つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療的ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できるセラピューティックな場を提供しています。

夕焼け色は

世界って綺麗。
毎日通るいつもの風景。
オレンジ色の波長は、心の痛みを癒す説に一票^ ^IMG_2901

赤ちゃんとこどもたちへのタッチケア指導者講座♪

赤ちゃんとこどもたちへのラヴィングタッチケアを伝える指導者講座、全てのカリキュラムが終了しました!

IMG_2884




タッチケア理論からさらに乳幼児のこころとからだについて、タッチケアがオキシトシン などのホルモン分泌や発達に与える影響、感覚統合、感覚と認知と行動の機能について、胎児期の動きから出生後の原始反射や自律的な動きについて。盛り沢山な内容を丁寧に。
人生の出発点である新生児、乳児期への語りかけや触れ合い、アイコンタクトや感覚刺激が、生きる力の土台になります。
赤ちゃんについて学ぶことは、ヒトがヒトになる過程を学ぶこと。
ただ、ただ、すごい!!
と感嘆と驚きと感動でいっぱいになります^ ^
たくさんの手技を赤ちゃん人形をモデルに練習しました。

赤ちゃん人形へ愛おしさがあふれてきて、ニッコニコの笑顔と、マザリーズ全開の嬉しそうな声。

今年は歌と一緒のタッチも増えました^ ^

IMG_2875


IMG_2484

NICUの看護師さん二人と、休憩時間も食事中も尽きることなく、涙と笑いとともに語り続けました。
なによりも贅沢で幸せな時間でした。
ご参加いただいたみなさま、懇親会に参加してくださったHさん、ありがとうございました😊
来月の修了テストも楽しみです^ ^

入院中のこどもたちへのラヴィングタッチケア

昨日と今日は、市中病院での医療的ケアが必要なこどもへのタッチケア活動日でした。
この病院には、さまざまな症状を持ち、治療を受けているこどもたちがたくさん入院されています。
小さく生まれた赤ちゃん、先天的な病気があり治療を受け、手術を待つこどもたち、予想もしない怪我や感染症。動きが制限され、いのちと向き合うこどもたち。
病気とともに生きるこどもたちはとても優しい。自分のことよりもそばにつきそうお母さんのことを誰よりも思いやっています。
お母さんがまなざしと声でそっと触れると、嬉しそうに顔をくしゃくしゃにして笑うこどもたち。
瞳に光が宿り、声にならない声で語りかけてくれたり、握りしめていた手が、ふんわりと開き、頬に赤みが差してくるとお母さんお父さんも、ほっとゆるんだ表情になられます。
こどもの病気は、親にとっては身を切られるように辛い現実です。
奮い立たせていても、なにをしていてもいつも、心の大きな部分を占めています。
タッチケアができることは、本当に本当に小さなことです。
ただ触れる、優しく触れ、触れられる。心を込めて触れ、触れられる奇跡の時間が、心とからだの痛みをほんの少しでも和らげてくれますように。

お声をいただきありがとうございます😊

いまから、小児病棟でのタッチケア活動。少し早く着いたので、下のカフェで先日の博多講座のひとり反省会。
ここ、もう少し膨らまそう、今度はこのワークにしよう、このスライドはいらない。ここまでやっておくと、次回の準備がスムーズ。
今回の会場の一体感も素晴らしく、大きな箱での良さも実感しています。
大阪人なので、「笑い」も大切^ - ^
主催者さまがこんなに可愛いチラシを作ってくださっていました。感動です✨

IMG_2811


受講生の声」も発見!参考になります。
https://www.kangocare.jp/index.php?k-hayasi

来年も各地からたくさんのご依頼をいただきました。ありがとうございます😊
ご縁のあるみなさまに早くお会いしたいです!

『重症児者へのタッチケア』講座、ありがとうございました!


博多に来ています♪
去年、バスから見かけて気になっていた筑前一宮の住吉神社へ。
日没に間に合いました。
ちょうど、神職の方が夕方の祝詞奏上されている時でしたので、ゆっくりと陽が落ちるなか、厳かな祈りの時間を過ごすことができました^ ^
そして、グローバル気候マーチに遭遇したので、一緒に歩いてきました!

