エネルギーワークための解剖生理学

などなども企画しています♪


今回のテーマは「音とQTテクニック」でした。
トーニングテクニックだけを3時間。
なんて贅沢!

トーニングテクニックは、ものすごくパワフルなのですが、
QTセッションで使いこなせているかたは少ないかも…。

トーニングテクニックを学ぶために、
DNA を修復すると言われる愛の周波数、
ソルフェジオ周波数の528Hz とグレゴリア聖歌の違いをかんじ、
レインツリーや玉置神社と伊勢神宮の鈴の音を浴び、
「あいうえおんワーク」で母音のトーニングを通して
さまざまな発見があり、盛り上がりました!

この発見を世界各地で再現し、データを集めたら
興味深い結果があらわれるだろうな〜と思います。

受講して下さった方から、
素敵な感想をいただきましたので
許可を得てご紹介させていただきます。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました(^○^)
IMAG2870



*からだが音を感じることを今年は学んでいこうと思ってたので、
まさにぴったりのワークでした。
みなと一緒にQTをすると自分自身の感受性もましたように思います。
とても楽しかったです♪

*音でからだの反応が違うのがすごく面白かった。
始まった時から色がすごくよく見えるようになっています。
グループで共鳴していることも同じで、
それぞれのチームが違って面白かった。

*とても楽しく参加できました。
トーニングの持っているエネルギーで色、イメージを感じてあらためて
QTの素晴らしさを感じています。

*毎回、新たな気づきがあり、QTのテクニックが更新していきます。
日々のワークに取り入れていこうと思います。

*音の持つ力。高低やあいうえおの母音の違いで
どれだけエネルギーの入り方、感じ方が違うのかわかり、
とても面白かったです。

*トーニングが人によって感じ方が違い、
そばにいた私まで共鳴しました。

*音によってこんなに反応がちがうのか?
と実感として感じました。
トーニングはあまり使っていなかったので
活用したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回も楽しみにしていてくださいね(^○^)


お姉ちゃんと一緒のラヴィングベビータッチ教室♪



毎月第1・3火曜日は
午前中がラヴィングベビータッチ教室、
午後が医療ケアが必要なこどものための
小児タッチケア教室を開催しています。

今年最初の教室は
5歳のお姉ちゃんYちゃんと一緒に来てくれた
3か月のMちゃん♪
仲良し姉妹です!IMAG2829


お姉ちゃんのYちゃんも
赤ちゃんのときにベビータッチケア教室に
通ってくれていました!
ぽよぽよとかわいらしい小さな赤ちゃんが
まっすぐな目をしたお姉さんになっていることに感激です。

ベビーカーを押すのをお手伝いしてお母さんを助ける
しっかりもののお姉さん。
Yちゃんも小さなころから、お母さんのタッチをたっぷり受けて
育ってきたせいか、
心が穏やかで、屈託なくよく笑い、
Yちゃんがいるだけで部屋が明るくなるようです。


3か月のMちゃんも、
そんなお姉ちゃんの笑い声を聞くたびに、
一生懸命首を回して
お姉ちゃんに微笑みかけます。



兄弟と一緒のときのラヴィングベビータッチ教室は
上のお姉ちゃん、お兄ちゃんが主役です。
小さな赤ちゃんの誕生を心から嬉しく思っていても
戸惑いやさみしさを感じていることが多いのです。
でもその初めての感情を上手に表すことができなくて
いやいやをしてみたり、
ぐずぐずとお母さんを困らせてみたり・・・。

お姉ちゃん、お兄ちゃんにどうしたいのか、を
尋ねながら、
できるだけ、感情や想いを表現できるように
声をかけていくようにしています。

読み聞かせも紙芝居も、
お姉ちゃんのYちゃんがお手伝いをしてくれました♪
ページをめくるたびに、目を輝かせて、
嬉しそうにMちゃんの顔を覗き込んでいます。
Mちゃんも3か月とはいえ、
じっと絵をみつめて、にこにこと言葉を聞いてくれています。

IMAG2841-1




ぞうきんの手遊び歌はお姉ちゃんのYちゃんがとっても上手に
Mちゃんにタッチをしてくれたので
動画を撮らせてもらいました!
うまく編集ができたら、アップしますね。
お母さんと一緒に、楽しく歌も歌えました♪

オイルを使ってのタッチケアでは
お姉ちゃんもMちゃんの横に寝転がって、
わたしからタッチを受けてくれました(^^♪
大笑いが絶えません♪

最後はこ〜んな気持ちよさそうな表情です!

