つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸 

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

January 2012

温かい贈り物♪



これ、なんだかわかりますか?
IMAG0705


ぬか袋です!

東京にいる高校時代の友人が
プレゼントしてくれました(*^_^*)
Mちゃん、ありがとう!!

中にはぬかが入っていて、
「ゆたぽん」のようにレンジで温めて
何度も使えます。

素敵な布の柄は友人が選んでくれたもの。
今のこの記事を書きながら
ぬか袋を肩にのせています(*^_^*)

我が家では、
マイ「ゆたぽん」が家族それぞれに2つ以上あり、
ほとんど暖房のない部屋で、
ゆたぽんで暖をとっています。
わたしは夜中はパソコンや資料作成をしているので、
足の裏と、膝と、右手のしたにも
ゆたぽんやあたためたこんにゃくを使っています。

夫は「ゆたぽん」+小豆が中にはいってものがお気に入りで、
息子は正統派の湯たんぽ愛好者です。
娘はゆたぽん派。

ぬか袋は初めてですが、
温めるとほんのりきなこの香りで、
こころにもからだにも優しい暖かさです(*^_^*)

土曜日のダウジングコミュニケーション入門編の
テキストがようやく完了♪
毎回、改定をして、実践的でわかりやすく
本当に「使える」ダウジング講座を目指しています。

今年からは少し変更して、
入門編、中級編、実践編の3部構成にしています。
順番に受講していただくことになります。

入門編はあまり大きな変化はありませんが、
中級編と実践編は、
去年のカリキュラムでは、
あまりにも内容を詰め込みすぎて消化不良だったかな、
という反省も込めて、
より段階をおって、練習できるようにしています。
入門編は、まったくの初めての方を対象にしていますが、
実践編まで学ぶと、
遠隔ヒーリングでのクライアントの前後の変化や
チャクラの状態、エネルギーの状態を読み、
ヒーリングを行うところまでを目標にしています。
受講者のみなさま、
楽しみにしていてくださいね!!

入門、中級クラスはすでに定員となり
受付を終了しました。
次回は秋以降を予定しています。
実践編は6月を予定しています。
こちらは、去年までの入門編、アドバンス編の両方を受講された方、
今年の入門編、中級編の両方を受講された方を
対象にしています。

ご興味のある方はお問い合わせください。
日程が決まりましたら、優先してお知らせいたします(*^_^*)

シュタイナーのアントロポゾフィ医学入門講座♪


今年最初のホリスティック医学フォーラム関西、
開催しました!
会場は毎回、滝井の関西医科大学講堂です。
ここへ通うのも8年目。お客として通っていたころから
考えると9年目になります。

2008年の春まではケアルームをしながら
週に1回、関西医科大学のすぐ近くの
統合医療研究所の事務局につとめていたので
毎週自転車で30分かけて通っていました。
ここでは、相補代替伝統医療会議(JACT)の関西支部総会を
開きましたし、
国内外から先生方を招いて、
統合医療やホリスティック医学にかかわる
研究会や講座を数多く開きました。
多くの熱意ある素晴らしい医師や看護師方と
出会うことができた、とても愛着のある場所です(#^.^#)

今日は東京からお招きした
浦尾弥須子先生の
「シュタイナーによるアントロポゾフィ医学入門」講座。

シュタイナーのアントロポゾフィーは
医学だけでなく農業や占星術、哲学
霊学、教育学、建築学などに
多大な影響を与えました。

わたしも一時期シュタイナーの哲学に興味を持ち、
『いかにしてより高次の世界の認識を獲得するのか?』や
『神秘学概論』『ヨハネ福音書講義』や『病気と治療』などをよみあさり
オイリュトミーの真似をしたり、
息子をシュタイナー教育で育て、
できたばかりのシュタイナー学校の見学にも
足を運びました。

あまりにも広大なシュタイナー哲学を基にした
アントロポゾフィー医学をたった2時間半でまとめるのは
大変だったと思うのですが、
浦尾先生は、
ドイツでのシュタイナー医学を実践する病院での
研修の体験、実際の患者さんの様子、
さまざまな心とからだと霊性にはたらきかける
ユニークな治療法を写真とともに
丁寧に解説してくださり、
医療の場のなかで、シュタイナーの視点や哲学が
どのように実践され、患者さんのQOLの改善に役立てているか、
優しくお話いただきました♪

ケアルームでもよく話題になりますが
シュタイナーは7年周期説をとなえています。
この7年周期について

「親学講座」の長谷川さんが詳しく書いておられますので、
引用させていただきます。

0〜7歳は「善(安心や喜び、愛情)」を受け取る時代。
 7〜14歳は「美(芸術や人間性や自然への美)」を感じ取る時代。
 14〜21歳は「真(真実のある世界観)」を受け取る時代。

 21〜28歳は「関係性」の時代。(善や愛を実現したい)
 28〜35歳は「構築」の時代。(美的生活をつくりたい)
 35〜42歳は「問い」の時代。(真に大切なことは?)

