つむぎの森へようこそ〜Loving Touchcareでこころとからだの深呼吸

ホリスティックケア、Loving Touchcare、クリニカルアロマセラピー、ラヴィングベビータッチ、医療ケアが必要な子へのタッチセラピー、クォンタムタッチRを行う大阪京橋のケアルーム 。 こころとからだがゆったり呼吸できる情報をお伝えします♪

天空まつり開催


わたしの敬愛するドクターであり
スピリチュアルヒーラーでもある
土井先生から、この週末に京都で
行われる楽しいおまつりのお知らせが
届きました。

明日という、とっても急なお話ですが
御縁のある方はぜひ参加してみてください。
きっと素晴らしいエネルギーを
感じることができると思います。


興味のある方はHPをご覧くださいね。






続きを読む

緩和ケアでのアロマセラピー





今日は、定期的に通っている
緩和ケアでのアロマセラピートリートメントの
施術の日でした。

今日お伺いした緩和ケア(ホスピス)は
琵琶湖の東にあります。
ここへ通う道中は山や田んぼや湖など
自然がいっぱいで、
大阪の都心部で生活しているわたしには
ちょっとした旅行気分です。

初めて緩和ケアでアロマセラピートリートメントを
したときのことは忘れられません。
手はふるえそうで、涙はこぼれそうで、
気の利いた言葉を捜して頭はいっぱいで
精油を選ぼうにも、喉がからからになってしまったのでした。

そんな焦りをさとられまいとしていましたが
クライアントの方はもうかなり年配で
ご自分の病気のこともご存知の方。
問わずがたりに、戦争時分のこと、
大きな地震にあったけど、なんとか生き延びてきたこと、
若い頃はおしゃれもしたよ、
子どもが3人、とってもいい子に育ってくれて
とても幸せな人生だった、とお話しをしてくださいました。











夕空 続きを読む

ゴミの山の少女に幸あれ





先日、子どもたちといっしょに
「世界がもし100人の村だったら」という
テレビ番組を見ました。
ごらんになったかたもいらっしゃるかもしれません。

書籍になった『もし世界が100人の村だったら』
はベストセラーにもなりましたね。
もし世界が100人の村だったら
1人が大学教育を受け、2人がパソコンを持っている、
でも14人は字を読むことができません・・・、という
世界の富の不均衡と不平等を分かりやすく現したものです。

テレビではフィリピンのゴミ山でゴミを集めて生活している
マニカちゃんをとらえていました。
父親を殺され、母親は病気で寝たきり、
弟が二人。
一日12時間働いてゴミを集め、
3日間働いた収入が90円。
3日に一度だけ、白米に水と塩をかけた
ごはんを食べることができます。
家事をし、弟の世話をし、母親の病院に付き添う
マニカは12歳。





かわいそうに、とか気の毒に、などの
感想をいうことすら軽々しく感じる現実。
レポーターの方が「同じ時間を生きてるとは思えない」と
涙をながしていましたが、
わたしも小学生と保育園児の子どもたちも
涙がぼろぼろ。

こどもの笑顔



続きを読む

パフ、魔法の龍が♪





パフ 魔法の竜が〜暮らしてた〜♪

その昔Peter,Paule&Maryが
歌って大ヒットした名曲です。

この歌が大好きで、日本語版を口づさむのですが
2番と3番はなんだか怪しい。
それにとっても物悲しいお話しだったイメージも
気になっていました。

小学校3年の息子が持ち帰った音楽の教科書に
「パフ」を発見!
でも微妙に歌詞が違うのです。
わたしのあのパフはどこ??と探していたら、
見つけました♪

わたしが覚えていた「パフ」は
野上彰さんが訳したもので
『おかあさんといっしょ』などで
歌われていたものだったのです。

原詩はというとPetreの友達のLennyが
ふと浮かんだ詩を書きとめ、それに曲をつけた歌が
大ヒット。
失った少年時代への懐かしさがテーマだそうです。

子どもパフ




続きを読む

ジャスミンの香りに誘われて





今日は雨模様ですね。
朝から、降ったりやんだりを繰り返しています。
先週までは満開だったジャスミンの花も
この雨にうたれて、落ちてしまうことでしょう。

ジャスミンといえば・・・
つむぎの森の庭は道路に面しているので、
花や枝がどんどん道路に向かって伸びています。
花が満開になると、近所中が
あの、甘い、くすぐったくなるような、
華やかな香りでいっぱいになるのです。
あ〜しあわせ♪

ある朝、部屋の中からジャスミンを眺めていると
出勤途中の男性が、うちの庭の前で足をとめ
なにやら探している様子できょろきょろ。
50代くらいの方でしょうか。
ふと顔を上げ、満開のジャスミンを見つけると
笑みを浮かべ、大きく深呼吸をすると
また足を進めていかれました。

