つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

ジングルべ〜ル♪


はじめて、携帯からアップしています。本町のカフェから更新します。
どきどきしています(^_^;)

今日は午前のお客様をお見送りし、すぐにクリスマス準備の買い出しに出かけました。

つむぎの森は大坂城から自転車で5分のところ。
心斎橋のシモジマへ買い出しに行くときは、ママチャリを飛ばしていきます♪

ホテルニューオータニの横から大坂城公園に入り、お壕を見ながら、いちょう並木の美しい遊歩道を通って上町筋に向かう道が、一番のお気に入りです。

今、大坂城ではいちょうが鮮やかな黄色に紅葉し、気持ちいいですよ。
カメラを持っていたら、みなさんとこの美しさを共有できたのに。
うー、残念(>_<)

この道を通ると、
空の青さと木々の緑とお堀とお城が
見事に調和していて、
何か、大いなるものに生かされている
いのちへの感謝が湧き起こります。
人工的な緑なのですが・・・
すべてのいのちの輝きに感謝☆

帰ったらクリスマス準備です。
つむぎの森にお越しくださるお客様へ
ささやかなプレゼントをご用意してお待ちしています(^o^)/

アロマのブログをもりあげましょう!
1クリックが励みになります(*^_^*)
人気ブログランキング





今日の名言!<こころの扉を開く>


あなたがより大きな仕事に向かって進むとき、
あなたは人間関係を正さなくてはなりません。

人に対して、愛と平和と協調のこころを
持たなければなりません。

あなたの心が憎しみ、嫉妬心、嫌悪感、
不寛容、無理解でいっぱいであれば
あなたはスピリチュアルに成長することは
できません。広がることができません。

あなたのこころの争いをすみやかに
整理して、
愛を流してあげましょう。
他の人がしてくれるのを
待っていてはなりません。

ですから、いますぐ実行してみなさい。

アイリーン・キャディ


今日、まさにこの言葉通りのことが
ありました。
続きを読む

初めてのお客様♪


つむぎの森はほとんど広告や宣伝活動を
していません。
ポスティングもしたことがありませんし、
ちらしを蒔くわけでもなく。
足を運んでくださったお客様に「よければどうぞ」と
おずおずとパンフを差し出すことと
このブログくらいです。

それでもおかげさまで、ほとんど口コミだけで
少しずつお客様が増え、リピートをしてくださるように
なりました。
またこのブログを見て!という方も毎月何人か
メールをくださいます。

自宅ケアルームに初めて来られるお客様は
かなりのチャレンジャーだと思います。
どんな場所で、どんな雰囲気で、どんなセラピストなんだろう。
ドアを開ける瞬間はいろんな思いが
頭に浮かんでおられると思います。

これ、実はセラピストも同じなのですね。
去年から今年の春にかけて取り組んでいた研究では
フルボディのアロマセラピートリートメントが
クライアントとセラピストの
双方の心身にどのような影響や効果を与えているのか、
ということを探りました。
そのなかで



続きを読む

大神神社参拝登山♪


奈良県にある大神神社
国のまほろばと称えられる大和の東南に位置し、
円錐形のとても美しい三輪山を御神体として、
大物主神を祀っています。

実は10年前、この神社で結婚式をあげました(*^_^*)
もう10年!あっという間の無我夢中の10年でした。

この神社は三輪山自体がご神体となっていて、
参拝登山ができます。
20代の一時期、山登りに燃えていたころは
ヒマをみつけては各地の山に登っていたのですが、
今日は本当に久しぶりに登拝させていただきました。

上の息子はあちこちの小さな山登り経験があるので
慣れたもの。ぐんぐんと登っていきます。
問題は保育園の娘、と思いきや、
こちらもわたしの手を引っ張って、
一度も弱音を吐くことなく、往復3時間ほどの
登山を楽しんでいました。
大神神社 続きを読む

アロマセラピーネットワーク♪


9月くらいから参加し始めた
アロマセラピーのブログランキング。
なのですが、ランキングのタグを貼るのが
面倒、という理由でしばらくランキングから
遠ざかっていました(^_^;)