 42〜49歳は「葛藤」の時代。(正しさを超えた先にある善への気づき)
 49〜56歳は「創造性」の時代。(芸術的創作への意欲、美へのあこがれ)
 56〜63歳は「本質」の時代。(真に自分らしく生きよう)

 シュタイナーは21年ごとに「善・美・真」が繰り返し、
形を変えて成長していくようなモデルを提示しています。


 28〜35歳は「構築」の時代ですから、
作り上げることに熱心です。
特に理想的な家庭をつくりたい、理想的なマイホームを持ちたい、
といった生活基盤や現実的なものの構築に対する衝動が強い傾向があります。
 またこの時代は現実と理想との狭間にあって、色々と悩む時期でもあります。
 そして、それらの悩みを通して成長した35歳前後の
この時期の人の考え方、処世術、人生観は非常に
しかっりとした現実的なものです。
しかし、どこか弱者切り捨て的で、強者の論理でもあります。

 35〜42歳は「問い」の時代です。
 40歳を目前に控えながら、もしくは40歳を過ぎて、
確立した生活、安定した地位にありつつも、
どこか物足りないものを感じたり、
このまま年をとってゆくのかと空しさを覚えたりしやすい年代です。
 時に安定した生活をひっくり返してしまうような
事件が起こることもあります。
昔から厄年(41歳前後)の頃には、リストラ、病気や事故、親の介護、離婚・・、
子どもの不登校などが起こることがあります。
こういったことをきっかけにして
自分の今までの生き方を見直したりすることになります。
 これは何も悪いことではなく、
40歳以降の後半の人生を心豊かに生きる上で必要なことであり、
後で振り返ってみると「あのことがあったからこそ」と思えることも多いようです。

 42〜49歳は、先の「問い」の続きである「葛藤」の時代。
思春期に匹敵する怒濤の年代です。
 本当に色んなことがあります
。先が見えない中「どうしたら・・」と途方にくれることもあります。
たくさんのしがらみ、責任、義務・・。
 この悩みの多い年代は、悩み多き思春期になぞらえて
「思旬期 」と呼んでいます。
何故なら、この後50代からこそ、
人生の「 旬 」を迎えるからです。
 人生の「 旬 」を迎えるためには、
今までの生き方、人生観の変革が必要です。
そういった意味で「捨てる」「放す」といった言葉がキーワードとなります。
新しい生き方を手に入れるためには、
文字通り古い生き方を「捨てる(放す)」必要があるからです。

・・・引用ここまで・・・

わたしはちょうど、42歳周期の折り返し地点に入りました。
42歳からは自分の霊性の成長を完成させ、
完成させたものを広め、伝え、実行する時期といいます。

つまり、

42歳から49歳まで・・・自分の人生の本当のテーマを考える時期

49歳から56歳まで・・・そのテーマを実現する方法を考える時期

56歳から63歳まで・・・そのテーマを実行する時期

とです。

自分の人生の課題がなんとなくわかり始め、
できること、したいこと、発信すること、
伝え、つなげ、想いを広げることが、
やはり42歳くらいから自由に、できるようになりました。
つぎの収穫の時期に向けて、
今芽を出し、伸び始めている可能性を
大切にしよう、と改めて感じます。

浦尾先生の、医師という立場からの実践報告は
参加者にもとても好評で、
このような目に見えない世界をベースにした医学が
日本でも広がっていくきっかけになることを
感じました。

フォーラム後の会議と新年会にも
浦尾先生がご参加くださり、
黒ビールをおいしくいただきました(#^.^#)
想いもかけない話題で、浦尾先生と共通の認識を
持っていることがわかり、ちょっと興奮して
お酒も楽しくはずみました♪


ホリスティックという言葉は
20年前とくらべると格段にポピュラーになってきましたが
まだまだ思想や内容については
認知されていません。
今年の関西支部では、
ホリスティック医学の概論セミナーにも力を入れていきますので、
ご興味のある方はぜひお越しくださいね。

次回は3月25日に
ホリスティック医学の基本を学ぶ
ホリスティック医学概論セミナーです。

また医師など医療従事者を対象にした
ホリスティック医療塾も今日が第1回でしたが
こちらも満員御礼、大好評でした。
次回は3月25日です。

フォーラムはどなたでもご参加できます!
みなさまのお越しを楽しみにしています(#^.^#)

シュタイナーのアントロポゾフィー医学講座♪開催します。


今年最初のホリスティック医学フォーラムのご案内です。

1月29日、今週末です!
どなたでもご参加いただけます。
ご予約も必要ありません。
どうぞご興味のある方はぜひ京阪滝井の関西医科大学まで
お越しくださいね。

今回は『シュタイナーのアントロポゾフィー医学入門』です。
講師は笑顔の優しい、大好きな浦尾先生!
(浦尾 弥須子 川崎市立井田病院 耳鼻咽喉科部長)

日本でルドルフ・シュタイナーはシュタイナー教育の創始者として有名ですが、
本来彼は思想家として位置付けられてきました。

このシュタイナーの提唱したアントロポゾフィー
(日本では「人智学」とも称されてきました)の考えは現在、
教育のみではなく、建築、経済、社会学、芸術、
そして薬学や医学の分野にまで広く応用されています。
... ...
 アントロポゾフィー医学はドイツ・スイスを中心に、
現在世界60カ国以上で実践され、たくさんの患者さん達に
素晴らしい治療効果をもたらし、
理想的な統合医療モデルの一つとして注目されています。

 今回、この新しい医学の理解に必要なアントロポゾフィーの世界感、
人間観をまず簡単にご理解頂いた上で、アントロポゾフィー医学とは何か、
現代の医療現場での使われ方を知って頂きたいと思います。

■2012年1月29日1:30〜4:00(講演) 4:00〜4:30(懇談会)
■:関西医科大学(京阪電車「滝井駅」徒歩2分) 関西医科大学第一講堂2階
参加費:会員 2,000円/学生会員 1,000円
/一般 2,500円/一般学生 2,000円
■懇談会は無料です。奮ってご参加ください。
■生活習慣病予防指導士の方は、3単位取得できます。