ジャスミン



続きを読む

ホリスティック医学





先日、ホリスティック医学協会の理事会に
参加してきました。
全国から錚々たる先生がたが集まり、
素晴らしいエネルギー場のなかで
様々な話題について議論を行いました。

わたしがホリスティックという考え方に
初めて出会ったのは1991年くらい。
自らの病気をなんとか克服するために
もがいていたときでした。
アメリカのアンドルー・ワイル先生の
著書を読み、代替医療というものを知りました。
民族学を志していたわたしは、世界各地に伝わる
民族医学には興味があったのですが、
いざ自分が病気になったときはやはり西洋医学
しか頭になかったのです。

ワイル博士や帯津良一先生、ラリー・ドッシー先生
などの本を読み漁り、
ホリスティックな見方、
西洋医学の医師たちがホリスティックな医学を
目ざしていること、
自分のからだは医者まかせにするのではなく、
自分でコントロールすることができることを
学びました。
あのときはもう、わくわくしたなあ。
ずっと病に伏せっているわたしにも
「できること」があるという希望で
毎日生きていました。



たんぽぽ1



続きを読む

今日は新月





今日は新月です。
旧暦では4月1日にあたります。


月は新月から満月にかけて満ちていき、
満月から新月にむかって欠けていきます。

私たち女性は月のリズムを感じやすい
のではないでしょうか?
月経周期や出産の波、お肌にできるぽつぽつも
ある周期がありますよね。

新月期は新月から1〜2日間を指します。
この時期は計画を立てたり、新しいことに挑戦したり
今までと違ったやり方で物事にとり組むのに
最適なのだそうです。

古い洋服を脱ぎ捨て、恐れることなく
新しい自分を受け入れてください。

わたしは、新月、新たな誓いをたてました。
ちょっとしたことですけど、わたしにとっては
大きな挑戦かも。
自分のこころの声を大切にしましょうね。
今日いちにち、大切な大切なあなた自身の
内なる声を聞いてみてください。
アロマセラピーの精油の香りは
こころの声を聞くことを
励まし、支え、助けてくれる強い味方です。
お気に入りの香りがあるかたは
ゆっくりと香らせて深呼吸をしてください。

どんな声が聞こえてきましたか。










三ケ月

祝!100人目のお客様


いつもつむぎの森にお越しくださり
ありがとうございます!

4月18日、みよう見真似でブログをはじめ
23日にカウンターを設置。
それから約10日ほどで
カウンターの数字が100を迎えようとしています。

カウンターの数字が増えるのをみるたび、
パソコンを通じてもっとあなたと
近くなったような、不思議な感覚に満たされます。

100人とつながっているこの感じ。
もう出会っているあなたへ。
これから出会うあなたへ。
感謝をこめて光を送ります。
ジャスミン



続きを読む

海辺でのグラウンディング

連休を利用して日本海にキャンプに行ってきましたー!
 
わたしは山登りやアウトドアが大好きです。
独身時代も、結婚して子どもが生まれてからも
せっせとテントをかついで、
あちらこちらにキャンプに行くのが
この10年ほどの連休と夏のすごし方。
 
最近お気に入りなのが、日本海に面したKキャンプ場。
予約も要らず、ロケーションと眺めが最高!!
施設が良くないので、本当にキャンプが好きなマニア向け。
毎年、外国人の方のグループと一緒になり、
英語の飛び交う、ちょっと異国情緒漂う雰囲気で
それもまたいいのです(^.^)
白人系の方たちは、お金をかけずにバカンスを楽しむのが
とてもお上手で、キャンプ荷物もコンパクト、
昼は子どもたちも大人も、海に入って(水はめちゃ冷たいのに)
自然を満喫。
夕方になると見事な火を焚き、真っ赤な夕焼けを楽しみ、
ギターなどかきならして、更け行く夜をすごします。
 
去年、偶然このキャンプ場を発見?して以来大好きになりました。
前回は水着を忘れて悔しい思いをしたのですが、
今年はばっちり。
子どもたちと海に入り、ウニやサザエを探して
のんびりすごしました。
 
 
琴引きの夕焼け 続きを読む

わら一本の革命とアロマセラピー

福岡先生の田んぼは耕しません。
耕さないと土ががちがちになってしまいますよね。
それに雑草も生えてきます。
そこでクローバーを一面にまくのです。
そうすると確かに雑草が生えなくなります。
 
クローバーを蒔くことで、まず除草剤がいらなくなります。
耕す手間もいらない。
クローバーの根があることで土が軟らかくなるから。
 
田植えもしないのです。
直植えといって、お米の籾を泥団子のように
まぜてぽいぽいと田んぼにほっていくだけ。
もちろん、農薬も使いません。
虫がきても放っておく。
それなのに、一穂についてるお米の数は
近代的な農業を行っている農家の
平均を上回る収量を上げるのです。
 
なんでなんで?
虫は?土の栄養分は?病気にはならないの?
疑問がいっぱい出てきますよね。
 
 
天道虫 続きを読む

わら一本の革命とアロマセラピー

あいにく、今日は雨模様でしたが
風薫る5月。
5月といえば・・・、もちろん田植えですよね!?
 