IMAG2854-1


お母さんは、実はラヴィングベビータッチインストラクターさんです。
長岡京を中心に活動をされています。
ご近所の方はぜひ、笑い声いっぱいの楽しい教室に
訪れてみてくださいね!

IMAG2836

色を知り、自分を深める♪色彩心理カウンセリング講座、開催しました!

今年最初のこころとつむぐ講座は
北田辺の春田クリニック院長
春田博之先生の「色彩心理カウンセリング講座♪」

こころとからだをつむぐ講座も18回目を迎え、
春田先生の講座は3回目です。
毎回、さまざまな色の持つ心理的、歴史的、
身体的な意味を知り、
自分自身への理解が深まる講座は
とても好評で、今回も10人が集まってくださいました。
(12月に最初予定していたのですが1月に変更になったため
参加できなくなってしまった受講生のみなさま、
本当に申し訳ありませんでした。)

色彩心理カウンセリングとは
春田先生が考案された自然律療法の技法のひとつで
色彩環をもとにしたオリジナルのカラーチャートを用いる方法や
色のついた積み木を用いる方法、
美しい手作りのカラーボトルを用いて行われます。

4人の方へのカウンセリングを公開で行っていただいたのですが、
その鮮やかさに、わたしは見惚れてしまいました♪




春田先生の正直で穏やかな語り口調や、押し付けず誘導しないヒント、
色に対する的確な指摘、など
とても簡単に行っているようで、
実は難易度の高いカウンセリングの実際を
間近に見られることに興奮していました(*^_^*)
IMAG2812



同じ緑でも、
積み木とカラーボトルの緑は、周波数も光のエネルギーも異なり、
クライアントは、その質感の違いも含めて
色を選んでいることがわかります。
IMAG2815
光の色であるカラーボトルは、とてもきれい・・・♪


講座開始から鼻をすすっておられた受講生が
カウンセリングのモデルになり
カラーボトルの前に座ると、
ピタリ、と鼻水が止まり、顔色がよくなり、
こころなしか姿勢までが変化するさまが興味深かったです。

色には固有の周波数があり、わたしたちはその周波数に
意識する、しないにかかわらず共鳴し、同期化していきます。
選んだボトルは、身心の不調和や未来への思いや、
過去の記憶へのメッセージになるのです。

う〜ん、色への興味は尽きません!!

春田先生、毎回、新しい発見や考察を
おしみなくシェアしていただき本当にありがとうございます!
次回も楽しみにしています(*^_^*)
参加者のみなさまに、素敵な感想をいただきましたので
許可をいただき、ご紹介しますね♪
みなさま、ありがとうございました!!
IMAG2819



*T・Iさま

色の定義や深い解釈を聴くことができて
有意義な一日でした。
カラーボトルでは自分で意識していない面を知ることができて
少し微妙ですが・・・。
先生の人柄の良さに触れることができ、とてもよかったです。

*K・Tさま

今日はとても楽しいわかりやすいお話をありがとうございました。
人の心の扉を開くのに、こんなに良いものはない、というお話に
十二分に納得。しかもそこから深い深い部分に入っていける
色の素晴らしさを知りました。
ぜひさらに勉強したいと思いました。ありがとうございました。

*S・Kさま

とてもとても楽しかったです。
先生がますますパワーアップされていて嬉しくなりました。
和み彩香をやっていて、少し壁にぶち当たっていたので
先生のボトルはシンプルでいいなあと思いました。
理学療法として先生のような医師と一緒に患者さんと関われたら
理想的なリハビリをすすめていけるのになあ。
リハビリテーションとはその人らしく生きていくこと。
それをサポートしていくことだと思っています。

*N・Yさま

自分のカウンセリングをしていただき、
短い時間内に気が付けてよかったです。
色はエネルギー。
感じることで、自分の内面を知り、
クセを知り、楽に生かせる。
まあるい三角を目指します!