また今回から新しい試みとして、
ホリスティック医学フォーラムの前に、
医療従事者のみを対象にしたホリスティック医療塾を開催します!
アメリカ、アリゾナ大学のアンドルー・ワイル博士の統合医療塾の日本版をめざして、
ホリスティック医学の医療での実践方法や導入方法の構築など、
幅広い視点でホリスティックについての理解を深めます。
こちらはおかげさまで、あっという間に満員となりました。

お申込み・お問い合わせは
NPO法人 日本ホリスティック医学協会 関西支部事務局

〒570-0075 大阪府守口市紅屋町7-10-502

TEL / FAX. 06-6993-7501

ケアルームのご予約カレンダー♪



インフルエンザが大流行しています。
とうとう娘のクラスも今日から学級閉鎖になりました。
娘は元気いっぱいで、
「のんびりできる〜」と大喜びです

うがい、手洗い、ゆっくりお風呂、
温かい飲み物、栄養のある食事、
そしてできるだけ早めにぐっすり眠ること。
ティトリーとユーカリラジアタのルームスプレーを
シュッシュッとスプレーするとウイルスの除去と
風邪の予防になります。
わたしがこの時期、行っているのはハンドバス。
帰宅して、手を洗うときに、
洗面ボールに熱めのお湯を入れて、
ラベンダーとティトリーをポトポト・・。
末端を温めると、中心まで温まります。
手首が暖かくなると、肩や首もゆるんでいきます。
風邪をひくときは、肩やからだがカチカチになっています。
ほわーんと手から幸せを感じて、のども潤しましょう。
一緒に、あははは・・・!と大笑いすると
効果アップです(*^_^*)

もちろん、家族全員の手拭タオルは別にしてくださいね〜♪

先日、ケアルームの近くの玄米カフェ実身美(さんみ)さんに
ランチに行ってきました!

前のケアルームのすぐ近くです。
ここはお店の入れ替わりが激しい場所で、
半年行ってないだけで、
新しいお店が何軒もできていました♪

玄米カフェ実身美(さんみ)さん

20120125134859-499



この日のメニューは
旬の野菜と玄米のご飯セット♪
デザートと飲み物も選べます。
わたしはたんぽぽコーヒーと
バナナチョコの半生ケーキ+ざくざくナッツの生クリーム添え(^-^)

冷たいお水ではなくお白湯をサーブしてくれるのも嬉しい♪

こんな素敵なお店が京橋にも次々にオープンしてくれると
いいですね。

ケアルームに来られた時の楽しみに、
ぜひ足を運んでみてくださいね!

そうそう、本題を忘れるところでした。

ケアルームつむぎの森のご予約ですが

3月に海外研修に行くため、
長期のお休みをいただくことが影響しているのか、
1月、2月、3月、4月のすべての予約枠の受付が終了しました。
今は5月の連休明けの予約にはいっています。


あまりにも先なので、
わたしのほうも、なにかの予定がはいるかもしれないと
ご了承のうえで、ご予約をいただいている状態です。

1日お二人のみの小さなケアルームですので
ご希望に添えないことが心苦しいです。
どうか、近況などお知らせくださいね。

春からのつむぐ講座も少しずつ決まってきています。
まずメルマガで告知をいたしますので、
月初めのメールのチェックをお願いいたします。

お目にかかれますことを楽しみにしています(#^.^#)
今日も笑顔で!




ラフターヨガのリーダーになりました♪



1月は移動距離が長かった・・です。

先々週は東京で
ヒプノセラピーの研修。

先週は名古屋で
ラフターヨガのリーダー養成研修。

ラフターヨガ、
みなさん、知っておられますか?
笑いヨガとして最近、マスコミなどでも
紹介されることも多くなったヨガです。

ヨガはこれまでも学んできました。
妊娠時はマタニティヨガ、
出産後は産後ママのためのヨガ、
クンダリーニヨガ、アシュタンガヨガ・・。
自宅でも、Wiiのヨガのソフトで
寝る前に一汗かくこともあります。

そんなわたしが、去年くらいから
気になって仕方なかったのが
ラフターヨガ♪


ずっと体験したかったのですが
土日の休みが去年は本当になく、
(今年はもっとありませんが・・。)
養成講座も土日がベースになるので、
のんびり構えていたのですが、
ちょうどあいている日程で受けられることが判明!
すぐに申し込みをして、その日を心待ちにしていました(*^_^*)

2日間のリーダー養成講座は
もうとっても楽しかった〜\(~o~)/
今もどっぷりとはまっています。
大阪で、ラフターヨガをみんなで楽しんでいきたい!

ラフターヨガとは・・
(ラフターヨガジャパンのサイトから引用させていただきます)

「ラフターヨガ(笑いヨガ)」は
笑いとヨガの呼吸法を組み合わせたエクササイズです。
笑うことで多くの酸素を自然に体に取り入れることで、
心身共にすっきりし元気になることができます。
だれでもすぐにでき、冗談、ユーモア、
コメディーに頼らない「ただ笑うだけ」の画期的なエクササイズです。

「ラフターヨガ」の「Laughter ラフター」は、「笑い」という意味です。
そして、ラフタークラブでは、思う存分に笑える、安心安全な場を提供しています。

•「ラフターヨガ=笑いヨガ」です。
これは、冗談、ユーモア、コメディーに頼らずに、
ただ笑うだけのエクササイズで、誰でも簡単に行うことができます。
年齢性別、障害の有無に関係なく、
だれでも楽しみながら自分のペースで行うことができます。
また、特別な器具を用意する必要もありません。