ところがあるブロガーさんの
アロマのブログを盛り上げよう!
という呼びかけに感じるものがあり、
復活することにしました♪
これからはできるだけ、ランキングへのボタンを
貼っていこうと思います。
クリックもよろしくお願いしますm(__)m

さてさて、アロマセラピーのお店は個人が
こじんまり開いていることが多く、
学校が同じだったとか、
セミナーで知り合ったりなどの方法でないと
なかなか出会うことができません


このランキングに登録しておられるセラピストの
みなさんは、志しも高く、勉強熱心で
素敵なブログがとっても多いです。
世界中にこんなにたくさん、アロマセラピーを愛し、
学び、こころを込めてお客様への施術を
日々行っていると思うと勇気が湧いてきます。


だから、もっと多くの人に見てほしい!
日本のアロマセラピーの水準をあげていくことで、
まだアロマセラピーに触れていない方や
本当にアロマセラピーを必要としている方に
自信を持っておすすめできるようになりたいですね。

一緒に成長できるようわたしも学び続けていきます(^0_0^)


素敵なアロマブログがいっぱいです♪
1クリックの応援が励みになります。
人気ブログランキング






紫色のアロマセラピー


もう1年以上、月に一度つむぎの森へ
通ってくださっている常連のお客様のAさま。

この方は初回のトリートメントのときから
アロマセラピーでの不思議な体験を
いろいろとされています。

それはハイアーセルフからのメッセージで
あったり、
予知夢のようであったり、
老賢人の優しい警告であったり。

今回は「トリートメントを受けていると
きれいな紫色が広がって
とても幸せな満たされた気持ちになりました。
胸がどきどきして、全身が喜んでいるようでした♪」

きれいな紫色。
素晴らしい色ですね。
わたしのスピリチュアルの師は
紫色は精神的霊的な守りや英知、
ハイアーセルフを現していると
伝えておられます。 続きを読む

インフルエンザ、もう受けた?


こないだまで夏だったのに、ふと気がつくと、
秋はどこへやら朝晩は冬のような寒さです。
今日は朝、保育園へ子どもを送っていくときに
初ダウンでした!ああー、あったかい(*^_^*)

この時期になるとママさん同士の会話で必ず
出てくるのがインフルエンザの予防注射。
「もう受けた?」「今年はどうする?」から
始まって、マニアの方になると
この近辺の予防接種料金を安いほうから
ずらっと暗記してるんですよ(@_@;)

わたしのうちではどうかというと、
もともと予防接種自体懐疑論者なので
こどもたちはインフルエンザの予防接種を
受けたことがありません。

インフルエンザはわたしたちが子どもの頃は
世界でも類のない小学生への集団接種が
日本中で行われていました。
わたしも毎年予防接種を受けたのに
毎年、インフルエンザにかかりました。
ひどい年には一冬に2回も!
そんな状況に疑問を感じた前橋市の医師会が
5年の調査の末に発表したのが
かの有名な「前橋レポート」です。



続きを読む

馬渕賞の授賞式♪


昨日、東京で行われた馬渕論文奨励賞の
授賞式に共同論文を作成した仲間とともに
参加してきました。

13年ぶりの東京!
ほんの短い間住んだことがあったのですが
今回はすっかりお上りさんでした。
山の手線にテレビがあるのに驚きました。

さて今回の授賞式はホリスティック医学研究会の
プログラムのひとつとして行われました。
発表、緊張しました(^_^;)
それでも、無事終わりほっ。

発表のあと、参加者の方々から
いろいろとお言葉やアドバイスをいただきました。
研究デザインに関するもの(研究でのTAの用い方や
脈心拍数の捉え方など)は
とても参考になり、次回の研究での課題となりました。

発表原稿を用意しているこの一月の間、
「ホリスティックとは?」
「ホリスティックアロマセラピーとはなんぞや?」
という問いかけが頭から離れませんでした。
今頃?といわれるかもしれませんが。

<アロマセラピー>という広いカテゴリーの中に




続きを読む

天然酵母のパン♪


近所のコンビニがつぶれ、後に何が
できるのかなあ、と思っていたら、
天然酵母のパン屋さんになっていました!