*H・Mさま セラピスト

とても興味深い内容の講座でした。
もっと深く学んでいきたいと思いました。
自分やまわりの方かたに生かしていきたいと思います。
一つ一つの色の意味や、これを選ばれたから、どういうことが
伝えていけるのかを学びたいです。
どの色を選んでも、その色を選んだ意味がある。
充電してあせらないこと。
胸に刻んでおこうと思いました。

*M・Sさま 看護師

以前からカラーに対して興味があり、
今回いろいろとメンタル面、身体面との関係が
とくわかり、とても面白かったです。
自分の今の状態が客観的に把握でき、病気になるまでに
対処できるツールだと思います。

*M・Nさま

色でもいろいろなツールがあるので、
どれを使うかで(選ぶ目)心の読み取りが変わるかも、と
思っています。
今日見せていただいたものでも
同じ赤だけど心に響きのが違いと思いました。
手放せる環境つくりが社会の中にあれば楽だろうと
思っています。いろいろなところのたらいまわしに
ならないことがいいなと感じています。

*K・Zさま 看護師

深層心理については興味が強い分野であり、
楽しく、あっという間の時間でした。
病院にいくのはストレスですが、それがカラーボトルなどで
緩和されると知り、全病院で使用していただきたいと思いました。
(年齢もあがり病院に行く機会が増えたので思うのです)
統計を取り、今に至られるのは本当に大変なことだったと御察しします。
それを治療に生かされているので、内科の病気になったら
先生のところに行きたいです。

*Y・Sさま
心の状態でからだの不調がでることは
なんとなくわかっていますが、
やっぱりこころとからだはつながっているんだなあ、と思いました。
色彩を選ぶ行為は、イメージを持つので
選びやすいと思います。
前から色に興味があったのですが、実際の症状と照らし合わせることが
できるのは面白いと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさま、ご参加ありがとうございました!

わたしも春田先生のカラーチャートを使って
アロマセラピートリートメントの前後での
色の変化をお伺いしています。
どのかたも、選ぶ色の重さ、色調が変化し、
より明るくなるようです。

今回の講座で得たことをまたケアの現場で
生かしていきたいと思います(^^♪







リニューアルしました!



わたしも理事としてお手伝いさせていただいている
NPO法人関西アロマセラピスト・フォーラムのホームページが2013年最初の新月の日にリニューアルしました!!
つむぎの森のwebデザイナー森本さんが、
あったかくて、
優しくて、
ぶれない芯のとおった素敵なデザインにしてくださいました!

ぜひみなさまにご覧いただけたら嬉しいです(*^_^*)


Dr.萩原の催眠療法基礎セミナーin大阪、開催決定しました!



去年2012年に集中して学んだことはいくつかあります。
ひとつは医療ケアが必要な小児タッチケア。
こちらは今年、大阪でも講座を開講したいと思い、
動きだしています。

またもうひとつが催眠療法。
心理療法の1つとして、意識と無意識、
顕在意識と潜在意識を深く知ることで
わたしたちのなにげない行動やことばの意味がみえてきます。
また暗示を用いて、人生を創造する方法や、
過去世、退行催眠では、
わたしたちの苦しみやこだわりの原因となった場所へ
退行することで、今、現在のわたしたちの生きるヒントを
得ることができます。

わたしが学ばせていただいたのは
医師の萩原優先生です。


聖マリアンンナ医科大学病院で消化器外科として
何千もの患者さんの手術を執刀してこられました。

病気にはからだだけが問題なのではなく
こころが大きく影響していることに気づき、
臨床催眠療法として多くの経験を積み
近年では、講座を開講し
潜在意識の大いなる可能性と力を
生かしていく方法を多くの方に伝えておられます。


そして、そして!

初の大阪開催が実現しました!

12月の前世退行催眠療法講座が素晴らしく、
ぜひ大阪でも!!とのわたしの思いと
大阪での講座開催を願っておられた萩原先生の思いが
一つになりました\(~o~)/

◆日時:2013年4月27日、28日全2日間
     10時〜18時
◆【セミナー内容】
1)基礎知識
催眠とは(顕在意識と潜在意識)、催眠の歴史
2)催眠の進めかたの講義と実技
事前面談・臨床面談/被暗示性テスト/催眠誘導/
催眠深化/確信体験/セラピーの進めかた/
後催眠暗示/解催眠/事後面談
3)自己催眠の方法
暗示とイメージ/暗示文の作成
3)実際のセッション
4)事後面談の方法