•ラフターヨガの基本要素は4つ
1. 笑いを誘う「ラフターエクササイズ」、
2. 手拍子とかけ声(ラフターエクササイズの終わりの合図)、
3. 深呼吸、
そして4.子供の様な無邪気な遊び心を思い出し、心を解放することです。

•エクササイズの方法はグループで笑います。
最初は作り笑いから始まりますが、目を合わせたりしているうちに伝染し、
気づいたら自然な笑いに生まれ変わります。

•作り笑いでも体への作用は一緒。
自然な笑いでも、作り笑いでも、体への作用は一緒
ということが医学的に証明されています。
この科学的根拠に基づいて、ラフターヨガエクササイズが生まれたのです。

•インドが発祥地。
1995年にインドの医師マダン・カタリアと、
ヨガの熟練者である奥様、マヂュリー・カタリアとともに、
たった5人で公園で始めたこの運動は、
今や世界70カ国以上に伝染し、1万以上のクラブが定期的に活動しています。


わたしもはじめてラフターヨガを体験したのですが、
名古屋の公民館には
小学生からご高齢のマダム、
20代、30代の女性、
男性まで20人近くが集まって汗をかいて
大笑い!!楽しい(*^_^*)

挨拶ラフター、では
名前を言ってから「アハハハ!!ホーッホッホッホ」と
大笑い。

リズムのある手拍子に、独特な掛け声、
子ども心に戻るおまじないのジェスチャー、
なにもかもびっくりで、
わたしにできるかな、と2秒くらい考えましたが
あっという間に、遠慮がちな作り笑いが
心の底からの本当の笑いになっていました。

もっと驚いたことには、
笑うことが、
こんなにもエネルギーの必要なエクササイズであったこと。

笑えば笑うほど、心身に素晴らしい効果をもたらすこと。

息がきれるほどのちゃんとした運動であること。

目と目を見つめて笑いあうと、
どんな人とも瞬時に笑顔になれること。

イメージ療法に匹敵するようなすぐれたセラピーであること。

日常生活の動作を基本にしたヨガのエクササイズが
本当に楽しいこと・・。

私が体験したラフターヨガクラブに
初めて参加されていたおばあちゃま。
ヨガのあと、「夫を亡くしてから
笑ったのは3年ぶりです。」
と目に涙を浮かべて笑っておられました。
頬がうっすらとピンクになり
とても素敵な笑顔でした。

アメリカのジャーナリスト
ノーマン・カズンズは難病にかかったとき、
コメディのビデオを病室に持ち込みました。
たっぷり笑うと、何時間か、痛みなしで眠れることに気がつき
笑いの心身への医学的な効用について考察をした
本格的な本を世に送り出しました。

カリフォルニア・スタンフォード大学の
ウイリアム・フライ博士は
「笑いの科学」の父として知られますが、
たとえ作り笑いでも、20秒間の笑いは
3分間のボート漕ぎに匹敵する運動量であると
発表しました。

カリフォルニア・ロマリンダ大学医学部
精神神経免疫学のリー・バーク博士と研究チームは
心臓病患者に対して研究を行い、
毎日笑っていた患者たちは、薬の量が減り、
再発作のリスクが減ったと発表しました。


これらの医学的な研究に感銘を受けた
インドの内科医、マダン・カタリア医師は
たった5人で近所の公園で
笑いの心身への効果を実証しようと行動を始めました。
たった5人ではじめたラフターヨガは今では
全世界で注目を集めています。

わたしがラフターヨガに興味をもった一番の理由は
安全で、安心で、無理がないこと、
医学的な効用が十分に考察されていることもありますが、
ラヴィングベビータッチ教室にきてくださるお母さんや
こどものためのホスピスで
子どもたちと一緒にラフターヨガで
笑いあいたい!!と思ったからです。

実際に、こどものホスピスでのラフターヨガが始まりますし、
高齢者施設や、デイサービス、障碍者施設でも
すでに導入されているところもたくさんあります。
(ご興味のある方、声をかけてください!)

また病院での朝礼時に1分間、笑いあうと
病棟の雰囲気がとてもよくなり
コミュニケーションが取りやすくなったり、
企業などでも実施されているようです。

昨日は、さっそく
来て下ったお客様にラフターヨガのデモを行い、
大笑い(*^_^*)
リーダーになることを勧めました♪

今日も
わたしの大のお気に入りの「あじの開きラフター」を
午後のお客様と楽しみました!

大阪城公園で、
できるだけ定期的にラフターヨガをするのが
当面の目標です。
ラフターヨガの開催が決まりましたら
メルマガやブログで告知しますので、
ぜひ大笑いにお越しくださいね!!
若返りと美肌にもいいですよ〜。

<ラフターヨガの効用>
ラフターヨガを通じて笑うことで、、

•酸素が血液とあらゆる主な臓器に充分に行きわたることで、
心身ともにエネルギーが満ちあふれた状態になります。
•ストレスレベルが75%以上も減少し、
ストレスが軽減するのが実感できます。
•エンドルフィン(痛みを抑える物質)のレベルが上がるので、
気分がよくなる上、様々な痛みが軽減されます。
•自信が高まり、コミュニケーションスキルや創造性が高まります。
•血圧が下がり、脈拍が下がることでリラクゼーション効果を得ることができます。
•うつ状態が軽くなり、慢性的なうつが軽減されたという声も寄せられています。
•ストレスによって低下している免疫系、消化器系、生殖系状態がよくなります。
•リンパ系の循環が活性化し、血行がよくなります。