IMG_2767


博多天神の夜。ホテルの前に屋台がずらり。賑やかです^ ^ラーメン、美味しかったです♪

お忙しいなか急遽駆けつけてくださった、尊敬する言語聴覚士の奥住 啓祐 (Keisuke Okuzumi)先生とアフリカなお酒に酔いながらタッチ 談義。バオバブの実は初めて!
こどもたちの未来から世界へ、S-Rタッチ から口腔機能へ、そしてエネルギーへ、話題がつきません✨
奥住先生、お付き合いいただきありがとうございました😊


翌日は博多天神で、関西看護ケア研究会さま主催の講座でした。
テーマが「重症児者へのタッチ ケア」なので、重心児に日々接しておられる看護師やPTOTSTさん、支援学校の教員の方々が日本各地から50名以上もご参加くださいました。

FullSizeRender

こうやって、他団体からお招きいただき、タッチ ケアやはやしのことを全く知らない方に出会えることがありがたく、貴重な機会になっています。本当は、一人一人、どうしてこの講座を受けたいと思ったのか、日々どんなことを考えて重症児さんと関わっておられるのか、語り合いたくてたまりません。
なので、講座開始前も、講座中も、休憩時間も、トイレでも、一人でも多く会話を交わし、触れ合えるようにしています。日本各地、隅々まで信念をもち、地道な活動を続けておられる方に出会うことが何よりも嬉し気幸せ。
7年くらい前に大分で、タッチ ケア研修にお招きいただいたのですが、その時にご参加くださっていた方が、最前列でタオルで涙を拭きながら、待っていてくださいました✨
触れる意味、タッチ の質を高めるあり方、なぜこの触れ方なのか、たくさんのペアワークで、生まれて初めての「タッチケア」をまず自分自身の感覚に落とし込み、理論と結びつけていきます。
ワークが進むにつれて、表情がどんどん変化してゆかれます。
腕を組み険しい表情の男性参加者が、輝くような笑顔でタッチしておられます。
肩に触れられた手の暖かさに涙ぐまれていたり、嬉しくて楽しくて、笑いが止まらなくなる方もおられます。
「つながり」がもたらす脳と神経系の変化が身体も変えていく。
脳にとっての最大の御馳走は感覚刺激。
みなさんと何度もアイコンタクトをして、微笑みあいました。
きっとまたここからつながり、広がっていくと信じています。

関西看護ケア研究会のみなさま、細やかなお心遣いをいつもありがとうございます😊
朝からわざわざ作ってくださったおはぎ、最高に美味しかったです!
こんなに可愛いチラシを作ってくださいました^ ^

IMG_2811


講座が終わり、サインと握手と質問を終えて会場を出ると、なんと、博多在住のラヴィングタッチケア受講生が待っていてくださいました!
引越しだというのに^_^
新幹線に間に合うべく、博多の街を全力でスーツケースを引っ張って走りながらの嬉しい再会になりました。
Sちゃん、ありがとう😊

FullSizeRender





つながりとともに生きる。ラヴィングタッチケア基礎講座開講しました♪

週末はラヴィングタッチケア基礎講座を開講しました♪
自分の学びのために、とご参加くださったみなさんが、本当は今日ここで出会う最高の仲間のために、生きて、呼吸をして、触れ、触れられていたのだと、こころとからだで深く感じる特別な2日間になりました。

IMG_2755

「愛を込めたタッチ をシャワーのように浴び続けたら、わたしたちのこころ、からだ、知覚、認知、感情、世界観、関係性、未来への想いはどうなるのか」という愛についての壮大な実験でもありました。
呼吸とともに触れるセルフタッチ 、座位でのタッチ ケア、感情へのタッチ 、痛みへのタッチ 、背臥位でのとろけるような至福のタッチ 。
声でふれ、まなざしで触れ、手で触れていく経験を積み重ねるたびに、自分自身の中でいつからか、恐れとともにしまい込まれていた愛しさや慈しみ、愛の感覚がゆっくりと目を覚まし、生き生きと色彩を取り戻していきます。
そのプロセスは時間も感じ方も表現の方法もさまざま。

安心して触れ、触れられるラヴィングフィールドの中で、開かれるのを待っていた種から、微かな光に向かって伸びてゆく芽のように、それぞれの想いや記憶や悲しみや恐れが、抱かれ、包まれ、丁寧に光を当てられていくのです。

最後のワークのあとのみんなのお顔が、生まれたての柔らかなエネルギーに満たされて、あまりに美しく圧倒されました✨

まだあのフィールドの美しさ、なにも期待されず、なにも求められず、ただわたしでいることが心地よい時間と空間の余韻に浸っています^ ^

IMG_2754

ご参加くださったみなさん、ラヴィングOSへのアップデート完了です!
微笑みとともに、触れ触れられる喜びを感じていましょうね。
ピクニックのようなランチタイムも、休憩時間のディスカッションも、懇親会もおやつタイムも楽しかったです💕

IMG_2752

みなさま、ありがとうございます😊

博多でタッチケア講座をします!