*前世療法、年齢退行は別の日程で行ないます*

◆【会 場】 新大阪丸ビル本館 
◆【受講資格】 催眠療法に興味を持っている方
◆【定 員】  20名程度    *定員に達し次第〆切
◆【費 用】  45,000円 (テキスト代、消費税込み)、昼食付き
ABH申請希望の方は別途
(ABH登録料、認定証、登録証、会員カードを含む)+10,000円) 合計55,000円

◆講師プロフィール
萩原 優(はぎわら まさる)
イーハトーヴ クリニック院長

医学博士。広島大学医学部卒業。聖マリアンナ医科大学第一外科にて
消化器外科医として、30年以上にわたって3000件以上の手術にかかわり、
内視鏡の診断や治療、緩和医療に従事。同大学講師、
准教授を経て、外科部長に就任。退職後、イーハトーヴクリニック開業。
医療における精神面に特に重要視し、統合医療を行っている
催眠療法を実践しつつ、その普及にも努めている




募集を開始いたします!
ご希望の方には詳細をご案内いたしますので
aroma@@tsumuginomori.com

までご連絡ください。(@はひとつ外してくださいね)

あるいはつむぎの森のホームページの
お問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

http://tsumuginomori.com/

愛とともに触れるエネルギーワーク、クォンタムタッチワークショップ開催♪

2013年初めてのお仕事は
クォンタムタッチレベル1ワークショップでした!
なんともう16回目を迎えました。
たくさんのプラクティショナーが誕生し、
インストラクターの方もどんどん増えてきて、
大阪でもあちこちで素敵なワークショップが開かれるようになりました。
小さな種が芽をだし、双葉になり
大きくのびていることを実感します。
とてもうれしいです(*^_^*)
愛をベースにした誰でもが簡単にできるエネルギーヒーリング、
クォンタムタッチ♪
量子レベルでの、
こころとからだと魂へのホリスティックな働きかけは
わたしたちのハートを大きく開き、
愛で満たします。

今回は、
デンマークからご夫妻で、
またオーストラリア在住の方が里帰りしていた東京からも
わざわざ参加してくださり、
去年デンマークのワークショップで予感していたように
グローバルなワークショップになりました。
やっぱり笑いが絶えない、濃密で穏やかな
二日間になりました。
世界中で、この優しいハートのエネルギーを用いるワークが
関心を集めているのですね(*^_^*)
ある研究では、1万人にひとりの意識が変わると
世界はその波動で大きく転換を迎えるといわれています。
誰とも、なにとも戦わない穏やかなエネルギーワークに
共鳴する人たちが
この世界の意識を変えていくことを信じています♪

次回は3月16、17日にレベル 1を開催します!
あと2名で受付終了です。
思うところがあり、今年はQTレベル1ワークショップは
これ以降、予定していません。
(急遽開催するかもしれませんが・・。)
ご興味のある方はぜひご検討下さいませ♪

たくさんの方に、レベル2のお問い合わせをいただいていますが
(最近、毎日のようにいただきます)
QT本部も変革のときのようで、
インストラクターのメンター制度なども整備されつつあるそうです。
きっと最高のタイミングで
レベル2インストラクターになれると思いますので、
どうぞ楽しみに待っていてくださいね(*^_^*)

今回集まってくださった最高のメンバーのみなさまから
嬉しい感想をいただきましたので
許可をいただいてご紹介させていただきます!
みなさま、たくさんの愛のエネルギーをありがとうございました!!
またお会いしましょうね(*^_^*)


CIMG0721



*S・Yさま 36歳

今後生きていく上での生きる智慧になればと思い、初めて
このワークショップに参加させていただきました。
クォンタムタッチを知っていたにもかかわらず、
5年間学ぶことなく今まで生きてきましたが、
やっと自分にとってその時がきたのかと思っています。
素晴らしいワークショップでした!
仲間との出会い、先生の人間性、みんなの意識の高さ、
何をとっても最高の2日間でした。
これから2日間で学んだことを生かし、よりよく生きるために
実践していこうと思います。

痛みがないのをゼロ、最高に痛い状態を10としたら
ワークショップ前の痛み 9
ワークショップ後の痛み 2

*A・Yさま  34歳
楽しい2日間でした。
エネルギーを感じること、
エネルギーを高めること、それが一番大切だなと思いました。
無条件の愛、誰とも戦わない、QTの効果、効用は
素晴らしいです。
日々の生活に生かしていきたいです。
はやしさんのワークショップ、最高です!