大寒、旧暦のお正月です♪


二十四節季の大寒に入り、
新月の旧暦のお正月。
ちょうどこの日につむぎの森にセッションを受けに
来てくださった方たちと、
新しい一年の始まりの気の流れの変化に呼応するかのように
新しい人生の扉が開く素晴らしいビジョンを
共有させていただきました。

毎回、毎回、このビジョンが楽しみです。
何千回経験しても、
たったの一度として同じものがありません♪

今この瞬間のお客様の問題と関わる
さまざまな気づきのメッセージが
もたらされます。

このビジョンをセッションを受けている
お客様と一緒に見ることもあります。
お客様にとっても、素晴らしい経験となります。

リーディングという形で、わたしにもたらされたメッセージを
お伝える形は、どうも受け身になりがちです。

気づきというのは
もともと、もうすでに自分の中にあるものが
存在していることに、新たに気がつくこと。

内観と自分のからだや心へ、目覚めた意識で
フォーカスすることが必要です。
人から与えらた受け身の情報ではなく、
内なる意識の貯蔵庫からのメッセージは
力強く、その人自身の問題解決を助けます。
なにより、
自分の内側からの声に耳を傾け
その言葉を丁寧に扱っていくと
わたしたちの人生への自信や見方が変わってきます。

あなたとのセッションで、
どんな新しい世界に気づけるか、
共有できる時間を楽しみにしています(*^_^*)

びっくり♪


先週、無事高校進学が決まり、試験休みに入っている息子。
寒いからか、昨日今日は家にいて
なにやら毎日夜遅くまでごそごそしています。

でも、家に誰かいると、安心。
朝も、「行ってきま〜す」と大きな声で
張り切って、家を出ています。

昨日は、家に帰ると
息子がお風呂場をごしごしと
1時間かけて掃除してくれていました!
びっくり♪
こんなこと、初めてです。

今日は家に帰ってご飯の用意をしようと
台所に行くと、
ん??
なにかいつもと違う!

なんと、なんと、
ガスコンロがピッカピカに磨かれているではありませんか♪

びっくりしていると、息子がにやにや顔でやってきて、
驚く私の顔をみながら
「おお、洗っといたで(*^_^*)
明日は換気扇洗っとくわな」


嬉しい、うれしすぎる。
でもいったい、どうしたの!
何があったの!
どんな心境の変化??

ゴミ箱のようだった息子の部屋も
きれいになってる!!

「どうしたん?」と聞いても答えてくれません。
思春期の男の子の複雑な心のうち、
わかりませぬ・・・。

でもうれしい(*^_^*)
週末はお母さん、名古屋だからね。
換気扇、頼むよ〜!





顕在意識と潜在意識がつながるヒプノセラピー♪



阪神大震災から17年。
わたしは一人暮らしをしていた京都で
大きな揺れを経験しました。
地震で倒壊した友人家族の引っ越しを手伝い、
毎日、会社ぐるみで炊き出しの豚汁を作り、
おにぎりを握り、コンロや毛布などの
物資を集めました。
小さなことしかできない自分を恥じながら、
それでも神戸の復興を祈り続けてきました。
あれから17年たち、ハード面では
何事もなかったかのように、新しいビルや家が
立ち並ぶ街に生まれ変わりましたが
人々心の歩みはもっとゆっくりだと感じます。
東日本大震災のあと「絆」がもてはやされていますが、
「絆」を感じ、想いを育て、実際の行動への原動力になったのは
阪神大震災だったのだ、
今、ここにいることを大切にしよう、
人との関わりを変えていこう、
互いにつながる社会を強く強く志向する種が
あの日の大きな揺れから始まったのだと感じています。
私自身も、思い返すと、
あの地震がきっかけで結婚していたことに
先日!気が付きました。

これからの日々が、被災したすべての方にとって
希望の日々となりますよう、
こころからお祈り申し上げます。

さて・・。

先週末は東京でした!
今週末は名古屋です。

子どもたちが成長し、
息子の進学も決まり、(みなさま応援ありがとうございました!)
今年はどんどん活動の場が広がっています。

東京では臨床催眠の症例豊富な、
素晴らしい医師からヒプノセラピーを学びました。
催眠を学ぶなら、この先生から!
とず〜っと決めていた方です。
ようやく日程があい、受講することができました。

先生も、スーパーバイズ役のインストラクターさんも
受講者の方も、魅力的な方ばかりで、
休憩時間の雑談もこころおどる出会いになりました。

で、催眠療法・・・・。
わたし、向いてる!

というのも、「催眠」という形ではありませんが
今もすでにケアルームでは
インナーワークとして、
コンサルテーション時やフィードバック時にも
同じようなテクニックを使っていますので、
催眠療法を学ぶことによって
これまで学んだテクニックを深く再確認することができました。
今回の暗示療法は施術にも応用でき、
顕在意識と潜在意識をつなげるすぐれた手法です。

催眠療法士の認定を取ることに決め、
テストとレポート課題に取り組んでいます。
今回は暗示療法のみですが、
継続して学び、退行催眠や過去世療法も
学んで来ますね!
楽しみにしていてくださいね♪

認定を受けてケアルームでメニューにする前に、
何名かモデルを募集する予定です。
もしお時間の都合があいそうでしたら
ぜひモデルをお願いします(#^.^#)
またメルマガでご案内しますね。

