つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

November 2010

からだの智恵を感じるワーク、ロルフィング入門講座開催♪


今日はつむぎの森主催の
こころとからだをつむぐ講座vol.4の
「入門編
からだで感じるロルフィング」を
開催しました!

ワーク中心となるので、8人に設定した定員は
告知からあっという間にいっぱいとなりました。

講師は京都からお越しいただいた
忍英彦先生。
誠実さが、言葉や表情からにじみ出ている
爽やかな青年です♪
shinobi






わたし自身は、20年くらい前にフェルデンクライスという
からだの声を聴く、ボディワークに出会ったのが
転機になりました。ボディワークが大好きです(*^_^*)
ロルフィングは、2005年に、
セラピストのためのからだの使い方のロルフィング講座を
10時間以上、受けたことが
今のセッションの基本になっています。
肩甲骨を感じる、腸骨を感じる、
横隔膜の動きを感じ、
膝の裏の感覚に注意を払うと
続きを読む

大人の遠足♪大神神社編


今日はケアルームのお休みをいただき、(ごめんなさい!)
奈良の大神神社にご参拝に行って来ました。
年に何回か、大神神社には家族でお参りに
伺うのですが、何故、今日わざわざお休みしたかというと
・・実は十ウン年前のこの日、
大神神社で結婚式をあげたからです。
毎年この日は、お参りに伺い
感謝の気持ちを新たにしています。

珍しく今日は、普段忙しい夫も一緒に
出かけることになりました。
平日に二人だけで出かけるなんて
結婚以来かも・・というくらい久しぶりだったので、
会話も話題も少なく、ただ淡々と神社に向ったのですが、
大神神社のあの大鳥居をくぐり、
清冽で厳かな空気に触れると、
白無垢を着て、誓いを立てた若かりし日を思い出し、
元気になってきました(*^_^*)
続きを読む

犬のフリ見て、我がフリ直せ♪ホリ協フォーラム、明日です!



明日、11月23日に
関西医科大学南館臨床講堂にて
第103回ホリスティック医学フォーラムを
開催します!

関西支部でのホリ協フォーラムでは
初めて、
獣医さんが講師をしてくださいます。

どなたでも参加できます。
ご予約も不要ですので、
お時間のある方はぜひお越しください(*^_^*)
受け付けをしています♪


【動物たちに学ぶヒトの生き方
〜犬のフリみて我がフリ直せ〜】


プロフィール
永田高司(ながたこうじ) 
1950年大阪府生まれ。宮崎大学獣医学科卒業。
玩具業界に就職後、大阪府立大学付属動物病院、ミズーリ大学付属動物病院を経て、永田動物病院(大阪府箕面市)を開業。著書に「動物力」「永田動物病院物語」「ぼくの飼い主は獣医さん」「神秘の治癒力」など。



永田先生からのメッセージ

あらゆる種類の動物たちの、
あらゆる種類の病気を扱う動物病院には、
医療の原点があります。
動物たちは、神秘の自然治癒力を持っており、
そこには、「心のエネルギー」も大きく関与しています。
動物病院の日常で動物たちが教えてくれることは、
ヒトという動物にも当てはまるはず。
動物たちの豊かな生と死から、
健康と医療について考えてみたいと思います。


■永田動物病院診療原則
   その1  動物の病気の90%は現代医学的治療をしないほうが早く治る
   その2  いかなる薬も生体にとっては毒物である
   その3  外科手術は本来有害であり危険である
   その4  害のない検査はない
   その5  細菌もウィルスも寄生虫も我々と共に生きる仲間である
   その6  自然治癒の障害となっているものを除去したり、
       不足しているものを補うことはできても、
       自然治癒を促進することはできない
   その7  病気の早期発見早期対処は大切であるが、
        無症状での検査には意味がない
   その8  病気は自然と調和するための試練であると同時に、
       不自然なライフスタイルに対する警告である
   その9  病気はすべて心身相関である