痛みがないのをゼロ、最高に痛い状態を10としたら
ワークショップ前の痛み 7
ワークショップ後の痛み 2


*Y・Yさま 
あっという間の2日間でした。
とても暖かな愛にあふれた雰囲気の中でのワークは
本当に気持ちよかったです。
ひろこさんのお話を聴いているともうクォンタムタッチが
生活のあらゆる場面で使えて、身体の一部としてのクォンタムタッチになれば
素晴らしいと思いました。
そうなりたいと思います。

痛みがないのをゼロ、最高に痛い状態を10としたら
ワークショップ前の痛み 5
ワークショップ後の痛み 0

*Y・Mさま 36歳
自分の感覚が研ぎ澄まされた気がする。
実は人生で一番苦しかった14年前、
ドン底に落ちた時に
末期がんで淀キリ病院に入院して死を目前にした祖母に
「Yちゃん、人生わらいやあ」と言われた。
その言葉が心に響き、当時の日記にも残しているけれど
”陽の当たるところへ、笑えるほうへ”と思えるようになり、
当時の苦しいところから踏ん切りをつけて
新しい人生を歩むことに決めたのですが今日のQTワークショップでの
昔の自分へのQTワークでエネルギーを送っているときに
”昔の苦しかった自分に・・・”というところで
あ、光(エネルギー)と笑みのある方向へ進めたのは
今日の自分がエネルギーを送ってたからだってきづいた(*^_^*)

*K・Hさま 47歳
人間の本質的な部分・・と言葉で表現することはできるけど
その意味が分かっているわけでなく、
過ごしてきたなと実感です。
今も理解できてはいないけれど、
理屈ではなく、2日間で自分なりにそれを感じられた気がします。
感じると、響かせられる。
共鳴できる。 ・・のかな?
と今回は雰囲気で体験し経験を積むことができました。
これからさらに自分を「いい楽器」にして言葉を
思いを奏でていきたいです。

*M・Fさま 40歳 セラピスト
時間が止まったような感じで
集中力を持って参加することができました。
みなさん、とてもリラックスしていらして、
自分もいつも通りでいることができました。
いろいろなことをたくさん再確認できました。とてもよかったです。

痛みがないのをゼロ、最高に痛い状態を10としたら
ワークショップ前の痛み 4
ワークショップ後の痛み 0

*M・Yさま 39歳
今回3回目のレベル1ワークショップですが、
今回が一番ハートをオープンにして受けることができました。
エネルギーを素直に受け取ることができたと思います。
もう一度基本に戻って深く学べてよかったです。
素晴らしい時間を過ごすことができ幸せでした♡

痛みがないのをゼロ、最高に痛い状態を10としたら
ワークショップ前の痛み 7
ワークショップ後の痛み 2

*J・Oさま 44歳 看護師
今回3回目の参加でした。
参加するたびに新しい発見があります。
講義でも前回スルーしていたところが
今回はきになったり、自分の今の状態によっても
変わってくるのがわかりました。
QTを初めてどんどん幸せになっているのを実感します。
これからももっともっと広がっていく未来をも
実感しています。QTはすごいです♡



痛みがないのをゼロ、最高に痛い状態を10としたら
ワークショップ前の痛み 3
ワークショップ後の痛み 0

明けましておめでとうございます(*^_^*)Love is Power!



みなさま♪
2013年、明けましておめでとうございます♪
今朝は大阪はとても穏やかな
朝の光が心地よい初日の出となりました。

ご縁をいただいたみなさま、
これからご縁をいただくみなさま、
生きとし生けるすべてのいのちが
愛と光に包まれた1年となりますように(^○^)
今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

年があける直前、
クォンタムタッチをつむぎの森で受講してくださった
仲間の方が集まって、
わたしに集中遠隔ヒーリングをしてくださいました!

2012年は、アセンションの年などと言われ、
意識の次元のシフトが変わるのだ、と
期待をして待ち望んでいた年でもありました。

確かに、とてつもない速さでの気づきがもたらされ、
『しあわせタッチケア』を出版させていただき、
ラヴィングタッチプロジェクトでたくさんの方に出会い、
デンマークでのQTワープショップの開催や
前世退行催眠療法や
ラフターヨガリーダー・・などなにかに突き動かされるように、
導かれるままに、
流れの中で日々を過ごしていた一年でもありました。

「すでに知っている」と思っていたことが
もっと深く、意識の深層部からの気づきに変化するときの
感情の動きや、人との関わりの変化を目の当りにし、
誰も気づいていないかもしれないけれど、
ビフォーアフターが全く違うわたし!というくらい
濃密な一年でした^^


そんな1年の終わりに
集中遠隔ヒーリングを与えていただき、
わたしにとって、最高のプレゼントになりました!