今週末はラフターヨガ♪

こちらは完全な趣味です。
リーダーになります!!
春にはラフターヨガイン大阪城公園、を
したいなあ、とにやにやしています。

みなさまも素敵な出会いで心躍っていますように・・。
風邪が流行っています。
暖かくしてお過ごしくださいね。


ヒーリングサークル開催!筋肉へのワーク♪


1月11日、1が三つ並ぶ始まりの日に、
ヒーリングサークル(クォンタムタッチ練習会)を
つむぎの森で開催しました。


今回集まってくださった8名。
ほぼ全員が、認定プラクティショナーに
認定されました\(~o~)/


なかには去年10月のワークショップで
生まれて初めてクォンタムタッチを体験し、
その深さや、感じる喜びや、成長を見守る仲間とのつながりや、
エネルギーワークという未知の世界が
こんなにもクリアで、理論的で、
地に足のついた実際的なツールだと知り、
その場でプラクティショナーを目指すことになったかたも!
みなさん、ワークショップのあと、
カルテのためのセッションを60時間行い、
課題レポートを書き、
無事、認定となりました。
みなさま、本当におめでとうございます\(~o~)/

ヒーリングサークルでは、
「エネルギーワークのための解剖生理学」を
最初の30分で学びます。
今回のテーマは「筋肉」。

筋肉とは、
身体に600以上ある筋肉の名称、働き、
筋肉と感情の関係などを座学で学んだあとは
ペアで、実際に筋肉へ意図したQTワークと
意図しなかったときを比べてみました。

参加者全員が
意図することで、これほどエネルギーの質や感じ方が
変わるのかをからだで感じ、驚き、
改めて『意図』の大切さを再確認しました。

一人30分ずつのQTグループセッション♪
優しく、呼吸と瞑想を通してわたしたちのエネルギー場を
高めていきます。

今、ここで起こっていることに
注意を向ける

相手に触れることで自分も癒している

穏やかで豊かなエネルギーをたくさん感じたこと

意図したときのエネルギーの流れの違い

相手の優しさが一緒に伝わってくること

筋肉とエネルギーとのつながり

自然と高まるエネルギーを感じること

わたしたちの内面で開きかけていること

お互いのエネルギーの交流を通してつながる
ビジョンの共有

からだの声を聴き、
世界が愛で構成されていること

私たち自身が愛そのものであること



そんなシェアをみんなで楽しく交換しました。


つむぎの森には、毎回、素敵な方ばかりが
世界中から集まってくださいます。
みなさま、本当にありがとうございます!!

みなさんと一緒にQTを共有できて幸せです〜(*^_^*)






感情の解放とタッチ♪


クォンタムタッチの認定プラクティショナーの
認定要件が今年の1月1日から変更になることで
これまでの受講者のみなさんのハートに火がついたようで、
認定申請ラッシュになりました。

60時間のセッション記録を
カルテシートに記録し、
セッションレポートを作成し、
アメリカの本部に送ったみなさんの
認定の喜びの声が毎日、わたしの元にも
届きます。
みなさま、本当にの本当におめでとうございます\(~o~)/
愛にフォーカスし、瞑想と呼吸法を用いて、
量子のレベルからの変容の旅を楽しみましょうね♪


さっき、わたしのワークショップを受講された方のうち、
何人が認定プラクティショナーに
なられたのか、数えてみました!

なんと認定プラクティショナーが 26人!!
(わたしに連絡くださった方だけです。
もしかしたらもっといらっしゃるかも。
私も・・という方ご連絡くださいね!)

そして認定インストラクターさんが  3人!!

とてもとてもうれしいです。
今年は、クォンタムタッチが日本でも
大きく広がることを感じます。
地道にやってきてよかった〜。

さて、11日のクォンタムタッチ練習会、
別名ヒーリングサークル用のテキストが
ようやく出来上がりました。

3時間のヒーリングサークルのうち
2時間半は、たっぷりとクォンタムタッチセッションを
お互いにモデルになって行いますが、
「エネルギーワークのための解剖生理学」の講義を
毎回、おこなっています。
それに、エネルギーワークのちょっとした
楽しいワークも♪

脳、婦人科系、関節などに続いて、
今度のヒーリングサークルでは、
「筋肉」を取り上げます。

筋肉・・・。あまりに範囲が広すぎですので
何回かシリーズにすることにして
第1回目は、
筋肉の構造をさらっと。

メインはわたしたちの感情と筋肉が
密接に関わりを持っていることを
エネルギーワークとともに
学ぶ予定です♪

楽しみです(*^_^*)
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

月のこよみ
はるか太古の昔から、
わたしたちは月の力を感じ、
そのリズムにしたがって生活
してきました。
いまでも女性は月の満ち欠けが生み出す力に
大きく影響をうけています。

hiro

月ごとの生殖リズム、出産、
肌の新陳代謝のサイクル、
気分の波・・・。

新月から満月への連綿と繰り返される
月のリズムと調和し
こころとからだとスピリットを
開放してみましょう。

新月は計画を立てたり、新しい物事を
始めたりするのに最適の時。

Archives
livedoor プロフィール
お気に入りの音楽3



クリスタルボウルは
瞑想のために開発された楽器。
純度98.9%のクオーツクリスタルから倍音が響くと、
そのバイブレーションがからだの細胞にしみこみ、
さらに心の奥深くまでを溶かしていきます。

初めて、この「アルファ」のCDを聞いたのは何年か前の夏の日。
子どもたちとお昼寝をしようと、ござに寝転び、CDをかけたのです。

すると・・・
知らない間に、涙がどんどん流れてきて、みんなで、「涙が出る〜」といいながら聞き続けました。
しばらくすると、子どもたちが「いまの音、この辺に入っていった」
「この音は、ここにぎゅーんで響く」とからだのあちこちを触りだしました。