明日のラヴィングタッチケア基礎講座の準備完了。
今月来月は毎週講座を開催しているのですが来週は博多へ参ります!
タッチケアはまだまだ知られていません。さらに知名度のないわたしを何度も呼んでくださり、ホームではない場でお伝えさせていただく機会となり本当にありがたいです。
ワンデイでの講座なので、ぎゅっ〜と濃縮されたお得感いっぱいの内容になりました。『重症児者へのタッチケア』としていますが、初めての方を対象にしていますので、ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
九州地区の方、滅多にない機会ですので、ご都合合えばぜひお越しください!お会いしたいです。


ニューロフィードバック。意識と脳波の可視化。

今年は、いろんな領域の専門的な学びを、さらに大きく広げています。
乳幼児の発達、感覚統合、口腔へのアプローチ、応用行動分析、心理学、ニューロフィードバック、筋膜、解剖学、神経系、神経機能学。
専門用語を一つ一つ確かめ、わたしのペースで、試験を受け、資格もたくさん取得しました。
すべてはタッチケアのため^ ^
今日はニューロフィードバックの指導者一級の認定を取得しました。
エネルギー療法やタッチセラピーを実践していると、意識についての問題が付き纏います。計測不可能なものを、いかに再現性をもたせられるか。だれにでも、いつでも、できるために、何が必要とされているのか。
エネルギー医学を少しかじったなら必ず耳にするシューマン共鳴波や共鳴、コヒーレント。用語として、現象として理解できているけれど、共鳴していることを客観的に示すことはやはり困難。
数年前にある学会で、ニューロフィードバックについてのご講演を聞き、自閉症スペクトラム症候群のこどもたちへ、臨床的に使われていると聞き学び始めました。
左脳と右脳で起こっていること、脳がシンクロしている状態、感情と身体反応が密接に関わること、呼吸法や瞑想法が人によって正反対の反応になること、7.8Hzと共鳴しているとは、左脳と右脳が共同的に働いていないときに起こること、一緒にいる人と脳の同期化が起こること、イメージと言葉、香りが与える影響などが、はっきり目に見えることが面白く、とうとう、脳波を測定して、タッチケア時の変化を測りたいと思うようになりました。
これまでに学んできたさまざまなテクニックの理論を裏付けるような視点も得ることができました。
来年は、ケアルームでもニューロフィードバックを始め、新しいメニューも展開していきます。
楽しみにしていてくださいね^ - ^

頭から足先までラヴィングに包む。実践タオルケアと至福のヘッドタッチケア講座

ラヴィングタッチケア受講生から、タッチケアの施術の前と後のタオルワークやお声かけも知りたい、という熱いラブコールを受けて企画した「実践タオルケア&至福のヘッドタッチケア講座」、無事終了!

IMG_2574


楽しくて心地良くて、文字通り「至福」のしあわせタッチケアでした。
初めての企画だったので、時間が読めず、大幅に時間延長してしまいました。それでも、わたしの講座に何度も参加してくださってるみなさん、さすがに慣れたもので、「ラッキーでお得です〜」と快く延長を認めてくださいました^ ^
九州や広島などご遠方からもお越しいただきました。


FullSizeRender

タッチケアに入る前のポジショニングとタオルのドレーピング、タオルの上からの全身の目覚めのタッチ、心を鎮めるシンギングボウルの音色に満たされ、声で、手で、まなざし で触れられると、意識はすぐに遠くに飛んでいき、宇宙への旅に出かけます。
安心できる環境の中で、自らの内側からの調整力が働き、頭も肩も腰もスッキリ、お肌もピカピカに^ - ^
そして、ここまではまだタオルに包まれただけの準備段階で、ここからタッチケアが始まるのですよ^ ^