わたしは、都会に生まれ育ったのですが
あるとき「自然農法」というものに感動し、
丹後半島や京都、滋賀に田んぼと畑を借り、
みようみまねで農業のまねごとをしていた時期があります。
 
みなさん、『わら一本の革命』の著者の
福岡正信さんをご存知ですか?
自然農法というと、ああ、と思い出される方もいらっしゃる
かもしれませんね。
 
自然農法は今、世界的な潮流にもなっている
オーガニックや自然食、有機農法の
先駆者ともいえる画期的な農法です。
(福岡先生は有機農法も科学農法だと言われていますが)
化学肥料に侵され、効率重視の農業や社会の
あり方とは正反対の、
「耕さない、肥料を入れない、農薬を使わない」やり方で
見事な米や麦、巨大な野菜や果物を作るのです。
 
 
若かった私も、自然農法だー!と喜びいさんで、
田んぼにクローバーをまいたり、
耕さないで、雑草だらけの田んぼに、
アパートのベランダで育てた黒米や赤米、
うるち米の苗をせっせと植えたものです。
 
苗はひょろひょろで、雑草のほうが元気がよくて
慣れない田植えに腰はずきずきしましたが
田んぼを渡る風に吹かれて食べるおにぎりの味は
もう格別でした。
(もちろん、自然食イノチでした(^O^))
 
草むしりをしながら、蛇ととんびの壮絶な戦いを見たり、
いのししが泥田んぼでダンスをして苗が踏み潰されるのを
防ぐための網を張ったり、
今日は収穫しよう、と楽しみに畑に行くと
一番いいところを全部猿に持っていかれてたり、
と農業の面白さと同時にしんどさも体験しました。
(農家の皆さま、たったこれっぽっちでえらそうにごめんなさい) 
 
たんぼ1
続きを読む

緩和ケアホーム飛鳥で

今日は気持ちのいい日でしたね。
連休に入っている方もいらっしゃるでしょうか。
どんなお休みをすごしておられますか。
 
わたしは今日は、奈良に新しくできた
緩和ケア病棟の見学会に
アロマセラピーの恩師や仲間たちと
参加してきました。
 
〔緩和ケアホーム飛鳥〕は
気持ちの良い風が薫る
自然の真ん中にありました。
自然素材をふんだんに取り入れた
建物のそこかしこに、
光と風が入り込み、
1階受付のまん前にはバルコニーテラスが
あります。
草や木や花、畑、山、ぴちぴちと聞こえる鳥の声。
 
そしてアメリカなどでは当然必要とされているのに
日本の病院ではまだまだ少ない、
瞑想室がありました。
 
保育所が隣接しており、登園する子どもたちの
明るい声も聞こえるでしょうか。
真新しい畳の匂いがすがすがしい家族室。
すべての個室はかわいらしい花の名前がつけられ
その花を描いたタイルが表札がわりに
かけられています。
病院らしくない、あたたかい色柄のシーツ。
どの部屋にもバルコニーがあり、
周りの風景を楽しむことができます。
 
考えられる限り最高の施設を備え、
細部まで優しさをとぬくもりの感じられる
すばらしい病棟に感動でした。
 
もちろん、病棟のスタッフも熱意ある方々です。
ホスピス長のS先生は音楽がお好きな
やさしい温厚な先生。
わたしもアロマセラピーの学校では
たいへんお世話になりました。
「自宅にいるように、リラックスして
すごしていただきたい」と
お話ししながら案内していただきました。
先生、どうもありがとうございました。
>緩和ケア飛鳥テラス緩和ケア飛鳥瞑想室 続きを読む

なまけ者のさとり方

わたしはなまけものです。
できたらあくせくしたくないし、縁側に座って
のんびりお茶を飲みながら
近所の友達とあれやこれやと話していたいのです。(いいなあ)
 
そんなわたしも人間関係や仕事、これからの生き方や
進むべき道が見えずに焦っていた時代がありました。
何をやっていても、何かしっくりこないんですね。
じたばたすればするほど、泥沼に入っていくようで。
付き合う人を変えても、仕事を変えても
服をかえても、髪型を変えても、キューと胸が痛くなるような
のどに塊がつっかえたような気持ちで暮らしていました。
 