天然酵母のパン、大好きなんです(*^_^*)
何を隠そう、若かりし頃(?)
自分の食べるパンはすべて自家製天然酵母を
使って国産小麦で手作りしていました。

レーズン、リンゴの皮、芋のすりおろし・・・。
とにかくなんでも酵母ができるのです。
密封できるガラス瓶から小さな気泡が
ぷつぷつでてきて、どんどん盛り上がってくるのを
じ〜と眺めるのが好きでした。

天然酵母は本当に生きていて、
温度や湿度や、わたしの言葉に敏感に
反応してくれるのがとっても可愛い!

天然酵母で作ったパン生地を一定の
温度に保つのも一苦労で、
発泡スチロールの容器のお湯が冷めないように
徹夜で番をしたこともありました(^_^;) 続きを読む

遠い声に


最近、ふっとした瞬間に今まで思い出すことも
なかったシーンが急によみがえってきて
焦ることがあります。

『香りは記憶と結びつく』

まさに香り、というより匂い、という方が近いような
一瞬の空気が触発して記憶の扉が開いていきます。

なにもわざわざ封印したような大げさなもの
ではなくて、日常のありきたりな風景が
押し寄せてくる感じ。

それはたとえば寺山修二の「家出のすすめ」を
読んで、いきりたって実家を後にしたときの
母の悲しそうな表情や、
東京へ引っ越すために友人から借りたトラックを
ひとり運転して東名高速のパーキングエリアで
見た朝焼けとか。
あ、これはドラマチックな記憶かな。 続きを読む

ヨン様の笑顔♪


先日のホリ協のシンポジウムで『日本笑い学会』副会長であり
産婦人科医の昇幹夫先生の著書を購入しました。

「笑いは心と脳の処方せん」です。

笑うと免疫力があがり、ナチュラルキラー細胞が
活性化するとか、
笑いで難病を克服した方がいるとか、
新聞でもテレビでも研究などでも
たくさんのデータが出ていますが、
この本はこれでもか、これでもか、と笑顔の効用が
連ねてあって、
読んでいる間も一生懸命笑顔に・・。

最近、仕事が忙しく眉間にしわを寄せ気味の
ダンナに「ハイ、読んでみて」と渡すと
眉間にさらにしわを寄せて真剣に読んでる様子。


続きを読む

三都でアロマ!


この何日か、大阪、京都、神戸と
日替わりでアロマのお仕事でした。

大阪はケアルームつむぎの森での施術。
クレイフェイシャルがとても好評です。


京都は、今度からアロマセラピストとして
お世話になるクリニックへ打ち合わせ兼見学。
地域に密着した本当に敷居が低く、
院長さんはじめスタッフのかたも
熱意と志のある居心地の良い病院でした。
こんな開放的な手作り感覚の温かい病院が
存在することが励みになります(*^_^*)

お世辞にもゴージャスとはいえない
アロマケアルームですが、患者さんや近所の方が
たくさん訪れてくださいます。
なんと、1日12人の施術で、 続きを読む

アロマセラピー学会総会


5日、6日とアロマセラピー学会の総会が
大阪で行われました。

3会場に分かれて6つの教育講演と
2つのシンポジウム、2つのワークショップ、
さらに30の一般演題と興味深いプログラムばかりで
抄録を手に、あちこちの会場を走り回りました。

統合医療ビレッジの市野さんの演題は
「むくみとアロマセラピー」。
主に乳がんの浮腫を題材として
浮腫の起こるメカニズムのおさらい、
体の各所に張り巡らされているリンパ節を
解剖図で再確認しました。
また浮腫の緩和を目的としたアロマセラピーで
最重要となる手技、箇所の確認、順番、
なぜそれが必要なのか、力の圧、選択する精油
などなど内容の濃い30分でした。


また

続きを読む

アクティブバース


今日は自然出産のひとつの方法である
アクティブバースを取り入れている
愛媛県の日浅産婦人科の院長先生や
婦長さん、助産士さんから
アクティブバースの現状と
マタニティヨガ、マタニティ期のアロマセラピーに
ついて一日お勉強をたっぷりとしてきました。

アクティブバースをわたしが初めて知ったのは
10年以上前になります。
友人がアクティブバースで、畳の上での
フリースタイルの出産をしたときに、
その貴重な経験に立会う機会をいただき、
「これが本来の自然な形のお産なんだー!」
と感動したのがきっかけ。