FullSizeRender


ご参加いただいたみなさま、たくさんの笑顔とシェア、おやつもありがとうございました😊


こんなに素敵な感想をいただきました!
重ねてありがとうございます。

「タオルに包まれる前からタッチケアは始まっている💕 
タオル1枚されど1枚の重要性。
仕事の中での介助の中でも活用できることが沢山ありました😊
ひろこさんに会えてハッピー♪新たに出会えた方々ありがとうございました。」

「触れる、の前からはじまっているラヴィングタッチの本質に満ちたワークショップでした。これがプロローグとは。。。そしてこれで整っていってしまうからだの内側のちからもやっぱりすごくて触れながら感動しています。
今日は来てよかったです。ほんとうにありがとうございました。ご一緒できたみなさんもありがとうございました😊」

「心地よいあったかい時間を過ごせて幸せでした❤
この短時間で意識がとろけ全身の力がぬけて交代のときにはからだはぽかぽかでなんとも軽くスッキリと!
実施する側もぶわぁーっと
一気にからだが熱くなりぬくぬくでなんとも穏やかな優しい愛おしい心になっていく❤
する側してもらう側どちらも癒され包み込まれた時間💓
ひろこさんの講座は深く学べ体感でき自分もみんなも癒されて本当に素敵な時間で大好きでーす🎵
みなさんとご一緒出来てひろこさんから学べて幸せです☺ありがとうございます」

匂いと触れる。『感覚の博物誌』

詩人でもあり大学教員でもあるダイアン・アッカーマンの『感覚の博物誌』

IMG_2516


「この世界は何と官能に満ちていることか」
から始まる、文字通り、古今東西、世界中から集めた「感覚」についての400ページ近い大作。

しばしば、「神様」はなんと太っ腹なのかと天を仰ぐことがある。
それはえもいわれぬ馥郁とした香りを嗅いだときや、
天井の音楽のハーモニーに心奪われ、音の粒子の中に溶け込んだとき、
大切に、官能的に、魂を撫でられたときに、
目に焼き付けたい風景の中で風を感じているときに。

わたしたち人間に、いえ、命あるものに、「感覚」を与えてくださったそのセンスの良さに感嘆する!

本書では「匂う」「触れる」「味わう」「聞く」「見る」「感じる(共感覚)」という、6つの感覚を取り上げ、古代からの宗教・美術・文学・音楽・慣習などから感覚について掘り下げている。

アロマセラピストかつタッチケアセラピストであるわたしには、「匂う」と「触れる」の章が興味深い。

「触れる」の章では、わたしも研修に訪れたアメリカのタッチセラピー研究所の同じ病院のNICUでのタッチセラピーについて詳細なレポートとともに、ティファニー・フィールド博士の有名なタッチ研究についても多くのページを割いて言及している。

思えばフィールド博士が強調する「しっかりした圧でのタッチ」を肌で感じたくて10年も前にはるばるマイアミに行ったことを思い出す。
保育器の中の小さな小さな赤ん坊へのタッチの温もりはまだこの手に残っている。
そして、あのとき思い描いたとおり、保育器の小さな命にタッチケアを届ける活動をしている。

生命のきめ細かい手触り。
私たちの心のありかはいずこへ。
感覚の中に、脳の中に、ハートの中に。

#読書記録 #タッチケア

ヨーロッパからのお客様♪

今日ははるばるヨーロッパからアロマケアにお客様がお越しくださいました!
関空から直行でお越しいただきありがとうございます😊
お土産にいただいたのはミュンヘンの醸造所「ホフブロイ」のmunchener weisser。
IMG_2810


今晩の夕食の千切り大根にも合う、少しスパイシーな跡を引く美味しいビール^ ^
かの地でこどもたちを育てる彼女からみた子育て事情にも興味津々。
タッチケアを巡る世界の旅に出たいなあ。

数年前に呼んでいただいたデンマークでは、衝撃の連続でした!

ホリスティック医学のその向こうへ!