■日時:2010年11月23日(火・祝)
■1:30〜4:00(講演・質問) 4:00〜(懇親会)
■場所:関西医科大学(京阪電車「滝井駅」徒歩2分) 
関西医科大学南館臨床講堂
■参加費:会員 2,000円/学生会員 1,000円/
一般 2,500円/一般学生 2,000円
■懇親会は無料ですので是非ご参加ください。
■6才以下のお子様の入場できません。

●原則として申し込みは不要ですが、
一般の方5名以上または会員を含む
3名以上のグループでの申込みの場合は、
全員の方を会員価格とさせていただきます。
その場合は事前にファックスでのお申し込みが必要となります。

■今回はセルフケア講座ですので、
指導士の方は出席すると2単位取 得できます。
受付時に指導士用受付デスクで申請をしてください。


お待ちしています(*^_^*)



次元が違う♪三味線ライブ伝の会♪


日曜日は抜けるような青い青い空。
素晴らしい小春日和でした。

そして今日の夜は満月。
素晴らしい宇宙からのエネルギーが
惜しみなく降り注ぎます。
11月11日から11月22日には、
宇宙で大きなシフトチェンジが行われているようです♪

日曜日、長唄の会に子どもたちが
ださせてもらうことになり、
本町の奥座敷での会に参加しました。

オフィス街のどまんなか、
ハイテクなビルの高層階に会場があり、
ゴージャスな暖炉のある洋室の隣に、
20畳の和室があります。
床の間だけでも2畳くらいあり、
別世界のよう・・。

子どもたちは今回は三味線にあわせて
長唄の「小鍛冶」を歌いました(*^_^*)
息子が途中で居眠りしているように見えて、
いつ、座布団から転げ落ちるかと
ひやひやしました(^_^;)

この日は、長唄の会の方だけでなく、
東京から「伝の会」という三味線のユニットが
特別ゲストで演奏をしてくださいました。
続きを読む

よくばりな読書の秋♪


冬も目前というのに、金木犀が満開です!
大好きないい香り。
近所を散歩するだけで幸せに満たされますね。

わたしは幼いころからの本の虫。
おかげで人生に退屈をしたことがありません。

本が読める目があって、
世界にはたくさんの物語が存在して、
愛や真理や夢やせつなさや
思いやりや、勇気を喜びを
あらゆる時代の書物から学ぶことができて
本当に幸せでありがたいと毎日思います。

おりしも読書の秋。

わたしの読書は乱読タイプなので
いろんなジャンルにアンテナをはっています♪

週に最低1度は、大きな本屋さんにいって、
続きを読む

セラピストの本棚:『スピリチュアルヘルス宣言』♪


「女神事典」や
こころとからだをつむぐ講座での
女神ワークでおなじみの♪
明石麻里先生が、
『スピリチュアルヘルス宣言』を
10月に出版されました!パチパチ☆







今年4月、麻里先生が
つむぎの森で行ってくださった
「女神の瞑想」ワークショップでは
世界各地の女神さまのスピリチュアルな意味や、
今という時代に女性として生きるわたしたちが
どのように女性性を育み、
女性らしさを表現することができるか、
新しい視点から学びました。
最後の女神瞑想は、涙があふれ
内なる女神に出会い、
素晴らしい贈り物をいただきました(*^_^*)
今も心に余韻が残っています。


麻里先生から、
出版のお知らせをいただき
続きを読む

つむぐ講座、ダウジング講座、ヒーリングサークル、受けつけ終了しました♪


ケアルームの帰り、
とっぷりと日が暮れ、
駅から家路へ急ぐ人波を自転車を
押して歩いていたら、
「ママ、抱っこ!」という可愛い声がして
ふと振り返ると、
2〜3歳くらいの男の子が、
まっすぐにお母さんを見ながら
手を差し出していました。

お母さんは、大きな保育所の布団のカバンと
スーパーの袋を持っているので、
抱っこはできません。
「もう少しだけ、歩けるかな?」
「うん!」「わあ、ありがとう」

その声が、お母さんへ、世界へ
まったく揺るぎのない信頼をこめた
力強い声だったので、
ニコニコしながら、しばらくそっと横を歩いていました。

すると・・・

「あの・・・もしかして・・
つむぎの森の・・・ベビーマッサージの・・・」

え??
と暗い夜道、よ〜くみると、
もう2年以上前、つむぎの森のベビーマッサージ教室に
1度きてくれたお母さんとお子さんでした!!