病院での出産が当たり前となり
陣痛促進剤や陣痛誘発剤、分娩台での
仰向けでの出産が疑問なく行われている今、
産むわたしたち女性の、本能的な感覚は
どんどん麻痺させられています。
イギリスのジャネット・バラスカスさんが
1982年にヨガをベースに、
フリースタイルでのお産を提唱してから約20年、
やっと最近日本でも自然出産が注目されるように
なってきました。
アクティブバースとは
わたしたちのからだの声に耳を澄まし、
感覚を研ぎ澄ませて、自然のリズムにあわせた
出産をすることで、産む本能を引き出し、
本来の感覚に目覚めることが
できるのです。
イギリスではアクティブバースセンターなども
設立されており、水中出産なども含む
自由なお産が市民権を得ているそうです。


続きを読む

新月です


新月です。
火星が神秘的な光を放っていますね。


2年前の大接近のときは、飴玉のように
大きく光る火星にびっくりしたものです。
「火星接近」自体は2年2ヶ月おきに見られる現象だそうですが、
2年前は6万年ぶりの大接近だったのですね。

地球の軌道はほぼまん丸の円軌道なのに、
火星の軌道がややつぶれた楕円軌道のため、
火星と地球が接近する場所によってその距離に
大きな差がでることから、このようなことが
起こるそうです。

続きを読む
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

セラピストの本棚10
愛着アプローチ 2008年にラヴィングベビータッチケア講座を構築するとき 小児科医のボウルビィの提唱する「愛着理論」が 母子間の絆を育む要素として欠かせないこと、 ヒトが成長することの根幹に 「触れる」という触覚刺激が、もしかしたら食べ物と同等に、 それ以上に必要な要素であると知りました。 愛着にフォーカスして、さまざまな精神疾患や生きづらさを抱える方へ考察から 「愛着障害」という言葉で表現し、アプローチ法を研鑽されてきた 大阪の精神科医の岡田尊司先生のご著書を再読しています。 大学で心理学を学びなおし、 特に乳幼児の発達心理学やこころの理論や愛着について深めていくと、 不安や不調や生きづらさの根っこにある 愛着というスキームの欠如があると確信するようになりました。 ケアルームに来られるうつのかた、 パニック障害のかた、摂食障害やパートナーとのセックスレスや 自傷行為や衝動性や罪悪感なども、 愛着の構築のなんらかの機能不全という視点で見直していくと、 これまでの医療モデルとは異なる愛着アプローチが浮かび上がります。 求めているのは「病名」でも「お薬」でもなく、 「ただやさしく見つめられること」だったり 「目があって笑いあうこと」だったり、 「丁寧に扱われること」だったり、 「温かい手でふれられる」ことかもしれません。 タッチケアが新生児から思春期のこどもたちへも、 健康な成人にも、高齢者にも喜ばれ、必要とされる理由やレジリエンスにも関わります。 自分の愛着パターンを知ることでも、 世界との関わり方が変わります。 まっすぐ見ているようで、わたしたちの目は、 愛着というフィルターを通して見ているので、 自分のからだやこころや過去や未来や周りの人をそのまま見ることが難しいのです。 安全基地はこどもにも、おとなにも必要です^ ^
セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
20191


「こころ」と「からだ」つむぎあわせること・・
触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、専門職の方へ伝えています。
また特別なケアが必要なこどものためのタッチケアを市中病院、NICU、緩和ケア病棟、在宅訪問、支援学校などで実践しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving Touchcareを伝えています。

■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森主宰
■Loving Touchcare Founder 

著書『ぐっすりねんね&ネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房


*「つむぎの森」「Loving Touchcare」は登録商標の認可を受けています。
ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

【満員御礼♪】
ラヴィングタッチケアR基礎講座
The Awareness of Loving Touchcare
*日時:2019年6月29日30日 大阪開催⇒受付中
詳細に関してはホームページに順次アップしてまいります。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
乳幼児のためのラヴィングタッチ教室
*大好き、大切だよ、そんな想いを伝える乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。参加費はオイル代込で初回5000円です。大切なお子様と遊びの中で発達や絆をサポートできる楽しいタッチケアレッスンです。
*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は現在小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
どうぞご相談ください。
お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