『なまけ者のさとり方』タデウス・ゴラス著を手に取ったのは
そんなときです。
今から20年近くも前のことです。
 
簡単な言葉で書いているのにも関わらず、
意味がさっぱり分からなかったのを覚えています。
悟りを開くのは、何年も修行をして
魂のレベルが高く、何か自分とはまったく別の種類の
人の話だと、どこかで思いこんでいました。
でももともと何が悟りかも分かっていなかったのです。
 
今、この日記を読んでくださっているあなたは
幸せですか?
毎日、満たされた思いで暮らしていますか?
そうであればこの本は必要ありません。
でももし宇宙ってなんだろう、この世界のルールはなんだろう、
宇宙の一員として暮らすわたしにできることはなんだろう。
愛するってなんだろう。
そんな疑問を抱くかたは
ぜひ読んでみてください。
 
わたしが感じた「悟る」というのは
一瞬一生です。
今、この瞬間幸せに生きること。
限界をつくらないこと。
この、今の、ありのままの自分をまるごと
愛すること(これが一番難しいかも)。
 
すべてを受け入れて愛すること、
 
ロータスピンク 続きを読む

スピリチュアルセラピーのこれから

< DIV>今日はつむぎの森のセラピストhiroも
とてもお世話になっている
日本ホリスティック医学協会関西支部の
フォーラムが開催されました。
 
講演してくださったのは、眼科医の土井麻里先生。
 
先生は西洋医学のお医者様でありながら
代替医療やエネルギーセラピーに関心を持ち、
オーストラリアの大学で4年間、代替医療について
学ばれてきました。
また世界各地のセラピーや伝統医学などを体験、
日本でもエネルギーセラピーの実践とともに
世界の現状についても伝えておられます。
 
遠方から先生のお話を聞くために
医師や看護師のかたはじめ
たくさんのかたがたが集まってくださり、
留学されていたオーストラリアのカレッジや
cancer support centerの様子(カンガルーがかわいい!)
カナダのhollyhockでの体験などのお話しに聞き入りました。
 
このcancer support centerは
骨肉腫の末期と宣告され、脚を切断し
胸骨にも大きな腫瘍ができていたイアン・ゴーラーさんが、
西洋医学も併用しながら、
呼吸法や食養、瞑想などの自己治癒力を高める
補完代替医療を取り入れて
病気を克服した経験から、
ガンの方をサポートをするために
オーストラリアに開いた施設です。
 
hollyhockもそうですが、キーワードは【自然】ですね。
広々した土地に、樹や石などの自然の素材をふんだんに
使った瞑想の部屋やセミナーハウス。
オーガニックの食べ物に、歌に、動物に。
こんなところで生活できたらきっとこころとからだの
エネルギーも高まるだろうな、とうらやましく思いました。
 
 
「祈り」というのが実はアメリカ人が一番よく使う
補完代替医療なのだそうです。
自分自身への祈り、他者への祈り、グループでの祈り。
愛の念を送ること=祈り。
これは私たちセラピストにとっても大きなキーワードですね。
 
また祈りは、今現在だけでなく、
過去のつらい経験や未来への自分にも
送ることができるのです。
あのときのつらかった自分に愛を送る。
今はこんなにしんどいけど、きっと笑っている未来の自分へ祈りの
エネルギーを届ける。
遠くにいる愛するひとへ、また友人へも祈りを送ることができます。
愛の念は光のスピードより早い、とある有名なヒーラーが
語っていましたが、わたしもそう信じています。
 
 
 
スピリットを現す「霊」という言葉に
まだまだ拒否を示す日本人が多い中、
世界ではもっと気軽に、
宗教やオカルトと縁のない一般のかたがたが
エネルギーセラピーを受けたり、ヨガや伝統医学などを
学んだり、施術を受けたりしているようです。
 
この写真はフォーラムの一こま。
 
土井先生ヒーリング 続きを読む

神は天にいまし

今日はいいお天気。
風は少し強いけど、春!ですね。
 
ここんとこ平日だけでなく土日もお仕事の
日が多かったのですが、
今日は完全にオフ。
子どもたちも一緒に朝寝坊してごろごろ。
 
つむぎの森には小さな庭があります。
ハーブやブルーベリー、クランベリー、
オリーブなど、少しづつ植えてきた木が
成長してきました。
 
去年1年はアロマセラピストからにさらにすすんで
クリニカルアロマセラピストになるために
アロマセラピーのことだけを考え続けていたので、
お庭はほったらかし。
 
それが良かったのかな。
グラウンドに種を蒔いたクローバーが
庭一面を覆い、野生化していました。
まさに緑のじゅうたんです。
 
 
野生のクローバ 続きを読む
Profile
ようこそ〜つむぎの森へ




ホリスティックって?
ホリスティックholisticとは
ギリシャ語「holos全体」が
語源となり、「全体」「全的」
「つながり」「バランス」を
意味します。

同じ語源の言葉は、
『heal治癒』『health健康』
『holy』(聖なる)など。


身体と精神の統合・調和・バラ
ンスを大切にしています。
また自然治癒力を癒しの原点
におき、病気を成長への
チャンスと捉えることで
自らの人生の意味に気づき、
自己実現をも可能にしてくれる
と考えます。