大きくなったね〜!!

働きだしたので、ベビーマッサージ教室には
通えなくなってしまって・・・。
でもずっとぞうきん、やってます(*^_^*)


すごい、すごい、
働くママほど、ベビーマッサージの時間は大切だよ〜。

とお話し、それぞれの家へ向いました。
しっかり歩いてる!
しっかりおしゃべりしてる!
ママが大好き!

嬉しい嬉しい再会でした♪

それにしても、あの暗い夜道、
たった一度しか会ったことのないわたしを
よく見つけられたなあと思い、
笑いがこみ上げてきました。
本当に、なんで分かったのでしょうか?


さて、先日お知らせしていました
来年1月12日の
【第4回クォンタムタッチヒーリングサークル】

また1月16日の


【第6回こころとからだをつむぐ講座】

テーマ「お洒落を楽しみ、人生を楽しむカラー講座♪

〜小物で光る自分らしさ〜」


2月9日の

【直観力を高め活かす
ダウジングコミュニケーション講座入門編♪】

すべて、定員となりましたので
受付を終了いたします。

早々のお申し込み、
本当にありがとうございました!

来年、2月のアロマセラピーの精油のメッセージカードの
ワークショップ(日本初♪)
と4月の土井麻里先生の女神ワークショップも
決定しています。

詳細が決まりましたら
またご案内いたします。
どうぞお楽しみに(*^_^*)



あなた自身を・・・♪


あなたはずっと「そこ」にいた

おそらく深い深い海の底
藍色の光の差さない海の底に・・

目を閉じ
何も感じないようにして
ただ横たわっている

まるで眠っているように
浅く浅く呼吸している
目を開き
感じようとするけれど
手も足も石のようだ

心と同じ
かたまりになって
ただじっと横たわっている

水面ははるかに上のほう
もう出口を探すこともやめてしまった
いつからか・・・


静かな時間の底で
永遠のときが流れるのを
待っている
ずっとこのまま・・・


ふいに声がする

続きを読む

大阪城と紅葉と平成中村座♪

行ってきました!
平成中村座(*^^)v
紅葉の始まった大阪城西の丸庭園に出現した
仮設劇場で、
11月26日まで
歌舞伎を上演する平成中村座。
座長はもちろん!中村勘三郎さん。

夫が伝統芸能を趣味としていることから
子供たちも連れて、
歌舞伎や文楽やお芝居をよく見にいきます。
もともとわたしも観劇が好きで、学生時代は
赤テントや黒テント、自由劇場、大駱駝艦、
第三劇場、劇団200や300、
夢の遊眠社、維新派・・などなど
(趣味がばれますが(^_^;))
バイトをしたお金をつぎ込んで
お芝居やライブや映画のためなら
日本全国どこへでも・・馳せ参じたものです♪
ああ、わくわくする(*^^)

8年前、大阪の扇町公園に平成中村座がやってきたときも
まだ小さな子供を連れて、
大好きな演目『夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)』を
見に行きました。
最後に舞台の後ろがオープンになり、
住吉の夏祭りのお囃子が大音量で鳴り響くなかでの
勘三郎演じる団七九郎兵衛が素晴らしく、
今でも忘れられません。

あの感動をもう一度!と願っていたら
ひょんなことから、今日の予定がキャンセルになり
それでは、と朝から当日券に並びにいき、
(大阪城まで自転車ですぐなのです♪)
運よくチケットを手に入れることができました。
隣に並んでいた方は広島からわざわざこられたそう!