クリスタルボウルは人のからだのチャクラに対応しているのです。
7種類の音は、7つのチャクラと共鳴し、それぞれ対応する音があらわす部位を子どもたちは感じていたのでした。

クリスタルボウルの深い響きは、左脳と右脳のバランスをとり、内なる存在とつながり、静けさと湧き上がるエネルギーを感じることができます。


いまも、セッション中にこのCDをかけていて、あまりの美しい旋律に、涙がこぼれることがあります。
何回聞いても聞き飽きることがない、
おすすめの1枚です(*^_^*)

セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

セラピストの本棚8
<セラピストの本棚8>

『整体入門』
野口晴哉著
筑摩書房



野口晴哉氏は天才だと思います。
10代のとき、この本に出会ってから、
からだや心に対する見方が大きく変わりました。
整体協会に属したことはなかったのですが、
主に著書を通じて氏の世界観に触れることで大きな影響を受けました。

野口整体の創始者として、
日本の東洋医学を代表する人物である野口晴哉が、
初心者に向けてわかりやすく野口整体のポイントを説いた本書は
最近文庫になって再登場しました。
ランキングに載るほど話題になったそうです。

「愉気」という触手療法の体系を作った氏は、
「愉気とは楽しい気で相手を包むこと」といいます。
そっと相手に手を触れることで、
自己調整が目に見える形でトレーニングできる方法を生み出し、
「活元」と名づけました。

人間を12分類した体癖理論は難しく理解したとはいえませんが、
「気」とは何か、からだの要求によって動きが生み出されること、
癒しの手をつくる合掌行気法、
脚湯の仕方、自分で歪みを正す体操、
便秘の解消法、母乳の出し方、
月経痛をなくすには、などなど
からだのゆがみやねじれの解消法について
「からだの凄さ」を改めて感じることができます。

何度読んでも新しい発見があります。
『風邪の効用』と併せて読むと理解が深まります。
お気に入りの音楽2


『永久へのカノン』

ダニエル・コビアルカ

パッヘルベルのカノン。大好きな名曲です。この曲のCDはいくつか持っていますが、コビアルカのカノンでは新しい魅力を発見することができました。
知っている曲は脳が活性化してメロディを追ってしまうので、セッションでは不向きなのですが、このカノンはまったく邪魔することなく、また呼吸のリズムときれいにあって、深い深いリラックスをもたらしてくれます。
そして、このCDの本来のタイトルでもある「Timeless Motion」
この曲のためだけに1枚購入してもいいくらいです。
セラピストの本棚7

『フレグラントマインド』
バレリー・アン・ワーウッド
フレグランスジャーナル社








アロマ心理学の草分け的存在の
ワーウッド女史が、心とからだの健康を目指して
取り組んだ本書は初心者ははもとより
経験をつんだセラピストにも
新しい精油の一面を示し、
香りから人の性格や内面 に潜む自己を引き出してくれます。

精油を9系統に分類したアロマジェネラは
読み物としても楽しめます。
日本人のためのアロマジェネラを構築するとしたら
どんな形になっていくのでしょう。
日本人ならではのコミュニケーション、表現法、
身体意識、美意識、歴史、などを総合した
日本人のためのアロマジェネラを
きわめていくことが目標です!

グレープフルーツのパーソナリティ、
いいですねえ(*^_^*)

セラピストの本棚6


『万病を治せる妙療法ー操体法』橋本敬三

操体法と言うと、「え?体操?」とよく聞き返されます。
仙台で医者をしていた橋本先生が考案した整体術の一種ですが、ホリスティックな視点で病気について考えることができます。『生体の歪みを正す』も名著です。
「気持ちのいい方向に気持ちよくからだを動かして、すと〜んと脱力。そして大きくため息、はあ〜」なんて単純で気持ちいいのでしょう。うちの子供たちも寝る前の操体法が大好きです。
セラピストの本棚5

1990年、この本を読んだ衝撃は大きかったです。一時期バイブルのように繰り返し読みました。

前著『人はなぜ治るのか』では誰かに治してもらうものだと思っていた病気が、実は自己のコントロール下にあることに気づかされました。
本書ではさらに健康と治癒の不思議なメカニズムを解き明かし病気の経過とそれを変える方法の説明、こころとからだの相互依存関係、呼吸法、食事などあらゆる観点から詳しく解説してくれています。
『癒す心、治る力』も名著です。
<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


お気に入りの音楽


<REIKI>レイキ /Llewellyn


鳥や川のせせらぎなどの
自然音が好みなのですが、
トリートメント中は、
人の声などがはいらず、
静かで一定のリズムの
波動の高い音楽が欠かせません。

この<REIKI>のCDは
急にリズムが変わってびっくりするようなこともなく、落ち着いて自分の心の声と対話できるアルバム。
<REIKI>とは普遍的な生命エネルギーを指し、とてもパワーあるハンドヒーリングです。
シリーズに<aromatherapy>や<chakra>も。
セラピストの本棚<2>
クリニカルアロマセラピスト
の本棚からおすすめの本を
ご紹介しています。

ガブリエル・モージェイ氏の
『スピリットとアロマテラピー』

フレグランスジャーナル社



スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す


アロマセラピー初心者をそろ
そろ卒業して、もっともっと
深く学びたい、と思われたなら、
ぜひこの本を手にとって
読んでみてください。

著者はアロマテラピー、指圧、
鍼(はり)、薬草医療の専門家
で、薬草医療の校長。
精油がこころとからだ、
スピリットへ及ぼす効果や
深遠な心理作用、陰陽五行説
についてもとても分かりやすく、
丁寧に説明されています。
アロマセラピーと東洋医学を
融合させたユニークな視点は
アロマセラピーの新しい可能性
を感じさせてくれます。