QTは愛の祈りです。
心を込めて、想いをこめて、
愛をこめて、時間をかけて、
一つの思いを集めて、
だれかの最高の笑顔を思い祈る行為です。

30分間のヒーリングで得たビジョンと
みなさまとのつながりのありありとした感覚は
これからのわたしが生きていくエネルギーになりました。

金色野原で、
みなさまと暖かく、心地よく、寝っ転がって、
金色に輝く光を感じています。

2013年がみなさまにとって
ますます光り輝く1年となりますように・・。

いつもありがとうございます(*^_^*)
あなたに会えてよかった!!





Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

月のこよみ
はるか太古の昔から、
わたしたちは月の力を感じ、
そのリズムにしたがって生活
してきました。
いまでも女性は月の満ち欠けが生み出す力に
大きく影響をうけています。

hiro

月ごとの生殖リズム、出産、
肌の新陳代謝のサイクル、
気分の波・・・。

新月から満月への連綿と繰り返される
月のリズムと調和し
こころとからだとスピリットを
開放してみましょう。

新月は計画を立てたり、新しい物事を
始めたりするのに最適の時。

Archives
livedoor プロフィール
お気に入りの音楽3



クリスタルボウルは
瞑想のために開発された楽器。
純度98.9%のクオーツクリスタルから倍音が響くと、
そのバイブレーションがからだの細胞にしみこみ、
さらに心の奥深くまでを溶かしていきます。

初めて、この「アルファ」のCDを聞いたのは何年か前の夏の日。
子どもたちとお昼寝をしようと、ござに寝転び、CDをかけたのです。

すると・・・
知らない間に、涙がどんどん流れてきて、みんなで、「涙が出る〜」といいながら聞き続けました。
しばらくすると、子どもたちが「いまの音、この辺に入っていった」
「この音は、ここにぎゅーんで響く」とからだのあちこちを触りだしました。

クリスタルボウルは人のからだのチャクラに対応しているのです。
7種類の音は、7つのチャクラと共鳴し、それぞれ対応する音があらわす部位を子どもたちは感じていたのでした。

クリスタルボウルの深い響きは、左脳と右脳のバランスをとり、内なる存在とつながり、静けさと湧き上がるエネルギーを感じることができます。


いまも、セッション中にこのCDをかけていて、あまりの美しい旋律に、涙がこぼれることがあります。
何回聞いても聞き飽きることがない、
おすすめの1枚です(*^_^*)

セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

セラピストの本棚8
<セラピストの本棚8>

『整体入門』
野口晴哉著
筑摩書房



野口晴哉氏は天才だと思います。
10代のとき、この本に出会ってから、
からだや心に対する見方が大きく変わりました。
整体協会に属したことはなかったのですが、
主に著書を通じて氏の世界観に触れることで大きな影響を受けました。

野口整体の創始者として、
日本の東洋医学を代表する人物である野口晴哉が、
初心者に向けてわかりやすく野口整体のポイントを説いた本書は
最近文庫になって再登場しました。
ランキングに載るほど話題になったそうです。

「愉気」という触手療法の体系を作った氏は、
「愉気とは楽しい気で相手を包むこと」といいます。
そっと相手に手を触れることで、
自己調整が目に見える形でトレーニングできる方法を生み出し、
「活元」と名づけました。

人間を12分類した体癖理論は難しく理解したとはいえませんが、
「気」とは何か、からだの要求によって動きが生み出されること、
癒しの手をつくる合掌行気法、
脚湯の仕方、自分で歪みを正す体操、
便秘の解消法、母乳の出し方、
月経痛をなくすには、などなど
からだのゆがみやねじれの解消法について
「からだの凄さ」を改めて感じることができます。