アロマセラピーは、香りの持つ
心理的効果によりこころへ、
薬理作用によりからだへ、
またスピリットへも
ホリスティックにアプローチ
できる代替療法のひとつです。

月のこよみ
はるか太古の昔から、
わたしたちは月の力を感じ、
そのリズムにしたがって生活
してきました。
いまでも女性は月の満ち欠けが生み出す力に
大きく影響をうけています。

hiro

月ごとの生殖リズム、出産、
肌の新陳代謝のサイクル、
気分の波・・・。

新月から満月への連綿と繰り返される
月のリズムと調和し
こころとからだとスピリットを
開放してみましょう。

新月は計画を立てたり、新しい物事を
始めたりするのに最適の時。

Archives
livedoor プロフィール

tsumuginomori

お気に入りの音楽3



クリスタルボウルは
瞑想のために開発された楽器。
純度98.9%のクオーツクリスタルから倍音が響くと、
そのバイブレーションがからだの細胞にしみこみ、
さらに心の奥深くまでを溶かしていきます。

初めて、この「アルファ」のCDを聞いたのは何年か前の夏の日。
子どもたちとお昼寝をしようと、ござに寝転び、CDをかけたのです。

すると・・・
知らない間に、涙がどんどん流れてきて、みんなで、「涙が出る〜」といいながら聞き続けました。
しばらくすると、子どもたちが「いまの音、この辺に入っていった」
「この音は、ここにぎゅーんで響く」とからだのあちこちを触りだしました。

クリスタルボウルは人のからだのチャクラに対応しているのです。
7種類の音は、7つのチャクラと共鳴し、それぞれ対応する音があらわす部位を子どもたちは感じていたのでした。

クリスタルボウルの深い響きは、左脳と右脳のバランスをとり、内なる存在とつながり、静けさと湧き上がるエネルギーを感じることができます。


いまも、セッション中にこのCDをかけていて、あまりの美しい旋律に、涙がこぼれることがあります。
何回聞いても聞き飽きることがない、
おすすめの1枚です(*^_^*)

セラピストの本棚9
<セラピストの本棚9>


『生物と無生物のあいだ』
福岡伸一著 講談社現代新書




いのちとは何か。

この根源的な、そして直球な問いに対して
分子生物学の最前線の研究者が
いのちのメカニズムを解き明かします。

帯に
「読み始めたら止まらない極上の
科学ミステリー」とありますが
本当に息つかせず、知的興奮と感動と
ともに読みすすめめました。

とにかく、文章がうまい!
サイエンスは科学ですが、
科学の世界は究極の神の領域に肉薄する世界であり、
詩そのものでもあるということが
良く分かります。
たとえの巧みさ。
超微細な次元のいのちのふるまいを
砂の城や、ジグソーパズルの素晴らしい比喩でとかれ
わたしのような門外漢でも
眼に見えるように理解をすることができました。

いのちとはなにか

それは自己複製するシステムである

ということが
ワトソン・クリックのDNAの二重螺旋構造の発見から
明らかになりましたが、
華々しいこの発見の影の隠れた功労者や
地道な研究にも焦点をあて
本当にミステリーを読んでいるような
構成になっていて飽きさせません。

いのちとはなにか

それは動的平衡にある流れである


このいのちは「流れ」である、という定義には
思わず、「お〜」と声を出したほど
興奮しました。
これ以上は種明かしになってしまうので
ここでは述べませんが、
いのちはひとときもとどまることなく
常に生成と破壊を繰り返しながら流れている。
そしてこの流れそのものがいのちである
という生命観や世界観は
古今東西の宗教が核にしていることに
なんと似ていることか。

破壊の神、再生の神。
陰と陽。
光と闇。

同時にあまねく存在する
ダイナミックな流れが
わたしたちのからだであるとすれば・・・。

アロマセラピーはどこにどのように
働きかけているのだろう。
精油の作用やタッチの効果、
香りのもたらす作用。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが
ぜひぜひご一読ください。
☆5つ!のおすすめです(*^_^*)