11月の演目は昼間は『法界坊』、
夜は『夏祭浪花鑑』。
今日はお昼の部、『法界坊」を家族でいっしょに♪
勘三郎の法界坊は、まがまがしく、破天荒で、
コミカルで、少し毒のあるアドリブがさく裂し、
いっときも目が離せない渾身の役つくり。
息子さんの勘太郎さんとの絡みも
親子ならではの内輪ネタもたっぷりで、
爆笑、爆笑、拍手、拍手の連続でした。

ネタ落ちになるので、控えめにしますが、
やはり圧巻はラストシーン。
舞台の後ろが一瞬でオープンになり、
大阪城の紅葉が背景となるのです。
思わず、おお〜と声があちこちであがります。


大盛り上がりのままの客席の興奮が冷めやらず、
アンコールの大拍手が劇場を揺るがしました。
ちょうど今日は、宮家の方が観劇にこられていたようで
緞帳があがり、大サービスのアンコールを
2回もしてくださいました!


幕が降り、
まるで夢をみていたかのような高ぶった心を、
赤や黄色に色づいた紅葉が
鎮めてくれました。
大阪城をゆっくりサイクリングして帰宅しました♪

千秋楽までに、夜の部も見に行きたいな(*^_^*)
みなさまもお時間があればぜひ、どうぞ♪
次回はまた8年後かもしれません。

大人の遠足♪橿原神宮から畝傍山へ!


今日は文化の日。
そして「いい太陽」=113(sun)の日。
秋晴れの澄み切った青い空。
おまけに定休日!&家族全員フリー♪

朝ごはんを食べながら、
どうする〜どこ行く〜、と
それぞれがアイデアを出し・・・。

わたしは「せんとくん」に会いたいなあ、正倉院展も・・、
夫は港区のすごい銭湯へ・・、
息子はどこでも〜、
娘はケーキバイキング・・・。

で、間をとって(どんな間?)決定したのが
橿原神宮参拝と畝傍山登山でした。

橿原神宮は20歳のときに初詣に来て以来、
畝傍山ははじめてです。

ちょうど七五三の時期で
境内は着物姿のちびっこたちでいっぱい。
それに菊の品評会も行われ、
華やかでした。


kashiwara

続きを読む
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

セラピストの本棚10
愛着アプローチ 2008年にラヴィングベビータッチケア講座を構築するとき 小児科医のボウルビィの提唱する「愛着理論」が 母子間の絆を育む要素として欠かせないこと、 ヒトが成長することの根幹に 「触れる」という触覚刺激が、もしかしたら食べ物と同等に、 それ以上に必要な要素であると知りました。 愛着にフォーカスして、さまざまな精神疾患や生きづらさを抱える方へ考察から 「愛着障害」という言葉で表現し、アプローチ法を研鑽されてきた 大阪の精神科医の岡田尊司先生のご著書を再読しています。 大学で心理学を学びなおし、 特に乳幼児の発達心理学やこころの理論や愛着について深めていくと、 不安や不調や生きづらさの根っこにある 愛着というスキームの欠如があると確信するようになりました。 ケアルームに来られるうつのかた、 パニック障害のかた、摂食障害やパートナーとのセックスレスや 自傷行為や衝動性や罪悪感なども、 愛着の構築のなんらかの機能不全という視点で見直していくと、 これまでの医療モデルとは異なる愛着アプローチが浮かび上がります。 求めているのは「病名」でも「お薬」でもなく、 「ただやさしく見つめられること」だったり 「目があって笑いあうこと」だったり、 「丁寧に扱われること」だったり、 「温かい手でふれられる」ことかもしれません。 タッチケアが新生児から思春期のこどもたちへも、 健康な成人にも、高齢者にも喜ばれ、必要とされる理由やレジリエンスにも関わります。 自分の愛着パターンを知ることでも、 世界との関わり方が変わります。 まっすぐ見ているようで、わたしたちの目は、 愛着というフィルターを通して見ているので、 自分のからだやこころや過去や未来や周りの人をそのまま見ることが難しいのです。 安全基地はこどもにも、おとなにも必要です^ ^
セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
2018





「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

【満員御礼♪】
ラヴィングタッチケアR基礎講座
The Awareness of Loving Touchcare
*日時:2019年6月29日30日 大阪開催⇒受付中
詳細に関してはホームページに順次アップしてまいります。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。参加費はオイル代込で初回5000円です。大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。
*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