読み物としても面白いですが、
臨床やセッションの現場での
精油ブレンディングのヒントに
大活躍しています(^.^)
セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20165131

「こころ」「からだ」「エネルギー」「魂」
を耕し、つむぎあわせること・・

触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「魂」そして「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

理論に偏らない、ホリスティックな視点を大切にするいまのスタンスは、若い頃からの山登りや宗教への考察、心身のつながりを統合する体験、聖地を旅し、自然療法やボディワーク、アロマセラピー、ホリスティック医学、エネルギーヒーリング、哲学、人類学、マクロビオティック、催眠療法などのさまざまな心理療法を学んできたことから深めています。
深い山で何度も夜を過ごし、自然農法で田んぼを耕し、ハーブを育ててきたことも、光だけではないいのちの多面性や、伸びてゆく力への信頼に結びついています。
大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
医療ケアが必要なこどものためのタッチケアボランティアは、医師や看護師、HPSらとともに様々な病院、医療センター、ホスピス、支援学校などで継続しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
LOVING TOUCHを伝えています。

二児の母。
■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■AHCP認定クリニカルアロマセラピスト/リフレクソロジスト
■保育士
■日本心理学会認定心理士
■NPO法人日本ホリスティック医学協会理事
■ラヴィングタッチプロジェクト主宰
■KAF認定ラヴィングベビータッチ主任講師
■米国リドルキッズ協会認定医療介入を必要とする
こどもへの小児タッチケア上級セラピスト
■クォンタムタッチ(R)
認定レベル1・レベル2インストラクター・プラクティショナー
■ABH認定催眠療法士
■大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。

著書『ぐっすりネンネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房




ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

*受付開始中♪
こころとからだを紡ぐケア〜ラヴィング・タッチケア入門講座4月開講します♪
残席1名!!
詳細はお問い合わせください。
◆日時:2017年4月22日(土)23日(日)
10時〜18時(9時40分開場)
◆講師:はやしひろこ

【残席4名】
第2回「歩く」「立つ」「食べる」「呼吸する」を助ける〜〜赤ちゃんとこどものバランスのいいこころとからだを育む体操とタッチケア講座」
2016年に宮井文美さんと開催したコラボ講座が大変好評でしたので、今年も赤ちゃんやこどもへのサポートに関わる方を対象にコラボ講座を開催します。
みなさまとのディスカッションの時間を楽しみにしています!
*日時:6月28日水曜日
10時から17時
*講座料金・32400円(税込)
*定員10人
*対象者・子どもたちに関わる支援者、医療従事者、保育士、子育て支援者、タッチケアに興味のある方
*会場:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森

詳細に関しては
ホームページに順次アップしてまいります。
またお問い合わせいただいた方には
優先的にご案内をさせていただきますので、
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
 ラヴィングタッチプロジェクト♪
今年のラヴィングタッチプロジェクト主宰の
ラヴィングタッチデー2015は
大盛況と愛と笑顔の中で終了しました!
ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました(^^♪
また次回をお楽しみに!!
1507077_648777948556976_7911846340208959344_n





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すべての子どもたち、大人たちに
愛を込めたLOVING TOUCHを!

ラヴィング=Loveを
今、ここで感じている状態。
まなざしや声や暖かい手のひらに
ラヴィングな気持ちをこめて、
ラヴィングタッチを贈りましょう。

この世界すべてが、
ぬくもりのある暖かなタッチで
光に満たされますように・・!


ラヴィングタッチプロジェクトのステッカーです。
LTPtsumugiURL_JPG300



保育園、幼稚園、小学校、病院、日本津々浦々に
ご希望される場所へ、ラヴィングタッチの出前教室・講座を開くためにステッカーを一枚200円で販売しています。10枚以上お求めいただいた方は、応援サポータとしてラヴィングタッチプロジェクトページにてご紹介させていただきます!
http://tsumuginomori.com/

つむぎの森のケアルーム、ホームページ、また賛同してくださった方からご購入いただけます。
このステッカーの売り上げはつむぎの森とは別会計でラヴィングタッチを伝えていくための活動資金にいたします。

みなさまのご支援、ご協力をお願いいたします(*^_^*)
愛を伝えるベビーマッサージ♪ラヴィングベビータッチ教室お知らせ★
人生のプログラムを構築する乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
愛を伝えるベビーマッサージ教室を大阪京橋のつむぎの森で開催します。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。
参加費はオイル代込で3000円です。
赤ちゃんともっと仲良くなれる、楽しいタッチケアレッスンです。
みなさまのご参加お待ちしています♪
IMAG0689






*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は
現在 小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。
在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
(別途出張費と交通費を申し受けます)どうぞご相談ください。

IMAG2509 (1)


お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪
aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
講師・出前講座のご依頼は・・
*アロマセラピー
*リフレクソロジー
*ベビーマッサージ教室
*タッチケア
*セルフケア
*クォンタムタッチ(R)
の講師・出前講座承ります!

これまでに、
看護協会さま・教職員組合さま・
幼稚園・保育園・小学校・PTA活動・
看護系大学・育児サークルなどさまざまな
イベントでの講師活動、
ベビーマッサージの出前教室などを行っています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
aroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ外して送信してください)



おたよりありがとう♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