何度読んでも新しい発見があります。
『風邪の効用』と併せて読むと理解が深まります。
お気に入りの音楽2


『永久へのカノン』

ダニエル・コビアルカ

パッヘルベルのカノン。大好きな名曲です。この曲のCDはいくつか持っていますが、コビアルカのカノンでは新しい魅力を発見することができました。
知っている曲は脳が活性化してメロディを追ってしまうので、セッションでは不向きなのですが、このカノンはまったく邪魔することなく、また呼吸のリズムときれいにあって、深い深いリラックスをもたらしてくれます。
そして、このCDの本来のタイトルでもある「Timeless Motion」
この曲のためだけに1枚購入してもいいくらいです。
セラピストの本棚7

『フレグラントマインド』
バレリー・アン・ワーウッド
フレグランスジャーナル社








アロマ心理学の草分け的存在の
ワーウッド女史が、心とからだの健康を目指して
取り組んだ本書は初心者ははもとより
経験をつんだセラピストにも
新しい精油の一面を示し、
香りから人の性格や内面 に潜む自己を引き出してくれます。

精油を9系統に分類したアロマジェネラは
読み物としても楽しめます。
日本人のためのアロマジェネラを構築するとしたら
どんな形になっていくのでしょう。
日本人ならではのコミュニケーション、表現法、
身体意識、美意識、歴史、などを総合した
日本人のためのアロマジェネラを
きわめていくことが目標です!

グレープフルーツのパーソナリティ、
いいですねえ(*^_^*)

セラピストの本棚6


『万病を治せる妙療法ー操体法』橋本敬三

操体法と言うと、「え?体操?」とよく聞き返されます。
仙台で医者をしていた橋本先生が考案した整体術の一種ですが、ホリスティックな視点で病気について考えることができます。『生体の歪みを正す』も名著です。
「気持ちのいい方向に気持ちよくからだを動かして、すと〜んと脱力。そして大きくため息、はあ〜」なんて単純で気持ちいいのでしょう。うちの子供たちも寝る前の操体法が大好きです。
セラピストの本棚5

1990年、この本を読んだ衝撃は大きかったです。一時期バイブルのように繰り返し読みました。

前著『人はなぜ治るのか』では誰かに治してもらうものだと思っていた病気が、実は自己のコントロール下にあることに気づかされました。
本書ではさらに健康と治癒の不思議なメカニズムを解き明かし病気の経過とそれを変える方法の説明、こころとからだの相互依存関係、呼吸法、食事などあらゆる観点から詳しく解説してくれています。
『癒す心、治る力』も名著です。
<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


お気に入りの音楽


<REIKI>レイキ /Llewellyn


鳥や川のせせらぎなどの
自然音が好みなのですが、
トリートメント中は、
人の声などがはいらず、
静かで一定のリズムの
波動の高い音楽が欠かせません。

この<REIKI>のCDは
急にリズムが変わってびっくりするようなこともなく、落ち着いて自分の心の声と対話できるアルバム。
<REIKI>とは普遍的な生命エネルギーを指し、とてもパワーあるハンドヒーリングです。
シリーズに<aromatherapy>や<chakra>も。
セラピストの本棚<2>
クリニカルアロマセラピスト
の本棚からおすすめの本を
ご紹介しています。

ガブリエル・モージェイ氏の
『スピリットとアロマテラピー』

フレグランスジャーナル社



スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す


アロマセラピー初心者をそろ
そろ卒業して、もっともっと
深く学びたい、と思われたなら、
ぜひこの本を手にとって
読んでみてください。

著者はアロマテラピー、指圧、
鍼(はり)、薬草医療の専門家
で、薬草医療の校長。
精油がこころとからだ、
スピリットへ及ぼす効果や
深遠な心理作用、陰陽五行説
についてもとても分かりやすく、
丁寧に説明されています。
アロマセラピーと東洋医学を
融合させたユニークな視点は
アロマセラピーの新しい可能性
を感じさせてくれます。

読み物としても面白いですが、
臨床やセッションの現場での
精油ブレンディングのヒントに
大活躍しています(^.^)
セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20165131

「こころ」「からだ」「エネルギー」「魂」
を耕し、つむぎあわせること・・

触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「魂」そして「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