特定非営利活動法人日本ホリスティック医学協会の新会長に、関西支部長を長年務めてくださった黒丸尊治氏が就任しました。
新たに関西支部長に愛場庸雅氏が就任しました。

わたしも、このたび常任理事の推薦を受け就任が決まりました。
一臨床家であるわたしが大きな組織の中でどんな役割を果たせるのか、日々考え続けています。
新しく研究会の発足も承認され身が引き締まる思いでいます。
「こどもの健やかな育ちをホリスティックな視点で考える研究会」で、さまざまな領域でこどもに関わるご活動をされているみなさまと議論ができる場作りをしたいと考えています。ご協力をいただきたいです!
これまで以上に、どうぞ、ご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

赤ちゃんとこどものためのラヴィングタッチケアの伝え手になる♪

今日からスタートした、乳幼児のためのラヴィングタッチケア指導者講座。

NPO時代から通算すると12期目になります。IMG_2445


テキストもさらに改訂し、タッチケア理論編と実技編の合計310ページを超える大作になりました。
最新の情報、リサーチも含め、実技編の手遊び歌にも、新曲が加わりました^ ^
手技を伝える講座は、なるべく少人数で、できればマンツーマンが良いなあといつも思っています。今回ご参加の二名は、偶然二人ともNICUで働いていた医療職の方なので、トピックごとのディスカッションがとても深い!楽しみで仕方ありません。

IMG_2476
IMG_2480
IMG_2483

そして、毎回そうなるのですが、理論の講義の間、なぜかみんな涙を流しています^ ^
今夜は赤ちゃん人形たちだけでケアルームにお泊まりです。
どんな話をしているのかな。

FullSizeRender

ラヴィングタッチケア基礎講座、一名キャンセルがありました!

一名キャンセルがありました!

ラヴィングタッチケア基礎

The Awareness of Loving TouchcareR講座 第10期 

「2日間、 愛を込めたタッチをシャワーのように浴び続けたら、 わたしたちのからだは、こころは、認知は、骨は、筋肉は、 腱は、神経系は、感覚は、 感情は、世界観はどうなるか」 という壮大な実験でもあるラヴィングタッチケア基礎講座。 触覚刺激が心身へ及ぼす作用への理論と豊富な実践ワークを通して、 からだとこころの自己調整力を高めるタッチケア講座の第8回を2019年6月大阪京橋で開講します♪ 受講者の多くが、自分という人間の「基本OS」がアップデートされたと感じてくださっているタッチケアの心地よさ、 可能性の広がりは人生の質を変化させるかもしれません。

日時・場所

小さく生まれた赤ちゃんへのタッチケア

昨日、そして今日は、市中病院での入院中の赤ちゃん、こどもたちへのタッチケア活動でした。
去年から小さく生まれた赤ちゃんへのタッチケア活動も増え、この6年の間に出会った数百人の小さな方とそのご家族へ、ベッドサイドでタッチケアやアロマケアを伝えてきました^ ^
症状の状態や発達段階、月齢年齢や興味や関心、お母さんお父さんとの関係性などをアセスメントし、遊びの要素を大切に楽しく、無理なくできる手技を組み立てます。
ふわぴたタッチが良いのかな、お母さんの声となでなでタッチが嬉しいかな、静かにお互いの存在を手の暖かさだけで伝え合うタッチを必要としているのかな。
プレイルームに小さなこどもたちが何人も集まり、笑い声が絶えない時もあります。
大人でも挫けそうになる治療を頑張っている小さな方に、治療を支える香りの提案をさせていただくこともあります。
多くの方が一期一会。
たった1度のご縁になることがほとんどだったのですが、去年からは、ほぼ毎月ベッドサイドに伺うことができるこどもたちもいて、継続的に関わることで得られる成長や発達の変化を喜び合うという、幸せな時間も増えてきました^ - ^
毎回、活動に伺うたびに、ケアルームをたたんで、毎日、こどもたちに会いたいな、という思いが頭をかすめます。
今日は小さく生まれた赤ちゃんたちが、待っていてくれました。
「来たよ〜」と声をかけると、エプロンにマスクで見えてるのは目だけのはずなのに、足をバタバタさせて大喜びしてくれます。
発達developとは、「包まれていたもの(velop)を開く/広げる」が語源。
赤ちゃんの毎日は、病気や障がいのあるなしにかかわらず、伸びてゆこうとする意志の発動。
触れ、触れられ、大切に育まれるこどもたちが暮らす場所が、優しい社会でありますように。
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーの豊かな可能性に心躍ります。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20191


「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、専門職の方へ伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報
ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
<親子のラヴィングタッチケア教室・医療的ケア児のためのタッチケア教室>

2020年7月7日10時〜11時30分の受け受け中。

ご希望の方はホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。
www.tsumuginomori.com

*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。

大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。

*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。
まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