セラピストの本棚8
<セラピストの本棚8>

『整体入門』
野口晴哉著
筑摩書房



野口晴哉氏は天才だと思います。
10代のとき、この本に出会ってから、
からだや心に対する見方が大きく変わりました。
整体協会に属したことはなかったのですが、
主に著書を通じて氏の世界観に触れることで大きな影響を受けました。

野口整体の創始者として、
日本の東洋医学を代表する人物である野口晴哉が、
初心者に向けてわかりやすく野口整体のポイントを説いた本書は
最近文庫になって再登場しました。
ランキングに載るほど話題になったそうです。

「愉気」という触手療法の体系を作った氏は、
「愉気とは楽しい気で相手を包むこと」といいます。
そっと相手に手を触れることで、
自己調整が目に見える形でトレーニングできる方法を生み出し、
「活元」と名づけました。

人間を12分類した体癖理論は難しく理解したとはいえませんが、
「気」とは何か、からだの要求によって動きが生み出されること、
癒しの手をつくる合掌行気法、
脚湯の仕方、自分で歪みを正す体操、
便秘の解消法、母乳の出し方、
月経痛をなくすには、などなど
からだのゆがみやねじれの解消法について
「からだの凄さ」を改めて感じることができます。

何度読んでも新しい発見があります。
『風邪の効用』と併せて読むと理解が深まります。
お気に入りの音楽2


『永久へのカノン』

ダニエル・コビアルカ

パッヘルベルのカノン。大好きな名曲です。この曲のCDはいくつか持っていますが、コビアルカのカノンでは新しい魅力を発見することができました。
知っている曲は脳が活性化してメロディを追ってしまうので、セッションでは不向きなのですが、このカノンはまったく邪魔することなく、また呼吸のリズムときれいにあって、深い深いリラックスをもたらしてくれます。
そして、このCDの本来のタイトルでもある「Timeless Motion」
この曲のためだけに1枚購入してもいいくらいです。
セラピストの本棚7

『フレグラントマインド』
バレリー・アン・ワーウッド
フレグランスジャーナル社








アロマ心理学の草分け的存在の
ワーウッド女史が、心とからだの健康を目指して
取り組んだ本書は初心者ははもとより
経験をつんだセラピストにも
新しい精油の一面を示し、
香りから人の性格や内面 に潜む自己を引き出してくれます。

精油を9系統に分類したアロマジェネラは
読み物としても楽しめます。
日本人のためのアロマジェネラを構築するとしたら
どんな形になっていくのでしょう。
日本人ならではのコミュニケーション、表現法、
身体意識、美意識、歴史、などを総合した
日本人のためのアロマジェネラを
きわめていくことが目標です!

グレープフルーツのパーソナリティ、
いいですねえ(*^_^*)

セラピストの本棚6


『万病を治せる妙療法ー操体法』橋本敬三

操体法と言うと、「え?体操?」とよく聞き返されます。
仙台で医者をしていた橋本先生が考案した整体術の一種ですが、ホリスティックな視点で病気について考えることができます。『生体の歪みを正す』も名著です。
「気持ちのいい方向に気持ちよくからだを動かして、すと〜んと脱力。そして大きくため息、はあ〜」なんて単純で気持ちいいのでしょう。うちの子供たちも寝る前の操体法が大好きです。
セラピストの本棚5

1990年、この本を読んだ衝撃は大きかったです。一時期バイブルのように繰り返し読みました。

前著『人はなぜ治るのか』では誰かに治してもらうものだと思っていた病気が、実は自己のコントロール下にあることに気づかされました。
本書ではさらに健康と治癒の不思議なメカニズムを解き明かし病気の経過とそれを変える方法の説明、こころとからだの相互依存関係、呼吸法、食事などあらゆる観点から詳しく解説してくれています。
『癒す心、治る力』も名著です。
<セラピストの本棚4>
<こころの治癒力をうまく引き出す>
黒丸尊治著


心の治癒力をうまく引きだす



わたしもお手伝いを勤めるホリ協関西支部の支部長であり、彦根市立病院緩和ケア科部長の大好きなこころから尊敬する医師、黒丸先生の著作です。


この著作では、ここまで書いてしまっていいの?というくらい、こころの治癒力について分かりやすい言葉で表現されています。
これまた尊敬する整体の先生が「これは治療家のネタ本やね」と感嘆するくらいです。
他人の評価ではなく、自分が心地良く生きることが、こころの治癒力を引き出す一番大切な治療法なのですね。
病気が回復する力とは何か、こころの治癒力を高めるには?治癒のメカニズムについて知りたいときに、ぜひご一読ください!
読んでいるだけで、こころの治癒力がひきだされていきます(*^_^*)

「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度☆☆☆☆☆

「まあ、いいか」とつぶやくことでこころの治癒力がどんどん引き出される度☆☆☆☆☆
セラピストの本棚<3>
<感情と看護
  〜人とのかかわりを職業と
   することの意味〜>