理論に偏らない、ホリスティックな視点を大切にするいまのスタンスは、若い頃からの山登りや宗教への考察、心身のつながりを統合する体験、聖地を旅し、自然療法やボディワーク、アロマセラピー、ホリスティック医学、エネルギーヒーリング、哲学、人類学、マクロビオティック、催眠療法などのさまざまな心理療法を学んできたことから深めています。
深い山で何度も夜を過ごし、自然農法で田んぼを耕し、ハーブを育ててきたことも、光だけではないいのちの多面性や、伸びてゆく力への信頼に結びついています。
大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
医療ケアが必要なこどものためのタッチケアボランティアは、医師や看護師、HPSらとともに様々な病院、医療センター、ホスピス、支援学校などで継続しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
LOVING TOUCHを伝えています。

二児の母。
■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■AHCP認定クリニカルアロマセラピスト/リフレクソロジスト
■保育士
■日本心理学会認定心理士
■NPO法人日本ホリスティック医学協会理事
■ラヴィングタッチプロジェクト主宰
■KAF認定ラヴィングベビータッチ主任講師
■米国リドルキッズ協会認定医療介入を必要とする
こどもへの小児タッチケア上級セラピスト
■クォンタムタッチ(R)
認定レベル1・レベル2インストラクター・プラクティショナー
■ABH認定催眠療法士
■大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。

著書『ぐっすりネンネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房




ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

*受付開始中♪
こころとからだを紡ぐケア〜ラヴィング・タッチケア基礎講座12月開講します♪
残席1名!!
詳細はお問い合わせください。
◆日時:2016年12月10日(土)11日(日)
10時〜18時(9時40分開場)
◆講師:はやしひろこ

*クォンタムタッチRレベル2ワークショップ。受付開始!
日本在住のレベル2インストラクターは4人しかいないため、貴重なワークショップとなります。2017年の開講は、2月以降は未定です。
◆日程:2017年2月11日、12日
◆時間:10時〜19時30分(終了時刻は若干変更があります)
◆会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森
◆インストラクター:はやしひろこ


詳細に関しては
ホームページに順次アップしてまいります。
またお問い合わせいただいた方には
優先的にご案内をさせていただきますので、
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
 ラヴィングタッチプロジェクト♪
今年のラヴィングタッチプロジェクト主宰の
ラヴィングタッチデー2015は
大盛況と愛と笑顔の中で終了しました!
ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました(^^♪
また次回をお楽しみに!!
1507077_648777948556976_7911846340208959344_n





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すべての子どもたち、大人たちに
愛を込めたLOVING TOUCHを!

ラヴィング=Loveを
今、ここで感じている状態。
まなざしや声や暖かい手のひらに
ラヴィングな気持ちをこめて、
ラヴィングタッチを贈りましょう。

この世界すべてが、
ぬくもりのある暖かなタッチで
光に満たされますように・・!


ラヴィングタッチプロジェクトのステッカーです。
LTPtsumugiURL_JPG300



保育園、幼稚園、小学校、病院、日本津々浦々に
ご希望される場所へ、ラヴィングタッチの出前教室・講座を開くためにステッカーを一枚200円で販売しています。10枚以上お求めいただいた方は、応援サポータとしてラヴィングタッチプロジェクトページにてご紹介させていただきます!
http://tsumuginomori.com/

つむぎの森のケアルーム、ホームページ、また賛同してくださった方からご購入いただけます。
このステッカーの売り上げはつむぎの森とは別会計でラヴィングタッチを伝えていくための活動資金にいたします。

みなさまのご支援、ご協力をお願いいたします(*^_^*)
愛を伝えるベビーマッサージ♪ラヴィングベビータッチ教室お知らせ★
人生のプログラムを構築する乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
愛を伝えるベビーマッサージ教室を大阪京橋のつむぎの森で開催します。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。
参加費はオイル代込で3000円です。
赤ちゃんともっと仲良くなれる、楽しいタッチケアレッスンです。
みなさまのご参加お待ちしています♪
IMAG0689






*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は
現在 小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。
在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
(別途出張費と交通費を申し受けます)どうぞご相談ください。

IMAG2509 (1)


お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪
aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
講師・出前講座のご依頼は・・
*アロマセラピー
*リフレクソロジー
*ベビーマッサージ教室
*タッチケア
*セルフケア
*クォンタムタッチ(R)
の講師・出前講座承ります!

これまでに、
看護協会さま・教職員組合さま・
幼稚園・保育園・小学校・PTA活動・
看護系大学・育児サークルなどさまざまな
イベントでの講師活動、
ベビーマッサージの出前教室などを行っています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
aroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ外して送信してください)



おたよりありがとう♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