武井麻子著
医学書院


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味



看護のなかでもっとも光の
当てられてこなかった領域が
感情の領域である、と
著者はいう。

生や死、不安と葛藤、痛みや
苦しみを目の当たりにする
仕事を日々行い、しかも
「白衣の天使」としての偶像的
な役割までも期待されている、
感情労働者の感情を
ここまで語ってもいいの?
と感じるほど正直に描きます。

人との関わりを職業とする
すべての方に読んでいただき
たいです。


お気に入りの音楽


<REIKI>レイキ /Llewellyn


鳥や川のせせらぎなどの
自然音が好みなのですが、
トリートメント中は、
人の声などがはいらず、
静かで一定のリズムの
波動の高い音楽が欠かせません。

この<REIKI>のCDは
急にリズムが変わってびっくりするようなこともなく、落ち着いて自分の心の声と対話できるアルバム。
<REIKI>とは普遍的な生命エネルギーを指し、とてもパワーあるハンドヒーリングです。
シリーズに<aromatherapy>や<chakra>も。
セラピストの本棚<2>
クリニカルアロマセラピスト
の本棚からおすすめの本を
ご紹介しています。

ガブリエル・モージェイ氏の
『スピリットとアロマテラピー』

フレグランスジャーナル社



スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す


アロマセラピー初心者をそろ
そろ卒業して、もっともっと
深く学びたい、と思われたなら、
ぜひこの本を手にとって
読んでみてください。

著者はアロマテラピー、指圧、
鍼(はり)、薬草医療の専門家
で、薬草医療の校長。
精油がこころとからだ、
スピリットへ及ぼす効果や
深遠な心理作用、陰陽五行説
についてもとても分かりやすく、
丁寧に説明されています。
アロマセラピーと東洋医学を
融合させたユニークな視点は
アロマセラピーの新しい可能性
を感じさせてくれます。

読み物としても面白いですが、
臨床やセッションの現場での
精油ブレンディングのヒントに
大活躍しています(^.^)
セラピストの本棚から<1>
クリニカルアロマセラピストとして
アロマセラピーを学ぶときに
ぜひ!読んでいただきたい
おすすめの本を本棚から選んで
ご紹介いたします。


<クリニカル・アロマテラピー
  −よりよい看護を目ざして>
ジェーン・バックル著
今西二郎/渡邊聡子訳
フレグランスジャーナル社


日本でも医療従事者によるアロマ
セラピー学会が設立され、アロマ
セラピーの代替医療としての可能
性も注目を浴びるようになってき
ました。

アメリカ補完医療研究所に勤め
る看護婦、ジェーン・バックル
は看護の場面でのアロマセラピ
ー導入についてあらゆる角度か
ら臨床経験と研究を重ね、その
結果を本書でまとめています。

アロマ礼賛だけではなく、独特
な客観的な態度も好ましく思え
ます。
アロマセラピーは西洋医学に代
わるものではなく、治療も診断
もすることはできませんが、
豊かな可能性を垣間見ることが
できますよ。
プロフィール♪
はやしひろこ
ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森R主宰

IMG_1082







「こころ」「からだ」「エネルギー」「魂」
を耕し、つむぎあわせること・・

触れることは愛を伝えること・・

をライフワークとし、「心」「からだ」「エネルギー」「魂」そして「社会との関わり」の側面から多次元、多角的に人間存在について探求しています。

理論に偏らない、ホリスティックな視点を大切にするいまのスタンスは、若い頃からの山登りや宗教への考察、心身のつながりを統合する体験、聖地を旅し、自然療法やボディワーク、アロマセラピー、ホリスティック医学、エネルギーヒーリング、哲学、人類学、マクロビオティック、催眠療法などのさまざまな心理療法を学んできたことから深めています。
深い山で何度も夜を過ごし、自然農法で田んぼを耕し、ハーブを育ててきたことも、光だけではないいのちの多面性や、伸びてゆく力への信頼に結びついています。
大阪京橋のケアルームつむぎの森では、祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行っています。
またラヴィングに触れるあり方とともにタッチケアを、セラピストや子育て中のお母さん、医学部学生や看護学生に伝えています。
医療ケアが必要なこどものためのタッチケアボランティアは、医師や看護師、HPSらとともに様々な病院、医療センター、ホスピス、支援学校などで継続しています。

生きることを楽しむこと。
生かされているいのちへの感謝。
ひとりひとりの内なる神性を尊び、自らが輝きとなる世界に
Loving TouchcareRを伝えています。

二児の母。
■ホリスティックケアルーム&スクールつむぎの森R主宰
■Loving TouchcareR Founder
■AHCP認定クリニカルアロマセラピスト/リフレクソロジスト
■保育士
■日本心理学会認定心理士
■NPO法人日本ホリスティック医学協会理事
■ラヴィングタッチケアRプロジェクト主宰
■KAF認定ラヴィングベビータッチ主任講師
■米国リドルキッズ協会認定医療介入を必要とする
こどもへの小児タッチケア上級セラピスト
■クォンタムタッチ(R)
認定レベル1・レベル2インストラクター・プラクティショナー
■ABH認定催眠療法士
■大阪府立大学総合科学部人間関係科卒。

著書『ぐっすりネンネ&すくすく元気! 赤ちゃんとママのしあわせタッチケア 』学陽書房



ワークショップ・イベント情報♪
お申込み・お問い合わせはaroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ削除して、送信してくださいね)

【受付開始♪】
ラヴィングタッチケアアドバンス講座
The Anatomy of Loving Touchcare DAY3 & DAY4
*日時:DAY1 2018年4月28日
DAY2 2018年4月29日


詳細に関しては
ホームページに順次アップしてまいります。
またお問い合わせいただいた方には
優先的にご案内をさせていただきますので、
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お目にかかれますことを楽しみにしています!
 ラヴィングタッチプロジェクト♪
今年のラヴィングタッチプロジェクト主宰の
ラヴィングタッチデー2015は
大盛況と愛と笑顔の中で終了しました!
ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました(^^♪
また次回をお楽しみに!!
1507077_648777948556976_7911846340208959344_n





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すべての子どもたち、大人たちに
愛を込めたLOVING TOUCHを!

ラヴィング=Loveを
今、ここで感じている状態。
まなざしや声や暖かい手のひらに
ラヴィングな気持ちをこめて、
ラヴィングタッチを贈りましょう。

この世界すべてが、
ぬくもりのある暖かなタッチで
光に満たされますように・・!


ラヴィングタッチプロジェクトのステッカーです。
LTPtsumugiURL_JPG300



保育園、幼稚園、小学校、病院、日本津々浦々に
ご希望される場所へ、ラヴィングタッチの出前教室・講座を開くためにステッカーを一枚200円で販売しています。10枚以上お求めいただいた方は、応援サポータとしてラヴィングタッチプロジェクトページにてご紹介させていただきます!
http://tsumuginomori.com/

つむぎの森のケアルーム、ホームページ、また賛同してくださった方からご購入いただけます。
このステッカーの売り上げはつむぎの森とは別会計でラヴィングタッチを伝えていくための活動資金にいたします。

みなさまのご支援、ご協力をお願いいたします(*^_^*)
愛を伝えるベビーマッサージ♪ラヴィングベビータッチ教室お知らせ★
人生のプログラムを構築する乳児期のラヴィングタッチケアレッスン教室。
愛を伝えるベビーマッサージ教室を大阪京橋のつむぎの森で開催します。
生後2か月からたっちまでの赤ちゃんを対象にしています。
参加費はオイル代込で初回5000円です。
赤ちゃんともっと仲良くなれる、楽しいタッチケアレッスンです。
みなさまのご参加お待ちしています♪
IMAG0689






*医療ケアが必要なこどものための小児タッチケア教室は
現在 小児科病棟での入院患児さんを対象に活動しています。
在宅の方はつむぎの森から30分圏内での出張も承ります。
(別途出張費と交通費を申し受けます)どうぞご相談ください。

IMAG2509 (1)


お子様の症状などによっては受講いただけないこともあります。まずはお気軽にお問い合わせください♪
aroma@@tsumuginomori.com
(@をひとつはずして送信してください)までご連絡ください♪
講師・出前講座のご依頼は・・
*アロマセラピー
*リフレクソロジー
*ベビーマッサージ教室
*タッチケア
*セルフケア
*クォンタムタッチ(R)
の講師・出前講座承ります!

これまでに、
看護協会さま・教職員組合さま・
幼稚園・保育園・小学校・PTA活動・
看護系大学・育児サークルなどさまざまな
イベントでの講師活動、
ベビーマッサージの出前教室などを行っています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
aroma@@tsumuginomori.com
(@はひとつ外して送信してください)



おたよりありがとう♪
つむぎの森のメールマガジンご登録はこちらから♪
いつもありがとうございます! つむぎの森のメールマガジン「つむぎの森通信」♪ ご登録はこちらからお願いします! これまで登録させていただいていた方も もしよければご登録ください。 最近セキュリティの強化からか、送信したメールマガジンが届かない…という声をいただいています。 毎月新月前後の発行となります♪ どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
メルマガ登録・解除
こころとからだの深呼吸〜つむぎの森へようこそ♪
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  • ライブドアブログ